王文亮の記事一覧

日本を滅ぼす超高齢社会(4)―分けて考えるべきこと

 前回のコラム(3)でも書いたように、事実婚や婚外子の慣習と文化が非常に薄い日本では、結婚率の低下は少子化の進行に直結している。つまり、結婚しなければ、子どもが産まれないということである。 もちろん、これは日本に限らず、東アジアの共通現象でもあるように思える。韓国や台湾、中国でも、事実婚や婚外子に対する世間の目が厳しく、経済発展および近代化の急進展による結婚率の低下が子どもの数の減少につながってい...

2012年05月02日 09:51

日本を滅ぼす超高齢社会(3)―少子化は誰のせい?

高齢化の直接の原因は少子化。これは誰でも知っていることである。いうまでもなく、高齢化をもたらす原因はほかにもある。たとえば平均寿命の伸長も重要な一因として考えられる。だが、高齢化を直接にもたらした最大...

2012年04月17日 11:29

ここが違う日本と中国(21)―明暗を分けた中間層

訪日中国人観光客は東日本大震災の後、大幅に減少していたが、最近戻りつつあり、特に2012年の旧正月を境に順調に増えていることが、政府の統計やマスコミの報道などでわかる。日本人の中国人観光客に対するイメ...

2012年03月20日 09:54

ここが違う日本と中国(21)―明暗を分けた中間層

 訪日中国人観光客は東日本大震災の後、大幅に減少していたが、最近戻りつつあり、特に2012年の旧正月を境に順調に増えていることが、政府の統計やマスコミの報道などでわかる。 日本人の中国人観光客に対する...

2012年03月20日 09:54

日本を滅ぼす超高齢社会(2)―忘れ去られた『種の存続』

 日本は世界屈指の人口大国であり、先進国のなかでもアメリカに次ぐ規模の人口を擁する。50年後には総人口が8000万人程度まで減少しても十分やっていける。なのに、いったいなぜ「滅ぶ」と言うんだい? 確か...

2012年03月19日 15:41

日本を滅ぼす超高齢社会(1)―衝撃的な将来人口推計

日本の運命は超高齢社会の行方にかかっている。この「闇の深淵」への突進にブレーキをかけなければ、日本は滅ぶ。これは、私がこのシリーズを執筆するにあたって冒頭で述べておきたい結論である。今年1月30日、国...

2012年03月19日 10:05

ここが違う日本と中国(20)―人材戦略

大学を卒業しても就職は難しい。一方で、企業のほうは優秀な人材を確保するために悪戦苦闘する。こんないわゆる労働市場のミスマッチは中国でも起きており、特に日本では問題の深刻化が目立つ。  企業だけでなく、...

2012年03月16日 09:52

ここが違う日本と中国(19)―内向きと外向き

昨今、中国の大学院は急速に膨張し、絶頂期を迎えつつある。その要因としては、大卒の就職難を挙げることができる。もちろん、就職戦線の厳しさだけで説明できるものではない。もう一つの背景は、社会全体に漲ってい...

2012年03月15日 10:42

ここが違う日本と中国(18)―大学院の盛衰

前回(17)で述べたように、高等教育において今、中国は日本と違って猛烈なスピードで拡大路線を突き進んでいる。その結果、発展途上国でありながらも、年間100万人以上の大卒者が就職できないような状態に陥っ...

2012年03月13日 10:08

ここが違う日本と中国(15)―地方自治と中央集権

  最近のテレビでは、米軍基地移転問題や東日本大震災の復興とがれき処理問題で政府首脳(総理大臣と担当閣僚)が各関係方面に頭を下げるシーンが連日のように映し出されている。  その各関係方面のなかには、い...

2012年03月01日 08:25

ここが違う日本と中国(13)―よく勉強しているのは誰?

「中国の子どもはよく勉強するね。日本の子どもはもうちょっと頑張ってほしいな」これも最近よく耳にする話である。中国の子どもだとか、日本の子どもだとかといっても、必ずしもそれぞれひとくくりで見ることができ...

2012年02月29日 12:44

ここが違う日本と中国(14)―官僚支配

日本は官僚支配の国だとよく言われる。しかし、筆者はそうは思わない。いうまでもなく、官僚が国を支配しないような国はどこにも存在しないはずだ。筆者が大いに着眼しているのは、官僚の社会的地位および官僚と比肩...

2012年02月29日 10:04

ここが違う日本と中国(12)―底上げ教育VS英才教育(続編)

 前回のコラム(11)で、教育のあり方における日本と中国の違いを書いたところ、大きな反響を呼んでさまざまな意見がインターネットを通じて寄せられるようになり、筆者は望外の喜びとしている。 これは約600...

2012年02月22日 08:15

ここが違う日本と中国(11)―底上げ教育VS英才教育

 近年、日本の教育現場やマスコミではPISAという言葉が頻繁に登場している。PISAは「生徒の学習到達度調査」の頭文字。経済協力開発機構(OECD)が15歳児を対象とし2000年から3年ごとに実施して...

2012年02月20日 09:53

ここが違う日本と中国(9)―持ち家か賃貸か

  市場経済および住宅の自由化政策導入後、中国の住宅事情はみるみるうちに改善され、いまやむしろ世界を驚かせるほどの水準まできているとさえ思える。  現在、中国政府の住宅政策の功罪が議論されている最中だ...

