小松原周の記事一覧

日本は成熟国としての道を模索するべき

日本人選手のすばらしい活躍でオリンピックは盛り上がっているが、経済の方に目を向けると、あまり直視したくない現実が横たわっている。財政政策・金融政策と「あらゆる手段を動員して」望んだ世紀の一戦において敗色が濃厚となるなか、政府や日銀関係者の内にも、厭戦(えんせん)ムードが漂いはじめてきた。外国人投資家がこれを見過してくれるわけもなく、国債を売り(金利上昇)、内需株を売り(食品、医薬品、不動産、サービ...

2016年08月20日 18:00

中国は中進国の罠から抜け出せるのか

来年の世界経済の動向を考える上で、注目するべきは、やはり中国であると考えている。近年の急成長は、ある意味で歴史の必然と言えるもので、十分な土地と、人口をもった中国に、世界の工場としての順番が回ってきた...

2015年12月15日 18:00

小売店の縮小にみる将来の人口減少

最近の日本の企業動向の中では「イトーヨーカドー」や「ヤマダ電機」のような業界トップ企業が、次々と大規模な店舗縮小を発表していることを興味深く見ている。人口が減少する国で、店舗面積を縮小していかなければ...

2015年11月27日 18:00

人手不足で変わる企業の競争環境

世界の人口は直近100年で3倍に増加したが、次の100年では更に倍になると言われている。ただし、これから人口が増加するのは途上国が中心であって、日本のように成熟した先進国では、逆に人口が減っていってし...

2015年10月02日 18:00

集団が体制に依存するリスク

歴史的な観点から国の統治体制を見ると、長く続いた独裁者による専制政治は国民によって打倒され、民主主義へと変遷していった。それが膨大な犠牲の上に成立してきたという背景からか、現代における「民主主義」とは...

2015年09月18日 18:00

このバブルを何と名付けよう

バブルというものはいつも、それが崩壊してから気が付く。そして、キッカケとなった象徴的な出来事によって諡(おくりな)される。リーマン・ショックの発生から7年経った今、これまでの期間がバブルであったかどう...

2015年08月02日 18:00

ギリシャの「Xデー」とその後のシナリオ

ギリシャの救済プログラム(ELA)の期限切れが迫るなか、依然としてギリシャ政府とユーロ圏の債権団との議論は終着点が見えておらず、予断を許さない状況が続いている。ここで今後のギリシャ問題を、重要な日程と...

2015年06月22日 18:00

日本の貧困率増加とその元凶

厚労省が公式発表している日本の貧困率は、年々増加の一途をたどっており、足下では16%の世帯が、貧困層に分類されている。この貧困の定義はOECDで定められた統計的な基準によるものであるが、具体的には、日...

2015年04月21日 18:00

「地方創生=農業改革」はメディアの描いた幻想

全中から監査権を奪い、単なる社団法人へ格下げしたことは、農協解体へ向けた第一歩として評価できる動きである。中長期的には、莫大な予算を持つ農林水産省も格下げに向かうだろう。ただ、安倍首相としては、農業改...

2015年03月20日 18:00

原油価格暴落の主要因 - 中東勢復権の可能性

原油価格の暴落は、ロシア経済に飛び火し「逆オイルショック」とも言うべき信用不安の連鎖を想起させたが、中銀の政策金利引き上げや、為替介入、FOMCにおけるハト派的な文言の継続などにより、一旦は落ち着きを...

2014年12月21日 18:00

完全ではない民主主義の統治システム

『世界には40人しかいない』と、昔ある人から教わったことがある。ネットやメディアを通じて見る世界は、日々激しく変動しているように見えるが、自分を中心とした日常の世界には、実のところ40人ほどの出演者し...

2014年12月17日 18:00

アベノミクス第二幕 - 注力すべき施策とは?

ものごとをシンプルに考えると、複雑な問題が、簡単に見えてくることがある。それは日本政府が思案する景気対策にも同じことが言えるかもしれない。増大する社会保障費の財源として消費税を増税する一方で、低迷する...

2014年11月21日 18:00

政府日銀と国民の温度差

日本の国内消費は、春先の消費税増税による反動減だけではなく、足下でも盛り上がりに欠け、パッとしない状態が続いている。円安によるコストプッシュ型の物価上昇(悪いインフレ)が進む一方で、給与はそれほど上が...

2014年11月02日 18:00

リクルーターが注目する「知性の質」

ITによって仕事が急速に一般化・汎用化される現代にあって、従来のような学歴重視の採用手法では、付加価値のある人材を効率良く獲得できなくなっていることは、周知の事実である。しかし「ではどうすればよいのか...

2014年09月04日 18:00

大衆迎合のネット社会

ネット時代になって情報の垣根がなくなったにもかかわらず、何だかリアルの世界のヒエラルキーが、そのままネットの世界にも反映されているように感じるのは、私だけだろうか。実名を強制するFaceBookがそれ...

