一般社団法人日本戦略研究フォーラムの記事一覧

国連が見た「不幸な日本人」 - 坂場三男

先月、国連が「世界幸福度ランキング2018」なる報告書を発表した。この報告書によると、日本は調査対象となった156ヵ国の中で54位、先進国の中ではほぼ最低クラスで、日本以下はポルトガルとギリシャのみである。その一方でブラジルやメキシコといった中南米の国々は軒並み50位以内に入っており、「幸福な人々」ということになっている。私の個人的実感からすると、何とも不思議な調査結果である。 そもそもこの国連調...

2018年04月23日 15:05

北朝鮮の「核実験やミサイル発射実験を中止」は、 核・ミサイルを廃棄する具体的行動ではない - 西村金一

北朝鮮は朝鮮労働党中央委員会総会で、4月21日から核実験や弾道ミサイルの発射実験を中止すると決定し、北部の核実験場を廃棄すると決めた。   だが、これらのことは、核・ミサイルを廃棄するという...

2018年04月23日 14:52

安倍外交への悪評と金正恩外交への好評

今年(2018年)2月から3月にかけて、韓国では平昌オリンピック・パラリンピック(以下、平昌五輪)が開催された。これを境に、朝鮮半島情勢は一気に流動化し、和平ムードが高まった。平昌五輪前、米朝間では戦...

2018年04月20日 19:19

「『反自民』で結集を試みる野党」―政策無き野合は国民への背信行為― - 屋山太郎

一強多弱の状況のまま選挙に突入すれば、野党の側に勝ち目はない。このため野党を一本化し、共産党も候補者を下して協力するのは有効だ。しかし反自民という旗だけ掲げることは、野党が何を考え、何を目標にしている...

2018年04月18日 13:58

依然停滞気味の中国経済 - 澁谷 司

周知のように、今年(2018年)3月25日、北朝鮮の金正恩委員長が非公式ながらも電撃訪中を果たした(同月28日まで)。金正恩委員長と習近平主席は犬猿の仲だった。それにも拘らず、金委員長はついに北京詣で...

2018年04月17日 19:24

国籍別で最多となった来日ベトナム人の犯罪 - 坂場三男

2017年末時点で我が国に在留するベトナム人は技能実習生や留学生を中心に26万2000人、前年末比で31%も増えている。それ自体は悪いことではないが、私が残念に思うのは彼らによる犯罪も著増していること...

2018年04月16日 16:19

米中貿易戦争であっさり白旗を挙げた中国 - 澁谷司

よく知られているように、米国は長年、対中貿易赤字で苦しんでいた。他方、中国側は圧倒的な対米出超で外貨を稼いできた。今なお、北京政府は国内の過剰生産物を海外、特に米国へ輸出したいに違いない(アジア・イン...

2018年04月12日 19:07

「行き過ぎたマスコミの政治批判」―常識を弁えない愚かな質問と態度― - 屋山太郎

政界と新聞・テレビなどのマスコミ界は一様に暗く刺々しくなったのではないか。国会では政府を叩くのが仕事と心得て、答弁者の人格など全く無視して悪態をつく。マスコミも政治的主張を表に出して、常時、書き過ぎの...

2018年04月12日 14:24

「世界一安全」と評価された日本の大都市 - 坂場三男

既に数か月前のことになるが、英誌「エコノミスト」の調査部門が「安全都市インデックス2017」という国際指標を発表していた。2015年に最初の指標が発表されて以来、2回目であるが、評価対象となった世界の...

2018年04月12日 14:20

習政権下の「709事件」と「李明哲事件」 - 澁谷 司

今年(2018年)4月8日、台湾の民間団体(「台湾人権促進会」等)が「台北サイクリングデモ」を開始した。具体的には、行方不明の王全璋(中国の人権派弁護士)と中国で収監されている李明哲(台湾NGOの一員...

2018年04月10日 15:19

北朝鮮問題の情勢変化 - 浅川公紀

◆トランプ政権  対朝強硬派人事 トランプ米大統領は3月8日に、5月までに金正恩朝鮮労働党委員長と米朝首脳会談を行うのを受諾したことを明らかにした。トランプは、訪米した韓国代表団から同日に伝えられた金...

2018年04月09日 19:19

常に経済よりも政治が優先する中国 - 澁谷 司

周知の通り、今年(2018年)3月末、金正恩委員長が電撃訪中を果たした。 米国を中心とした国際社会が、北朝鮮に対し経済制裁を厳しく行った。その結果、北の経済が行き詰まったと考えられる。そこで、金委員長...

2018年04月06日 18:01

「コンゴ」というアフリカの悲劇 - 坂場三男

ベルギーの首都ブリュッセルの南東郊外に「王立中央アフリカ博物館」という巨大な建造物がある。100年以上前にベルギー第二代国王レオポルド2世の命によって建設されたもので、アフリカの民族と生活、動植物の種...

2018年04月05日 15:46

「森友問題で『悪魔の証明』を迫る野党議員の愚かさ」 ―証人喚問は人民裁判ではない― - 屋山太郎

「森友問題」をめぐる国会の議論は空しかったとしか言いようがない。朝日新聞や野党はまだ片付いていないと主張しているが、国会で解明するべき問題はもう存在していないと断じていい。 騒ぎの筋書きは「森友学園が...

2018年04月05日 14:12

宇宙にまで目を向ける北朝鮮 - 西村金一

金正恩は3月27日、中国滞在中に科学アカデミーを訪問した。短い日程の中で、金正恩が電波望遠鏡を見ていたが、その理由は何だろうか。以下の3つの視点から分析する。◇ 北朝鮮には、自分達で打ちあげた衛星を観...

