文春オンラインの記事一覧

武井咲は最高のはまり役だ。『黒革の手帖』――「テレビ健康診断」 『黒革の手帖』(テレビ朝日) - 亀和田 武

まさか、武井咲(えみ)が“銀座の女”を演じて、これほど似合うとは。いま多くの視聴者とテレビ関係者が驚いている。 武井が主役を演じる『黒革の手帖』が、夏ドラマ最大の問題作――そう断言してよいだろう。ドラマ通の予想を裏切る痛快なヒットだ。 でもね、私には成功の予感があった。なんて書くと、後出しジャンケンめくけど。松本清張が原作を書いた『黒革の手帖』は何度もドラマ化されたという。とはいえ、私が観たのは米...

2017年08月16日 17:00

ユニクロ×原発 潜入ジャーナリスト対談#1「クビになるのも面白い」 - 「文春オンライン」編集部

ユニクロの店舗で1年以上も働き、ルポを『週刊文春』に連載した横田増生氏(52)。ジャーナリストとして初めて福島第一原発の作業員となり、『ヤクザと原発』(文春文庫)を上梓した鈴木智彦氏(51)。初対面対...

2017年08月16日 08:24

自民党・金子恵美インタビュー「公用車の送迎、問題視されない環境整備を」――どうする保育園 #3 同世代の期待に応える。子育て支援はライフワークにしていきたい。 - 渋井 哲也

総務大臣政務官のとき、公用車に子どもを乗せて認証保育所「キッズスクウェア永田町」に送迎したことが「週刊新潮」に報じられ、賛否両論が沸き起こった自民党の金子恵美衆議院議員(39)。総務省の見解では公用車...

2017年08月16日 07:00

又吉直樹インタビュー「芥川賞の選評が僕の物差しだった」 #2 憧れの作家たちの背中を一人で追い続けた日々 - 「文藝春秋」編集部

(#1より続く)怒られるのが憂鬱で©文藝春秋――初めて書いた小説が、読み続けてきた芥川賞の候補になった時はどんな思いでしたか。又吉 もちろん自分にとっては特別な賞だから候補になるのは嬉しいですし、ずっ...

2017年08月15日 11:00

「相模原殺傷事件」遺族の言葉にメディアの意義を感じた

▼〈もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ〉 7月22日、毎日新聞朝刊(筆者=国本愛)「私は意思疎通がとれない人間を安楽死させるべきだと考えております」 神奈川県相模原市の障害者施設「津久...

2017年08月15日 11:00

ゆりやんレトリィバァ 航空会社CA採用で替え玉受験【全文公開】 - 「週刊文春」編集部

女性ピン芸人で初めて上方漫才コンテストを制覇 ©共同通信社 巨体にハリウッド女優風のドレスをまとい、妙に流暢な英語ネタを繰り広げる芸風でブレイク中の女芸人ゆりやんレトリィバァ(26)に、ある疑惑が浮上...

2017年08月15日 11:00

民進党・柚木道義インタビュー「自分もイクメンになってわかったこと」――どうする保育園 #2 - 渋井 哲也

子育てには保育園の整備と同時に、男性の育児参加が必要であると主張するのが、民進党の柚木道義衆議院議員(45)だ。自身も積極的に育児に関わってきた経験を踏まえ、超党派のイクメン議員連盟を立ち上げ、自らは...

2017年08月15日 07:00

戦争を描くのが怖かった私に、水木しげる先生が教えてくれたこと 漫画家・今日マチ子が「戦争」を描く理由 - 「文春オンライン」編集部

戦後72年。かの戦争体験の声が次第に聞けなくなっている今、証言者たちの“孫世代”の中に、声を拾い、研究を深め、表現をする人たちがいる。 戦争から遠く離れて、今なぜ戦争を書くのか――。 インタビューシリ...

2017年08月15日 07:00

又吉直樹インタビュー「芥川賞の選評が僕の物差しだった」 #1 憧れの作家たちの背中を一人で追い続けた日々 - 「文藝春秋」編集部

――芥川賞受賞おめでとうございます。通常の2倍の取材陣が集まったという記者会見が象徴するように、ものすごい盛り上がりでした。又吉 とにかくびっくりしました。当日はいろいろな方に祝っていただき、携帯には...

