Chikirinの記事一覧

勝間和代さん宅 新春訪問

昨日は経済評論家、勝間和代さんのご自宅を訪問し、お食事やら新春対談やら(?)楽しんできました。が、もともとの訪問目的は「モノが少なく生産性の高い生活」について学ぶこと。勝間さんは 2年ほど前、自宅に溢れる大量のモノを処分し、今もそのすっきり自宅を維持。下記のような本も出されており、論理的で生産性の高い家事を実践されています。勝間式 超ロジカル家事posted with amazlet at 18....

2018年01月09日 07:06

「つながり」

ミクシィ(Mixi) やブログを含め、ネット上のソーシャルネットワークサービスが人気になって以来、「つながり」という言葉が頻繁に使われるようになりました。ネットがなかった時代、人と人が「つながる」こと...

2017年12月28日 12:03

「学歴より SNS が大事」の本当の意味

「自分はどんな人間か」を他者に伝える時、みなさんは何の情報を伝えますか?名前?そんなもん伝えても、なんの参考にもなりませんよね。だから名前なんて何でもいいんです。 “花子”でも“太郎”でも“ちきりん”...

2017年12月19日 15:53

武勇伝バイアスに気をつけよう

先日ツイッターで「子供の頃、夏休みの宿題はいつも 8月末にまとめてやってた」と呟いたら、「オレも!私も!」というリプライがいくつもありました。私はこのタイプの呟きを「武勇伝ツイート」と呼んでいます。人...

2017年11月19日 13:01

公務員の仕事はこれからマジ大変

最近つくづく思うのは「これからは公務員の仕事が、ほんとに大変、そして大事になるなー」ってことです。なぜなら!1.核家族化、単身化、高齢化の進展で「老後と死のケア」が公務員の仕事になるから高齢単身者世帯...

2017年11月02日 16:03

変われない企業の悲惨さがよくわかる

久しぶりに本の紹介。こちら、アパレル産業の栄枯盛衰をまとめた業界本なのですが、かなりおもしろかったです。誰がアパレルを殺すのかposted with amazlet at 17.10.23杉原 淳一 ...

2017年10月23日 17:55

「歴史認識」とは何なのか

ここまで 2回に渡って、中国東北部(旧満州)にある中国の歴史記念館を紹介してきました。・731部隊 陳列館・九・一八事変 陳列館今日は 3つめ。上記ふたつより更に日本人に知られていない(であろう)記念...

2017年10月18日 14:36

「戦争の日付」と「反日の目的」

前回に続き中国で訪れた歴史記念館を紹介しつつ、感じたこと、考えたことを残しておきます。こちらは瀋陽にある「九・一八事変陳列館」、例によってすんごいデカイ。これ、建物じゃなくて、看板です。看板だけでこん...

2017年10月10日 15:57

広島、アウシュビツ、そして 731

9月に中国の東北部、旧満州エリアを旅行して数多くの歴史記念館を訪れました。今日はそのうちのひとつ、七三一部隊陳列館をご紹介しましょう。(中国語、日本語、韓国語、英語、ロシア語、あとは?)七三一部隊は、...

2017年10月06日 16:45

中朝国境のリアル

先日 こちらの企画で 訪れた中国の東北三省。旅の内容はシリーズでご紹介しますが、まずは丹東。ここは、鴨緑江を挟んで北朝鮮と向かい合う中朝国境の街です。グーグルアースで検索すると、鴨緑江の東側には北朝鮮...

2017年09月24日 14:18

成長戦略って何のこと?

安倍首相はすっかりお忘れのようですが、その昔、彼が「第三の矢」と呼んでいた政策がありました。その名も「成長戦略」この言葉、よく使われますが、成長戦略って具体的に何を意味するのでしょう?「成長戦略? 規...

2017年08月13日 15:47

奉仕の心で社会を維持するのだー!

今はオフィシャルサイトに記載が見つからないのだけど、東京オリンピックのボランティアに求められる条件として、外国語能力や研修を受けること、などに加え「 1日 8時間、10日以上できる」という条件が(一時...

2017年08月05日 09:59

機械に合わせて生活を変える時代へ

これまでの技術や機械は「人間の生活をより快適に、便利にするため」研究・開発されてきました。このため生活の中で使えない技術や機械は、未熟な技術、未熟な機械だとして受け入れられませんでした。反対にいえば、...

2017年07月24日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。