高橋秀和の記事一覧

大手メディアは「権力」であることを自覚してください

日本経済新聞の記事『「砂上の安心網」ゆがむ分配 生活保護つけ込み「搾取」』を読みました。毎月、都内のある薬局を40代の男性が訪れる。「蓋を開けるな。箱が汚れているのはやめてくれ」と言い、到底使い切れない大量の医薬品(一月8万円以上)を持ち帰る。店員はいつも違和感を覚えている。生活保護受給者のため支払いは免除。未開封、外観にこだわるのは転売目的と店主はにらむが、処方箋を発行した病院は「断りたいが暴れ...

2017年02月21日 16:03

日本でも発生した「偽造医薬品汚染」の重大性

今月17日、厚生労働省はC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品が奈良県内の薬局チェーンで見つかったと発表しました。調剤を受けた患者からの相談で発覚し、系列3薬局から偽造品計5本(ボトル)が発見され...

2017年01月24日 04:02

「日本型」セルフメディケーションの危険性について

公的医療費の膨張を抑制する目的があるのでしょう。近年、セルフメディケーションという言葉をメディア等で頻繁に見かけるようになりました。今年からは、セルフメディケーション税制もスタートしています。皆さんは...

2017年01月16日 00:30

WELQ問題が示唆する「便利な社会」の落とし穴

DeNAが提供する健康情報メディアWELQが、適切ではない医療情報が多数投稿されていたなど、複数の問題があるとして批判を浴びました。同社はこれを受け、サイトを非公開化するとともに、CEOの守安氏が謝罪...

2016年12月08日 14:36

疑似科学(ニセ医学)を否定しようとする人は、いったい何を攻撃しているのか?

これだけ科学が進歩した現代においても、疑似科学は社会から淘汰されてはいません。疑似科学というのは、科学のフリをした「誤った考え方」のことです。ニセ科学、ニセ医学、トンデモ医療などと呼ばれたりもします。...

2016年10月24日 10:04

東京女子医大 過量投与の責任を自覚せよ

一昨年、東京女子医科大学病院において、抗てんかん薬の過量投与による死亡事故が起きていたと毎日新聞等のメディアが報じています。東京女子医大病院 薬16倍投与、女性死亡 ミス否定 14年東京女子医大病院 ...

2016年07月26日 20:25

巨泉さん「鎮痛剤の誤投与」について

今月12日に亡くなられた大橋巨泉さんの奥様、寿々子さんがコメントを発表されました。その中に先生からは「死因は“急性呼吸不全”ですが、その原因には、中咽頭がん以来の手術や放射線などの影響も含まれますが、...

2016年07月21日 13:58

「水素水」は効果がありますか?

最近、話題になっている『水素水』について、国立健康・栄養研究所が見解を示したと産経ニュースが報じています。「有効性に信頼できる十分なデータが見当たらない」 国立健康・栄養研究所が見解同研究所の情報セン...

2016年06月20日 19:09

医師に市販薬を販売させようとする国、日本

病院や診療所において医師が市販薬を販売できるよう、規制緩和を求める声が一部業界団体や政府委員から上がっていると医薬専門メディアが報じています。保険医の「OTC薬」提供、高まる解禁論製薬企業にとって、医...

2016年06月14日 13:33

「かかりつけ薬剤師」の理念を歪めてはいけません

今年度から始まった「かかりつけ薬剤師制度」について、薬局業界では大きな混乱が生じ、制度設計を担当する厚労省・日本薬剤師会に対する反発が広がりました。これまでも厚労省や薬剤師会は、普段の健康相談から市販...

2016年06月03日 17:18

被災地でのエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓症)について

この度の地震によって被災された皆さまに、謹んでお見舞いを申し上げます。震災直後の、食料品や生活用品の確保に伴い、普段服用中の医薬品についても迅速に手配が進んでいることと思います。避難生活の中で、エコノ...

2016年04月19日 17:23

女性セブン記事「かかりつけ薬剤師って何?」について

今週号の週刊誌「女性セブン」に、「かかりつけ薬剤師制度 あなたのギモンに答えます」との記事が掲載されました。記事では、2年に一度の医療制度改定に伴って「お薬手帳」の料金設定が変わったこと、そして「かか...

2016年04月14日 15:41

ロキソニンの副作用報道、ロキソニンについての考察

医療用医薬品として汎用され、一般用医薬品としても多くの方が服用する「ロキソニン」(成分名 ロキソプロフェンナトリウム)について、新たな副作用が発覚したとの報道があり、ネット上でも話題になりました。今回...

2016年03月29日 15:47

「かかりつけ薬剤師」の選び方、付き合い方

今年の4月は、2年に一度の診療報酬改定の時期にあたり、医療の仕組みが変わります。薬局に関する制度変更で押さえておきたいのは、「お薬手帳の価格改定」と今回新設された「かかりつけ薬剤師」制度です。今回は「...

2016年03月23日 14:25

医師が処方を誤ったらどうする?潔く諦めますか?