2017年08月14日 14:22

世田谷区長・保坂展人インタビュー「きちんと住民の声を聞けば、反対運動も長期化しない」――どうする保育園 #1 - 渋井哲也

東京都世田谷区は保育園の「激戦区」であり、待機児童数も全国ワーストとなっている。区では積極的に保育園を整備しているが、土地や建物が不足しているのが現状だ。そんな中で、世田谷区は独自の取り組みをしている...

2017年08月14日 13:54

【中日】甲子園は盛り上がっても“野球離れ”は止まらず ドラゴンズにできる対策は? 文春野球コラム ペナントレース2017 - 竹内 茂喜

野球に興味のない子ども増加中 暦は8月。子どもたちにとっては夏休み真っ最中。多くの宿題を片付けるのはさぞかし頭の痛い話だろうが、この夏しかできない体験をたくさん味わってもらいたいものである。そんな中、...

2017年08月13日 20:12

マイホームが“負動産”に 「逃げ切り世代」と「取り残され世代」の幸福格差 マイホーム価値革命 下 - 牧野 知弘

前回の記事では、不動産投資のプロである牧野知弘さんに、なぜ「マイホーム幻想」が日本人の深層心理に深く根付いたか、「地方出身者」をキーワードに解説してもらいました。2020年を迎えようとしている現在、大...

2017年08月13日 13:01

ローラ、オリラジ中田に思う、芸能界「忖度の体系」 - urbansea

文春今週号の左トップは「ローラ『10年奴隷契約書』」。所属する芸能事務所とのあいだでローラは、どさくさに紛れて不利な契約書へのサインをさせられ、もめて、泥沼化しており、あげくは事務所社長からは「辞める...

2017年08月13日 12:15

大麻で有罪の高樹沙耶はいま 石垣島“断捨離生活”レポート - 「週刊文春」編集部

「ハブも出ますよ」と高樹氏 昨年10月、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻計55グラムを所持していたとして、大麻取締法違反容疑(所持)で現行犯逮捕された女優の高樹沙耶(53)。 公判中は一貫して大麻は「(同...

2017年08月13日 11:00

安倍一強をダメにした「2017年上半期失言大賞」勝手に発表! 自民党が独占 盛大に自爆した失言王たち - 大山 くまお

今年1月からの名言、珍言、問題発言を振り返る。「1週間のニュースの中から印象に残った名言、珍言、問題発言を振り返る」という趣旨の本企画だが、いつの間にか安倍政権と自民党から聞こえる言葉が多くを占めるよ...

2017年08月13日 07:00

飲酒運転で無期限謹慎中 ガリガリガリクソンが記者を挑発 - 「週刊文春」編集部

釈放直後は神妙な様子だったが…… ©共同通信社「ミナミで酒を飲んだのは覚えているが、運転していたことは覚えていない」 5月12日、ハイボールを大量に飲んだ後、車を運転。大阪市中央区内の路上でパンクさせ...

2017年08月12日 11:00

地方出身者が作り上げたマイホーム神話という幻想 マイホーム価値革命 (上) - 牧野 知弘

人生のゴールはマイホームと退職金。そんな人生モデルが崩壊しつつあります。今までの不動産の「常識」が通用しなくなった時代、将来「あのとき、こうしていれば……」と後悔しない選択をするために、今、何を知り、...

2017年08月12日 07:00

「長官を攻める私でも、夫婦ゲンカは受け身です」東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#2 - 大山 くまお

原則として平日の午前と午後、首相官邸で行われる菅官房長官の記者会見。今年6月以降、ここに突如として現れた一人の記者が注目されている。「東京の望月です」と名乗ってから、矢継ぎ早に長官に質問をぶつける女性...

2017年08月12日 07:00

安倍失速で小池が狙う新進党再来 連合と公明党をうかがう小池に好機到来。政界の師とも相談を重ねて…… - 赤坂太郎

「各党は単に反対という主張ではなく、自分たちはこう考えているという案を持ち寄っていただきたい」 7月23日。首相・安倍晋三と日本青年会議所会頭・青木照護の対談が横浜市内で行われた。翌日からの閉会中審査...

2017年08月12日 07:00

アウェイで美味しい店を探すには? あなたが知らない「旅の技術」~現地編 瀧澤信秋(ホテル評論家)×橋賀秀紀(トラベルジャーナリスト)のマニアック旅対談 - 「文春オンライン」編集部

超マニアックな旅のノウハウ対談、最終回。今回のテーマは「現地編」。無事に旅の準備もした、移動して目的地についた、じゃあどうすればこの旅をエンジョイしきれるの……? 街歩きからグルメ、ホテルでの行動まで...

