川北英隆の記事一覧

移民のなし崩し的導入は大疑問

ネットのニュースを読んでいると、この1週間、新たな政策が出ている。1つに、熟練した技能を持つ労働者に対して日本での永住を事実上認める方針とあった。また、単純労働者も、新たな在留資格に関し外食や水産業などが検討対象になっているとか。変でしかない。何が変なのか。外国人(つまり日本国外で生まれ、日本国籍を持たない者)に、日本国内での権利をいかに与えるのか。入国権、労働権(その他、教育などに関する権利)、...

2018年10月15日 06:58

日本年金機構から届いた脅し

日本年金機構から脅しの書類が来た。日本年金機構から届いた書類の文章を真似て、「脅しだ」と書いておく。何のことか。「扶養親族等申告書」の提出の依頼である。「大切なお知らせ」との表題の一枚紙には、扶養親族...

2018年10月05日 11:55

東京都のセンスの悪いジョーク

先日、ニュースを見ていて「へへへ」と笑ってしまった。最近、その日のうちに新聞を読まない(読めない)ことが多いこともあり、いつのニュースか忘れたが、検索すると9/30の日経新聞だった。見出しには、東京「...

2018年10月03日 09:45

老人としての生活をどうする

地方移転の勧めというか促進に関して書いたところ(9/22)、読者から批判メールが来た。子守なんてやりたくないと。確かに、子守を強要するような文面だったかもしれない。僕の本音は、「せっかくの命だから、最...

2018年09月26日 10:00

地方銀行の行方は

かつて地域の殿様だった地方銀行が揺れている。その象徴が「スルガ銀行」騒動だろう。金融庁に地方銀行のお手本と褒めちぎられていたに等しかった。なのに、地獄に堕ちた。「スルガ銀行って、そんなんあるんか」と思...

2018年09月23日 17:12

ふるさと活性には東京増税を

ある雑誌に「東京増税」を書いた。東京に事業所を置く企業に対し、税率を上げる。それによって増えた税収を地方に配分する。これが本来の「ふるさと納税」だろうと考えている。ある雑誌とは、「不動産経済ファンドレ...

2018年09月23日 09:33

パイオニアの凋落

音響機器で有名だったパイオニアが香港系ファンドの支援を受け、今月末の資金繰りの危機をしのいだ。いずれこのファンド向けに第三者割当増資を行い、再建を目指すとか。 昭和40年代から50年代にかけ、パイオニ...

2018年09月15日 10:43

変な食膳のマナー

日経新聞を読んでいると、お膳の上の味噌汁の位置に関して大阪が変だ(見出しでは東西で違う)との記事があった。気になったのは、位置の違いと同時に、「マナー」とは何かだった。大阪での味噌汁は左上である。左手...

2018年09月08日 09:55

関空はバブル飛行場

関空が水没した。日本沈没みたいだが、台風21号による高潮の流入はそんな感じである。関空は出自からして欠陥だらけである。着工されたのは1987年、バブルの最中。「新しい工法で空港を」「行け行けドンドン」...

2018年09月06日 19:52

大学生の就活と企業の規制

経団連の新しい会長はんが就職活動に対する規制(解禁日など)をなくしたいそうである。察するところ、身内?はともかく、誰も本気で従わないからだろう。そんな誰も従わない規制なんて廃止するのがいい。ただし、学...

2018年09月05日 10:47

報道の責任逃れに呆れる

台風21号が接近している。明日の午前中に近畿地方は暴風圏に入る可能性が高いらしい。日本は台風の恵みで水の豊かな国である。ある程度の災害は仕方ないのだろう。と、いかにも挑発的な書き方をしたのは、新聞をは...

2018年09月03日 20:06

ふるさと納税の是非

友人Oとふるさと納税に関して意見交換した。Oは反対である。昨年1回だけ寄付したらしいが、今年はしないと。Oの子供が孫くらいに小さく、地域の世話になっていることもある。僕は、ふるさと納税は必要悪だと思っ...

2018年08月28日 14:07

トランプは名誉欲の商売人

米中の対立が深まっている。トランプが仕掛け、中国政府が対抗している図式だが、そもそも中国政府も対立の下地を作ってきた。それはともかく、トランプの行動で思うのは、個人的、商売人的発想での行動だということ...

2018年08月27日 14:25

プラスト廃止反対のあほんだら

環境への対策から、プラスチックのストローを廃止しようとの動きが高まっている。何でそんな小さな物からなのかはわからない。もう1つ、そのプラスチックのストローを廃止してもらったら困るとの意見もあるそうだ。...

2018年08月26日 15:54

叫ぶだけではニュースでない

23日、台風が近畿に近づいていた。そこで午後の予定をキャンセルし、東京から京都へと早めに戻った。遅くまで東京にいると翌朝の京都での用事に支障が生じかねない。早く帰り、台風のニュースを見ながら明日の通勤...

