小林恭子の記事一覧

欧州「忘れられる権利」判決の行方

(月刊誌「メディア展望」4月号==サイトからダウンロード可=の筆者原稿に補足しました。数字などが原稿を書いた当時の3月中旬のものであることにご留意ください。) 「忘れられる権利」(right to be forgotten)という表現が、このところ大きな注目を浴びている。 インターネットが普及した現在、いったんネット上に情報がアップロードされてしまうと完全に削除することは困難だ。「忘れてくれない」...

2015年05月15日 09:19

「イスラム国」の残酷動画をどう報道するか ―情報を伝えながらも、宣伝にはしない

(ニュースエクスチェンジのフェイスブックのサイトから)(月刊誌「メディア展望」3月号の筆者原稿に補足しました。) テロ組織がネット上に出す動画をメディアはどのように取り扱うべきだろうか。 イスラム教ス...

2015年04月06日 01:57

「イスラム国」による日本人人質事件と英メディア ―安倍政権は「テロの戦争」に参加するか?

(月刊「新聞研究」3月号掲載の筆者原稿に補足しました。) イスラム教スンニ派過激主義組織「イスラム国」(イスラミック・ステート:IS、通常の意味の「国」ではない)による2人の日本人(湯川遥菜さんと後藤...

2015年04月01日 07:30

5月の総選挙を前に、政治不信が広がる英国 -国民の声が風穴を開けるか

(「政治を変えよう」というイベントに集まった人々)(以下は、「週刊東洋経済」3月2日発売号の筆者記事に大幅加筆・補足したものです。)強まる政治不信と国民の声混迷のユーロ圏に加入せず、2015年の実質G...

2015年03月14日 07:59

スコットランド、独立できなくても自治は進む -熱い住民投票から約半年

 (キャメロン英首相と握手するスタージョン自治政府首相、自治政府ウェブサイトから)(以下は、「週刊東洋経済」3月2日発売号の筆者記事に補足したものです。) スコットランドの独立は夢のまた夢、とつい最近...

2015年03月11日 07:52

仏風刺週刊紙テロ事件 ー言論・表現の自由の行方は

(月刊誌「メディア展望」2月号の筆者原稿に補足しました。) フランスの風刺週刊紙「シャルリ・エブド」で、1月7日、まさかと思う事態が発生した。編集会議の最中に、覆面姿の武装した男性たちが「アラー、アク...

2015年03月10日 17:53

報道の自主規制の道を探る英新聞界 ー新組織「IPSO」の下で統一しきれず

(月刊誌「新聞研究」2月号掲載の筆者の原稿に補足しました。) 昨年9月、英国の新聞報道についての新たな自主規制組織「独立新聞基準組織」(通称「IPSO」=イプソ=Independent Press S...

2015年03月08日 18:34

「テレビでもネットでも」が普通になった英テレビ界 ー公共のための放送という概念、根強く

(TBSメディア総合研究所が発行する「調査情報」1月号の筆者原稿に補足しました。) 日本でも、公共放送NHKばかりか大手民放による見逃し番組視聴サービスが近頃、本格化の兆しを見せている。 英国では、2...

2015年03月06日 16:59

ブロードウェー演劇界の舞台裏を描く映画「バードマン」は疲れた心に響いてくる

 (映画「バードマン」 英語版ユーチューブより) 米俳優マイケル・キートンがその役者人生を賭けた・・・そんな風にも見える映画「バードマン (あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が、先日の第87回アカ...

2015年02月25日 15:58

仏週刊紙襲撃事件 -欧州の価値観の普遍性を問う

追加:先ほど(12日)、フランス24(テレビ局)を見ていたら、議論のコーナーがあり、昨日のデモを自己批判していた。いろいろな意見が出ていたが、すでに「表現の自由」の話ではなくなっている。 欧州の中のム...

2015年01月12日 23:38

総選挙か・・・政権を担える野党がない場合、どうするー?

 日本で総選挙が始まるという。日本の報道関係の知人・友人たちが「総選挙なのでxxができなくなった、また次回」というメールをバタバタと送ってきた。 現政権について支持する人、反対する人、選挙にははなから...

2014年11月19日 00:44

聖戦に向かう欧州の若者たち ―ソーシャルメディアで過激思想が入り込む

 (以下は新聞通信調査会が発行する月刊メディア冊子「メディア展望」10月号に掲載された筆者の原稿です。若干補足していることと、9月の執筆時から11月上旬の間の情報が反映されていない点をお含みおきくださ...

2014年11月04日 04:58

オランダのスタートアップ「コレスポンデント」のオフィスに行ってみた

 オランダのスタートアップ・メディア「コレスポンデント」については、これまでにも何回か書いてきたが(記者と読者の関係を変える、オランダの「コレスポンデントや既存メディアの枠を打ち破るオランダでの試み、...

2014年10月23日 17:42

何故、サイバー攻撃? ハッカー集団「ラルズ・セック」の当事者が気持ちを吐露(2)

「ネット上でいつも面白いことを探していた」ハッカー集団「アノニマス」の分派として、2011年に活動した「ラルズ・セック」(ラルズ・セキュリティー)。広報担当役としてメッセージを発信した青年ジェイク・デ...

2014年10月21日 17:12

何故、サイバー攻撃?  ーハッカー集団「ラルズ・セック」の当事者が気持ちを吐露(1)

(英ロイヤルコート劇場前のジェイク・デービス。撮影 Minako Iwatake)「何かをやりたかったけど、それが何か分からなかった」 3-4年ほど前、一定の社会的意図を持って大企業や政府のウェブサイ...

