先見創意の会の記事一覧

「社会党」への道を歩む立憲民主党と国民民主党 - 榊原智(産経新聞 論説副委員長)

立憲民主党と国民民主党が、「日本社会党」への道を歩んでいる。この2つの党が政権を担うのは無理だろう。立憲民主党は9月30日、都内で初めての党大会を開いた。「民主主義というのは『選べる』ということ。野党第1党として政権の選択肢となり、遠からず政権を担う。私の責任は政権を取ることではなくて、長期政権を作ることだと確信している」立憲民主党の枝野幸男代表は演説で、このように語った。野党第1党であるとはいえ...

2018年10月09日 16:09

北朝鮮核危機こそ、憲法9条や「専守防衛」政策の失敗の証である - 榊原智

米国のトランプ大統領は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談後の記者会見で、米韓合同軍事演習の中止を表明し、在韓米軍の将来的な引き揚げに言及した。 北朝鮮の核・弾道ミサイルの脅威はなくなっ...

2018年07月10日 18:12

懸念材料山積の「安倍再選」 態勢立て直しはできるのか

安倍晋三首相は6月16日午前、読売テレビの「ウェークアップ!ぷらす」に生出演し、9月に予定される自民党総裁選への出馬を決断する時期を問われ、「東京近辺でセミの声がうるさいと感じられる状況になったころ」...

2018年06月18日 14:01

人口減少で見直し迫られる「公」の定義 - 河合雅司(産経新聞 論説委員)

地域包括ケアシステムは、人口減少社会で、どこまで展開し得るのだろうか。国立社会保障・人口問題研究所の「日本の地域別将来推計人口」(2018年3月)が描き出した未来図を見ると、疑問を抱かざるを得ない。地...

2018年05月24日 09:52

南北問題、日本の曖昧な外交姿勢 - 外岡立人

安倍首相の韓国に向ける視線が変わった。11年ぶりの南北首脳会談が4月27日行われた。その直前、ムン韓国大統領は、北朝鮮と日朝首脳会談を開きそこで拉致被害者問題について話し合いを持ちたいと伝えるよう、安...

2018年05月08日 09:28

官邸一強の背景にあるもの その2 - 佐藤敏信(元厚生労働省勤務・久留米大学教授)

―内閣人事局だけが原因じゃない、財務省の忖度―◆はじめに筆者は昨年、国家公務員の側から見た「官邸一強」の背景について書いた。その大略は、①2004年の小泉政権下の三位一体改革で、補助金の配分という、力...

2018年04月17日 16:18

人間の魅力 - コラム - 森宏一郎(滋賀大学 経済学系 教授)

近年、人工知能(AI: Artificial Intelligence)やロボットの話題が盛り上がっている。もはや話題が古いと言えるのかもしれないが、囲碁や将棋のトップ棋士が人工知能に敗れたことで、今...

2018年04月11日 08:49

「森友問題」ばかりが政治じゃない――北朝鮮核危機にも取り組め - 榊原智

学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる財務省文書の改竄は、看過できない問題である。行政活動の基盤をなす公文書の改竄がまかり通れば、国家の土台が揺らいでしまう。改竄した偽文書の国会議員に対する提示は...

2018年03月26日 21:42

介護の外国人技能実習について - 岡光序治(会社経営、元厚生省勤務)

2017年11月、外国人技能実習制度に介護職種が追加された。日本語能力についての条件が厳しいことなどから、昨年末までには「外国人技能実習機構」への実習計画の申請はゼロだった。今年1月22日になって、1...

2018年03月05日 19:57

「のんびり社会」への転換のときだ - 河合雅司

かつて「夫婦と子供2人」が日本の標準的世帯モデルとされ、地方などでは3世代同居も珍しくなかった。ところが、最近は、「広い自宅」に1人で暮らす高齢女性の姿が目立つ。その多くは、子供たちが成人して独立し、...

2018年02月20日 21:25

医師も労働者 - 楢原多計志

労働者について「労働を提供する代わりに労働に見合う賃金を受け取り、賃金を支払う経営者と対極にいる人」と教えられた。だが、いまも「労働者」と呼ばれるのを嫌う勤務医が少なからずいる──そんな思いがよぎる会...

2018年01月29日 18:50

そして誰もいなくなる? 希望の党と民進党へのレクイエム - 關田伸雄

政党とは何か。『ブリタニカ国際大百科事典』には「選挙や革命を通じて政治権力を獲得・維持し、または政策決定過程に影響力を行使することにより、有権者に提示した政策を実現しようとする集団」とある。『世界大百...

2018年01月24日 10:28

平成30年診療報酬改定を巡る駆け引きと今後の展開 - 佐藤敏信

平成30年診療報酬改定における、細かな点数設定等はこれからの話なので、医療関係者は今後の動向を見守っておられることと思う。しかし、政治的な駆け引きも含めて、前半戦すなわち改定にかかる根本的な方向や考え...

2017年12月26日 20:35

報道機関の正しい情報を求める - 外岡立人

◆不正確なNHKのインフルエンザ報道11月12日朝のNHKニュースでインフルエンザワクチン配布の遅れに関する情報がなされた。配布の遅れには理由があるが、関連する専門家の説明が不可解であった。厚労省のワ...

2017年12月12日 16:15

国民を守らない非核三原則を日本はいつまで保てるのか - 榊原智

特別国会の代表質問で、北朝鮮の核・ミサイル問題に関連して、いささか奇妙な主張が展開された。11月21日、衆議院の院内会派「無所属の会」を代表して質問に立った岡田克也元副総理が、「核兵器搭載が可能な戦略...