2018年08月24日 22:20

サマータイム導入論に思う

オリンピックの暑さ対策を発端として、サマータイム導入論が再度起きているようだ。本末転倒の議論であり、はたまた「お上に言われなければ何もできないのか」と思ってしまう。暑さ対策として、オリンピックのマラソ...

2018年08月19日 16:57

トルコの通貨危機に思う

トルコの通貨、リラが危機に陥った。直接的な原因はトランプの「口撃」だが、もう少し長期で見ると、起こるべくして起こった感が強い。新興国には指導者リスクがつきまとう。僕自身、新興国通貨のポジションを取った...

2018年08月14日 09:15

新幹線で事件発生

今日、東京を日帰りした。新幹線で往復したのだが、帰りに事件が起きた。「いずれ何か起きるな」と思っていた、大きな荷物事件である。帰りは昼過ぎに東京を出発する電車だった。夕方、歯医者を予約していた。アゾレ...

2018年08月02日 11:03

投資できる株価指数がほしい

新しい株価指数を作ることで東京証券取引所と京都大学(川北)が合意した。17日、東京証券取引所と京都大学がプレス発表し、その抜粋が18日の日経新聞、株式面に掲載された。プレス発表の内容は次のサイトにある...

2018年07月20日 12:17

役所的ブラックジョークの季節

最近の世の中、変なことが多い。もう少し若者的に表現すると、世の中いろいろと笑わせてくれる。制度を作れば作るだけ、制度間に矛盾が生じる。身近な例は梅雨明けだろう。子供の頃、気象庁がきっぱりと「梅雨明けし...

2018年07月03日 18:00

日本郵政は投資に値するのか

さるところの議論で、日本郵政グループの経営が話題にのぼった。日本郵政、関心がないので見ていなかったが、業績が優れず、自己資本利益率(ROE)が低迷しているらしい。確認すると、確かにそうである。この低迷...

2018年06月04日 08:29

文字通りの高度プロを望む

ネットニュースを見ていると、働き方改革関連法案に関連して登場する「高度プロフェッショナル制度」に対する疑問の記事があった。僕は、「そもそも高度プロフェッショナルって文字通りプロのはず、残業なんて超越し...

2018年06月01日 11:30

何がセクハラやパワハラか

何々ハラスメントという言葉をよく見かけるし、ハラスメントで辞職に追い込まれた役人もいたし、それをかばう暴言もあった。そもそも何がハラスメントになるのか。ハラスメントに厳密な定義はない。定義は時代や場合...

2018年05月28日 13:52

上目遣いの会社生活

働き方改革で一番重要なのは労働時間というか、残業問題だろう。身体を使うのではなく頭を使う仕事なら、いつ、どこででも可能だ。残業なんて関係ない。というのは本当なのか。ホワイトカラーについて考えてみたい。...

2018年05月11日 11:33

働き方改革の道遠し

知り合いの教員がアメリカでの1年間のサバティカル(研究休暇制度)から復帰した。彼女の夫は別の組織で勤務しているのだが、やはり長期休暇制度を利用してアメリカに同行していた。この夫に問題が生じたようだ。問...

2018年05月10日 09:34

富士フィルムに関するコメント

今日の日経新聞の13面、富士フィルムによるゼロックス本体の子会社化に対して、僕のコメントが引用されていた。これに対して少し付言(言い訳かな)をしておく。引用されたコメントは、アイカーン氏らアクティビス...

2018年05月09日 15:01

窮鼠朝日がポチとボスを噛む

もりかけ事件、どう考えても政府の大醜態である。糞味噌にいじめられていた朝日がカウンターでKOを奪った。「朝日の報道によると」と、間接話法で事件当初を報じていた他の大新聞社、その及び腰も情けない。報道の...

2018年03月16日 17:34

羽生と羽生のややこしい一日

仕事をしながらネットのニュースを見ていた。最近はネットが仕事の邪魔をしがちである。人間の集中力が試されている。そんな日、スケートと将棋で(他人の)集中力を感じた。スケートには大した関心がないものの、世...

2018年02月18日 09:59

定年年齢の延長の罠と矛盾

現在、65歳になって公的年金の支払いが開始される。この年齢に合わせるように、企業はこれまでの60歳定年を65歳まで延長しようと活発に動いている。同時に60から65歳までの給与を上げようともしている。後...

2018年02月17日 07:16

潰れない日本企業は幸せか

今日、金融庁でコーポレートガバナンス・コードを巡る議論をしていた。コードを補完するため、「投資家と企業の対話ガイドライン」を作ろうというのが具体的なテーマだった。最初に金融庁からガイドライン案の説明が...

2018年02月16日 16:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。