けあZineの記事一覧

家族も支えたい

介護保険制度を直接利用する方の中には、ごく稀に障がい者もいらっしゃいます。しかし、ほとんどは高齢者の方でしょう。利用依頼は「サービスを利用しよう」と思って行うわけですから、全ての人が生活上で何らかの不便や不具合を持っている、あるいは感じていて、それについてインフォーマル(身内やご近所)な関わりだけで充足できないために社会資源を頼って来られています。もちろん、中には天涯孤独で子どもや親戚もいないとい...

2017年03月21日 07:00

みんなお家がいいんです

訪問介護の仕事をしていると、何らかの理由で入院になってしまう利用者さんが結構いらっしゃいます。転んで骨折をしてしまったり、風邪から肺炎を発症してしまったり。あるいは、持病の悪化により入院加療が必要にな...

2017年02月21日 07:00

介護福祉士受験者急減の背景を探る - 田中元

介護福祉士試験の申し込み者が、前回の半分以下にまで減少したことは、国にとっても、業界にとっても大きな衝撃です。確かに、実務研修ルートでの最大で450時間という実務者研修が大きな要因の一つなのは間違いな...

2017年02月17日 07:00

理解してほしい、ケアマネジャーは偉そう?~ケアプランでみんなを守りたい~

介護保険制度の制定と共に現れた「ケアマネジャー」という新しい資格とその存在。介護を必要とする高齢者の望む暮らしを実現するため、それに向かってケアチームが適切な関わりが出来るようにケアプランを作成する役...

2017年02月07日 07:00

行き場のないお年寄り

年末に辛い経験がありました。それは健康ではないものの、病気を患ってはいないため、預かってもらえる場所がないというケース。まさに行き場をなくした状態を目の当たりにして感じたことを、詳しいケースを取り上げ...

2017年01月24日 07:00

実践!これから必要な介護予防の方法

医療費や介護費を抑制するために、国は介護予防に力を入れています。要支援者のサービスが総合事業へと移行されていく中で、効果的な介護予防を実践できる事業所のニーズが高まってくることが予想されるのです。そこ...

2017年01月20日 07:00

完璧すぎる嫁〜自分の居場所がなくなる時・同居介護の難しさ〜

日本における65歳以上の高齢者が子と同居している割合は年々下がり続けています。1999年には50%となり、2013年以降は遂に40%以下という水準を辿っている状況。高齢の両親に介護が必要になった時、子...

2017年01月03日 07:00

施設介護がアットホームにならないのはなぜか

施設介護には、生活の場としてアットホームさを求められることが少なくありません。しかし実際のところ、これはなかなか難しいことと言えるでしょう。ここでは施設を主に老人介護を目的とするものとして指し、その要...

2016年12月23日 07:00

介護保険は自立支援ではなかったのか

 このところの介護保険制度の改正や方向を見ていると、介護保険法がその理念から離れていってしまっているのではないかと感じます。特に次回改定について耳に入っている内容は、信じがたいものです。訪問介護員、い...

2016年11月22日 07:00

生活援助を「軽く見る」ことの誤り

介護保険部会で改めて「軽度者への支援のあり方」が議論され、財務省が示す「軽度者(要介護1・2)」への生活援助等の見直しに対し、「地域支援事業(総合事業)への移行」については見送られる公算が大きくなりま...

2016年11月18日 07:00

人生の主導権は誰にある〜3年後のオリンピックを見るために〜

地域包括ケアシステムの構築が目指される少子高齢化の現代。地域で暮らす高齢者は、このシステムの中にどのように組み込まれていくのでしょうか。年老いても自分のしたいこと、望む暮らしを、自分自身で決めることが...

2016年11月11日 07:00

介護従事者の深刻な腰痛問題!原因と対策について

厚生労働省は2013年、「職場における腰痛予防対策指針」を改定しました。実に19年ぶりの改定となり、介護施設でも離職率を減らすため、腰痛予防へ積極的に取り組むことが重要視されています。ここでは、そんな...

2016年10月25日 07:00

財務省の「通所叩き」の落とし穴 - 田中元

財務省の財政制度等分科会が10月4日に開かれ、社会保障改革に向けた議論を行ないました。政府のかかげる経済・財政再生計画等にもとづいて何をどのように見直すかという項目が示されています。介護分野では、特に...

2016年10月21日 07:00

介護施設に株式会社参入、介護はどう変わる?

公正取引委員会が9月5日に発表した「介護分野に関する調査報告書について」で、多様なニーズに対応していくため、介護施設への株式会社参入という案が挙がっています。さまざま案が出されている中、実際に株式会社...

2016年10月11日 07:00

高齢者施設での事故〜事故の予防とやってはいけないこと

高齢者施設での事故には、予防できるものが多くあります。しかし時として予測不能な行動をとる高齢者の事故を、全て予見できないことも事実でしょう。予防できる事故をどう予防するか。そして、起きてしまった事故に...

