北条かやの記事一覧

「胡蝶蘭」で障害者の工賃を6倍に 千葉県富津市の農園「AlonAlon(アロンアロン)」が仕掛けるソーシャルビジネスの秘密

知的障害者たちが胡蝶蘭を育てるハウス「お祝いのギフトに使われる胡蝶蘭は、国内だけで250億円もの巨大なマーケットを誇ります。値崩れもしにくく、一定の品質があれば売れる。障害者が高い工賃を得るにはぴったりの市場なんです」(アートグリーン株式会社、田中豊氏)2017年9月某日、千葉県富津市に巨大な園芸ハウスがオープンした。名前は「AlonAlon(アロンアロン)オーキッドガーデン」。インドネシア語で「...

2017年11月09日 10:09

福祉事業者が障害者の可能性を限定している現状を知ってほしい~日本財団 竹村利道インタビュー~

政府が「一億総活躍社会」「生産性革命」といったスローガン掲げる一方で、労働人口は減り続け、社会保障費は膨らみ続けている。その中でも、障害者福祉の領域は「聖域」とされ、必要以上の税金が投入されていると指...

2017年10月25日 10:39

すべての子どもが家庭で育つ社会へ 新たな一歩を踏み出した「特別養子縁組」の現場から

子育ては「家庭養護を原則」と明言「すべての子どもは、家庭的な環境のもとで育つべきである」。こんな当たり前の考え方が、ようやく社会に広まろうとしている。今年4月、児童福祉法が改正され、子育てにおいて「家...

2017年08月03日 10:31

「障がい者」に付与されるイメージを超えた原宿のカフェ「ローランズ」の挑戦〜

ゴールデンウィークが明けた5月8日、原宿駅から少し入ったところにある閑静な住宅街に、あるカフェがオープンした。名前は「ローランズ social flower & smoothie shop」。花屋さん...

2017年05月31日 10:05

ふるさとの魅力を小学生が取材する「うみやまかわ新聞」が育む地域への愛郷心

小学生たちが自分たちが暮らす地域を取材90年代後半以降、教育の現場で「愛国心」をどう捉えるかが大きなテーマとなっている。2002年に道徳教育の副読本として「心のノート」が導入された際や、2006年に教...

2017年03月29日 10:16

学校になじめない“異才”が、大きく育つ居場所をつくる~「ROCKET」が実践する、厳しくも自由な新しい教育とは~

少年画家が“黒板に描けなかった夢”2015年夏、ゲスト出演した朝の情報番組で、さまざまな子どもたちの夏休みをカメラが追う企画を目にした。私が見たのは、「いじめられっ子」だった小学生、濱口瑛士くん。学校...

2016年12月29日 11:48

今あらためて考える、「障害者」と「健常者」の平等って何だろう~I see! 運動の現場から~

「障害があってうらやましい」「Aさん、今度、もっとお給料のいい会社へ転職するんだって。ちょっとうらやましいよね、『障害』って」 会社員時代、同じ職場に耳が聞こえづらい同僚がいた。Aさんは総合職の扱いな...

2016年12月21日 10:00

活字本にだって負けていない!新しい世界の発見をもたらす“学習マンガ”150作品が選定

マンガといえば娯楽用。大人が没頭するのは格好悪く、子どもがマンガばかり読むのはけしからん。そんな風潮ができたのはいつからだろう。筆者の幼少期を思い出しても、マンガはファッション誌やアイドル雑誌と同じよ...

2016年11月15日 11:03

「出張舞台」がもたらす伝統と革新~日本の伝統芸能「文楽」の魅力を堪能してきた~

夜の境内に浮かび上がる文楽の檜舞台歌舞伎や能、文楽など、日本の伝統芸能といえば「難しそう」「見るのにお金がかかりそう」「マナーが分からない」など、鑑賞することにハードルを感じてしまう人も多いだろう。し...

