井戸まさえの記事一覧

万博と愛国〜 森友問題の縦軸と横軸を考える

二日連続で万博公園。今日は西宮で名神高速に乗るはずが、話に夢中で見過ごし、「梅田新道」から「千里ニュータウンン」経由で。昨日も書いたが、ワタクシは今回の森友問題は「縦軸」「横軸」があって、その視点で見ると、問題の所在がさらに際立ってみえると思っている。「縦軸」は「歴史」だ。特に大阪、豊中という地の。昨日も書いたが、伊丹空港も含む敗戦後のこの地のありようは、今、ワタクシたちが直面する問題の源泉として...

2017年03月19日 14:45

森友学園 振込のワケ

森友学園についてのアゴラの池田信夫氏の論評を読む。http://agora-web.jp/archives/2025031.html?utm_content=buffer88018&utm_m...

2017年03月19日 14:43

「領収書はいらない」のワケ

日替わりで、濃いキャラクターが次々登場。攻守、敵味方が入り乱れて、下手なドラマよりも人間模様から国有地の売買の手順をはじめ政治の仕組みまで解説してくれるわけだから、興味を引かないわけがない。さて、安倍...

2017年03月17日 10:54

「匿名」コメントの意味

かつて森友学園の代理人として裁判所に出廷したこと等に関する稲田氏関連の報道をみながら、気になったのは朝日新聞記事中の法曹関係者のコメント欄だった。中身ではない。なぜ、匿名?なのかというところ。コメント...

2017年03月15日 10:39

2017年民進党定期大会 

https://www.youtube.com/watch?v=fE0jOpOA9IU 2017年民進党定期大会が行なわれた。来賓のご挨拶は心に響くものだった。特に慶應大学の井手英策先生のスピーチは「...

2017年03月12日 21:35

民主くん 引き取ります・・(マジで)

民進党の新キャラクター登場にともない民主くん・・廃棄?!というニュースが。あり得ない。うちには双子のベビー民主くんの片割れがいるので、廃棄するなら親も引きとってもよいと思っている。事務所番として親子で...

2017年03月10日 11:29

夫と妻 主人と夫人

園遊会や天皇誕生日等の皇室行事に招かれた時に、配偶者の部分を見て驚いたことがあった。男性の招待客の配偶者は「○○殿 同令夫人」女性の招待客の配偶者は、たとえばワタクシの場合は「井戸まさえ殿 井戸☆☆殿...

2017年03月08日 09:23

瑞穂の国賊

 別に、森友学園やアッキーのことを言いたい訳ではありません。 個人の思想には自由があるし、日本に宗教系の学校がたくさんあることは甲子園を見ても一目瞭然。で、教育基本法や国際社会からの評価に鑑みて、「教...

2017年03月06日 21:08

政治家事務所の危機管理体制〜陳情整理報告書からFBまで

森友学園をめぐる問題で安倍晋三首相が名誉校長であった昭恵夫人の言動も含め連日追求を受けている。さらには陳情を受けた鴻池祥肇参議院議員の会見や、仲介した県議の立ち位置(またもや舞台は兵庫で、感慨深い!)...

2017年03月03日 09:17

都議を選ぶポイントは「小池知事以外に何を語る」かだ!

解せない。なぜ現職の都議会議員が自らの任期、今であれば前回選挙からの3年半の実績を訴えるより先に、「小池知事」「都民ファースト」「東京大改革」を主張するのだろうか?小池さんが登場する前は彼らは何を「フ...

2017年02月17日 10:10

スタッフ人材不足にみる政党の役割

最近多い陳情が同僚各位からの「誰か良い秘書さん知らない?紹介して」というものだ。選挙を戦うに「ひとりでやれること」には限界がある。「当選」は、それに至る道のりも含め、事務所スタッフや後援会の人々と作り...

2017年02月11日 08:43

「ダブルマリッジ」〜日本の戸籍上も重婚可能という現実

「ダブルマリッジ」(橘玲著 文藝春秋)読了。日本人でも重婚できることは知っていたが(みなさん、実はそーなんですよー✨既婚者でも外国人とは比較的容易に重婚可能)戸籍に「ふたりの妻」(もしくは夫)が、堂々...

2017年01月27日 21:31

「でんでん騒動」に思う

なるほどな、と思った。「にんべん」ついていたら「伝(でん)」だもん。漢字の読みがわからないときの対応としては、総理の頭は正しい回転をしたのではないかと思う。「美しい日本」つくりの先頭に立つ人が、よもや...

2017年01月26日 07:34

「アメリカファースト」「都民ファースト」「わたくしファースト」

http://www.newsweekjapan.jp/obata/2017/01/post-13.php「実は、ポピュリズムによる被害が大きくなる要因は、ポピュリストである政治家自身にあるのではない...

