文春オンラインの記事一覧

ネットで批判殺到 抗がん剤治療をやめた南果歩さんに会って感じたこと 治療法を選択するために何を考え、どう行動したか - 鳥集 徹

先日、女優の南果歩さんにインタビューする機会を得て、「週刊文春」(2017年10月19日号)に「南果歩独占告白 乳がん公表1年半、初めて明かす苦悩の日々」というタイトルの記事を書きました。 きっかけはネットニュースで、南果歩さんが「術後の抗がん剤治療やホルモン療法をストップし、糖質制限などの代替療法を行なっている」と報じられたことでした(BuzzFeed Japan 10月3日付「乳がん治療中の南...

2017年10月24日 11:00

衆院選候補者よりキレイ? 中国共産党員8900万人の頂点に立つ「序列1位」美女は誰だ? 共産ガールズコレクション2017秋 - 安田 峰俊

今月18日、北京の人民大会堂で5年に1度の中国共産党全国代表大会(第19回)が開幕した。これは共産党による専制体制下にある中国において、次期政権の担い手とイデオロギーを決定する事実上の最高意思機関だ。...

2017年10月23日 11:00

カプセルホテルはなぜ流行る? 3つの進化形態をまとめてみた - 瀧澤 信秋

終電に乗り遅れたサラリーマン御用達というイメージのカプセルホテル。宿泊施設としては緊急避難的なスポットという存在。しかしそんなカプセルホテルがいま、格段の進化を遂げている。オシャレなパブに漫画ライブラ...

2017年10月23日 11:00

週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品#2 イカ・白身魚フライ編 山東省の「イカ社長」が産地偽装を認めた - 徳山 大樹

「週刊文春」誌上で展開した「中国猛毒食品」キャンペーンは、読者から大きな反響を呼びました。取材班の一人だった徳山大樹記者が近著『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』(奥野修司氏との共著、講談社文庫)で...

2017年10月23日 07:00

日本株高騰 自民勝利の立役者は「ブラックロック」? - 森岡 英樹

巨額の公的マネーも後押し ©共同通信社 衆院選の最中、株価が高騰している。10月13日の日経平均株価の終値は2万1100円を超え、およそ21年ぶりの高値となった。 個人消費は伸び悩み、景気回復の実感が...

2017年10月23日 07:00

90年代、サブカル女子よりギャルのほうが偉かった――おぐらりゅうじさんが涼美先生に聞いてみた。#1 JK時代、鈴木涼美さんが男子トイレの個室で学んだこと - 「文春オンライン」編集部

「私の中では、日経新聞の記者とAV女優になる大変さはだいたい一緒ぐらいなの」 こう語る鈴木涼美さんは、慶応義塾大在学中にAVデビュー。その後東京大大学院に進学し、大学院在学中に執筆した『「AV女優」の...

2017年10月22日 17:00

ネトウヨが保守論壇をダメにした #2――古谷経衡×辻田真佐憲 - 「文藝春秋」編集部

(#1から続く)「ネトウヨ」はどこで生まれ、どこに向かうのか。 ネットカルチャーと論壇事情に詳しく、ともに1980年代生まれの辻田真佐憲氏(近現代史研究者)と古谷経衡氏(著述家)が語り合った。出典:文...

2017年10月22日 07:00

企業統治と「傍流の悲しみ」 神戸製鋼事件を読む 「週刊文春」10月26日号最新レビュー - urbansea

「俺はおしゃべりだけではなくニュースも読める」。今週の文春、「宮根誠司『ミヤネ屋』降板 フジ新番組に電撃移籍!」にあるセリフだ。情報番組より報道番組のほうが格上・本流なのだろうか、そんなテレビ界事情が...

2017年10月21日 17:00

60人いた女性が10人ほどに かつて“売春島”と呼ばれた渡鹿野島はいま - 「週刊文春」編集部

『売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ』(高木瑞穂 著)「昨年行われた伊勢志摩サミットを巡る報道に『開催地である賢島(かしこじま)の隣に売春島があるなんてけしからん』という趣旨の潜入ルポがあり、何か違...

2017年10月21日 17:00

統合失調症の母と認知症の父の教え 『ひよっこ』医療監修者の“哲学” ~最先端の遺伝子研究者・糸川昌成がたどり着いた医療の本質~ - 「文春オンライン」編集部

『ひよっこ』の医療監修を務めた糸川昌成さんは、統合失調症の母、認知症の父を持つ人でした。分子生物学者として、精神病の原因に最新の遺伝子研究で迫る中で知った「病の意味」「医療の哲学」とは――。糸川昌成さ...

