自由人の記事一覧

「受信料徴収ライセンス」を得たNHK

■「公平」ではなく「悪平等」なNHK受信料 NHKの受信料契約を巡って訴えを起こしていた男性が敗訴し、最高裁判所はNHK受信料の支払い義務を認める判決を(初めて)下した。 ある意味、予想していた通りの判決だったとはいえ、1人の男性に対する判決が、実は全国民に適用されてしまう可能性を有しており、“悪しき前例”と成り得るこの判決に危機感を感じた多くの国民は非難囂々となり、特にネット上では大きな騒ぎにな...

2017年12月08日 08:32

「平等」と「公平」の経済学【日本の給与制度編】

■平等思想に根ざした「月給制」 日本の多くの企業では、基本的に「月給制」が採用されている。「月給制」とは、1ヶ月間の決められた労働時間内(残業時間は含まない)にどれだけの仕事をしてもしなくても結果は変...

2017年11月27日 17:33

コンテンツビジネスは「奉仕ビジネス」と化している

■ますますデフレ化が進むコンテンツビジネス  先月から「TSUTAYAプレミアム」なるものが開始された。今更、説明するまでもないかもしれないが、一応、書いておくと、【月額1,000円で旧作DVD借り放...

2017年11月19日 07:48

日本の株式市場はバブルなのか?

■「空売り天国」から「空売り地獄」へ 昨年の夏、日本の株式市場の空売り比率が40%を超えて、空前の50%に近付いているという記事を書いたことがあるが、トランプ氏が大統領になると決まってからは、アメリカ...

2017年11月12日 08:00

憲法論議をもっとシンプルに。

■「憲法」を守ることは、なぜ重要なのか? この度の衆議院選挙では「立憲」という言葉を使用する政党も現れたので、憲法論議がこれまで以上に盛んになりそうな気がする。しかし、元々、憲法というものに関心を持っ...

2017年10月28日 08:12

日本のリベラルの「自由」とは?

以前のブログ記事で、「リベラル」とは「化粧言葉」だと書いたことがある。これは日本のみの話ではなく、アメリカでも同様で、元々、「社会主義」や「共産主義」という言葉を使用することが憚られる場合に用いられる...

2017年10月15日 15:37

時代の必然だったトランプ政権誕生

■「もう1つのアメリカ」の実体 既に1年前の書籍になるが『マスコミが報じないトランプ台頭の秘密』(江崎道朗著)を読んでみた。 著者の江崎道朗氏は「コミンテルンハンター」との異名を持つ評論家であり、ベス...

2017年10月08日 15:07

「リベラル系議員」の正体

■「愛国心」の無い政治家は存在できない 「民進党」から「希望の党」へ合流することが“できる人”“できない人”という具合に思想的な篩いにかけられることになり、その条件として使用された「リベラル」という言...

2017年10月03日 10:11

「民進党」in「希望の党」の矛盾

■「民と進む」ことを忘却し、一縷の「希望」に縋る政治家達 「民進党」が「希望の党」へ合流するという、まさかの展開となり物議を醸している。既に多くの人が述べている通り、「民進党」と「希望の党」では、政策...

2017年09月30日 08:34

『国難突破解散』の疑問【国難は2つ必要か?】

■鬼門としての「消費税増税」 昨日、安倍総理の口から「国難突破解散」という言葉が飛び出した。  野党からは、「大義なき解散」とか「御都合解散」などと揶揄されていたので、果たしてどんな名目にするのかと気...

2017年09月27日 09:04

「北朝鮮の終わり」or「世界の終わり」

■「アメリカは北朝鮮を攻撃できない」は本当か? 現在の北朝鮮問題で、「アメリカは北朝鮮を攻撃できない」という意見をよく見かける。その理由というのが、「攻撃すれば周辺国(特に韓国)にも被害が及ぶから」と...

2017年09月24日 11:30

北朝鮮崩壊へのカウントダウン

■「完全破壊」=「最後通牒」 国連総会の場において、トランプ大統領が日本の拉致被害者について言及したことで物議を醸している。安倍総理の影響があるとはいえ、米国大統領が日本の拉致被害者について公の場で話...

2017年09月22日 07:52

スケープゴートにされた「Jアラート」

■「Jアラート」の是非 「Jアラート」の肯定論・否定論が喧しい。ある人は「Jアラートは絶対に必要だ」と言い、ある人は「Jアラートで危機を煽るべきではない」と言う。 個人的には、現状、「Jアラート」は必...

2017年09月18日 09:05

「9条がなくても戦争になる」という言葉

■重要なことは「戦争抑止力」の有無 前回、「9条があれば戦争にならない」という言葉についてのブログ記事を書いてみると、「9条がなくても戦争になる」という反論をいただいた。2chにもスレッドが立ったよう...

2017年09月16日 08:39

「9条があれば戦争にならない」という言葉

■「ならない」と「できない」の違い 北朝鮮の地政学的リスクが少しは肌で感じられるようになったせいか、与党批判は少し鳴りを潜め、批判の矛先は野党に向かったかのような気がしないでもない。しかし、それでも未...

