乙武洋匡の記事一覧

皆様へ

この度、私、乙武洋匡は、妻・仁美さんとの離婚が成立しましたことをご報告させていただきます。 私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません。 夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥...

2016年09月14日 21:15

『週刊新潮』の報道について

このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません。 報道された私の行いは...

2016年03月24日 09:50

駒崎弘樹さんが炎上している

駒崎弘樹さんが炎上している。発端は、私も賛同人の一人として名前を連ねている「ひとり親を救え!プロジェクト」だ。これは、ひとり親世帯に支給される「児童扶養手当」の増額を求めるネット署名のキャンペーンなの...

2015年10月30日 15:25

“欠損萌え”はNGなのか?

 昨日、Twitter上で手や足がない“欠損女子”が接客をしてくれるユニークなBARについての記事を紹介した。世の中には“欠損萌え”とも呼ばれるジャンルがあるらしく、手や足が欠けている状態に強く惹かれ...

2015年10月30日 12:27

義足は「ズルい」のか!?

“義足のジャンパー”マルクス・レーム選手が、「IPC陸上世界選手権(障害者の陸上大会)」男子走幅跳びで8m40cmを跳び、金メダルを獲得した。ロンドン五輪・金メダリストの記録は8m31cmだから、レー...

2015年10月30日 12:24

義足は「ズルい」のか!?

“義足のジャンパー”マルクス・レーム選手が、「IPC陸上世界選手権(障害者の陸上大会)」男子走幅跳びで8m40cmを跳び、金メダルを獲得した。ロンドン五輪・金メダリストの記録は8m31cmだから、レー...

2015年10月25日 09:57

国民的議論はどこへゆくのか

 自分とは異なる意見を持つ人々に対する批判。自分がこれだけ関心を寄せている問題について無関心である人々への批判。ここ数日、TLにはこれらの憤りが渦巻いている。 感情的な議論には生産性がないばかりか、現...

2015年07月17日 10:04

大学院に進学します

 日頃からお世話になっているみなさんに、大切なお知らせがあります。 先般、政策研究大学院大学(以下、GRIPS)「平成27年度修士課程国内プログラム」の公共政策プログラムに応募し、第一次試験(書類選考...

2015年02月24日 18:05

香港デモ 現地の声を聞く

【香港デモ】昨日は、中環(セントラル)、旺角(モンコック)、金鐘(アドミラルティ)の3箇所を訪れ、デモについての街頭インタビューを行いました。年齢、性別、出身――立場が違えば、デモに対する態度も様々。...

2014年10月06日 11:38

香港デモを訪れて

 香港デモ。普通選挙を求める学生側と、中国政府を支持する親中派が衝突、「市民の対立が深刻化」と報道されているが、それが事実かは疑わしい。 デモ隊に対して暴力を振るう人々を、警察が傍観する姿も目撃されて...

2014年10月05日 16:27

北欧で感じた「新しい世界」

 今月上旬、社会学者・古市憲寿氏とともにデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの四ヶ国を回った。オスロへの留学経験もある古市氏の案内のもと、福祉や教育の面で評価の高い北欧諸国を回り、その実...

2014年08月17日 10:14

乙武洋匡、「新宿そうじ」始めます!

◆ 「グリーンバード新宿」誕生!! まあ、何とも気恥ずかしいポスターができあがりました。  じつはこれ、今年4月に発足したボランティア団体「グリーンバード新宿」の告知ポスターなんです。 みな...

2014年04月22日 20:19

”元祖炎上”、80歳を祝う。

昨日は、田原総一朗さん80歳の誕生日。日頃から、『朝まで生テレビ!』などでお世話になっているメンバーを中心に、サプライズパーティーが企画されました。書籍の打ち合わせだと聞かされて会場に入ってきた田原...

2014年04月16日 11:08

鈴木宗男氏への回答「政治家だからこそ、弱者への心配りを」

鈴木宗男様 3月20日付のムネオ日記を拝読いたしました。同時に、とても残念な気持ちになりました。政治家というのは、弱者に対して心を寄り添わせることが必要なのではなかったでしょうか。そして、私は貴殿に対...

2014年03月21日 00:32

「感動をありがとう」と胸を熱くしたみなさんへ

 ソチ冬季五輪が閉幕する。浅田真央選手の演技、羽生結弦選手の快挙、葛西紀明選手の奮闘――今回も様々なドラマがあった。きっと多くの人が心を動かされ、「感動をありがとう」と口にしたことだろう。そんな方にこ...

2014年02月24日 01:33

現場の声を聞いていきたい!