2014年08月22日 18:00

アベノミクスの背信者たち - 内需系企業は変われるか

「若い人が集められない」という声が日本の内需系企業で日増しに大きくなってきている。当初、このような現象は「建築業」や「運送業」で観察されていたが、やがてそれが「居酒屋」や「レストラン」にまで広がり、最...

2014年08月01日 18:00

ネット広告に侵される「プライバシー」

ベネッセによる個人情報の流出事件が社会問題となっているが、今回の事件を機にDM(ダイレクトメール)に社会的なメスが入ったことは、郵便受けがいつも不要なDMに支配されている一消費者としては、大変ありがた...

2014年07月25日 18:00

ベネッセに学ぶ - ホールディングス体制の危うさ

『会社名に”ホールディングス”が付く会社は慎重に見た方がよい』と以前にコメントしたが、今回のベネッセ・ホールディングス(HD)による顧客データの流出騒動はこの法則にピタリと一致する事例と言えるだろう。...

2014年07月18日 18:00

Googleに見るIT革命の行方

少し前まで「テクノロジーの進化」と言えば、半導体の微細化や液晶の薄型化、省電力化に象徴されるようなハードの進化を指すことがほとんどであった。株式市場でも、半導体大手の月次在庫や、装置メーカー、化学メー...

2014年07月10日 18:00

「さとり世代」の攻略に悩む消費系企業

「近頃の若者は」という論調は、いつの時代も大人による無用の介入であることが多いが、IT革命と景気の長期低迷という大きな時代の変遷を経た現代の若者においては「さすがに従来のパターンでは補足できない世代と...

2014年04月24日 18:00

消費税の不都合な真実 – 中小企業の叫びを聴け

日本の消費税が4月より8%へ引き上げられた。消費税は消費者にとってはある意味で平等な税だが、これを製造業のバリューチェーンの中で見ていくと、実に不平等な税法となっていることはあまり知られていない。消費...

2014年04月03日 18:00

労働者が減る国の運命

経済学を勉強したことがある人ならば、コブ・ダグラスの生産関数というものを見たことがあるだろう。GDPの成長率(Y)はY = T ×K^α×L^(1 - α)という関数で表現できる。この式を要約すると、...

2014年03月14日 18:00

その戦略に必要な戦略 - 新時代のフレームワーク

企業の業績予想をしたり、経営者が事業戦略を練る際によく出てくるのが、マイケル・ポーターの5forces分析である。会社を取り巻く環境分析を「新規参入業者」「代替品」「供給業者」「顧客」「競合企業」の5...

2014年02月21日 18:00

コア・コンピタンスとは何か - 任天堂に学ぶ理想の組織の在り方

任天堂が30日にニューオータニで開催した経営説明会を聞きながら、ビデオゲーム業界の祖である同社の凋落(ちょうらく)ぶりは「会社のコア・コンピタンスとは何か」という問を、あらためて考えさせてくれる良い機...

2014年01月30日 18:00

2014年の注目点 - 無料経済と創造力

2013年も終わりに差し掛かってきました。今年も多くの経営者とディスカッションをし、新たな学びを得ました。ブログでも度々書いてきましたが、やはり「ビット経済」「ニューエコノミー」などの言葉にあるように...

2013年12月24日 18:00

お金の価値と人生の価値

投資をする人は「お金が欲しい」という目的が第一義的にあるわけであって、何もレジャーやボランティアでやっているわけではないだろう。もちろんそれでいい。結局のところ、まともに勉強して、まともにリスクマネー...

2013年12月16日 18:00

起業学のススメ - みんな知らない起業の実務

先日、投資家からベンチャー起業家へ転身したA女史に久しぶりにお会いする機会があり、起業から現在に至るまでのストーリーを聞かせてもらったのだが、やはり会社を興すというのは、雇われサラリーマンでは決して経...

2013年11月27日 18:00

ソフトバンクに学ぶ - 富を創造するは揺るぎなき信念

ソフトバンクの企業価値は9兆円を突破し、今や三菱UFJフィナンシャルグループと並び、これより大きい日本企業はトヨタ自動車を残すのみというところまで成長した。プロの投資家にとってソフトバンクという会社は...

2013年11月18日 18:00

ビット経済の新ルール - クラウドを制する者が世界を制す

IT革命の前と後では経済の質そのものが大きく変化している。経済学者が謎のデフレに悩んだり、経営者が昔の成功パターンを繰り返して失敗するのは、時代が革命を経た後であることに気づいていないことが要因かもし...

2013年09月21日 18:00

資本主義の大前提 - 努力が報われる社会へ

当たり前過ぎるようなことを言うが、努力というのは大切だ。多感な学生時代に机に向かって一生懸命に勉強をした若者が、偏差値の高い大学へ進学し、給与の高い会社へ入るという社会構造は、ある意味ではフェアな世界...

2013年08月16日 18:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。