2017年09月10日 10:51

「戦争を知らない子供たち」はいなくなる

■世界の命運を握った2人の人物 Jアラート、昔で言うところの「空襲警報」が鳴り響いたというのに、その事の重大さに気が付かず、未だ泰平の眠りの中にある日本をよそに、米朝の間には非常に危うくキナ臭い空気が...

2017年09月05日 23:22

「ヒトラー」と「ミサイル」のどちらが重要か?

■「ミサイル」よりも「言葉」に敏感な国 今週は北朝鮮のミサイル発射問題が騒がれる中、麻生氏の失言(?)が飛び出し、マスコミからは総バッシングを喰らっていた。 しかし、北朝鮮から発射されたミサイルよりも...

2017年09月02日 14:23

「北のミサイル」は忘れた頃にやってくる

■津波よりも速いミサイルの脅威 今朝(29日)の6時頃のテレビ番組は、こぞって放送予定を変更して、「北朝鮮がミサイルを発射した」との速報を伝えていた。 日本国内(東北地方)にミサイルが着弾するかもしれ...

2017年08月30日 07:56

「報道しない自由」を謳歌する日米マスメディア

■「どっちもどっち」が意味するところ アメリカで発生した白人至上主義団体と、その反対派の衝突において、意見を求められたトランプ大統領は「どっちもどっち」と応えた。よく考えた上での発言だったそうだが、そ...

2017年08月24日 10:48

戦争(暴漢)を招き寄せる誤った価値観

■「国よりも自分のことが好き」という言葉 ウーマン村本氏の以下の発言が話題になっている。 「僕は国よりも自分のことが好きなので絶対に戦争が起きても行きません」 子供の頃には誰もが思うことであり、リベラ...

2017年08月20日 12:24

「北を挑発するべきではない」という詭弁

■「話し合いに応じるべき」は北朝鮮のみ 緊迫感が増している米朝問題を前にして、「北朝鮮を挑発(刺激)するべきではない」という意見をよく耳にするようになってきた。「あくまでも話し合いで解決するべきだ」と...

2017年08月16日 14:39

北朝鮮の核保有が認められない理由

■「唯物無神論無法独裁国家」の危険性 昨晩、録画しておいた「朝まで生テレビ」を観てみた。ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏が出演していたのは意外だったが、最近はゲスト席へのインタビュー等が無くなったの...

2017年08月14日 10:07

「休息負債」を招く「山の日」

■「山の日」は「ハッピーマンデー制度」の拡大バージョン 昨年(2016)から、お盆前の8月11日が国民の祝日「山の日」として施行されたことによって、お盆休みが1日多くなった。連休日が1日増えたことは、...

2017年08月06日 15:03

『カエルの楽園』化している日本の政治

■『カエルの楽園』を読んで。 今更ながら、百田尚樹氏の風刺寓話『カエルの楽園』を読んでみた。1年以上前から読もう、読もうと思っていたものの、後回し、後回しとなり、今頃になってしまった。私の場合、ノン・...

2017年07月29日 08:36

「内閣支持率」の誤謬性【「支持率」が意味するもの】

■ニュアンスで変わる「内閣支持率」「あなたは現在の内閣を支持しますか?」 こう聞かれると、現状では誰もが素直に「支持する」と答えるのは難しいのではないかと思う。「支持する」と答えるためには、現内閣に特...

2017年07月23日 07:43

「こんな人たち」という言葉にご用心

東京秋葉原での安倍総理の演説の一部 「…こんな人たちに皆さん、私たちは負けるわけにはいかないんです…」 このシーンをテレビで初めて観た時、「なかなかユーモアのあるアドリブだな…」と思ったが、なぜか世間...

2017年07月15日 07:10

今、既にある「行き過ぎた監視社会」

■クレームを煽る第3者の存在 最近の日本の政治を観ていると、「政治家の能力」よりも「政治家の言葉」だけが重要視されているような気がする。これを企業に置き換えて考えれば、「仕事をする能力」よりも「顧客に...

2017年07月09日 16:15

NHK流の詰め将棋「王手受信料取り」

■「全世帯受信料徴収」の可能性 「NHK受信料制度等検討委員会」は、2019年度からの実施が予定されているテレビ放送とインターネット放送の「常時同時通信」における受信料の中間答申原案を発表した。 その...

2017年06月29日 10:26

過剰な「おもてなし」と化しているアマゾン配送業務

■ヤマトの値上げ理由は何なのか?という問題 先週、アマゾンが「当日配送ができる独自配送網の拡大に乗り出している」との報道があった。 この一報からは、アマゾンが配送業も内製化するのではないか?との憶測話...

2017年06月25日 09:06

現代社会における学園祭(講演会)のあり方

■KODAIRA祭講演会中止問題を考える 本日10日は、本来であれば東京の一橋大学園祭において百田尚樹氏の講演会『現代社会におけるマスコミのあり方』が行われるはずだったが、2日に急遽、中止の発表があっ...

2017年06月10日 08:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。