井戸まさえの記事一覧

政治家と「重婚」① 中川前政務官の「重婚ウエディング」〜「戸籍に妻ふたり」が可能という現実

中川前政務官の「重婚ウェディング」。日本における一夫一妻制の婚姻制度を支える戸籍法・戸籍実務には大きなバグがあり、実質上重婚が可能となっているということを、以前にも「ダブルマリッジ」(橘玲著・文藝春秋)を紹介しながら指摘したが、よもや、国会議員、政務官を務める人がこんなにも分かりやすい例を提示してくれるとは思わなんだ。まさに「事実は小説より奇なり」である。日本は一夫一妻制。夫ひとりに妻ひとり、が原...

2017年04月22日 10:43

政治家にとっての「本籍」とは

https://headlines.yahoo.co.jp/article… 都民ファーストの会の都議会議員選挙予定候補者のスキャンダルが報道されている。業界内ではある意味有名な話だったので、いつ出る...

2017年04月18日 12:10

な、名を名乗れっ! 赤胴鈴之助とイマドキの学生

「チョコザイな小僧め、名を名乗れ!」「赤胴鈴之助だあ!」子どもの頃見ていたアニメ「赤胴鈴之助」のお決まりの台詞である。誰かを知らず闘っていた相手は、赤胴をつけた生意気な小僧が、見た目とは違い意外にも強...

2017年04月17日 18:30

「天然キャラ」を支える「実家力」

昨日の「桜を見る会」の安倍昭恵夫人のはしゃぐ写真を見て、「唖然」という人は多いであろう。ワタクシもである。たぶん昭恵氏は(晋三氏も)今後も含めての人生で、たとえなにがあっても、家族も含めて「明日から仕...

2017年04月16日 10:59

「真に・・」「真の・・」を考える

「真に国家と国民を愛し〜っ」今となっては、誰も信じてくれないけど(笑)何を隠そうワタクシは松下政経塾の出身・・。うら若き?20代前半、寝ぼけ眼の猛者たちと「塾是 塾訓 五誓」なるものを唱えていた。その...

2017年04月11日 12:34

「アッキーと『教育勅語』〜「夫婦相和シ」を巡る攻防」 ①「根拠なき権力」が生まれた背景

「権力などつかっていません」(byアッキー)どうしてまた、この方はこの状況を説明するにこれ以上なくふさわしい言葉を使ってくれるのだろうか。そう、「私人」であるはずの安倍昭恵氏が「内閣総理大臣夫人」とい...

2017年04月10日 09:53

「逆アニータ事件」?

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170407-00000635-fnn-int 「私も被害者です」(by節子)昨今、我が秘書いっこぽんの...

2017年04月07日 11:37

「プレイ」としての「教育勅語」②

穂積八束の兄、穂積陳重の伝記「明治一法学者の出発」(穂積重行著 岩浪書店)ほぼ、読了。すごいね、明治期の法学者一家の生き様と、そこに隠された謎を解く作業は、さながらミステリー。「穂積」姓を名乗るいきさ...

2017年04月02日 10:30

「プレイ」としての「教育勅語」

戸籍、国籍について研究をしていると、「日本人とは誰か」「日本人とは何か」、また統治制度の正当性を担保する「国体」なるものを急場で作り上げなければならなかった「明治」という時代性と対峙しなければならなく...

2017年04月01日 13:38

「かぎりなく黒」の危機管理

まあ、基本中の基本の話として。安倍昭恵氏が「私人」で「政治のシロウト」だったら、陳情が来た段階で政治家の夫に相談し、夫の秘書が対応するというのが一般的な流れだろう。たとえ、夫が総理となって「内閣総理大...

2017年03月27日 16:52

完璧だったはずの「幕間対策」が崩れるまで

http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20170323002.html 普段、テレビをほとんど見ないワタクシであるが、今日はクギヅケだった。籠池氏、証人喚問にである。参議院か...

2017年03月23日 22:42

万博と愛国〜 森友問題の縦軸と横軸を考える

二日連続で万博公園。今日は西宮で名神高速に乗るはずが、話に夢中で見過ごし、「梅田新道」から「千里ニュータウンン」経由で。昨日も書いたが、ワタクシは今回の森友問題は「縦軸」「横軸」があって、その視点で見...

2017年03月19日 14:45

森友学園 振込のワケ

森友学園についてのアゴラの池田信夫氏の論評を読む。http://agora-web.jp/archives/2025031.html?utm_content=buffer88018&utm_m...

2017年03月19日 14:43

「領収書はいらない」のワケ

日替わりで、濃いキャラクターが次々登場。攻守、敵味方が入り乱れて、下手なドラマよりも人間模様から国有地の売買の手順をはじめ政治の仕組みまで解説してくれるわけだから、興味を引かないわけがない。さて、安倍...

2017年03月17日 10:54

「匿名」コメントの意味

かつて森友学園の代理人として裁判所に出廷したこと等に関する稲田氏関連の報道をみながら、気になったのは朝日新聞記事中の法曹関係者のコメント欄だった。中身ではない。なぜ、匿名?なのかというところ。コメント...

