内田樹の記事一覧

家庭科教育について

日本家庭科教育学会というところから講演を頼まれた。家庭科教育というのはきっと今日の学校教育のなかでは「冷や飯を食わされている」のだろうなと想像した(現実はどうなのかよく知らないけれど、「スーパーグローバル」とかいうような看板を欲しがる中高一貫校で家庭科の先生の発言が優先的に傾聴されるということは考えにくい)。でも、家庭科というのは、とても大切な教科だと私は思う。だから、二つ返事で引き受けた。学会で...

2018年07月08日 11:57

死刑について

オウム真理教の死刑囚たち7人が死刑執行された。解説記事を読むと、改元や五輪の日程に合わせて「このタイミングしかない」ということで執行されたと書いてあった。死刑については、いくつものレベルの問題があり、...

2018年07月08日 09:49

大学の株式会社化について

科学技術白書がようやく日本の学術的発信力の低下を認めた。それについて『サンデー毎日』に所見を寄稿した。もう2週間前なので、採録。先日発表された科学技術白書がようやく「わが国の国際的な地位の趨勢は低下し...

2018年07月07日 14:15

敗北主義について

ある地方紙に月一でエッセイを書いている。これは5月に書いたもの。日替わりで行政の不祥事が報道されているので、この記事が新聞に出る頃に日本の政局がどうなっているのか皆目見当もつかない。だが、どちらに転ぼ...

2018年07月07日 12:02

カジノについて

ある地方紙に月一でエッセイを連載している。今月はカジノについて書いた。その地方の方以外はまず目に留まる機会がないと思うので採録。カジノ法案がもうすぐ採択されそうである。賛成派は観光客の増加、雇用の増大...

2018年06月08日 15:34

韓国のネットメディアからのインタビュー

5月の中頃に韓国の「ニューストップ」というネットメディアからメールで取材があった。なかなか答えにくい質問だったけれど、とにかくこんなふうにお答えした。月末に返信したので、今日あたり韓国内で配信されたの...

2018年06月07日 11:23

中国の若者たちよ、マルクスを読もう

中国の新華社からメールで質問状が届いた。中国でもマルクス生誕200年がにぎやかに祝われるようだけれど、その中で「マルクス再読」の機運が高まっている。その流れの中で石川先生との共著『若者よマルクスを読も...

2018年04月29日 10:22

『街場の憂国論』文庫版のためのあとがき

みなさん、こんにちは。内田樹です。文庫版お買い上げ、ありがとうございます。お買い上げ前でこの頁を立ち読みしているかたにも「袖すり合ったご縁」ですので、ひとことご挨拶を申し上げます。できたら、この「あと...

2018年04月03日 19:21

憲法についての鼎談から

2月に西宮で行った憲法をめぐる鼎談がブックレットになって刊行されることになった。「予告編」として、その中のなかほどのところの内田の発言をあげておく。内田 今、石川さんが政治が急速に劣化してきて、前近代...

2018年04月03日 15:04

言葉の生成について(後編)

前編はこちら言葉が生成するとはどういうことか、という話に戻ります。『徒然草』を訳して発見したことがあります。それは古典の授業で読まされる古文の現代語訳って、つまらないということです(笑)。ほとんど音読...

2018年03月28日 19:38

言葉の生成について(前編)

もう2年前になるけれど、大阪府の国語科教員たちの研修会に呼ばれて、国語教育について講演をしたことがあった。そのことを伝え聞いた国語科の先生から「どこで読めますか」と訊かれたので、「お読みになりたいので...

2018年03月28日 19:16

受験生のみなさんへ

「サンデー毎日」の先週号に「受験生のみなさんへ」と題するエッセイを寄稿した。高校生や中学生もできたら小学生も読んで欲しい。受験生のみなさんへ。こんにちは。内田樹です。この春受験を終えられた皆さんと、こ...

2018年03月23日 12:15

直言3月号「韓国の教育と日本のメディア」

山形新聞に隔月連載しているエッセイの3月分。今回は韓国の教育改革について書いた。韓国に毎年講演旅行に出かけている。ご存じないと思うけれど、私の著作は教育論を中心に十数冊が韓国語訳されていて、教育関係者...

2018年03月17日 14:15

人口減社会に向けて

日本農業新聞の「論点」というコラムに定期的に寄稿している。2月は「人口減社会」について書いた。あまり普通の人の読まない媒体なので、ブログに再録。「人口減社会」についての論集の編者を依頼された。21世紀...

2018年03月16日 14:42

#Me too の光と影

今年から山形新聞というところに「直言」というコラムを毎月書くことになった。1月から3月まで三つ書いたので、一つずつブログに上げることにした。まず1月は#Me too 運動について。アメリカで#Me t...

