文春オンラインの記事一覧

取材陣が1000人! 元宮内庁報道担当が明かす 昭和から平成「代替わり」の瞬間 - 山下 晋司

追悼と祝賀が連続する「代替わり」。宮内庁の報道担当として、昭和天皇の大喪の礼と今上天皇の即位の礼を体験した山下晋司氏が、当時の内実を明かす。【写真】宮殿・表御座所の「菊の間」で執務をされる天皇陛下◆ ◆ ◆後にも先にも経験したことのない大混乱の連続 私は平成13(2001)年に退職するまで、23年間、宮内庁に勤務していました。そのうち7年間、報道担当を務めましたが、なかでも記憶に残っているのは、昭...

2018年08月18日 07:00

ドクター・キリコ事件の衝撃 「生きづらさ系」はネット空間から生まれた 「生」と「死」をめぐるコミュニケーション - 渋井 哲也

昨年10月、座間市で男女9人の遺体が発見される事件が発覚した。背景にはネットで「死にたい」と言っている若者たちが多いことがある。一方、今年7月には、奈良県の女子高生が、また北海道で10~20代の男女2...

2018年08月17日 17:00

不登校10年の当事者が語る「“不登校後”をどう生きるか」 - 学校で評価されないなら、自分で評価軸を作ればいい - 「文春オンライン」編集部

夏休み明けの9月1日は、子どもの自殺が年間でもっとも多くなる日と言われている。約10年間の不登校を経験し、高校3年生で起業。1億円規模の地方創生ファンドを設立した小幡和輝さんは、「学校へ行かないことは...

2018年08月17日 11:21

“考える人”ヨシタケシンスケの「大人が読んでも面白い」絵本の世界 絵本作家・ヨシタケシンスケ インタビュー #1 -「文春オンライン」編集部

「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」でトップ10のうち4冊もランクインしたのが、ヨシタケシンスケさんの絵本と書籍。2013年に『りんごかもしれない』で絵本作家デビューしてから5年。いかにして、子ど...

2018年08月17日 11:00

絵本作家・ヨシタケシンスケ 30代で売れなかった僕が40歳で絵本を出版するまで 絵本作家・ヨシタケシンスケ インタビュー #2 - 「文春オンライン」編集部

イラストレーターで絵本作家のヨシタケシンスケさんは、絵本『りんごかもしれない』、『りゆうがあります』など数々のヒット作を生み出しています。その原画の実寸はとても小さく、絵本用に大きく拡大しているワケは...

2018年08月17日 11:00

退職金4500万 佐川宣寿・前国税庁長官が「立入禁止」の世田谷ライフ - 「週刊文春」編集部

東京・世田谷区の閑静な住宅街に佇む一軒家。その門扉の前には、周囲の雰囲気にそぐわない看板とコーンが立てられている。「もっと強気で行け」安倍首相は佐川氏にメモを渡していた〈私有地 立入禁止〉 ここは、佐...

2018年08月17日 07:00

出会いサイトでネカマになり、男たちとのやりとりを晒し上げていた友達の話 ~サイトの趣旨は愚弄した男を嗤うこと。悪趣味以外のなにものでもない。しかし……~ - ジェーン・スー

匿名の投稿が不特定多数に読まれる某巨大匿名掲示板が広く知られるようになるちょっと前、生まれたり消えたりを繰り返しながらも増え続けていた掲示板と言えば、出会いサイトが思い出される。あのころ「出会い系」と...

2018年08月16日 17:00

会社と地位に「しがみつくおじさん」たちの悲しい末路 - 岡本 純子

日本ボクシング連盟の山根明前会長や日大の田中英寿理事長の「田中・山根コンビ」のスキャンダルが世間の関心を集めている。ごうごうたる非難を浴びながらも、恋々と、権力に固執する姿には、呆れるばかりだ。山根氏...

2018年08月16日 17:00

なぜ日本の学生は「新卒一括採用」を押し付けられているのか ~学生たち、よーく考えたほうが良い~ - 牧野 知弘

2019年春に卒業予定の大学生たちの就職活動が6月から始まっている。会社説明会はすでに3月から始まっているので、多くの学生が10月1日以降の会社内定式に向けて活動をしている。すでに内定や内々定をもらっ...

2018年08月16日 07:00

なぜアメリカは、軍事費を日本に負担させようとしているのか? - 新浪剛史が語る「経済外交」

アメリカはなぜ軍事費負担を日本にさせようとするのか? アメリカ外交問題評議会のグローバルボードメンバーを務める新浪剛史氏が論じます。サントリーホールディングス社長というビジネスマンとして、また、日本経...