2016年10月06日 07:00

介護する人を先に救うということ

警視庁による「原因・動機が介護、看護疲れにあるとされる自殺者数と殺人事件の検挙数」の2009〜2013年までのデータによると、自殺者は毎年300件、検挙された殺人事件は50件余りとされています。統計結...

2016年10月03日 07:00

介護の費用について

私は訪問介護の仕事に就いて17年目になります。2000年、ちょうど、介護保険制度がスタートした年から。超高齢化社会を見据えて創設された制度ですが、いざ実際スタートしてみると、予想できなかったことがたく...

2016年09月05日 07:00

介護職の社会的評価を上げるには?

 介護労働安定センターより、2015年度の介護労働実態調査の結果が公表されました。今回は、2015年度の制度改正・報酬改定後としては初の調査となり、その影響も注目されます。「社会的評価が低い」がじわじ...

2016年08月29日 07:00

監視?防犯?プライバシー?設置に揺れる福祉施設の監視カメラ

福祉施設においてさまざまな問題が取りざたされる現在。監視カメラの導入についても、その賛否が問われています。施設としてどう方向性を打ち出すのか。そのメリットやデメリットについて考えていきましょう。1. ...

2016年08月17日 07:00

障がい者施設の殺傷事件で考えること

神奈川県相模原市の知的障がい者施設で発生した殺傷事件は、死者19名、負傷者26名の大惨事となりました。「二度と悲劇を生まないために、私たちは何を考えるべきか」を探ってみました。セキュリティや情報共有な...

2016年08月15日 07:00

家庭内虐待を発見、そのとき事業所は?

今回は、在宅で起きる家庭内虐待問題を取り上げます。2016年2月の厚生労働省の統計発表によれば、2014年度における全国の家族や親族による虐待の総件数は1万6,000件弱認められ、そのうち25件が死亡...

2016年07月28日 07:00

質の高い介護とは?

介護という言葉から、まずどんな事を思い浮かべるでしょう。恐らく「下の世話」が思い浮かぶ方が多いかもしれません。私達の預かっている訪問介護の現場でも、介護保険を利用してヘルパーの訪問を受けている方々は、...

2016年06月27日 07:00

「介護しながら仕事続けてる!」今こそ声を上げよう……

女性も高齢者も輝ける「一億総活躍社会を目指す」と国は高らかに掲げていますが、振り返ると私の周囲にいる女性達は働きながら生き抜いてきた人ばかり。母もパートをしながら3人の子供を育てましたし、祖父を事故で...

2016年06月16日 07:00

「ぼけ」「痴呆」から「認知症」へ……名称変更と共に失われたもの

昔はよく近所の奥様方の井戸端会議で、「もう、うちのおばあちゃんが最近ぼけちゃって」「うちのおばあちゃんも、最近物忘れが多くて」なんていうやりとりがありました。そこには、どこかほのぼのとした空気が流れて...

2016年06月10日 07:00

高齢者介護施設における看護職員の役割について

施設での看取りも、もはや珍しくなくなった今日。看護職員に求められるスキルは多様化しています。病院とはまた異なる働きが期待される、高齢者介護施設の看護職員。しかしそれをきちんと明示してくれている職場は少...

2016年06月03日 07:00

自分の専門性に疑問を感じ、介護職としての未来に夢をもてない人に、モチベーションを抱いてもらうにはどうしたらよいか?

介護職として就職しても、現場の業務に追われ、仕事を振り返ることもままならず、未来に夢を抱けない人が多い。そしてそれが離職の大きな原因ともなっている。介護の仕事に対してモチベーションをもつためにはどうし...

2016年06月02日 07:00

大きく変わる「社会のしくみ」と「社会保障制度」

 Vol.6では、大改革が予測される2018年医療・介護の同時改定への5つの対応策として、「経営陣の意識改革」と「組織再編」について考えてみました。今回は、「規模拡大より機能強化」と「コンパクトなまち...

2016年05月26日 07:00

「生活保護制度」について考える

 憲法25条に基づき、「健康で文化的な最低限度の生活」を具体的に保障する仕組みとして「生活保護制度」があります。第1条によれば、「この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基づき、国が生活に困窮す...

2016年05月23日 07:00

介護という職場について

介護の職場には、大きく分けて2つの分野があります。それが「施設介護」と「在宅介護」。現在、両分野で共通の問題は離職率が高いということです。年間で約20万人が専門学校や養成講座で資格を取得。しかしいざ介...

2016年05月02日 07:00

何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに

入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、日ごろより看護師をはじめ、管理者、現場のリーダーたちが、何の...

2016年04月28日 07:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。