名月論の記事一覧

手術で治る脳梗塞のある時代

脳梗塞というと、一度起こすともう治らない、死んだ脳組織は再生しない、あとはリハビリを頑張って生き残った他の神経細胞に頑張ってもらうしかない、いう印象を、かく言う私も医学生から研修医のころくらいまで、ずっと思っていました。ところが、最近そうではなくなってきています。もちろん、治る、というのは言い過ぎかもしれませんが、一部の脳梗塞は治療によって劇的に軽快します。そして、そういった治療自体がスタンダード...

2017年09月18日 15:13

小児の脳神経外科

脳神経外科というと、脳、もしくは頭頸部まわりの専門家だということで、もれなく子供の脳の病気についてもその通りだと考えている方がほとんどだと思います。実際、現実的には、脳外科にいらっしゃる小児の患者さん...

2017年09月13日 10:53

他の病院へ行こう、となる前に

「〇×クリニックで先週診てもらったけど、よくならないからこちらにきました」というような患者さんは結構な割合で外来にやってきます。つまり、一度かかってみたけど、よくならないから次の病院へ、という患者さん...

2017年09月10日 08:53

必要とされているのは医師なのか、検査なのか

最近、より強く感じるようになったのですが、外来をやっていると、2種類の患者さんがいます。簡単に言うと、医師(私)のアドバイスを信頼してくれる患者さんと、私ではなく、検査(MRI)だけを信頼している患者...

2017年03月05日 10:35

〇×教授の患者だぞ、というような下りがよくありますが

いつも医療系ドラマをみていると、「〇×教授の患者だぞ、教授の誤診を明らかにして、なおかつ手術なんてしたら、、、、」というような下りがありますよね。要は、お偉い教授の誤診を見つけてしまった医師や病院がそ...

2017年01月31日 01:03

ドラマと現実 A Lifeをみて

今期も医療系ドラマがやってますね。だいたい1クールに1つくらいは医者ものドラマがやっている印象です。 A Lifeという、木村さんが天才心臓外科医を演じているドラマです。 なんだか...

2017年01月24日 18:45

しばらくぶりの更新になります。

ここのところ、長い間ブログの更新が滞っておりましたが、また定期的な更新を再開したいと思います。さて、ここのところのビッグニュースといえば、とにもかくにもトランプ大統領ですね。先日アメリカに行っていた際...

2017年01月22日 20:25

ライブ手術の功罪

外科医の世界にはライブ手術というものがあります。これは大抵、セミナーや学会など、多くの外科医が集まる中で、主催するエキスパートの外科医が実際にライブで手術を行い、その技術やノウハウを披露するというもの...

2016年07月03日 19:03

医局に所属する医師としない医師

今回のテーマは医師に関する話です。というのも、医局に所属する医師とそうでない医師について、どういった違いがあるの?というご質問をいただきましたので、それに簡単にお答えしようということなんです。医局、と...

2016年04月24日 21:16

手術を受けるべきでない季節

日本の一年には四季がありますが、手術にも、手術を受ける上であまりおススメできない時期があります。そんなことを言うと、えっ??と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、やはり、体制的にあまりおス...

2016年04月22日 00:19

玉石混合? 医学論文の価値

雑に医師を二種類に分けると、論文を書く医師と、論文を書かない医師、の二種類がいます。人によっては、医師は皆、小難しい英文論文を読んだり書いたりしていると思っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし...

2016年02月07日 19:56

日本の医療は周回遅れ?

僕も毎週日曜日は、「下町ロケット」を楽しみに見ていました。個人的にはやはりロケットの話の方が夢があるなぁ、とおもっていましたが、後半のガウディ編は医療がテーマなので、そういう意味でも注目してみていまし...

2015年12月23日 22:00

医師への心付けの実際について

全く前回の記事の続き、というわけではないですが、よくご質問のメールをいただくことのあるテーマについて取り上げてみようと思います。今回は、これまた、なかなか聞きにくい内容です。記事にするのも若干躊躇われ...

2015年12月02日 13:21

手術を受けたい医師、病院がある場合

ここのところ更新が滞ってしまっていた申し訳ありません。今まで随分といろんなことを書いてきたので、これを書こうというのが、ぽんぽんと思い浮かばないというのもあります。そういう意味で、もしリクエストがあれ...

2015年11月15日 11:46

薬がどんどん増えていく、ということにはなっていませんか?

しばらく、出張やら、脳神経外科の総会やなにやらと、移動が多く忙しかったため、更新が滞っておりました。今回は一般的な話です。最近、ふと思うことがあるのですが、このブログを読んでくださっている方は、何歳く...