2018年08月16日 07:00

たった1年で「謎の退任」 三菱UFJ銀行・前頭取に直撃取材 - 「週刊文春」編集部

「昨年5月18日の全国銀行協会の会見後に入院、そのまま退任となりました。たった1年間でのスピード退任の理由について体調不良という説明しかなく、様々な憶測が飛び交いました」(経済部記者)現場報告 銀行員...

2018年08月16日 07:00

モンゴルに帰った日馬富士はいま 小中一貫「日馬富士学校」が大人気

モンゴルの首都・ウランバートル郊外。チンギスハーン国際空港から市街地へ向かう道中に、真新しい校舎が現れる。今年9月に開校予定の小中一貫私学「新モンゴル日馬富士学校」だ。「日馬富士事件」はあのときどう報...

2018年08月15日 19:00

外国人ゲスト増で絶好調 いま大阪のホテルがおもしろい理由 - 瀧澤 信秋

いま日本のホテル業界は、訪日外国人旅行者増=ホテル活況という構図が続いている。では、全国各地のホテルを取材する中で、特に「インバウンド活況」を実感するエリアとはどこだろうか? 答えは、大阪の「難波・心...

2018年08月15日 12:30

1時間400円もかかっていたネット接続 最初は日本語サイトなんてなかった ~アングラな無法地帯で身につけたリスク感覚~ -赤木 智弘

僕の自認としてはインターネットを使い始めたのが1994年というWWWブームから始めた人間なので、老人会というよりは「初老会」くらいですね。【写真】1995年に発売された初の液晶画面付きデジタルカメラ「...

2018年08月15日 07:00

“神”と呼ばれた乃木坂・ももクロのスタイリストが「脱税疑惑」で廃業していた - 「週刊文春」編集部

「A氏の会社にマルサが入ったのは今年2月頃でした。本人からも、関係各所に『迷惑をかけられない』と連絡があり、仕事はすべてキャンセル。その後、彼は関係者と連絡を断ち、SNSに鍵をかけて自らの存在を消した...

2018年08月14日 19:00

甲子園 PL学園元監督と横浜高校前監督が語る「たった一度の名勝負」 - 「文藝春秋」編集部

中村 「もし両チーム(98年の横浜高と85年のPL学園)が戦わば」みたいな架空の質問もよくされるんですが、実際やったらどうなるかなあ。横浜のほうが強いでしょう。渡辺 いやいやいや、勝てませんよ。あの時...

2018年08月14日 11:00

新浪剛史が語る「経済外交」 米中貿易戦争「トランプの考え方は古い」と言える理由

世界が注視する米中貿易戦争の「本当の狙い」とは? アメリカ外交問題評議会のグローバルボードメンバーを務める新浪剛史氏が論じます。サントリーホールディングス社長というビジネスマンとして、また、日本経済の...

2018年08月14日 07:00

やっぱり昔も暑かった……文豪の日記に学ぶ「猛暑のやりすごしかた」 - オギリマ サホ

全国的に猛暑が続いている。ニュースでは連日「ためらわず冷房を使いましょう」と呼びかけられ、熱中症の危険性と対策の周知徹底が図られている。いつも正装してそう? 永井荷風の夏のイメージ このような状況にあ...

2018年08月14日 07:00

サヨナラ興行で70億円 安室奈美恵は長い“余生”をどう過ごす? - 「週刊文春」編集部

「一連のコンサートツアーも6月に終わり、引退の9月16日まで残り1カ月。最後に地元沖縄でコンサートを?とも噂されていますが、本人は静かにその日を迎えたいと思っているようです」(興行関係者)【写真】台湾...

2018年08月13日 21:00

ボクシング“山根節”で考える、ワンマン上司の「傾向」と「対策」 臨床心理士が分析する - 岡村 美奈

「これは神が山根明に与えた力だと思っている」【写真】関係者とみられる女性に口元を押さえられながら自宅へ戻る山根氏 日本ボクシング連盟会長を辞任表明をした後、沈黙していた山根明氏がメディアの前で再び口を...

2018年08月13日 17:30

そして甲子園球児たちは、他競技でトップアスリートになった - 高校野球は人材の宝庫だ - 山崎 ダイ

「アカン。この人、ハンパないわ――」【写真】俊足外野手から日本屈指のトップスプリンターになった村田和哉 学生時代にアメリカンフットボールに打ち込んでいた頃、富士通フロンティアーズというチームの練習に参...

