菅直人の記事一覧

各党の立ち位置

国会での代表質問が終わり、野党の人事が固まる中で、各党の政治的立ち位置が明確になってきました。 立憲民主党の枝野代表は安倍総理の憲法改正に真正面から反対する論陣を張りました。解散権の制約や情報公開などでの憲法議論は積極的に取り組む姿勢も併せて示しました。 希望の党では玉木代表は代表質問では憲法に関して慎重な言い回しでしたが、政調会長に安全保障については元々自民党と同じ考えの長島氏を起用し、憲法調査...

2017年11月22日 22:26

立憲民主党の重い責任

希望の党など野党の混迷が続く中で、立憲民主党の責任が一層重くなってきています。改めて「国民が政治離れしているのではない。政治(政党)が国民から離れているのです」という枝野代表の発言を噛みしめなくてはな...

2017年11月15日 13:22

コンピューターの独学

少し前までは、囲碁でコンピューターがプロ棋士を超えるのには10年はかかるといわれましたが、実際にはこの1~2年であっという間に超えてしまいました。高段者の膨大な棋譜を参考にしたデイープラーニングで可能...

2017年11月10日 12:56

立憲民主党がめざすべき道

従来の野党第一党は大企業の労働組合とは恒常的に深い関係を築いてきました。これは重要なことです。しかし生活面の運動、例えば生協運動、環境運動、子育てや福祉にかかわる運動などとの関係は労働運動に比べると希...

2017年11月08日 10:54

今が重要

国会は開かれましたが、トランプ大統領の訪日もあり本格的審議は来週からになりそうです。 私はいろいろな点で今月中が重要な時だと考えています。一つは原発ゼロ政策を進めるチャンスです。主要政党の中で「原発ゼ...

2017年11月06日 00:00

大荒れの特別国会

特別国会は冒頭から大荒れになりそうです。それは政府・与党が野党の質問時間を大幅に削減しようとしているからです。議院内閣制の日本では、予算案はもちろんのこと、法案の大半が政府から提出されます。与党は政府...

2017年10月31日 13:57

これからの国会

11月1日に特別国会が召集されます。特別国会は衆議院選終了後30日以内に召集することが憲法54条1項で義務付けられており、内閣は総辞職し、改めて総理大臣の指名が行われます。 問題は総理の所信表明や野党...

2017年10月30日 11:59

薬害エイズ事件と情報公開

私は今回の選挙で、1996年私が厚生大臣として実践した薬害エイズ事件での情報公開と、安倍政権の情報隠しについて演説しました。みんな熱心に聞いてくれました。薬害エイズ事件は当時大きな反響を呼んだ事件でし...

2017年10月28日 15:55

慎重かつ大胆に

総選挙が終わり、各党が動き始めました。自民党は議席の上では大勝しましたが、相変わらず安倍総理は森友・籠池問題の追及を恐れて国会での実質審議を逃げ回っています。見苦しい限りです。 希望の党も小池都知事が...

2017年10月27日 12:29

新しい夢にチャレンジ

私にとって今回の総選挙は16回目の国政選挙でした。最初の3回の国政選挙では落選し、その後12回当選を重ね、今回は私自身「最終戦」と位置付けて戦いました。土屋氏との戦いは2005年、2009年、2012...

2017年10月26日 17:49

介護士、保育士の給与

今回の選挙で、介護や保育に携わる人の給与を引き上げることが、福祉のサービスを拡大するだけでなく、個人消費を伸ばし、景気回復にもつながると主張しました。この私の話を聞いた介護士の方がネットで拡散し、大き...

2017年10月26日 14:18

立憲民主党本格稼働

今日、立憲民主党の議員総会が開かれました。当選した議員の集まりだけに、明るい雰囲気でみんな元気でした。  「国民が政治離れしているのではない。政治が国民離れしているのだ」という枝野代表の話を、どうすれ...

2017年10月24日 17:44

目を向けるべきは永田町ではなく国民

野党が分立したことで、自民党が漁夫の利で大勝しました。しかし、安倍政権は不支持率が支持率より高く、安倍総理の間違った憲法改正を強行することはそう簡単ではありません。立憲民主党は1996年の旧民主党結党...

2017年10月23日 12:37

土菅戦争

私の選挙区、東京18区についてマスコミは「土菅戦争」と呼んでいます。4度の選挙で、総理になる前の2度の選挙では私が小選挙区で一位、総理退陣後の2度の選挙では土屋氏が一位でした。マスコミは現在、土屋氏が...

2017年10月18日 16:54

立憲民主党は自民党のライバル

立憲民主党の誕生で、政治の構図がはっきりしました。自民党に政治理念でも政策でもはっきり対案を示しているのが立憲民主党です。 まず第一に憲法です。安倍自民党は集団的自衛権を認め、外国と外国との戦争にも自...

