井戸まさえの記事一覧

「◎◎の疑い」という診断書

大相撲のことは詳しくわからないが、どんな世界であろが、暴力があってはならない。決して。それは大原則である。その上で、今回の日馬富士関の問題について「診断書」の取り扱いに関して担当医が反論しているとの記事を読んだ。書かれているような「診断書」を巡って起るトラブルは実は日常にも起こり得ていて、こと政治の世界や著名人ともなると、頻繁とは言わないまでもそこそこ起っていたりする。「被害届」を出されたり、裁判...

2017年11月18日 11:01

政党・議員のネット戦略と「親和性」

「ネット選挙」のエキスパートである髙橋茂さんの優れた論考を読みつつ、民主党→民進党の広報戦略、特にネット戦略が遅れたひとつの理由に、意外にも幹部がスマホ使いでなかったという単純な理由をあげなければなら...

2017年11月12日 18:09

むきだしの好奇心の先に

http://www.kanaloco.jp/article/289405神奈川新聞の山尾志桜里衆議院議員に関するインタビュー記事を巡って賛否の声が上がっている。最初にこの記事を読んだ時に、ワタクシが...

2017年11月07日 20:21

総選挙総括④ 「選挙デュエル」 レアカードゲットを目指して

子どもたちが幼い頃、遊戯王カード等にハマって、レアカードゲットのために、やたらパックを買わされた記憶があるが、選挙を越すといつもそのことを思い出す。実際に「デュエル」したことがないので(笑)そのカード...

2017年10月28日 10:38

総選挙総括③野党共闘〜共産党の立場で考えてみる

蓮舫代表が辞任、前原代表が選出された段階で、前回の参議院選挙を含め野党共闘を進め、成果をあげてきた共産党にとって、前原代表の「共闘見直し」はかなりの痛手であったであろうことは想像に難くない。さらには「...

2017年10月26日 12:32

総選挙総括②無所属と比例復活

総選挙が終わって、次への歩みをどうしようと思案する中、感情にながされるのではなく、なるべく客観的に考えたいと思っている。というわけで、当選、落選の「一線」について、選挙結果を踏まえつつ考察する。今回、...

2017年10月25日 09:00

立憲民主党に吹いた「局地的な風」と「共闘」に関する分析

選挙の直前にできた「立憲民主党」。追い風に乗り、「躍進」との文字が新聞紙上に踊ったが、実は吹いた風は「局地的」であり、また共産党の協力があってこそ、というのは、選挙を闘ったものの実感でもあった。その裏...

2017年10月24日 16:03

お世話になった皆様へ

たくさんの方々に応援をいただいたにも関わらず、結果を出せず申し訳ない気持ちでいっぱいです。皆様とともに「立憲民主党」として闘った日々は、短いながらもとても充実したものでした。今後、何らかの形で生かせる...

2017年10月23日 09:42

比例票をめぐるフェイク情報

「東京の比例区は立憲に入れると当選者が足りなくて無駄になるから、他党にいれよう」という投稿があちこちで目立つのですが、本当のところどうなのでしょうか?お忙しいとは思いますが、もしお時間があれば教えてく...

2017年10月18日 13:34

「民進党分裂は想定内」 それはないよ 最初で最後の前原批判

ワタクシは代表選挙で、前原さんを支持した。理由は一点。民進党を分裂させないため、である。「民進党分裂は想定内」との前原氏のコメントを読み、本当に残念に思う。それはないよ、前原さん。そして「東京と大阪を...

2017年10月04日 07:56

「希望の党」へは行きません。

本日、民進党東京都第4区総支部常任幹事会、緊急党員サポーター集会にて、私の決意を伝えさせていただきました。改めて、その経緯等は書かせていただきます。「排除」ではなく「共生」「共感」の政治を求めて、どの...

2017年10月02日 08:03

選挙で可視化されるもの

「選挙」となると、人間性を含め、普段見えない内面が「可視化」される。危機に際して、誰よりも先に逃げ出す姿は、見ようによっては「みあげた生命力」なのだろうが、最も政治家になってはいけない人のような気がす...

2017年09月26日 12:01

幼児教育の無償化は寝言公約か

◎幼児教育の無償化を目指す。 「2005年自民党マニフェスト : 093 幼児教育を国家戦略として展開」忘れもしない。小泉内閣での郵政解散。この選挙は本格的マニフェスト選挙が始まった時でもあったのだが...

2017年09月19日 12:05

たちの悪い「竜馬ごっこ」

「若狭氏は会見で、政策の柱に一院制を選んだ理由について『身を切る改革とスピーディーな国会運営ができて一人前の国会になる』と説明」。小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員が、年内結成を目指す国政新党の...

2017年09月17日 08:26

リスク管理のプロの皆様から

”「男女の関係はありません」のあと、急いで次の言葉をいうから、やましさ感アリアリ。一拍置けばよかったのに” (by 「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」魚住りえ」編集者)https://www...