2018年03月16日 08:37

平成が終わる(2)

昨年末に平成の30年を総括して欲しいという原稿を頼まれたが、私が書いたのは「これから後『無慈悲で不人情な社会』が行政主導・メディア主導で創り出されてゆくだろう」ということだけだった。新年早々に気鬱な話...

2018年03月07日 07:41

平成が終わる(1)

サンデー毎日に「平成の30年間を振り返る」というお題での寄稿を求められた。4600字というたっぷりと紙数を頂いたので、書きたいことを書いた。それでも書ききれなくて、二回にわたってしまった。まとめて掲載...

2018年03月07日 07:40

『街場の文体論』韓国語版序文

みなさん、こんにちは。内田樹です。『街場の文体論』お買い上げありがとうございます。お買い上げでなく、いま書店で立ち読みしている方にもお手に取ってくださったことについてお礼申し上げます。この本は僕が神戸...

2018年02月01日 15:25

大学教育は生き延びられるのか?

ご紹介いただきました、内田でございます。本日は、国立大学の教養教育の担当の人たちがお集まりになっていると伺いました。ずいぶんご苦労されてると思います。日々本当に胃が痛むような、苛立つような思いをしてい...

2017年11月03日 10:17

こちらは「サンデー毎日」没原稿

こちらは「サンデー毎日」の没原稿。9月末日締め切りで、9月19日に書き上げてのんびりしていたら、解散、小池新党、民進党解党、希望維新連携、立憲民主党結党・・・と文字通り政局が日替わり。おかげで「北朝鮮...

2017年10月04日 08:23

昨日の朝日新聞への寄稿

昨日(10月2日)の朝日新聞にやや長めのコメントを寄せた。総選挙について。日替わりで事件が起こるので、書いた段階では立憲民主党の結党のニュースはまだ知られていなかったので、それについては言及がない。北...

2017年10月03日 16:54

ガーディアンの記事から「東京五輪買収疑惑に新たな局面」

9月13日付のイギリスの「ザ・ガーディアン」がリオと東京の五輪招致にIOCの票の買収があった容疑について新展開があったことを報じた。以下が記事。リマでの総会で2024年パリ、28年ロサンゼルスでの五輪...

2017年09月15日 12:44

若者の政治参加についてのアンケートにお答えした

高校生からこんなメールが届いた。「突然ですが、メールにて失礼致します。現在、私の学校では『答えが無い問題の解決策を探求する』というテーマのもとで、各グループに分かれて、経済や医療等の様々なジャンルから...

2017年09月13日 12:18

米朝戦争のあと

7月に、ある雑誌のインタビューで、米空母の半島接近で、北朝鮮とアメリカの間で戦端が開かれる可能性はあるでしょうか?という質問が出ました。戦争が始まる可能性はあるのか。あるとしたら、どういうかたちになる...

2017年09月04日 18:39

シンギュラリティと羌族の覚醒

安田登さんをお招きして、ご高著『あわいの時代の「論語」』刊行記念3時間セミナー(ほぼしゃべりっぱなし)というイベントを凱風館で開いた。頭の中に手を入れて引っ掻き回されるようなわくわくする経験だった。備...

2017年09月01日 12:15

北星学園での講演(後編)

前編はこちらシラバスもそうです。あれも全く無駄な仕組みです。でも、シラバスを整備するために教員たちはやはり大変な作業量を費やしている。シラバスというのは商品の仕様書です。缶詰や薬品についているスペック...

2017年08月31日 17:55

北星学園での講演(前編)

7月22日に北星学園での研修会で講演した。その講演録の文字起こしが終わった。学園の内部資料として配布されるはずだけれど、教育についての持論を展開しているうちに、だんだん加熱してきて、ぷりぷり怒り出して...

2017年08月31日 17:21

変節と変態について

信州岩波講座というイベントで加藤典洋さんとご一緒した。「変わる世界 私たちはどう生きるか」という総合テーマでの連続講演の第二回目である。主宰は岩波書店と信州毎日新聞と須坂市。もうずいぶん長いこと続いて...

2017年08月29日 08:45

「経済成長という呪い」

ダニエル・コーエンの『経済成長という呪い』という本を車中で読んでいる。経済成長の鈍化と21世紀の世界についての分析である。中心的な問いの一つは、なぜデジタル革命は経済成長に大きな影響を与えなかったのか...

2017年08月28日 18:00

気まずい共存について

今年の5月17日に中央公会堂で開かれた「大阪のことを知ろう。市民大集会パート2 大阪問題」というイベントの基調講演で「みんなのそばにある大阪のモヤモヤ」という演題を頂いて15分間の大急ぎスピーチをした...

2017年08月16日 13:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。