御園生大地/ ITmedia オルタナティブ・ブログの記事一覧

「技術・知識はあっても、自分のやっていることに自信が持てない」という壁

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。最近、ビジュアル制作物系クリエイター以外の人の間でも、Photoshopでのレタッチや、ムービー編集などを普通にできる人が、着実に増えていることを感じます。そしてそんな中には、こちらも驚くようなスキルをお持ちの方がいらっしゃったりします。正直、Photoshopの苦手なプロの方より、この方のほうがいろいろ知ってそうだ...

2013年11月01日 06:00

破壊と創造がスピード競争したら、破壊が勝つのは仕方がないかもしれない。(ひとまず今は) - 御園生大地

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。IT技術が世の中を変えていくスピードは凄まじく、ちょっと前に比べると日々の生活はとても効率的になりました。知らないこと...

2013年05月01日 06:00

書評『WORK SHIFT(Kindle版)』【読了目安: 2分30秒】

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。最近私は、kindleで電子書籍を読むのにハマっています。 Kindleと言ってもamazon社製の電子書籍端末のこと...

2012年12月01日 06:00

フォトグラファーによる、JINS PC レビュー

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。仕事柄、モニターに向かって作業をする時間がとても長いので、JINS PCというメガネを使い始めました。JINS PCと...

2012年06月01日 06:00

チャンス到来の予感!?

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。突然ですが、私は経済のプロではないです。しかしそんな自分にも、「中国の人件費が上がってきて、製造拠点が中国から出ていっ...

2012年05月01日 08:00

〈書評〉「10年後に食える仕事 食えない仕事」

当エントリーをご覧いただきありがとうございます。フォトグラファーの御園生大地です。「10年後に食える仕事 食えない仕事」 (渡邉正裕氏著・東洋経済新報社) を、読了しました。いきなりですが、私がこの本...

2012年04月15日 00:00

NIKON D800の、高感度性能の実力は?

3月22日発売の「NIKON D800」の実機を、一足先に新宿サービスセンターにて触ってきました。 現在(3月4日時点)実機の展示はないようなのですが、カウンターでD800の実機を見たい旨を伝えると、...

2012年03月08日 19:00

なぜ、クリエイターが英語を勉強するのか

なぜ、英語を勉強するのか。ヒトコトで言えば、国に依存するリスクをなくすためである。 …終わってしまいました。というのは嘘で(笑)、もう少し続けます。以前のエントリーで書いたことと少し重なりますが、 変...

2012年03月01日 00:00

フォトレタッチャーによる、Adobe Photoshop Touch レビュー

iPad2版のAdobe Photoshop touch がリリースされました。今までもPhotoshop Expressというアプリがあったのですが、それは簡易版も簡易版と言った内容でしたが、今回は...

2012年02月29日 01:37

「4スクリーン戦略」と、デジタルコンテンツのゆくえ考察

少々前の記事になりますが、ソニー「4スクリーン戦略」の一貫と思しき「Chan-Toru」というアプリケーションが便利にできているそうです。iPhone、iPad、パソコンからの遠隔で、テレビのチャンネ...

2012年02月15日 00:00

2012年、マルチクリエイターのすすめ 〜グローバルIT時代のクリエイター・サバイバル法考察〜

変化の激しい時代、と言われます。 IT化、グローバル化の荒波の中で、世界中の垣根という垣根はなくなっていき、資本主義に参加する国の数が増え続けるので、世界的な競争社会になってきた、とも言われます。 ...

2012年01月01日 00:00

IT業界は、進んでいます

IT業界は、進んでいます。私も含めたフォトグラファーの業界は、遅れています。あえて端的に言えば、最近そんな空気を感じます。フォトグラファーだけじゃなくて、昨今日本のコンテンツ業界は「遅れている」ところ...

2011年12月28日 15:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。