2017年08月12日 07:00

船越英一郎のスタッフが語った「夫婦の真実」 初めて明かされた「10年間の苦悩」 - 「文藝春秋」編集部

船越英一郎 ©文藝春秋「船越さんが別のマンションを購入したのは『(大宮エリー氏からの)手紙が火種になった』と松居さんはおっしゃっていますが、そんな理由ではありません」 こう語るのは、船越英一郎、松居一...

2017年08月11日 14:27

読売「首相の一日」と朝日「首相動静」を読み比べて分かってしまった“あの人の不在” - プチ鹿島

地味だけど見逃してはいけない新聞の記事といえば、朝刊各紙に載っている首相の1日の記録。「首相動静」(朝日新聞)、「安倍首相の一日」(読売新聞)、「首相日々」(毎日新聞)など、タイトルはちがうが中身は同...

2017年08月11日 10:00

転職活動ラストスパートで、ようやく分かったこと カネなし、カレなし、コネもなし。30オンナの脱力系転職活動記 - キヨシマ

転職活動をしていると、親身に求人を提案してくれるエージェントもあれば、トンデモ転職エージェントにも出会います。 なかでも、年明けに接したトンデモ転職エージェントは、正直「おいおい……」とあきれるばかり...

2017年08月11日 09:48

私が菅官房長官に「大きな声」で質問する理由 東京新聞・望月衣塑子記者インタビュー#1 - 大山 くまお

原則として平日の午前と午後、首相官邸で行われる菅官房長官の記者会見。今年6月以降、ここに突如として現れた一人の記者が注目されている。「東京の望月です」と名乗ってから、矢継ぎ早に長官に質問をぶつける女性...

2017年08月11日 09:00

東芝 1兆円に迫る大赤字で、忍び寄る倒産の足音 綱川社長は2期連続の債務超過になる可能性に初めて言及した - 大西 康之

8月10日、東芝が遅れに遅れていた2017年3月期決算を発表した。最終損益は9656億円と1兆円に近い赤字。リーマン・ショック後の2009年3月期に日立製作所が計上した7873億円を上回り、製造業では...

2017年08月11日 08:00

飛行機の搭乗時は行列に並ぶな!? あなたが知らない「旅の技術」~出発編 - 「文春オンライン」編集部

マニアック過ぎる「準備編」に続いて、ホテル評論家・瀧澤信秋氏とトラベルジャーナリスト・橋賀秀紀氏が存分にノウハウを語り合う、“特濃”対談・第2回。今回のテーマは「出発編」。いざ家を出たけど、現地に着く...

2017年08月11日 07:00

菊川怜が「藤原紀香と一緒にしないで」 東大時代の恩師に語ったホンネ - 「週刊文春」編集部

菊川怜 ©文藝春秋「当時から彼女は芯が強い子だった。一度決めたら曲げないんです」 そう話すのは、女優・菊川怜(39)の東大時代の恩師である。◆ ◆ ◆ 4月28日、司会を務める情報番組「とくダネ!」(...

2017年08月10日 14:33

「安倍総理でいいのか」自民党全国会議員に聞いた 408人緊急アンケート - 「文藝春秋」編集部

7月の都議選で歴史的惨敗を喫した自民党。森友学園、加計学園をめぐる一連の疑惑や閣僚の失言などが重なり、安倍政権の支持率も急降下した。 8月3日の内閣改造後、支持率は若干上昇したが、いまだ多くの世論調査...

2017年08月10日 07:00

「東洋経済オンライン」衝撃の内部告発

「下世話な記事が多すぎる」「PV至上主義ではないのか」――。ネットメディアの先頭を独走する「東洋経済オンライン」に対し、他でもない社内から疑問の声が沸き上がっている。急成長の死角はどこにあるのか。内部...

2017年08月09日 21:00

池上彰×元国連WFPの凄腕リーダー対談#1「北朝鮮から本音を引き出す交渉術とは?」

グローバル、人道主義……国連のイメージは洗練されて良好だが、現場はもっと骨太だ。災害や紛争に見舞われた地域に食糧を届ける「国連WFP」。その元アジア地域局長の忍足謙朗さんは、文化や道徳観の異なる相手と...

2017年08月09日 09:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。