2018年08月13日 11:00

“レフティ”稲垣吾郎も驚いた 左利きグッズの奥深い世界 ~左利きの人は「右利き中心の社会」に気づいていない~ - 「文春オンライン」編集部

国内随一の“左利き専門店”として知られ、日本だけでなく海外からも注目される文具店がある。その名は菊屋浦上商事(神奈川県・相模原市)。文具店ながら、文房具だけでなく、急須や包丁、鎌など、100種類以上の...

2018年08月13日 11:00

「猛暑もチャンス」から突然の「サマータイム導入」 森喜朗の五輪トンデモ発言まとめ - 安倍首相も「国民の評価が高い」と援護射撃 - 大山 くまお

8月6日、驚きのニュースが報じられた。「酷暑対策でサマータイム導入へ 秋の臨時国会で議員立法 31、32年限定」(産経ニュース)というものだ。酷暑が懸念される東京五輪対策として、夏の時間を2時間繰り上...

2018年08月13日 08:52

「長袖パジャマ」「アイマスク」は必須品? 睡眠専門医が語る「熱帯夜の攻略法」 - 御茶ノ水呼吸ケアクリニック院長・村田朗先生インタビュー - 「文春オンライン」編集部

なにかと寝苦しい熱帯夜。眠りは浅いし、疲れは取れないし、はてはお年寄りの「夜間熱中症」も増えているらしい。どうすればより充実した睡眠を手に入れることができるのか、「熱帯夜の攻略法」を御茶ノ水呼吸ケアク...

2018年08月13日 08:09

「高校野球、やっぱり丸刈りがベスト?」坊主と脱坊主の“ミックス派”土浦日大の答え 自主的に丸刈りを選択する選手も…… - 中村 計

高校球児はなぜ丸刈りなのか?「球児なぜ丸刈り?」“脱坊主派”慶応高の監督に聞いてみた 夏の甲子園100回大会、その出場56校の90%以上が“坊主”派だという。 丸刈りであるのには合理的な理由があるのだ...

2018年08月13日 07:00

「この世界の片隅に」松本穂香が語る「おうちで2回作った戦時中のごはんのこと」 ~松本穂香インタビュー#1~ - 「文春オンライン」編集部

戦後73年。戦争体験者から“あの時代”を表現する新世代まで、それぞれの「歴史との向き合い方」とはどんなものでしょうか。昭和19年、広島は呉の北條家に嫁いだ女性・すずを主人公にした『この世界の片隅に』。...

2018年08月12日 11:00

「緊張の糸は、高畑さんが亡くなってもほどけない」――鈴木敏夫が語る高畑勲 #3 - 鈴木 敏夫

今年4月、映画監督の高畑勲さんが亡くなった。プロデューサーとして支えてきたスタジオジブリの鈴木敏夫氏が語る高畑さんの記憶――それは決して美談ではなかった。(#1、#2より続く最終回)第1回から読む◆ ...

2018年08月12日 11:00

「いやこれ、意味ないよね」松本穂香が語る「竹槍訓練をしながら思ったこと」 ~松本穂香インタビュー#2~ - 「文春オンライン」編集部

戦後73年。戦争体験者から“あの時代”を表現する新世代まで、それぞれの「歴史との向き合い方」とはどんなものでしょうか。ドラマ『この世界の片隅に』で主演を務める松本穂香さんが考える「戦争のことを、今演じ...

2018年08月12日 11:00

「あめぞうリンク」は日本のインターネット文化の底流だ~掲示板ユーザーだった「ネットアイドル」MICHIKOの取材で感じた「虚」と「実」~ - 佐々木 俊尚

私は1990年代のほとんどを全国紙の事件記者として過ごしていて、刑事宅への夜回りや現場の聞き込み取材に翻弄されていた。でももともとはそんな仕事を目指していたわけではない。大学を中退して26歳で新聞社に...

2018年08月12日 07:00

「なぜ今さら五輪に出たいの?」 本田圭佑が名乗りをあげた「OA枠」とは何か - 佐藤 俊

もうすぐアジア大会が始まり、東京五輪に向け、森保一監督が指揮するU-21日本代表が始動する。自国開催の五輪では、メキシコ五輪以来52年ぶりのメダル獲得が目標になるが、東京五輪を戦うチームのOA枠に本田...

2018年08月11日 17:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。