山崎 毅/ドクターK(食の安全・安心)の記事一覧

事実の立証責任は言説の発信者にあり!

"リスクの伝道師"ドクターK(山崎 毅)です。今年の新語・流行語大賞に「フェイクニュース」がノミネートされたとのこと(「現代用語の基礎知識」選 2017ユーキャン新語・流行語大賞』:http://singo.jiyu.co.jp/)、そのフェイクニュースを糾弾する「ファクトチェック」が国内でも活気をおびてきた件について考察したいと思います。まずは、前回のブログでもご紹介した国内初のファクトチェック...

2017年11月16日 19:11

ファクトチェックが国内でも始まった!

"リスクの伝道師"ドクターKです。今月は海外において「フェイクニュース」というキーワードとともに活発化してきたファクトチェック活動が、いよいよ国内にも波及してきましたので、その話題についてお伝えし、食...

2017年10月13日 17:54

『O157:食中毒の原因は「トング」じゃない』

今月はいま「食の安全」の典型事例として報道されている腸管出血性大腸菌O157による食中毒事故について考察したい。いつも本ブログで議論しているところの「食の安心」の問題とは異なり、実際に重篤な健康被害が...

2017年09月20日 15:01

「安全宣言」の勇気、迅速に謝罪する勇気

"リスクの伝道師"ドクターKです。今月は行政組織や企業のトップが備えるべき資質としての2つの勇気:すなわち毅然と「安全宣言」をする勇気と、迅速かつ粛々とした謝罪をする勇気について解説したいと思います。...

2017年08月14日 10:12

「食の安全情報」と「食の安心情報」が区別できますか?~加工食品の原料原産地表示義務化が惹起する消費者の不信感~

"リスクの伝道師"ドクターKです。今月は久しく続いた豊洲新市場移転問題の「食の安全・安心」から放れて、日本の多くの消費者がいまだに「食の安全」と「食の安心」をうまく切り分けできていないケースとして、こ...

2017年07月13日 15:32

『安全>安心記念日』~豊洲新市場:「地下の安心」より「地上の安全」を優先すると決断した日~

"リスクの伝道師"ドクターKです。このブログでは食のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論していますが、今月は豊洲新市場移転問題がいよいよ佳境を迎えたようですの...

2017年06月15日 19:30

市場の食の安全:リスク比較すべきは地下じゃない

"リスクの伝道師"ドクターKです。このブログでは食のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論していますが、今月もまた築地から豊洲への中央卸売市場移転問題におけるリ...

2017年05月15日 11:18

安心のための必要条件:「安全」と「信頼」

"リスクの伝道師"ドクターKです。このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論していますが、今月もまた豊洲市場移転問題における都民の「食の安全」と...

2017年04月10日 12:57

リスクの審判員:どちらがレッドカード!?

"リスクの伝道師"ドクターKです。このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論していますが、今月もいまだ混迷が続く東京都中央卸売市場の豊洲移転問題...

2017年03月09日 16:02

二者択一の原理:リスクがわかりやすい、でも誤認の元?

このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論しているが、先月に引き続いて、今月もその動向が注目されている東京都中央卸売市場の豊洲移転問題について、...

2017年02月15日 17:53

豊洲市場移転のカギは「食の安全」に関わる都民へのリスコミだ

このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論しているが、本年も月に1度の理事長雑感を綴っていくので、食の安全・安心に関心のある皆様からのご意見・ご...

2017年02月15日 17:00

安全第一、安心は二番目であるべき

このブログでは食品のリスク情報とその双方向による伝え方(リスクコミュニケーション)について毎回議論しているが、今月は「食の安全」と「食の安心」の違いについて明確な切り分けができていない社会問題が多いの...

2016年12月11日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。