2018年04月05日 13:59

中国訪問で、金正恩委員長が小さく見える - 西村金一

金正恩委員長は、中国人民大会堂の宴会で「われわれの電撃的な訪問提議を快く承諾してくれた習近平総書記(主席と表現しないところに意味がある)の真心と手厚い配慮に深く感動し、非常にありがたく思っています」と...

2018年04月03日 14:33

中国農村を監視する「雪亮工程」 - 澁谷 司

各種中国語系メディアの報道によれば、中国では「金盾工程」・「天網工程」(後述)に続き、「雪亮工程」が導入されているという。 今年(2018年)2月、「中央一号文件」(《中国共産党中央国務院郷村振興戦略...

2018年04月02日 22:08

金正恩委員長北京電撃訪問のネライ - 澁谷 司

今年(3月25日)、北朝鮮の金正恩委員長が電撃訪中を果たした。金委員長は李雪主夫人を同伴し、中国・丹東経由の特別列車で北京入りしている(同月28日に帰朝)。 中国の新華社(翻訳は『朝鮮日報』日本語版)...

2018年03月30日 23:08

「トランプ大統領、対中制裁発動」―中国排除のTPPに米国加入意志示す― - 屋山太郎

トランプ米大統領が3月22日、大規模な対中経済制裁を発動したことによって、トランプ氏の「アメリカ第一」の意味が明確になった。軍事面については昨年11月、ホワイトハウスが発表した「国家安全保障戦略」や、...

2018年03月28日 14:14

国家財政の破綻を招く「年金天国ブラジル」 - 坂場三男

ブラジルが「年金大国」であることは広く知られている。現行の制度では、年金の支給開始年齢が55歳で、支給額は退職時給与の70%だというから驚きである。このため、ブラジルのサラリーマンの大半が54歳で退職...

2018年03月28日 14:03

「台湾旅行法」と米国務次官補代理の訪台 - 澁谷 司

今年(2018年)3月16日(米東部時間。日本時間17日)、トランプ米大統領が「台湾旅行法」(Taiwan Travel Act)に署名した。 まもなくゲリット・ヴァン・ダー・ウィーズ(Gerrit ...

2018年03月26日 16:55

第13期全人大と米中貿易戦争の勃発

今年(2018年)3月20日、中国では16日間に亘る第13期全国人民代表大会(全人代)第1回会議が終了した。既報の通り、憲法から国家主席・国家副主席の2期10年という任期が削除された。そこで、習近平主...

2018年03月23日 19:07

「『森友問題』に見る日本の官僚の勘違い」 ―憲法41条を学べ― - 屋山太郎

「森友学園」をめぐる財務官僚の行動を見ると「この連中は憲法41条を知らないのではないか」とさえ思う。41条は「国会は国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関である」と書いている。にもかかわらず大多数...

2018年03月21日 11:52

「両会」と中国東方航空乱交事件 - 澁谷 司

毎年3月、中国では「両会」と呼ばれる全国人民代表大会(全人代)と政治協商会議が行われる。 今年(2018年)は3月3日、政治協商会議(国政助言機関)が開幕し、13日間の日程を終え、16日に閉幕した。一...

2018年03月19日 16:07

ベトナム戦争時の大量虐殺を謝罪しない韓国 - 坂場三男

ベトナム戦争に参戦した韓国軍が主に1966年から68年にかけてベトナム民間人多数を虐殺した事実は余り知られていない。米国からの要請を受けてベトナムの戦場に派遣された韓国軍兵士は延べ32万人と言われ、主...

2018年03月16日 17:28

「トランプ大統領の貿易政策修正へ」 ―“中国外し”のTPP11に加入か― - 屋山太郎

トランプ大統領の貿易政策には驚かされる。大統領就任当日にTPPからの脱退を発表。最も親密な貿易相手国だったはずのカナダ、メキシコとのNAFTA協定も“やり直す”と宣言。3月8日には鉄鋼とアルミの輸入品...

2018年03月14日 11:13

北朝鮮の核交渉の罠 - 西村金一

北朝鮮は平昌オリンピックに、特使として金与正氏、選手団および応援団などを送りこんだ。オリンピックが終わって、韓国特使団と金正恩委員長が平壌で会談を行った。その結果は、北朝鮮国営の朝鮮中央通信は「満足な...

2018年03月12日 16:31

中国批判論調を強める英誌「エコノミスト」

世界で最も重要な政治・経済紙の1つと言われる英国の「エコノミスト」誌(発行部数約160万部)の最新号が中国を厳しく批判する3つの記事を同時掲載している。昨年末、同誌は、「中国シャープパワー論」を展開し...

2018年03月09日 14:38

古代文明の栄光と現代エジプトの混迷 - 坂場三男

最近、某民放テレビ局が、古代エジプト研究の最新事情を紹介するドキュメンタリー番組を放送していたが、大変興味深い内容だった。スフィンクスはいつ頃、何のために作られたのかや、ラムセス2世の都ベル・ラメセス...

2018年03月08日 15:07

「中国の『一帯一路』構想の手口に乗った国の悲劇」―2050年の超大国を目指す軍備増強政策の資金はどこから?― - 屋山太郎

中国の「一帯一路」構想の一環として建設されたスリランカのハンバントタ港が2017年、借金のカタとして中国に99年間譲渡されることになった。ベルギーのセーブルルージュ港は17年、港湾運営会社が中国に買収...

2018年03月07日 17:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。