 東京都教育委員に就任して、まもなく一年が経とうとしています。就任時に強く意識したのは、「現場の教員としての経験」と「マイノリティとしての視点」という2つの点でした。しかし、私が小学校教員を退職してか...

2014年02月17日 00:06

羽生選手の演技が思い出させてくれた「鑑賞」という視点。

本日未明に行われたフィギュアスケート男子ショートプログラムで、羽生結弦選手が素晴らしい演技を見せ、101・45点という歴代最高得点を叩きだした。TwitterやFacebookのタイムラインを見ていて...

2014年02月14日 11:42

佐村河内氏(名義)の作品を酷評する人々の心理とは

 全聾の作曲家という触れこみで“現代のベートーヴェン”と持てはやされた佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏の楽曲が、じつはご本人でなく、別の方によって作曲されていたというニュースが論議を呼んでいる。こ...

2014年02月11日 21:20

なぜ都知事選から、子どもたちの姿が見えないのか?

 2月9日に行われる都知事選。「しっかりとした政策論争を」との声が聞かれるが、私が最も重視する「教育」について熱く語る候補者はほとんど見受けられない。 仕方がない面もある。「この国を戦争に向かわせたの...

2014年02月03日 11:16

NHK長谷川経営委員の「女性は家で育児、男性は外で仕事」論に待った!

◆  「女性は家で子育て、男性は外で仕事」は、本当に常識だったのか 本を書き、テレビに出演し、小学校教員を経験した後に、現在は東京都教育委員を務める。「乙武さんの肩書きは、いったい何なのです...

2014年01月31日 12:34

「太陽が降り注ぐ場所」(後編)

「village safe haven」訪問3日目。この日が、僕らがここに来ることのできる最後の日となる。染谷西郷は、この日のためにとっておきのプランを用意していた。 「昨日、みんなに日本で起こった大...

2014年01月14日 20:25

太陽が降り注ぐ場所(中編)

 はじめて「village safe haven」を訪れた日、子どもたちの表情は明らかに強張っていた。無理もない。いきなり見知らぬ日本人が現れ、「一緒に遊んでくれ」と言い出したのだから。子どもたちの緊...

2014年01月14日 05:09

太陽が降り注ぐ場所(前編)

 ヨハネスブルグにある養護施設「village safe haven」を訪れた。ここには、2歳~16歳まで計26人の子どもたちが住んでいる。彼らは、様々な事情から親と一緒に住むことができずにいるという...

2014年01月13日 13:52

南アフリカのHIV問題

 マーゲイトというインド洋沿いの町にある「GENESIS CARE CENTER」を訪れた。ここは12年前にHIV患者のためのホスピスとして建てられた施設で、4年前からは癌や結核などの病気に苦しむ患者...

2014年01月10日 15:24

ネルソン・マンデラが目指した“虹の国”

前回のブログにも書いたとおり、ケープタウンでは様々な場所を訪れることができたが、唯一の心残りがある。それは、ロベン島に行けなかったことだ。ロベン島とは、多くの観光客でにぎわうウォーターフロントから約1...

2014年01月09日 01:39

南アフリカの持つ魅力

どんな国を旅しても、だいたい2~3日も歩き回れば、何となくその国の雰囲気や感覚というものが肌を通して伝わってくる。だが、ここ南アフリカでは、それが難しい。ケープタウンという都市をずいぶん見て回ったが、...

2014年01月09日 01:09

カラードの主張

成田空港を出発してから26時間。南アフリカで最も風光明媚な都市として知られるケープタウンに到着した。空港からホテルへと向かうシャトルバスのなかで、同乗したドイツ人夫婦から、「今日はカーニバルがあるから...

2014年01月08日 08:12

バナナトレイン

染谷西郷と出会ったのは、9年前。マカオの地だった。FUNKISTというバンドでボーカルを務める彼は、異国のステージ上で激しいパフォーマンスを繰り広げ、熱のこもったメッセージを伝えていた。言葉が通じない...

2014年01月06日 13:51

読売新聞朝刊(6月8日付)での発言について

 本日は、お詫びしなければならないことが。 6月8日付の読売新聞・朝刊「Nippon蘇れ」という企画のなかで、慶應義塾長・清家篤さん、女優・有馬稲子さんと鼎談させていただきました。このときのテーマが「...

2013年06月11日 12:03

イタリアン入店拒否について

 軽率だった。自分でも、冷静さを欠いた行為だったと思う。では、なぜ僕はあのとき、店名を挙げるという、多くの方からお叱りを受けるような愚挙に至ったのか。ここに記しておきたい。 19時過ぎ、一週間ほど前に...

2013年05月21日 11:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。