2017年09月08日 10:37

「資格」と女子の「立身出世」〜政界編

政治の世界において女子の「立身出世」には、基本原則がある。「弁護士」「2世」「タレント」・・つまりは男性を納得させる「印籠」がなければ、同じように頑張っていても「抜擢」はない。そもそも「抜擢」を受ける...

2017年09月07日 11:06

カスと自分本位ヒーロー

「藤井裕久元財務相「政治家として一番のカス」 離党者をばっさり」との見出しで記事が出ていた。(2017.9.1 産經新聞)http://www.sankei.com/politics/news/170...

2017年09月03日 08:39

「リベラルの先を行くもの」  前原氏の発言から

「日本新党、民主の風、さきがけ、民主党、民進党と、国会議員になって24年間、同じ政党を歩んで来たのは枝野さんだけ。保守か、リベラルかも陳腐。枝野さんも日米安保を否定しないし、私のAll for All...

2017年08月30日 10:44

トラウマとしての「鳥越選挙」

「民進党代表選でも小池新党との関係が大きな争点になっているが、小池都知事の考えがはっきりしないために、議論が空回りしている。私も細川さんが言われるように、小池さんが原発ゼロと、憲法について立憲主義の原...

2017年08月28日 10:32

テンプレートメッセージに思う

このところ、民進党代表選について、どう見てもテンプレートとおぼしき文面でのメールやメッセーがが続々届き、ちと、辟易している。文面には特徴がある。①自分は党員・サポーターでもないが民進党を応援している②...

2017年08月25日 12:43

由貴と金妻と代表選と

先日、なにげなくテレビを見ると、森高千里、工藤静香、岸谷香が往年のヒット曲を歌うシーンだった。この三人の中で1966年生まれの斉藤由貴と同学年は翌年早生まれの岸谷。森高は69年、工藤は70年生まれであ...

2017年08月11日 10:36

それは嘘ではないけれど〜 「斉藤由貴論」①

斉藤由貴氏にせよ、今井絵里子氏にせよ、これだけ話題になるのは、彼女たちが「子を持つ母」であるという側面を無視することはできない。子育て中の母が、子をおいて、夫以外の、もしくは妻のいる男性と「一線を越え...

2017年08月06日 08:05

民主党代表選 「リベラルVS保守」ではない

慶応大学井手英策教授の民進党代表選挙に関するコメントをシェアします。今回、立候補を検討しているといわれている枝野、前原氏に対しては残念ながら多くの方々が誤った情報を信じ、あたかも真実のようにレッテル貼...

2017年08月01日 13:24

横浜市長選挙における山尾氏バッシングに思う

横浜市長選挙が終わった。候補者の皆さん、並びにそれぞれの陣営で頑張られた支援者の皆様、お疲れさまでした。さて、この市長選で最も違和感を感じたのは林候補の応援に出向いた山尾志桜里代議士に対する反応である...

2017年07月31日 11:42

代表選を通じて民進党が訴えなければならないこと ①「国籍法」改正も見据えた「公職選挙法」改正

「国籍」の枠組みは、主権者たる国民の範囲を決める民主主義の最重要事項である。日本人にとってはその権利能力形成を行い、担保するのが「戸籍」である。にもかかわらず、「国籍法」「戸籍法」には不備や不足、もっ...

2017年07月29日 21:13

蓮舫民進党代表が辞任

蓮舫民進党代表が辞任した。会見を聞いた。厳しい時期の代表職に全力を注いでがんばって来られたと思う。党員、また総支部長として感謝の気持ちを述べたい。ただ、一方で、残念なのは、今日の会見にいたるまで、既に...

2017年07月27日 21:57

次のポイントは「武蔵野市長選挙」!

昨日行なわれた仙台市長選挙で、野党共闘候補である郡和子元衆議院議員が勝利した。この結果が安倍政権に与えたダメージは大きい。そして、総選挙に向けた次のポイントは9月24日告示・10月1日投開票の「武蔵野...

2017年07月24日 09:51

国籍法〜求められる「政治的技術」

「蓮舫氏の『二重国籍』は問題なし。説明責任は法務省にあり」という奥田安弘氏と荻上チキ氏の対談を興味深く読んだ。http://synodos.jp/politics/20135/2多くの部分で共感するも...

2017年07月23日 17:20

「二重国籍問題」、ポジショントークはやめよう!

今回の「二重国籍」問題で露呈したのは、法律的には「国籍選択しなければならない」とされているものの、実効性はない。選択すべき年齢以上でも「二重国籍」「三重国籍」の人は存在し、事実上「重国籍で生きること」...

2017年07月23日 17:04

先祖崇拝と「戸籍ファンタジー」

今回の一連の「戸籍公開」に関する反応を見てみると、ワタクシの周りには戸籍が部落差別の元となってきた歴史的な見地で発言する人が多かった。多分、「戸籍」と言って、一般の人も含めてこれだけ多くの人が発信した...

2017年07月14日 16:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。