2017年10月21日 11:00

『ひよっこ』医療監修者に聞く、あの感動の精神医学的なメッセージ 統合失調症研究の第一人者・糸川昌成さんインタビュー - 「文春オンライン」編集部

大きな反響を呼んだNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』には、分子生物学者にして精神科医という異色の研究者・糸川昌成さんが“医療監修者”として携わっていました。どんなアドバイスをしていたのか? お話は精...

2017年10月21日 11:00

改憲派にも護憲派にも声を大にして言いたい。憲法9条よりも25条が大事だ――オレの争点 #8 文化的に生きていなければ、政治や平和を考える余裕はない - 藤田 孝典

選挙は内輪で盛り上がっているお祭り 選挙期間中、多くの政治団体や政治家が、市民や労働者に「私たちに1票を投じてほしい」「政治参加してほしい」「無党派層こそ投票に行ってほしい」と叫んでいる。いわば風物詩...

2017年10月21日 07:00

ネトウヨが保守論壇をダメにした #1――古谷経衡×辻田真佐憲 - 「文藝春秋」編集部

「ネトウヨ」はどこで生まれ、どこに向かうのか。 ネットカルチャーと論壇事情に詳しく、ともに1980年代生まれの辻田真佐憲氏(近現代史研究者)と古谷経衡氏(著述家)が語り合った。出典:文藝春秋2017年...

2017年10月21日 07:00

珍言続出! 衆院選のドサクサに紛れて赤面モノの自画自賛祭り ~衆院選投票前に必読 今週の名言、問題発言総まくり~ - 大山 くまお

安倍晋三 首相「最終日、秋葉原に立つよ。リベンジだ!」AERA.dot 10月18日 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。衆議院選挙の投票日を控え、各候補者の選挙戦もヒートアップ。会場・時間とも、...

2017年10月21日 07:00

ついに飯島氏登場で、元SMAP3人vs.ジャニーズの報道合戦が加熱 - 「週刊文春」編集部

解き放たれた男の笑顔 ©文藝春秋「ビジネスパートナーです。彼らは1人のアーティストなので、クリエイティブな活動をお手伝いしていきたい」 ジャニーズ事務所から独立した元SMAP3人。その黒幕といわれてい...

2017年10月21日 07:00

気色ばむ首相! 総選挙報道、毎日・東京・ゲンダイそれぞれのツッコミ 田園演説した首相は「精一杯」 - プチ鹿島

10日に公示された衆院選。 第一声の報道は、スポーツ新聞が写真込みでわかりやすかった。「安倍首相 ヤジ来ぬ田園で第一声」(サンケイスポーツ 10月11日)サンケイスポーツ 10月11日よりのどかな田園...

2017年10月20日 07:00

宇宙開発の目的は安全保障か、それとも科学技術の夢か――オレの争点 #7 - 鈴木 一人

2017年の総選挙では、民進党が分裂し、希望の党と立憲民主党が誕生したことで、これまで保守とリベラルの価値観が混在していた野党第一党の迷いがなくなり、すっきりした争点の構造になった。この変化は宇宙政策...

2017年10月20日 07:00

「アディーレ法律事務所」が大ピンチ 業務停止処分は妥当なのか? - 「週刊文春」編集部

このような宣伝を長期にわたり続けていた ©共同通信社 過払い金返還請求訴訟を数多く手掛け、テレビCMでもおなじみの弁護士法人「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が、不適切な宣伝を行ったとして11日、...

2017年10月20日 07:00

「移民受け入れ問題」が変える日本の未来――オレの争点#6~日本の人口減と忘れられた公共~ - 山本 一郎

町内会で気さくな親父として知られるご近所さんが倒れたというので慌てて駆けつけたところ、泥酔して転んで柱に頭を打っただけであることが分かって強い時間を返せ感を覚える今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごし...

2017年10月19日 07:00

民進党が復活する方法 その第一歩は前原代表解任!? - 「週刊文春」編集部

偽メール事件に続く自爆 ©文藝春秋 自公圧勝観測が流れる中、もう1つの熱い戦いが繰り広げられている。野党第一党の座を巡る争いだ。 野党第一党だった民進党は、9月末、前原誠司代表が主導して、小池百合子都...

