岡田克也の記事一覧

財務次官セクハラ問題─こんな人物が財務省トップだったことに驚き

財務省の福田事務次官が、セクハラを否定しつつ辞任しました。他方で、テレビ朝日がセクハラは事実と発表しました。新潮社によって公開された音声データは、女性の声の部分は文字しかありませんでした。本人の特定を避けるための措置だったと思いますが、果たして、女性の声と文字が一致しているのかどうか、確認できない状況であったことも事実です。しかし、テレビ朝日は、音声データで事実関係が確認できたとしています。このこ...

2018年04月19日 14:00

森友、加計、日報問題に全力を

森友、加計、そして、防衛省の日報問題も3つの重要な問題に加えて、財務省の事務次官のセクハラ問題がにわかに出てきました。メディアの大きな注目を集めており、今日、事務次官の辞任が発表されました。この問題は...

2018年04月18日 21:23

シリア攻撃─化学兵器の研究開発能力低下のための武力行使が許されるのか

アメリカのトランプ大統領が、シリアに対する攻撃を行いました。化学兵器を使って、女性や子どもを含む多くの民間人を殺傷した、それに対する報復である、という位置づけです。安倍総理は、「化学兵器の使用は、極め...

2018年04月18日 10:08

【ブログ】一連の問題─国会に特別調査委を設置し、徹底的に事実を明らかに

予算委員会の集中審議で、一連の問題が議論されました。森友学園の問題、加計学園の問題、そして、防衛省・自衛隊の日報の問題です。それぞれについて、私なりの考え方を述べておきたいと思います。まず、森友学園に...

2018年04月13日 00:00

新党結成へ─しっかりとした議論がなされることを期待

党の全国幹事会が開催され、県連の皆さんからいろいろなご意見が出ました。最終的には、新党の準備会をつくって議論を進めていくことについて、了承が得られました。その際、何人かの方から、私なり「無所属の会」は...

2018年04月05日 15:22

連日の国会質問─後世に残る議事録、忙しいがしっかり準備して臨む

予算が成立して、国会は各委員会で各法案、条約の審議に入っています。私は、外務委員会の他、倫理選挙特別委員会(倫選特)、東日本大震災復興特別委員会(復興特)の計3つの委員会に所属しています。衆院会派「無...

2018年04月05日 09:43

疑問だらけの自民党憲法改正案

自民党の憲法改正案が明らかとなりました。党内議論も不十分なまま、拙速にまとめられたものです。多くの疑問がありますが、特に自衛隊明記について、指摘したいと思います。そもそも、私は、立憲主義や憲法の平和主...

2018年03月27日 20:25

森友問題疑惑解明—安倍総理と国会の責任は重い

安倍総理は「行政の長として、その責任を痛感している。国民の皆様に深くお詫び申し上げる」と自民党大会で発言しました。あくまで行政に問題あり、その長としての責任があるとするもので、行政(=財務省)に実質的...

2018年03月26日 20:00

佐川氏喚問─国民の不信感を払拭するため、本当のことを話してほしい

森友学園の疑惑について、19日に予算委員会の集中審議が行われましたが、来週、佐川前理財局長を証人喚問することが決まりました。そのこと自体は評価できることです。佐川さんには、ぜひ本当のことを言っていただ...

2018年03月21日 19:39

財務省の決裁文書改ざん─議会制民主主義の危機、与党も認識共有を

財務省の決裁文書の改ざんが明らかになりました。公務員として仕事をした経験のある私にとって、信じられないことです。しかも、国会に提出された資料ということですから、国民の代表である立法府に対する重大な侮辱...

2018年03月15日 16:02

米朝交渉本格化─試される日本の外交力

米朝首脳会談開催が合意されました。世界が驚いています。これから様々な困難が予想され、簡単には望まれるような合意形成はできないでしょう。しかし、激しい対立の時代から、わずかとはいえ、話し合いで解決の可能...

2018年03月12日 14:47

裁量労働制─適切な運用がなされているのか、実態把握なしの拡大はあまりに無謀

予算委員会の中で、裁量労働制の問題に焦点が当たっています。直接的には、安倍総理が国会で答弁したその中身が事実に反するものだったことです。ずさんな資料に基づいて答弁したことが問題になっているわけです。こ...

2018年02月20日 22:28

平昌五輪─北朝鮮の核問題を横に置いた南北融和はあり得ない

ピョンチャン・オリンピックも、高木選手や高梨選手、原選手がメダルを取るなど、佳境に入ってきました。これからも日本勢が活躍してくれることを期待しています。私も開会式に出席しました。超党派の日韓議員連盟の...

2018年02月13日 22:07

米核態勢の見直し─核なき世界に逆行、高く評価するとは一体何事か

先般、米国の「核態勢の見直し(NPR)」が発表されました。これを河野外務大臣は「高く評価する」とおっしゃいましたが、私には全く理解できません。いくつか問題があると言われています。第1に、オバマ政権の2...

2018年02月07日 18:28

補正予算成立─信頼を失った財務省、霞が関が機能不全に陥らないか

今年度の補正予算が成立しました。私も代表質問で指摘しましたが、本来、補正予算で対応すべきではないものが、かなり含まれています。例えば、「ものづくり補助金」に1000億円の予算が組まれていますが、これは...