2017年01月23日 09:36

「筆記試験」「論文」より政治家を語るもの

小池知事の「希望の塾」から来年の都議選の候補者選びが具体的に動き出した。1600人が受験した、というが、以前にも書いたがこの数は政治関係者にとっては真新しいものではない。民主党も国政候補とは言え政権交...

2017年01月09日 10:46

美奈子氏妊娠と社会の不寛容

http://jisin.jp/serial/エンタメ/oshimarie/27115 ふと目に入った「美奈子の第7子妊娠で考える結婚離婚を繰り返す女の共通点」と題された記事を読み、目を疑う。「「ヤン...

2017年01月08日 08:38

「初詣にベビーカー」論争に思ふ

「初詣にベビーカー」論争なるものが、新年早々行なわれているらしい。神社仏閣好きなワタクシとしては、たとえどこの神社を選んでも、ひとりでさえ登るのに息上がる石段があることが頭をかすめる。あそこをベビーカ...

2017年01月06日 08:32

紅白歌合戦に見る「民主主義」

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。元旦の朝。中学1年生の5番目がテレビを見ていて、お久しぶりの乙武氏が「(大方の見方のように、トランプでなく)ヒラリーが勝つとおもっていま...

2017年01月01日 14:34

「逃げ恥」にみる政治課題  ①事実婚>法律婚

「(結婚で)面倒が増える」「なくても困らないものをわざわざ買う?」「別れる時にキレイに別れられない」(by平匡さん)社会現象ともなった「逃げ恥」。ドラマで育って来たバブル世代に夢と希望を与える石田ゆり...

2016年12月21日 11:19

「性と国家」〜「暴力と恍惚」

「はじめに断っておくが、以下のワタクシの論考は特定の政党やグループを非難するものではない。これは、この30年間、ワタクシが見聞きし、体験してきた「選挙」と「政治」が持つ「暴力と恍惚」について一考察であ...

2016年12月03日 10:41

「My first 政治献金♥️」

落選すると、周囲から言われることのまず第一は、「地元活動に『専念』せよ」ということ。「地元活動」とは街頭宣伝活動、戸別訪問活動(=公職選挙法で禁止されているが、実質はそれと同様のことを行なっている。こ...

2016年11月30日 12:47

「保守本流」ファンタジー

産經新聞の記事。http://www.sankei.com/premium/…/161129/prm1611290006-n1.html 民進党内で「保守本流「リベラル保守」の騎手争いが激化しているそ...

2016年11月29日 12:06

選挙と露出

「選挙はいつですかね?」たとえばテレビや新聞等、マスメディアに出る際、必ず聞かれるのが選挙の時期である。地方議員でも国会議員でも、政治活動者であっても、当該選挙の半年前以降は、特別な役職(総理、大臣、...

2016年11月25日 11:52

「カチマス」が勝てない理由

昨日、民進党の国会議員37人でつくる野球チーム「民進カチマス」が23日、東京都内で初の試合を行った。ニュースを見ながら、のけぞった。山尾氏の「内助の功」発言に、だ。さらに、今朝になって前原氏のTwit...

2016年11月24日 16:27

「選挙で落選すると議員はどうなってしまうのか2(ワタクシの場合)」

先日、金子洋一前参議院議員が「選挙で落選すると議員はどうなってしまうのか(私の場合)」という一文をブロゴスに掲載されていた。http://blogos.com/article/198048/ 落選生活...

2016年11月19日 13:34

日本では「トランプ現象」はしばらく起こらない?

東洋経済オンラインに「『トランプ現象』は、いずれ日本でも起きる」との記事が掲載されている。http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161115-00145...

2016年11月15日 12:01

非色

「自由」と「平等」という、少なくとも自分の周りで普遍的価値だろうと信じているものが、薄まったかに見えても血管の中に走り続けている「偏見」や「差別」といった、結果的には自らをもおとしめるであろうものを根...

2016年11月14日 12:30

「アンクルトムの小屋」とトランプ大統領のアメリカ①

今年を振り返るにはまだ早いが、2016年私にとって最も価値ある読書は間違いなく「アンクル・トムの小屋」の再読だったと思う。小学生のころに読んだ時には全く気づきもしなかったが(児童用は読みやすくするため...

2016年11月11日 22:41

百合子氏の死角〜その①

もはや、百合子氏は気がついているんだな、と思う。自らの「死角」に。気づいているなら「死角」であるはずはないのだが、そのそぶりさえ見せていないのは百合子氏の百合子氏たる所以である。その「死角」とはなんで...

2016年11月01日 16:16

「政治塾」というビジネスモデル

昨日、小池百合子都知事が主催する政治塾「希望の塾」が開校した。4827人が応募、2902名が入塾したという。受講料は一般男性5万円、女性応援特別価格4万円、25歳以下の学生応援特別価格3万円。これには...

2016年10月31日 10:52

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。