2012年02月15日 09:11

ここが違う日本と中国(8)―子育て環境

結婚・出産・子育ての理由で仕事を辞める日本の女性、辞めない中国の女性、こんな違いがどうして出てくるのだろうか。ここではその原因について考えてみたい。(1)子育ては誰の責任か日本では、“母親が育児をする...

2012年02月14日 09:54

ここが違う日本と中国(6)―『勤労』な民族

 「中華民族は世界中もっとも勤労勇敢な民族だ」  前回のコラム(5)で国民の祝日を書いた際、この一句をふと脳裡をよぎった。  幼いころに国語の教科書で学んだことだ。また、いろいろなで叫ばれている言葉で...

2012年02月12日 00:05

ここが違う日本と中国(5)―国民の祝日

「疲れた!休みたい!」われわれ現代人がいつも口にする常套句だ。そんな時、思わずカレンダーに目をやる。目線は黒い文字を避けてもっぱら赤い数字を「スキャン」する。日曜日は赤くなっているが、それ以外の赤い数...

2012年02月09日 10:01

ここが違う日本と中国(4)―「気前いい」VS「ケチ」

筆者は社会問題と社会保障の国際比較を専門としている関係で、大学の授業でよく中国を日本や欧米と比較対照する。歴史、文化、国民性などはもちろんのこと、社会の制度やシステムをも取り上げる。ある日、学生から「...

2012年02月08日 09:47

ここが違う日本と中国(3)―『人情』の世界

同じ漢字文化圏の国同士として日本と中国ではまったく同じ表記の単語が無数にある。同じ表記で同じ意味のものもあれば、同じ表記でまったく異なることを表すものもある。後者について例えば、「娘」(日本語はムスメ...

2012年02月07日 10:16

ここが違う日本と中国(1)―『辰年』と『龍年』

  中国は日本より22日ほど遅れて「龍年」を迎えた。  「龍年」はもちろん中国の言い方で、日本では「辰年」と呼ぶ。そして22日遅れたというのは、中国では干支は西暦ではなくて旧暦に従うからだ。  中国の...

2012年02月06日 09:58

ここが違う日本と中国(2)―お年玉いろいろ

お正月と言っても、日本と中国とでは過ごし方や楽しみ方はずいぶん違う。日本人にとって最大のイベントはやはり初詣だろう。老若男女を問わず、国民全員が必ずやることである。数日にわたって近辺や遠くにある有名な...

2012年02月06日 09:26

中国 ソーシャルワーカーの時代は到来するか(5)―専門職化の推進

  中国では都市化、工業化、高齢化などが急速に進むにつれて、国民の社会サービスに対するニーズも多様化、高度化しつつある。そんな中、社会福祉労働者やソーシャルワーカーの専門職化がますます強く求められるよ...

2012年01月10日 18:04

中国 ソーシャルワーカーの時代は到来するか(3)―人材不足の窮状

 2011年に通達された「ソーシャルワーク専門人材育成の強化に関する意見」は、改革開放以降のソーシャルワーカーの育成に対して厳しい評価を下している。「ソーシャルワークの人材の発展は立ち遅れており、体制...

2012年01月04日 09:51

格差の急拡大は社会保障基盤崩壊の元凶(5)―成功するか中国の「国民皆保険・皆年金」

 前回で述べたように、日本の「国民皆保険・皆年金」体制は格差社会の進行によって危機的な状況に陥っている。翻って中国はといえば、むしろ格差の急拡大によって「国民皆保険・皆年金」体制の構築が多大な困難にぶ...

2011年12月26日 14:45

格差の急拡大は社会保障基盤崩壊の元凶(5)―成功するか中国の「国民皆保険・皆年金」

 前回で述べたように、日本の「国民皆保険・皆年金」体制は格差社会の進行によって危機的な状況に陥っている。翻って中国はといえば、むしろ格差の急拡大によって「国民皆保険・皆年金」体制の構築が多大な困難にぶ...

2011年12月22日 14:25

格差の急拡大は社会保障基盤崩壊の元凶(4)―危ない日本の「国民皆保険・皆年金」

  前回のコラムでは、格差社会の進行は社会保険の性格を大きく変えているということを述べたが、それは、日本の社会保険制度における保険料納付特別措置を見ても明らかである。(1)国民年金の保険料納付  国民...

2011年12月20日 09:34

格差の急拡大は社会保障基盤崩壊の元凶(3)―問われる社会保障の機能

  格差の拡大にブレーキをかける方法としては、一般に社会保障制度の整備などが挙げられる。一方、格差の拡大は社会保障制度の整備を妨げることだけでなく、ひいては社会保障の基盤を根底から掘り崩すことにもなり...

2011年12月19日 09:38

格差の急拡大は社会保障基盤崩壊の元凶(3)―問われる社会保障の機能

  格差の拡大にブレーキをかける方法としては、一般に社会保障制度の整備などが挙げられる。一方、格差の拡大は社会保障制度の整備を妨げることだけでなく、ひいては社会保障の基盤を根底から掘り崩すことにもなり...

2011年12月19日 09:38

「豊かになった?」中国で貧困ラインの大幅引き上げ、貧困人口が再急増

 中国では去る11月29日、中央貧困脱却活動会議は北京で開かれた。同会議で、中国政府は農村部の貧困基準にあたる「貧困線」を年間純収入2300元(約2万8200円)に引き上げることを決定した。現行の貧困...

2011年12月15日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。