2018年02月02日 21:37

統一会派─立憲、希望のうち、より可能性の高いところと優先交渉を

民進党と希望の党との統一会派構想について、昨日の両院議員総会では決定はせずに、少し時間をかけて議論をするということになりました。私が代表を務める衆議院の会派「無所属の会」の対応についても、メディアにい...

2018年01月18日 15:26

核兵器禁止条約─日本の本気度が問われる米国の核態勢見直しへの対応

ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のベアトリス・フィン事務局長が来日され、議員会館で昨日、与野党の代表者らが参加する討論集会が開催されました。私も民進党を代表して出席し、短...

2018年01月17日 14:57

慰安婦問題─賢明とは言えない韓国政府の対応を非常に残念に思う

慰安婦問題をめぐる韓国政府の対応が明らかになりました。今までの日韓合意は否定しないものの、実質的にはその変更を迫るもので、大変遺憾なことだと思っています。さすがに、日韓両国政府で公式に合意したものであ...

2018年01月15日 10:33

党改革と3党連携を進め、統一地方選、参院選は1つの塊で

今日は、民進党の衆参国会議員が集まった「両院議員総会」と、全国の地方自治体議員、各県連の代表者が集まった「全国幹事会・自治体議員団会議」を合同で開催し、約3時間にわたって、今までの議論の集大成を行いま...

2017年12月29日 10:46

民進党の改革と統一会派の結成─ようやく見えてきた方向性

党の改革をめぐる議論も、地方レベルを含めて、丁寧に議論を重ねてきました。来週26日に、地方代表者と国会議員との合同会議で着地させようということで、年末を前にして、ようやく方向性が見えてきたと思います。...

2017年12月22日 19:15

外務委質疑─総理の暴走を止めることも河野外相には求められている

衆院外務委員会で、河野外務大臣と30分間議論しました。まず取り上げたのは、非核三原則の1つ、核兵器の持ち込みの問題です。米国政府が、核兵器を搭載した艦船の一時寄港は持ち込みに当たらないと考えていたこと...

2017年12月06日 18:41

所信表明演説─財政健全化に実質触れず、お金を使うだけなら誰にでも

一連の国際会議が終わり、国会が再開しました。今日は、安倍総理の所信表明演説が行われました。非常に短い演説で、内容的にも不十分だったと思います。例えば北朝鮮について、一連の国際会議、あるいはその前に行わ...

2017年11月17日 19:16

参院と歩調を合わせて無所属の会が汗をかき、立憲や希望の結節点に

両院議員総会が開催され、新しく民進党の役員人事が発表されました。大塚代表のもとで、増子輝彦幹事長、国対委員長には、衆院会派「無所属の会」から平野博文さんが就任することになりました。平野さんには、民進党...

2017年11月16日 19:06

無所属の会結成─立民、希望と協力して巨大与党に対峙する足掛かりに

11月1日から特別国会が召集されます。それに先立ち、今回の総選挙を無所属で戦った民進党籍の13名で、衆議院の院内会派「無所属の会」を結成しました。野田元総理や江田憲司さん、安住淳さん、そして、三重県の...

2017年10月27日 14:32

無所属議員として─立憲民主や希望と協議・協力し、野党を1つの塊に

今回の選挙で、野党側は分断され、民進党は、立憲民主党、希望の党、私を含めた無所属と3つに分かれてしまいました。今後、野党として大きくまとまっていかなければ、自民党と政権を争う形にはならない。そういう思...

2017年10月24日 20:29

大きなチャンスを逃したが、次こそ政権交代を正面に掲げて争う選挙に

突然の解散だった総選挙も慌ただしく終わりました。私自身は地元で14万7,255人の方に投票していただき、引き続き、衆議院議員として仕事を行うことになりました。本人不在のことが多かったにもかかわらず、し...

2017年10月24日 10:04

今回は無所属で戦います。

突然の解散の中、民進党の衆院選候補者の多くが、希望の党に合流することになりました。ただし、新党結成の動きもあります。そういう中、私は今回、無所属で戦うことにしました。その理由は以下の通りです。第一に、...

2017年10月02日 19:28

大義なき解散─低投票率となれば与党有利、おごる総理はますます増長

安倍総理が、木曜日に国会召集、冒頭解散という方針を明らかにしました。今回の総選挙の結果を左右する、重要な要素は3つだと私は考えています。第1に解散の大義、第2に北朝鮮情勢、そして第3に野党間連携です。...

2017年09月27日 08:10

北朝鮮問題─不用意な発言が無用な緊張を生む

トランプ大統領が「米国と同盟国を守らなければならないとき、北朝鮮を完全に破壊するほか選択肢はない」などと国連で演説し、菅官房長官はこの演説を「高く評価したい」と発言しました。また、安倍総理は「必要なの...

2017年09月22日 20:29

憲法違反の衆院解散─おごり高ぶる安倍政権に国民の一票で意思表示を

近日中の衆議院の解散・総選挙が、いよいよ現実味を増してきました。安倍総理が、公明党の幹部やその支持団体に対して、「28日に召集する臨時国会で解散することについて、考えを伝えた」と報道されています。もち...

2017年09月20日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。