小林恭子の記事一覧

第1次大戦勃発から100年を迎えた欧州 ー各国で記念行事、英国では参戦理由を問う

 (以下は新聞通信調査会発行の月刊「メディア展望」=7月1日号=に掲載された、筆者記事に補足したものです。時制を過去形にしている部分があります。敬称略。)*** 第1次世界大戦の勃発から今年で100年になる。主戦場となった欧州各国では、今年に入ってからさまざまな記念行事が進行中だ。新聞は特集記事を組み、テレビやラジオは特別番組を放映している。大戦のきっかけとなった「サラエボ事件」(1914年6月2...

2014年07月31日 21:50

イラク戦争開戦に踏み切った英国で、何度も行われた検証作業(下)

(上)についてこちらをご覧ください。バトラー調査が諜報情報を吟味する ハットン委員会の報告書が「何故イラク戦争を開始したのか?」の疑問に答えてくれると思った国民は、落胆した。そこで、戦争前の政府の情報...

2014年07月13日 18:45

イラク戦争開戦に踏み切った英国で、何度も行われた検証作業(上)

 日本民間放送連盟の研究所が出している「海外調査情報 VOL9」(2014年3月)に、「国家機密と報道」というテーマで、英国のメディアについて書く機会を得た。 ブログでの公開の承諾をいただいたので、そ...

2014年07月12日 21:00

「20世紀はここで始まった」 サラエボ事件の意味を解き明かす会議を開催した教授に聞く

 第1次大戦勃発から100年となった今年6月末、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで「サラエボ事件を俯瞰する -1914年の事件、物語、記憶」と題された国際会議が5日間の日程で開催された。 「サラ...

2014年07月05日 15:44

ニュースを受動的に読む人が多いのが日本? 英ロイタージャーナリズム研究所のリポートから

 世界10カ国・地域を対象とした、デジタルニュースの利用についての調査で、日本はニュースをソーシャルメディアで共有したり、ウェブサイトにコメントを書く比率が他国と比べてかなり低いことが判明した。 英ロ...

2014年06月25日 14:46

世界新聞大会で気づいた7つのこと

(オランダ「ブレンドル」を立ち上げたアレクサンダー・クロッピング。ブレンドル提供) イタリア・トリノで先週開かれていた、世界新聞大会(+世界広告会議、編集者会議)。毎年開催されている会議で、筆者にとっ...

2014年06月17日 17:24

トルコ首相の対ネット強硬策の背景に熾烈な政争 -デモから1周年でまた混乱も

 トルコでは、昨年春、イスタンブール・ゲジ公園で大規模な反政府デモが発生した。5月31日には、そのデモから1周年ということでタクシム広場に集まった市民に警察が催涙ガスを発射し、大きな混乱状態となってい...

2014年06月01日 05:52

記者と読者の関係を変える、オランダの「コレスポンデント」

オランダのメディア・スタートアップ「コレスポンデント」(De Correspondent)の話を、これまでに何度か書いたのだけれども(「" target="_blank">既存メディアの枠を打ち破るオ...

2014年05月27日 21:49

日本版1周年にあたりハフィントンポストに期待すること ―「リベラル論壇」であり続けて欲しい

 先日、境治さんが「日本版1周年にあたりハフィントンポストに期待すること」というブログ記事をお書きになっていた。ハフィントンポストで読ませていただき、私も一言と思い、まねをして(!)書いてみようと思う...

2014年05月26日 06:12

英国で新たな新聞界の自主規制組織が生まれる ー大衆紙の盗聴事件を受けて

(以下は、「新聞協会報」5月13日付掲載の拙稿に若干補足したものである。)ー業界からの独立性を高める意図 来月、英国の新聞・雑誌業界に新たな規制・監督組織が立ち上がる。 大衆紙の大規模な盗聴事件発生へ...

2014年05月20日 06:46

「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」(最終回) メディア周辺のことを考えてみよう

 昨年末、「マスコミ倫理懇談会」全国協議会の「メディアと法」研究会で、「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」という題で講演をしました。以下は講演内容の記録に若干補足したものです。質疑応答質問...

2014年04月28日 18:04

「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」(3) メディア周辺のことを考えてみよう

 (昨年末、「マスコミ倫理懇談会」全国協議会の「メディアと法」研究会で、「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」という題で講演をしました。以下は講演内容の記録です。)情報安全保障委員会の役割と...

2014年04月27日 17:45

「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」(2) メディア周辺のことを考えてみよう

 (昨年末、「マスコミ倫理懇談会」の全国協議会、第12期「メディアと法」研究会の第5回の場で、「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」という題で講演をしました。以下は講演内容の記録です。)内部...

2014年04月26日 18:29

「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」(1) メディア周辺のことを考えてみよう

 日本のメディアについての不平不満や批判をネット空間でよく目にする。 何かについての批判、不平不満が表明されることは普通だろうが、時として、いわゆる既存メディア(ここでは新聞や大手テレビ局)とネット空...

2014年04月26日 07:14

英BBC、時の政権と距離を置くよう腐心 ―運営の仕組みと具体例を見る

 筆者が住む英国のBBC(英国放送協会)とNHKとを比較してほしいという依頼を、ときどきいただく。 今年、そうした依頼が生じたのはNHKの新会長による年頭のさまざまな発言に起因する。 実際にBBCとN...