2017年03月15日 10:39

2017年民進党定期大会 

https://www.youtube.com/watch?v=fE0jOpOA9IU 2017年民進党定期大会が行なわれた。来賓のご挨拶は心に響くものだった。特に慶應大学の井手英策先生のスピーチは「...

2017年03月12日 21:35

民主くん 引き取ります・・(マジで)

民進党の新キャラクター登場にともない民主くん・・廃棄?!というニュースが。あり得ない。うちには双子のベビー民主くんの片割れがいるので、廃棄するなら親も引きとってもよいと思っている。事務所番として親子で...

2017年03月10日 11:29

夫と妻 主人と夫人

園遊会や天皇誕生日等の皇室行事に招かれた時に、配偶者の部分を見て驚いたことがあった。男性の招待客の配偶者は「○○殿 同令夫人」女性の招待客の配偶者は、たとえばワタクシの場合は「井戸まさえ殿 井戸☆☆殿...

2017年03月08日 09:23

瑞穂の国賊

別に、森友学園やアッキーのことを言いたい訳ではありません。 個人の思想には自由があるし、日本に宗教系の学校がたくさんあることは甲子園を見ても一目瞭然。で、教育基本法や国際社会からの評価に鑑みて、「教育...

2017年03月06日 21:08

政治家事務所の危機管理体制〜陳情整理報告書からFBまで

森友学園をめぐる問題で安倍晋三首相が名誉校長であった昭恵夫人の言動も含め連日追求を受けている。さらには陳情を受けた鴻池祥肇参議院議員の会見や、仲介した県議の立ち位置(またもや舞台は兵庫で、感慨深い!)...

2017年03月03日 09:17

都議を選ぶポイントは「小池知事以外に何を語る」かだ!

解せない。なぜ現職の都議会議員が自らの任期、今であれば前回選挙からの3年半の実績を訴えるより先に、「小池知事」「都民ファースト」「東京大改革」を主張するのだろうか?小池さんが登場する前は彼らは何を「フ...

2017年02月17日 10:10

スタッフ人材不足にみる政党の役割

最近多い陳情が同僚各位からの「誰か良い秘書さん知らない?紹介して」というものだ。選挙を戦うに「ひとりでやれること」には限界がある。「当選」は、それに至る道のりも含め、事務所スタッフや後援会の人々と作り...

2017年02月11日 08:43

「ダブルマリッジ」〜日本の戸籍上も重婚可能という現実

「ダブルマリッジ」(橘玲著 文藝春秋)読了。日本人でも重婚できることは知っていたが(みなさん、実はそーなんですよー✨既婚者でも外国人とは比較的容易に重婚可能)戸籍に「ふたりの妻」(もしくは夫)が、堂々...

2017年01月27日 21:31

「でんでん騒動」に思う

なるほどな、と思った。「にんべん」ついていたら「伝(でん)」だもん。漢字の読みがわからないときの対応としては、総理の頭は正しい回転をしたのではないかと思う。「美しい日本」つくりの先頭に立つ人が、よもや...

2017年01月26日 07:34

「アメリカファースト」「都民ファースト」「わたくしファースト」

http://www.newsweekjapan.jp/obata/2017/01/post-13.php「実は、ポピュリズムによる被害が大きくなる要因は、ポピュリストである政治家自身にあるのではない...

2017年01月23日 09:36

「筆記試験」「論文」より政治家を語るもの

小池知事の「希望の塾」から来年の都議選の候補者選びが具体的に動き出した。1600人が受験した、というが、以前にも書いたがこの数は政治関係者にとっては真新しいものではない。民主党も国政候補とは言え政権交...

2017年01月09日 10:46

美奈子氏妊娠と社会の不寛容

http://jisin.jp/serial/エンタメ/oshimarie/27115 ふと目に入った「美奈子の第7子妊娠で考える結婚離婚を繰り返す女の共通点」と題された記事を読み、目を疑う。「「ヤン...

2017年01月08日 08:38

「初詣にベビーカー」論争に思ふ

「初詣にベビーカー」論争なるものが、新年早々行なわれているらしい。神社仏閣好きなワタクシとしては、たとえどこの神社を選んでも、ひとりでさえ登るのに息上がる石段があることが頭をかすめる。あそこをベビーカ...

2017年01月06日 08:32

紅白歌合戦に見る「民主主義」

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。元旦の朝。中学1年生の5番目がテレビを見ていて、お久しぶりの乙武氏が「(大方の見方のように、トランプでなく)ヒラリーが勝つとおもっていま...

2017年01月01日 14:34

「逃げ恥」にみる政治課題  ①事実婚>法律婚

「(結婚で)面倒が増える」「なくても困らないものをわざわざ買う?」「別れる時にキレイに別れられない」(by平匡さん)社会現象ともなった「逃げ恥」。ドラマで育って来たバブル世代に夢と希望を与える石田ゆり...

2016年12月21日 11:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。