2015年10月18日 18:59

検査の限界と治療の限界

今回はそんなに、実用的でも、面白いテーマでもないかもしれません。 でも、ここのところよく思うことではありますので、書いてみます。 さて、医学の進歩とよく言いますが、工学技術のレベルがそのまま医学の...

2015年08月12日 14:18

在宅医療の不思議

私は脳外科医なのですが、在宅医療にもかかわることがあります。在宅医療というのは、いわば外来診療+αのことを病院に通うのが困難な患者さんのために、医師が患者さんの自宅や施設を訪問するような形で行うもので...

2015年07月26日 07:52

医師がブログを書くということ

最近、いろいろと考えさせられるコメントがあったので、少々、医師がブログを書くということそのものについて、考えていました。 私がブログを書いている目的は、医学や医療の実際を広く知ってもらって、少しでも...

2015年04月15日 11:01

頭をぶつけて病院にかかる患者さんたち

夜間休日の時間帯の脳外科の外来をやっていると、実に半数以上の患者さんは頭部打撲で外来を訪れます。それ以外の、残りの患者さんの大部分は脳梗塞で、たまに慢性硬膜下血腫や、脳出血やくも膜下出血が紛れている、...

2014年11月23日 16:20

ズルい外来診療の儲けのカラクリ&実例 再診料と管理加算

前回の続きとして、「ズルい外来診療」について、掘り下げていきましょう。薬の継続処方が必要なだけの安定した患者を、たとえば2週間おきであったり、1か月おきに頻繁に通わせることは、病院が儲けるためのズルい...

2014年11月23日 01:32

ズルい外来診療に気を付けましょう

今日は外来診療について書きます。普段から病院に通っているという方にとって、興味深い内容となれば、と思います。タイトルからして、ズルい外来ってなんだ?!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このズルい...

2014年11月19日 08:52

手術件数の数を見て、病院を選ぶべきか?

ここのところ、全くといっていいほど、新しい記事が更新できておりませんでした。今日は久しぶりの更新です。今回は、実際に手術を受ける側の立場にたって、どのような病院で手術を受けたいか?ということにフォーカ...

2014年11月12日 21:17

入院すると何に一番お金がかかるのか?

入院中の患者さんから退院前によく聞かれることの一つに、「そういえば、お会計ってどれくらいでしょうか?」という質問があります。そうは聞かれても、実際僕ら医師はどのくらいの入院費用がかかっているかは分から...

2014年03月01日 15:57

終末期の栄養投与

「老衰時に食事をとれなくなるのは本人にとってどうなのか?そのとき脳はどうなっているのか?」というご質問に対する記事です。少しずつリクエストにこたえていますが、うまく記事を書けなそうだと思った場合はその...

2013年12月23日 22:15

脳外科、神経内科、精神科の境界線

順にリクエストに沿って記事を書いています。年末で少々忙しいのでペースが少し遅いですが、もう少ししたらもうちょっと書けると思うので、どうぞ気長にお待ちください。今回は「脳外科、神経内科、精神科といった重...

2013年12月23日 15:05

38.5兆円 年々高騰する医療費 その元凶とは

先日、厚生労働省の発表で平成23年度に使われた医療費が 38.5兆円 と、5年連続で最多亢進していると発表されました。経済諮問会議などでは、後発薬の使用を半強制化するなど、医療費抑制の策がいろいろと練...

2013年11月20日 21:37

救急車の無駄使い

以前から何度かこのブログでも取り上げてきたことですが、以前にも増して、最近は救急車を無闇に使う人が多すぎるように思います。苦言を呈するわけではないのですが、この問題は皆がもうちょっと理性的に考えた方が...

2013年07月28日 18:34

手術の実際 これってタブーですか? 手術中の雑談

前回の記事の後、手術中の音楽に関しては概ね肯定的な意見が多かったように思います。集中を乱すような音楽をかけるのはやめてほしいという意見もありましたが、これはもちろん術者も同じです。最大に集中しようとし...

2013年06月04日 21:16

手術室の実際 これってタブーですか? ①音楽

今回もリクエストにお応えする形で記事を書きます。「不謹慎かもしれませんが、一般的に考えて手術室でのタブーみたいな話を教えてください」とのことでしたので、患者さんに不利益が及ぶような本物の手術上のタブー...

2013年05月30日 13:30

外科医の当直明け手術

学会の調査で、外科医の4人に3人が当直明けの手術をしているとアンケートに答えた事が、テレビニュースで放映され、物議をかもしています。今さら??という印象はぬぐえませんが、ようやくこういう事がテレビなど...

2013年05月26日 19:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。