2017年12月04日 16:43

地方復活のカギはやはり産業育成にあり - 森 宏一郎

ゼミ学生を連れて高知県馬路村と静岡県伊東市でフィールド調査を実施した。これらの2つの地域の性格は異なるが、調査テーマの1つは地方活性化である。馬路村は大都市圏からも都市圏からも離れている地域である一方...

2017年11月13日 14:12

「ハイテク・タウン」核に拠点型国家を目指せ - 河合雅司

私が6月に出版した『未来の年表』(講談社現代新書)が、発売からわずか4カ月半で30万部を大きく突破した。1週間あたり2万部弱売れている計算である。出版元の講談社によれば、出版不況が言われる中で新書とし...

2017年11月07日 21:46

政界再編はあるのか? 衆院選後のシナリオ - 關田伸雄 (政治ジャーナリスト)

小池百合子東京都知事による「希望の党」立ち上げと前原誠司代表の政治決断による民進党崩壊を受けて始まった政界再編。希望の党に行けなかった民進党左派による「立憲民主党」結成もあって、衆院選は「三極による戦...

2017年10月17日 08:28

こんなに働いてもどうして幸せになれないのか、どうしたら幸せになれるのか――ベーシックインカムという社会実験

◆お金を儲けるたびに犯す罪と罪の意識資本主義の世の中で、お金を儲けようと思えば、100円の物を何とか110円、出来れば120円、あわよくば200円で売りたいと思わない商人はいないだろう。そこには常に多...

2017年10月11日 08:19

ネットを利用した政治的な発言や個人の発信がもたらす影響と対策 - 佐藤敏信 (元厚生労働省勤務・久留米大学教授)

この原稿を書いている時点で、永田町は解散へ向けて臨戦態勢だと言う。その直前の数週間を見ても、選挙の趨勢に影響しそうな、いろんな話題があった。それらの多くはネット社会ならではのものであり、ネットを利用す...

2017年10月04日 09:21

生産性議論と会計力 - 中村十念

1.マル生1970年に旧国鉄で生産性向上運動(後にマル生運動と呼ばれた)が開始され、これは国鉄社内に激しい労使対立をもたらし、1987年の国鉄分割民営化への17年間に及ぶ活劇の序幕となった。本来は、生...

2017年09月26日 11:38

フィンランド出羽守物語 - 片桐由喜(小樽商科大学商学部 教授)

「イギリスでは、こんなに素晴らしい制度がある、それに比べて日本はダメだ」、「ドイツでは…」、等々、諸外国の例を挙げて、自国のありさまを否定的に表現することが、どの領域にもある。外国の制度...

2017年09月19日 16:03

政治、経済、金融政策 - 長谷川公敏(エコノミスト)

◆物価目標は重要か?先日のジャクソンホールの会合で、イエレン米FRB議長、ドラギECB総裁は市場の大方の予想に違わず、今後の金融政策については言及しなかった。(注1)ただ、FRBは前年比+2%の物価(...

2017年09月07日 12:10

核抑止の態勢を再構築する日米協議に着手し、国民の命を守っていくことが必要だ - 榊原智(産経新聞 論説副委員長)

安倍晋三首相は、内閣改造と自民党役員人事に踏み切った。新たな体制のもとで取り組むべき課題は山積しているが、その最たるものは、北朝鮮の核・弾道ミサイル戦力の脅威から国民を守り抜くことだろう。日本は、戦後...

2017年08月16日 10:50

介護の連携について――経営サイドから - 岡光序治 (会社経営、元厚生省勤務)

◆はじめに去る6月開催された「日本老年学会」での「医療介護情報から見た将来」というテーマの講演において、松田晋哉教授(産業医科大学)は、連携について次のように述べている。脳血管障害、慢性心不全、骨折、...

2017年08月04日 11:07

「出生数100万割れ」に鈍感な政治家たち - 河合雅司

日本の政治家というのは、どうしてこうも呑気なのだろう。厚生労働省の人口動統計月報年計によれば、昨年(2016年)の年間出生数は前年に比べて2万8,698人も減り、97万6,979人となった。今後、出産...

2017年07月25日 17:27

「最後のお願い」に安倍政権の限界が見えた? - 關田伸雄

小池新党と安倍自民党が真正面からぶつかった東京都議選は、自民党の歴史的惨敗に終わった。一方、小池百合子知事が代表を務めていた地域政党「都民ファースト」は予想を大きく上回る55議席を獲得して都議会第1党...

2017年07月11日 14:56

従来型の経済理論で日本の需要不足が説明できるか?

◆マクロ経済学者たちの日本への提言失われた90年代以降、日本の景気は持ち直しつつあるとはいえ、それ以前とは比ぶべくもない。こうした状況に対して、政府の関与を含めて様々な提言がなされてきた。少し古いとこ...

2017年06月30日 17:39

民進党崩壊のシナリオ――止まらない「社会党」化 - 關田伸雄(政治ジャーナリスト)

◆あくまで感情優先:説得力なき政権批判最近の蓮舫民進党代表の言動を見ていると、2014年9月に亡くなった土井たか子元衆院議長のことを思い出す。旧社会党の委員長として、「半永久政権」を担った自民党に「万...

2017年05月08日 08:54

日本の科学技術が中国・北朝鮮の軍事力強化に利用される悪夢に備えよ - 榊原 智

科学者を代表する国の特別の機関である日本学術会議がこのほど、軍事科学研究を「絶対行わない」とした過去の声明を「継承する」と宣言し、大学などの研究機関に対して、軍事に利用される研究の自己規制を求める「軍...

2017年04月24日 16:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。