2017年10月16日 12:51

若者の保守化

政党の支持率を見ると20代、30代の若者の保守化傾向が強まっています。従来若者は大人よりも体制に批判的なものと思っていましたが、最近は変わってきているようです。多くの学生が奨学金返済のため多額の負債を...

2017年10月15日 09:24

立憲民主党への期待

多くの方から「立憲民主党に参加してよかった」と激励を受けています。憲法は権力者が守るべき原則であるとする「立憲主義」を重視する点でも、原発を一日も早くゼロにするという点でも、立憲民主党は安倍自民党とは...

2017年10月14日 10:40

脱原発弁護団代表の河合弁護士の応援

総選挙もいよいよ中盤戦に入ってきました。これまでの何度かの党首討論では「なぜ冒頭解散したのか」という各党の質問に、安倍総理の逃げの答弁が目立っていました。「モリカケ疑惑隠し解散」と本音は言えないためで...

2017年10月13日 14:29

安倍・自民党と枝野・立憲民主党の対決

私の立候補手続きが終了しました。出陣式は正午から府中市の大國魂神社で行います。 昨日までの党首討論を見ていて、政治理念と政策で明確に対峙しているのは右傾化した安倍・自民党とリベラルな枝野・立憲民主党で...

2017年10月10日 10:08

安倍総理への不信感と小池氏へのうんざり感

党首討論が行われています。安倍総理は相変わらず森友、加計問題ではすり替え答弁を繰り返しています。これでは国民の不信感は払しょくされません。小池氏は政権選択といいながら、総理候補もあいまいで、国民の間に...

2017年10月09日 08:50

市民グループとリベラル政治勢力の共闘

 総選挙の構造がはっきりしてきました。右傾化保守の自民党、ポピュリズム保守の希望の党、そしてリベラル・立憲勢力の立憲民主党の三極です。 昨日は10月1日の武蔵野市長選で当選した松下玲子さんの...

2017年10月08日 14:24

逃げ回る安倍総理と枝野原則

安倍総理は遊説日程を事前に公表していません。都議選最終日に秋葉原で、集まった聴衆から「やめろ」コールを受けたことがトラウマになっているようです。国会での追求から逃げ、聴衆から逃げる安倍総理。とても民主...

2017年10月07日 12:26

逃げるために解散したのは誰か

森友、加計問題から逃げるために解散をしたのは誰か。もちろん安倍総理です。安倍総理は解散後に短期間で二つの新党が生まれたことを批判していますが、突然の解散に対応するために「希望の党」と「立憲民主党」が誕...

2017年10月06日 12:40

原点に立ち戻って、立憲民主党で戦います

今日も地元武蔵小金井駅頭で朝遊説を行いました。多くに人から「頑張って」と激励を受けました。また応援したいという電話やメールが数多く届いています。立憲民主党への参加について、共感してくださる人が多く、大...

2017年10月05日 12:51

立憲民主党の立場は鮮明

立憲民主党への参加を表明してから、ネットや電話、さらには街頭で多くの方から激励をいただいています。大変ありがたく、また勇気づけられます。立憲民主党の立場は鮮明で、わかりやすいと受け止められています。 ...

2017年10月04日 10:18

立憲民主党立ち上げ

昨日午後5時行われた記者会見で、枝野幸男代表の下での「立憲民主党」の立党が宣言されました。私は枝野氏が記者会見で立憲民主党への参加呼びかけをしたのを見て、午後6時からの地元での街頭演説で立憲民主党への...

2017年10月03日 11:41

リベラル派による新党準備

昨日の 武蔵野市長選で、自民党候補を破って民進党の元都議の松下玲子さんが当選しました。しかもダブルスコアでの圧勝でした。応援をいただいた皆様に心からお礼を申し上げます。 民進党内で、リベラル派による新...

2017年10月02日 11:05

リベラル政治勢力結集のチャンス

小池氏の最近の言動は、2005年の郵政選挙の時の小泉総理と酷似しています。当時自民党総裁でもあった小泉総理は、郵政民営化に反対する自民党議員を除名し、総選挙で公認しなかっただけでなく落選させるために刺...

2017年10月01日 08:53

原発ゼロと最小不幸社会の実現

明日は武蔵野市長選の投票日です。子育て真っ最中の松下玲子候補は子供たちの将来を重視した市政を約束しています。どうしても当選してもらいたいと思っています.。 国政では小池劇場が吹き荒れています。かつての...

2017年09月30日 08:28

政権交代と原発ゼロの実現

私の地元武蔵野では10月1日投開票の武蔵野市長選が戦われています。自民党候補と元民進党都議松下玲子さんの一騎打ちです。「住み続けることのできる武蔵野」を掲げ、子供や高齢者が安心して住み続けることのでき...

2017年09月29日 13:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。