「薬剤師って一体、何の役に立っているの?」処方箋を薬局に提出して薬剤師から薬を受け取る時、すでに処方の内容は決まっています。薬剤師は色々と質問してきますが、この段階で今さら薬剤師に何か話をする必要はあ...

2016年02月29日 19:59

有料・無料を繰り返す「お薬手帳」は驚きの展開に

病院や薬局で支払う医療費は診療(調剤)報酬制度によって規定されています。この報酬制度は2年に一度改定されますが、今年の4月がその時期にあたります。薬局における改定の目玉として、大きく二つが挙げられます...

2016年02月22日 10:53

「医師の診察料金より薬局技術料の方が高い」という都市伝説

月に1~2回、薬局や医療に関する記事を作成し、BLOGOSに載せて頂いています。記事を読んだ方からのコメントはどれも非常に興味深く(中には対応しづらいものもありますが…)、普段の業務中には聞けないよう...

2015年12月08日 17:15

「かぜ薬を飲んでもかぜは治らない」 もう常識ですか?

先日、オンライン病気辞典「MEDLEY」でコラムを書きました。インターネットや雑誌、新聞、TVなど、様々な情報が氾濫する中で、正しい健康・医療情報を選び取ることは簡単ではありません。MEDLEYでは、...

2015年11月17日 20:29

財務省案から見えてきた 薬局の方向性と危険性

財務省の財政制度等審議会が、来年度以降の医療費について見解を示しました。診療報酬のマイナス改定必要、調剤も抜本見直し=財務省(朝日新聞デジタル)http://www.asahi.com/busines...

2015年11月09日 14:06

週刊文春記事「お薬手帳なんていらない」への反論

今週の週刊文春(10月22日号)に、    『薬局は1回あたり410円儲けていた 「お薬手帳」なんていらない!』という記事が掲載されていました。薬局・医薬分業をバッシングする記事が出ることは今さら珍し...

2015年10月19日 11:57

医療用医薬品の添付文書(医療者向け説明書)を読んでみたいと思ったら

皆さんが病院にかかった後、薬局で受け取る薬(医療用医薬品)には、説明書が添付されていることと思います。これを、私たち薬剤師は「薬剤情報提供文書」と呼んでいます。内容は割と簡単なもので、主な効能・効果の...

2015年09月03日 16:01

機能性表示食品とスラップ訴訟の時代

今年の4月から、「機能性表示食品制度」がスタートしました。新聞やネットなど多くのメディアで取り上げられましたので、ご存知の方も多いと思います。6月以降、この制度の適用を受けた商品が次々と発売されていま...

2015年07月13日 14:33

医薬分業制度にみる「利便性・選択の自由」に伴う自己責任

「医薬分業推進の下での規制の見直し」を議論していた内閣府の規制改革会議が16日、答申をまとめ安部総理に提出しました。論点の一つとなっていた「医療機関と薬局との一体的な構造を禁止する規制の是非」について...

2015年06月27日 15:23

医薬品大量処方の問題・医療費削減の焦点について

5月19日のNHKクローズアップ現代では、「薬がのみきれない 知られざる残薬のリスク」として、大量処方による被害の実態と、改善に向け奮闘する医師や薬剤師の姿、問題を防ぐため「かかりつけ薬局」を持つこと...

2015年05月20日 10:03

「お薬手帳」は不要だと考えている患者さんへ

最近、「お薬手帳」の評判が悪いそうです。お薬手帳は、アレルギーや副作用歴、薬の使用歴を記録するもので、受診時に医師に提示する他、薬局においても薬剤師が確認することで、飲み合わせ(相互作用)や重複投与、...

2015年05月09日 13:26

消費者庁の発表「市販薬で15人死亡」をどう読むか

4月8日、消費者庁は、市販薬によって5年間に副作用被害が1225件発生し、うち15人が死亡していたとして、注意喚起を行いました。このニュースを、「多数の服用者の中で非常に低い確率だ。安心した。」と捉え...

2015年04月10日 13:21

日本における大衆薬の危険性と実現不可能な解決策

日経新聞に『処方薬を大衆薬に転用しやすく 店頭販売を拡大』という記事があった。処方薬(医療用医薬品)を大衆薬(一般用医薬品)に転用することを「スイッチOTC化」というが、この要望を従来の製薬企業からの...

2015年03月31日 18:02

規制改革会議で「医薬分業」見直し?

3月12日、内閣府規制改革会議が主催する公開ディスカッションにおいて、「医薬分業における規制の見直し」が議論された。主な論点は二つ、一点目は「利便性の問題」として、現行法で定められている医療機関と薬局...

2015年03月24日 09:59

調剤薬局、薬剤師バッシングについて

先日、報道された大手チェーン調剤薬局の薬歴不記載問題に端を発し、日本では再び医薬分業、あるいは薬剤師に対する批判が高まっている。これが二年に一度行われる診療報酬改正での議論を見越したプロパガンダではな...

2015年03月16日 11:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。