2016年11月07日 11:19

4人に1人の「自殺したいと考えたことがある人」たちを救う鍵は、“依存先”を増やすこと

若者の死亡要因1位が「自殺」は日本と韓国だけ日本人の4人に1人が、過去に「本気で自殺したいと思ったことがある」。今年9月、こんな調査結果が公表され、大きなニュースとなった。調査は日本財団が、「WHO世...

2016年10月19日 12:39

「みんなで一緒に食べる喜び」を感じたい アレルギーのある子と親のための夏休みキャンプ体験記

15年以上続く、アレルギーのある子とその親をサポートするキャンプここ数年大きく報道される機会の多い、子どものアレルギー関連死。12年には調布市で、当時小学5年生の女の子が食物アレルギーによるアナフィラ...

2016年08月26日 13:19

中身を欲しがる人が苦手です

北条かやには中身がない。これ、よく言われます。対面でもネットでも言われます。データ出してるだけとか、自己主張がないとか、提案しろとか対案だせとか。ほんまによく言われます。自己主張をやたらめったらにしな...

2016年04月16日 06:27

経済的損失は約3兆円~ 「6人に1人」の貧困の放置で起こること

「貧困家庭のお子さんを見ていると、勉強が『分からない』という経験が重なり、学校生活のなかでどんどん劣等感を募らせていくのが分かるんです」先日、石川県のとある温泉街で、貧困世帯の学習支援を手掛ける女性(...

2016年02月23日 21:53

ハンセン病回復者の祈り「若い人たちにお願いしたい。忘れないでほしいと」

20年前まで残っていた「らい予防法」 「ハンセン病」というと、どんなイメージをお持ちだろうか。「昔の病気?」「治るけど、後遺症があって大変そう?」「患者たちは長らく差別を受けてきた?」。いずれも正解だ...

2016年02月23日 07:54

文学作品を通して「人間とは何か」を考える。「ハンセン病文学」をテーマにビブリオバトルが開催

ビブリオバトルは読書界の「スポーツ」「ビブリオバトル」という、本の紹介コミュニケーションゲームを知っているだろうか。参加者が各自「面白い」と思った本を持ち寄り、1人5分間で内容をプレゼンする。その後2...

2016年01月21日 09:49

経済的損失は約3兆円~ 「6人に1人」の貧困の放置で起こること

「貧困家庭のお子さんを見ていると、勉強が『分からない』という経験が重なり、学校生活のなかでどんどん劣等感を募らせていくのが分かるんです」先日、石川県のとある温泉街で、貧困世帯の学習支援を手掛ける女性(...

2015年12月25日 07:03

もう結論は出ている。「施設」と「家庭」どちらで育つのが子どもにとって最適か。

「私は逆に、皆さんに問いかけたい。なぜ多くの人は、幼い子どもたちが深刻な状況に置かれていることに、これほど無関心でいられるのかと。“baby” という単語を思い浮かべてみて下さい。笑顔にあふれた、愛情...

2015年10月16日 07:15

「妊娠SOS窓口」がつないできた“命のバトン”

「最も幼い妊婦さんは、小学校5年生でした」「相談者のうち、20代が45%を占めていますが、10代も20%。職業別では、学生さんが26%と4人に1人、無職の方が36%です。最も幼い妊婦さんは、小学校5年...

2015年08月12日 07:10

日本の上位6%、富裕層女性が1ヶ月に自由に使うお金「20万円以上」が最多

1ヶ月間で自由に使うお金は、一般女性の93.3%が「5万円未満」であるのに対し、富裕層の女性では、27.5%が「20万円以上」を使うことができ、「上限なし」も16.8%いる――。こんな調査結果が、電通...

2015年07月09日 09:32

「親に恵まれない子供たちには “箱モノ”ではなく、ケアを担う“ヒト”への投資こそ必要~「ハリー・ポッター」原作者が設立したNGO「ルーモス」が目指すもの~

大ヒット作「ハリー・ポッター」の作者が国際的NGOを設立「ハリー・ポッター」シリーズといえば、イギリスの作家J・K・ローリングによる児童文学の大ベストセラー。全世界で翻訳され、販売数は数億部にのぼる。...