2014年10月20日 20:57

新トラスト委員長を迎えるBBC ー経費削減、多様性の確保が大きな課題に

 以下は「メディア展望」(新聞通信調査会発行)9月号に書いた拙稿に若干の補足をしたものです。最新の10月号には、欧州諸国からイラクやシリアに向かう聖戦戦士の話を書いています。購読者のみへの公開になりま...

2014年10月03日 16:41

探偵ドラマ「シャーロック」がBBCを潤す ―来年年頭に新シリーズ

 (「シャーロック」のウェブサイト、BBCより) 18日、スコットランドでは独立の是非を問う住民投票が行われている。結果は19日未明にも判明する見込みだ。 もし独立賛成派が多数となり、独立することにな...

2014年09月18日 21:04

ロンドン五輪の輝きをすくいとった専属画家に聞く

  2012年の夏に開催されたロンドン五輪とパラリンピック大会。当時、ロンドンを中心として英国内に独特のお祭りムードが発生した。開催前は開催費用が大きすぎる、準備が遅い、警備体制が不十分などさまざまな...

2014年09月11日 16:52

デジタル革新進める英フィナンシャル・タイムズ

 (以下は「新聞通信調査会」が発行する「メディア展望」8月号に掲載された筆者の原稿に若干補足したものです。)*** 去る6月9日から3日間にわたり、イタリア・トリノで世界新聞・ニュース発行者協会(WA...

2014年09月10日 18:41

第1次大戦勃発から100年を迎えた欧州 ー各国で記念行事、英国では参戦理由を問う

 (以下は新聞通信調査会発行の月刊「メディア展望」=7月1日号=に掲載された、筆者記事に補足したものです。時制を過去形にしている部分があります。敬称略。)*** 第1次世界大戦の勃発から今年で100年...

2014年07月31日 21:50

イラク戦争開戦に踏み切った英国で、何度も行われた検証作業(下)

(上)についてこちらをご覧ください。バトラー調査が諜報情報を吟味する ハットン委員会の報告書が「何故イラク戦争を開始したのか?」の疑問に答えてくれると思った国民は、落胆した。そこで、戦争前の政府の情報...

2014年07月13日 18:45

イラク戦争開戦に踏み切った英国で、何度も行われた検証作業(上)

 日本民間放送連盟の研究所が出している「海外調査情報 VOL9」(2014年3月)に、「国家機密と報道」というテーマで、英国のメディアについて書く機会を得た。 ブログでの公開の承諾をいただいたので、そ...

2014年07月12日 21:00

「20世紀はここで始まった」 サラエボ事件の意味を解き明かす会議を開催した教授に聞く

 第1次大戦勃発から100年となった今年6月末、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボで「サラエボ事件を俯瞰する -1914年の事件、物語、記憶」と題された国際会議が5日間の日程で開催された。 「サラ...

2014年07月05日 15:44

ニュースを受動的に読む人が多いのが日本? 英ロイタージャーナリズム研究所のリポートから

 世界10カ国・地域を対象とした、デジタルニュースの利用についての調査で、日本はニュースをソーシャルメディアで共有したり、ウェブサイトにコメントを書く比率が他国と比べてかなり低いことが判明した。 英ロ...

2014年06月25日 14:46

世界新聞大会で気づいた7つのこと

(オランダ「ブレンドル」を立ち上げたアレクサンダー・クロッピング。ブレンドル提供) イタリア・トリノで先週開かれていた、世界新聞大会(+世界広告会議、編集者会議)。毎年開催されている会議で、筆者にとっ...

2014年06月17日 17:24

トルコ首相の対ネット強硬策の背景に熾烈な政争 -デモから1周年でまた混乱も

 トルコでは、昨年春、イスタンブール・ゲジ公園で大規模な反政府デモが発生した。5月31日には、そのデモから1周年ということでタクシム広場に集まった市民に警察が催涙ガスを発射し、大きな混乱状態となってい...

2014年06月01日 05:52

記者と読者の関係を変える、オランダの「コレスポンデント」

オランダのメディア・スタートアップ「コレスポンデント」(De Correspondent)の話を、これまでに何度か書いたのだけれども(「" target="_blank">既存メディアの枠を打ち破るオ...

2014年05月27日 21:49

日本版1周年にあたりハフィントンポストに期待すること ―「リベラル論壇」であり続けて欲しい

 先日、境治さんが「日本版1周年にあたりハフィントンポストに期待すること」というブログ記事をお書きになっていた。ハフィントンポストで読ませていただき、私も一言と思い、まねをして(!)書いてみようと思う...

2014年05月26日 06:12

英国で新たな新聞界の自主規制組織が生まれる ー大衆紙の盗聴事件を受けて

(以下は、「新聞協会報」5月13日付掲載の拙稿に若干補足したものである。)ー業界からの独立性を高める意図 来月、英国の新聞・雑誌業界に新たな規制・監督組織が立ち上がる。 大衆紙の大規模な盗聴事件発生へ...

2014年05月20日 06:46

「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」(最終回) メディア周辺のことを考えてみよう

 昨年末、「マスコミ倫理懇談会」全国協議会の「メディアと法」研究会で、「イギリスにおける国家機密と報道の自由について」という題で講演をしました。以下は講演内容の記録に若干補足したものです。質疑応答質問...

2014年04月28日 18:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID、mixiID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。