2014年04月03日 20:09

英新聞「インディー」の行方、紙の新聞を売る工夫とは

 ロンドンで、新たなテレビ・チャンネル「ロンドン・ライブ」が先月末、放送を始めた。チャンネルのオーナーは、ロシア出身の英国人エフゲニー・レベデフ氏だ。高級紙インディペンデント、無料夕刊紙ロンドン・イブ...

2014年04月03日 07:55

クレムリンに自分流儀で抵抗したラジオ・アナウンサー

 急速に展開するウクライナ情勢。ウクライナ南部にあるクリミア自治共和国では11日、ウクライナからの独立を宣言する文書を議会が採択した。16日の住民投票後、クリミアが独立した主権国家になる可能性もあり、...

2014年03月13日 06:34

グーグルの広告ビジネスをざっと見る(3) フェイスブック、ツイッターとの戦いの行方とその未来は?

グーグルの広告ビジネスを概観する拙稿を「日経広報研究所報」2014年2-3月号に出しています。以下はそれに補足したものです。昨年末時点の情報をもとにしています。)利用度低い国・地域も これからの広告市...

2014年03月03日 17:48

グーグルの広告ビジネスをざっと見る(2) ー自分に関係がある広告、モチベーションの秘密

 (グーグルの広告ビジネスを概観する原稿を日経広報研究所が出している「日経広報研究所報」 2014年2-3月号に出しています。以下はそれに補足したものです。昨年末時点の情報をもとにしています。)***...

2014年03月02日 19:06

グーグルの広告ビジネスをざっと見る(1)-基本構造と検索市場シェア

 メッセージングアプリ、ワッツアップをフェイスブックが巨額で買収することになり、大きなニュースとなった。グーグルもワッツアップを買収する交渉をしていたといううわさが出た(グーグル側は否定)。 世界で最...

2014年03月02日 01:03

「エンパワーメント」としてのインターネット ー「まだ10代なのに?」なんてことはない

 (欧州の媒体の取材に応じるサム・ガーディナー君) ロンドンに住む17歳の少年ニック・ダロイシオ君が作ったアプリが米検索大手ヤフーによって巨額で買収され、世界をあっと言わせたのは、ちょうど1年前の昨年...

2014年02月12日 06:29

欧州メディアと国家機密をめぐる報道 -日本の秘密保護法成立によせて(下)

片方では鍵をかけ、片方で外に出っぱなし? 日本で特定秘密保護法が成立したが、視点を日本の外にも広げると、いわゆる「NSA報道」とのからみが気になる。 例えば、昨年6月から、元米中央情報局(CIA)職員...

2014年02月02日 19:56

欧州メディアと国家機密をめぐる報道 -日本の秘密保護法成立によせて(上)

 昨年12月6日、安全保障に関する機密情報を漏洩した人への罰則を強化する特定秘密保護法が参院で可決され、成立した。野党側が審議の延長を求め、国会の外では法案に反対する多くの人が抗議デモに参加する中の可...

2014年02月01日 23:18

英民放チャンネル4が架空の人物「データ・ベビー」を作ってわかったこと

(「データ・ベビー」のウェブサイト)英民放チャンネル4(フォー)が、「データ・ベビー」を使って、様々な面白い実験を行っている。データ・ベビーとは架空の人物だ。番組制作者がネット上に「レベッカ・テイラー...

2014年01月26日 06:45

エフゲニー・モロゾフ氏によるネットの未来とプライバシー(3)

東欧ベラルーシ出身のジャーナリスト、リサーチャー、作家エフゲニー・モロゾフ氏の反シリコンバレーの本「すべてを解決するには、ここをクリックしてください -テクノロジー、解決主義、存在しない問題を解決しよ...

2014年01月10日 20:13

エフゲニー・モロゾフ氏によるネットの未来とプライバシー(2)

 東欧ベラルーシ出身のジャーナリスト、リサーチャー、作家エフゲニー・モロゾフ氏の新たな反シリコンバレーの本「すべてを解決するには、ここをクリックしてください -テクノロジー、解決主義、存在しない問題を...

2014年01月09日 17:30

エフゲニー・モロゾフ氏によるネットの未来とプライバシー(1)

 インターネットは必ずしもばら色ばかりの世界ではない、すべての情報がつながり、ネットに乗るということは、ネット上の行動が誰かに詳細に見られている可能性も意味するー。そんなことを広く実感させる契機となっ...

2014年01月08日 16:56

【テレビ日記】「シャーロック」がいよいよ始まった

 (「シャーロック」の登場人物たち -BBCのウェブサイトより) 年末に一ヶ月ほど滞在した日本で、英国のテレビについて話す機会があった。視聴環境や規制などについて話したけれども、実際にその国に暮らして...

2014年01月04日 15:34

安倍首相の靖国参拝 英メディアの報道は?

 安倍首相が26日、靖国神社を参拝した。英国のメディアはこれをどう報じたのだろうか? 私はいま東京滞在中で、ネットで記事を読むぐらいなのだが、若干紹介してみたい。 英BBCの報道の1つには、「中国が日...

2013年12月27日 01:06

英国ビジネス・点描 (4)英国のクリスマス商戦、本格的に開始 ―子供が一番欲しくないものは

 12月に入り、英国ではクリスマスから年末年始にかけてのショッピングシーズンが本格的に到来している。 毎年、この時期にどれぐらいの売り上げが出るかで景気の動向が分かる。 会計会社デロイト・トウシュ・ト...

2013年12月13日 12:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

意見を書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。