2015年07月07日 08:03

パラリンピックの成功は、ノーマライゼーションを進める絶好のチャンス。厳しい環境下でメダル獲得を目指すパラリンピアンたちを支援する組織が発足!

資金難から手弁当で大会に出場するパラリンピアン 2020年の東京五輪へ向けた関心が、日々高まっている。が、ニュースを見ていると、「新国立競技場は完成するのか?」や、体操、水泳など、日本が伝統的に「強い...

2015年06月30日 10:14

「誰にも相談できず、一人で出産する」母親を救うために、全国で広がる「妊娠SOS」ネットワークづくり

虐待死で最も多いのは0歳0ヶ月0日の赤ちゃん、背景に「望まない妊娠・出産」「ひとりで悩んでいませんか?」「思いがけない妊娠でお悩みの方に~妊娠SOS~」。ショッピングセンターの女性トイレや、自治体の窓...

2015年05月13日 08:10

15年は「養子縁組」「ナースの起業」に注力 日本財団は莫大な資金源を「社会貢献」にどう活かすか

ボートレースからの収入が270億円超ご縁があり、たびたび「日本財団」の取材をさせて頂いている。共働き家庭の家事分担を考えるイベントや、障害者たちのアート作品展示、ハンセン病差別をなくすためのグローバル...

2015年04月16日 08:00

ハンセン病差別によって埋もれた作家「北條民雄」が描いた「“いのち”として存在させられるということ」

「人間ではありませんよ。生命です。生命そのもの、いのちそのものなんです。僕の言うこと、解ってくれますか、尾田さん。あの人達(※引用者注:ハンセン病の患者たち)の『人間』はもう死んで亡びてしまったんです...

2015年02月12日 12:09

「売上が震災前まで回復」した被災地企業は、わずか40%。被災地の産業復興に、民間のマーケティングノウハウは活かせるか

東日本大震災の発生から、来年の3月11日で丸4年となる。震災は、岩手・宮城・福島などの地域に大きなダメージを与え、「地方と都市部」の格差をさらに広げてしまった。一方、2014年の東京で、震災の爪あとを...

2014年12月29日 08:35

「親に恵まれない子ども」のうち、9割が施設に。「子どもを社会で育てる」ってそういうことなの?

児童虐待のニュースが相次いでいる。先日は、大阪府茨木市で3歳の長女を衰弱死させたとして、義父(22)と無職の母親(19)が殺人容疑で逮捕された。新潟県では、「娘が泣くのでうざい」と話していたという母親...

2014年12月09日 10:49

障害者と健常者を、"分断"から"交じり合い"へと導くアートの力

みんなと同じだけど、ちょっと違う存在小学生の頃、クラスに「たっくん」という、知的障害をもった男の子がいた。たっくんは一見、他の子たちと変わらない。体育のときは、みんなと同じように授業を受ける。でも、算...

2014年11月20日 08:25

「幼い子どもには、保護者の絶対的な愛情が必要。」だが、それは「母親が1人で育児を担うべき」ことと同義ではない

厚労省によると、2012年度に児童相談所が対応した児童虐待の件数は、6万6701件。2000年に「児童虐待防止法」ができる前の、実に5.7倍に増加しています。児童虐待に対する社会の認識が変わってきたと...

2014年09月30日 08:46

「一般論なら何を言ってもいい」と信じている人たち~「高齢出産でDNAに傷がつく」発言より~

世の中には、まだまだこういう人たちがいるから、困ったものです。「晩婚化、健康な子が産まれない」と市長が答弁…富山・滑川 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 富山県滑川市の上田昌孝市...

2014年09月25日 01:53

スマホの普及で外食産業に「革命」が起こる!?レジから変わる未来予想図【PR】

10年前予想された「ユビキタス社会」が、いつの間にか到来していた今から10年前の2006年、総務省は「情報通信白書」で、「いつでも、どこでも、誰でも」インターネットに接続できるようになるという「ユビキ...

2014年09月18日 10:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。