2017年10月19日 07:00

カリスマ精神科医・ゆうきゆう氏が10代女性患者と不誠実な肉体関係 - 「週刊文春」編集部

東大医学部出身の精神科医・ゆうきゆう氏(本名・安田雄一郎・42)が、自らが経営する「ゆうメンタルクリニック」の女性患者と不誠実な肉体関係を持ち、女性が自殺未遂をするまで追い詰められていたことが「週刊文...

2017年10月18日 19:00

宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ - 「週刊文春」編集部

10月12日放送の「ミヤネ屋」 関西発のお昼の情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(讀賣テレビ)で10年以上にわたり司会を務めるフリーアナウンサーの宮根誠司(54)が、同番組を降板し、フジテレビの新番組の...

2017年10月18日 16:00

清宮獲得のためにセ・リーグがDH制度導入検討 - 「週刊文春」編集部

10月26日のドラフト会議では、10球団近くからの1位指名が予想される早実の清宮幸太郎(18)。この清宮フィーバーの裏で、セ・リーグでは指名打者(DH)制度導入の動きが急速に進んでいる。阪神ファンと言...

2017年10月18日 16:00

週刊文春記者が見た! 危険すぎる中国産食品 #1漬物編~「ゴミじゃないよ、ニンジンよ!」~ - 徳山 大樹

「週刊文春」誌上で展開した「中国猛毒食品キャンペーン」は、読者から大きな反響を呼びました。取材班の一人だった徳山大樹記者が近著『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』(奥野修司氏との共著、講談社文庫)で...

2017年10月17日 11:00

老後資金の救世主 急増するリバースモーゲージに飛びつく前に 「自宅に住みながら豊かな老後」で相続する子が苦しむことに? - 牧野 知弘

最近「リバースモーゲージ」という言葉をテレビコマーシャルなどで耳にする方が多いのではないだろうか。リバースモーゲージとは自宅等の不動産を担保に、極度額を設定し、極度額内で繰り返し借入を行い、借入人の死...

2017年10月17日 11:00

漁業政策、本当のポイントは資源管理にあらず――オレの争点 #4 ~「規制改革ありき」で進む議論。漁業の実態を踏まえているのか。~ - 濱田 武士

国政選挙において漁業政策の内容が選挙の争点として注目されたことはない。漁業生産額は農業の20%以下、漁業就業者数(漁家世帯員も含めて)は総人口の0.2%にも満たないのだから当然であろう。実は、たったそ...

2017年10月17日 11:00

JRスタッフが実践中! 外国人の気持ちがわかる「英語対応力アップ」のメソッド 日本在住30年のルーシーさんが教えるインバウンド対策 - 「文春オンライン」編集部

ルース・マリー・ジャーマンさん。ハワイ出身。愛称はルーシー「私が日本で働きはじめた1988年頃、『グローバル』といえば日本人が外国へ出ていくイメージだったんですけど、現在の『グローバル』って、外国人が...

2017年10月17日 07:00

暴行被害を訴えた詩織さんが、手記を書いた理由 - 伊藤 詩織

レイプ被害を受けたと会見で訴えたジャーナリスト伊藤詩織さんが、手記『Black Box』を上梓した。『Black Box』(伊藤詩織 著) 詩織さんは2015年、ホテルで意識のない状態で性的暴行を受け...

2017年10月17日 07:00

「発達障害」医師と患者の対話 #3――岩波明×勝間和代 日本人の10人に1人に発達障害の特性が見られる - 「文藝春秋」編集部

(#2より続く)天才性を発揮する一面も勝間 先生はご著書の中でも、発達障害の人が、時には特殊な計算能力や記憶力を示す「サヴァン症候群」だったり、驚異的な能力を発揮する例を紹介されていましたね。岩波 明...

2017年10月16日 17:00

【極秘シミュレーション】金正恩の核が東京を襲う日 #2 - 爆心地では70%の人が即死、20%が2カ月以内に死亡する - 麻生 幾

(#1より続く)無防備な東京五輪 北朝鮮の核兵器に対する“脅威の再評価”をDTRAから受け取った日本の政府機関は、CBRNEに対する「事態対処医療」プランを作成するための実態調査を密かに開始した。 そ...

2017年10月15日 07:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。