BLOGOS編集部PR企画の記事一覧

地域のお年寄りを見守る移動販売車 モデル転換で低コスト運用も

過疎地域に車両を乗り入れ、移動の難しい高齢者に食品や生活必需品を販売する移動販売車。必要性は理解されつつも、規制に合わせた車両の整備や、仕入れコストの高さから採算が取りにくいことがネックとなり、中々導入が進んでいないのが現状だ。この状況を打破すべく、高齢化がすすむ鳥取県智頭町では現在、日本財団と共同でコストを抑えた運用を目指してモデル事業を展開している。 買い切り型から委託販売型に切り替えることで...

2017年11月16日 14:24

ジモトの魅力再発見 「高校生旅行社」が考える鳥取旅行プラン

大学生が運営し、高校生が旅行プランを考える——そんな取り組みが鳥取県で始まっている。 プロジェクト名は「高校生旅行社」。高校生が主体となって、ツアーを企画。参加者は地元の高校生たちと、それをサポートす...

2017年11月14日 13:00

NPOが「チーム」を組んで子どもの貧困問題の解決に取り組む―コレクティブフォーチルドレンの挑戦

日本財団は、社会の問題に対して、新たな発想と明確なビジョンを持ち、様々な関係者と連携しながら、解決に向けて失敗を恐れずに活動するリーダーのことを「ソーシャルイノベーター」と呼んでいるという。そして、そ...

2017年11月14日 09:27

「頑張ってください」は言わないで 片時も休めない医療的ケア児保護者の支え

栃木県宇都宮市にある重度障がい児者とその家族を支える認定NPO法人「うりずん」。実際の利用者はどのように活用しているのだろうか。長年うりずんを利用している、大野敦史さん(43)にお話を伺った。【撮影・...

2017年11月08日 09:07

「カニはいるけどカネはない」 ダジャレ知事に聞く 鳥取県の”勝手に広まる”PR戦略

「スタバはないけどスナバはある」「カニはいるけどカネはない」「蟹取県」など、ダジャレを利用したPRで話題となる鳥取県。知事自らがダジャレPRを行うきっかけとなったエピソードや、日本財団と進めている地域...

2017年11月07日 10:20

映画館で「人工呼吸器がうるさい」と言われない社会に

栃木県宇都宮市にある重度障がい児者とその家族を支える認定NPO法人「うりずん」。理事長の髙橋昭彦氏は、地域に貢献する医師を表彰する日本医師会赤ひげ大賞も受賞している医師だ。 障がい児者やその家族はどん...

2017年11月01日 09:35

「3時間続けて眠れない」重度の障がいを持った子どもを介護する家族に休息の場を 障害者一時預かり施設うりずんが目指す”普通に暮らせる社会”

「レスパイトケア」という言葉をご存知だろうか。respite(小休止)care=ケアをレスパイトする、介護の小休止という意味だ。恥ずかしながら私は今回の取材をするまで、耳にしたことも目にしたこともない...

2017年10月25日 08:11

森の中で学ぶ 中学生キノコ博士が新たな教育の場で見つけたもの

キノコに並々ならぬ関心を持ち、採取・研究を続けている少年がいる。横浜に住む山下光くんは学校になじめず、小学5年生で不登校になった。以降、学校には通わず、元々興味を持っていたキノコの生態の研究を行ってき...

2017年09月12日 12:00

震災で失われた熊本城天守閣のしゃちほこが復元!復興のシンボルとして一般展示も

2016年の熊本地震で被災した熊本城の再建が進められている。8月30日には、大天守、小天守に設置されるしゃちほこが完成し、お披露目会が行われた。熊本城の再建には、日本財団が30億円の支援を行っており、...

2017年09月01日 11:13

A4一枚の申請書が夢を叶えるチケットに 日本財団「夢の奨学金」が目指す未来

さまざまな事情で家族と暮らせなくなってしまった社会的養護出身者たち。彼らの多くは高校卒業とともに施設を退所し、社会に放り出されてしまう。しかし、中にはより専門的な職業や、高度な教育を希望する若者もいる...

2017年08月01日 12:00

「英語4技能化に向けた、効率的な学習法を」隂山英男氏×岡健作氏対談

2020年に予定されている大学入試改革において、英語の「4技能化」は大きなポイントの一つだと言われている。これまでの「読む」「書く」中心の入試に「話す」「聞く」が加わることで、大学入試や既存の学習法が...

2017年07月10日 18:30

オリンピックを通じて日本の芸術・文化を世界へ発信 ~アーツカウンシル東京が取り組む文化プログラムとは~

最近の五輪報道で目立つのは、会場、予算、エンブレム等ネガティブな話題が多い。しかし、視点を変えると、2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックは、スポーツだけでなく、都市としての東京の魅力や...

2017年06月23日 10:33

眠っていたオープンデータが「街の魅力」に変わるまで(後編) 〜官民共創の「Growth Luck Project」で見えてきた地域の価値〜

地域の持つデータをオープン化して、街の魅力や雰囲気といった“目に見えにくいもの”を数値化し、確かな街の姿を伝えていく−−。2016年から行われたプロジェクト「Growth Luck Project」は...

2017年06月06日 10:30

街の魅力を掘り起こす「オープンデータ」の可能性(前編) 〜官民共創の「Growth Luck Project」で見えてきた地域の価値〜

新たな住まいを探すとき、物件と同程度に大切なのが「街選び」だ。自分の住む地域がどのような雰囲気で、どんな魅力があるのか。こうした情報は、理想のライフスタイルを実現するために欠かせない要素といえる。とは...

2017年05月30日 10:35

障がい者の働き方をドラスティックに変える!「はたらくNIPPON!計画」の挑戦

福祉施設で働く障がい者が得る月額工賃は、全国平均で1万数千円といわれており、自立して生活することが困難となっている。日本財団は、こうした状況を改善するべく、新たな障がい者就労支援プロジェクト「はたらく...

2017年05月02日 10:37

従業員の自律性が高まることで「イノベーション」につながる 〜リクルートの「働き方変革プロジェクト」が追求する“選択肢”とは〜

2月からプレミアムフライデーが始まるなど、官民双方で「働き方を変えよう」という機運が高まっている。しかし、こういった施策はなかなか具体的に進展しないといったことも起こりがちだ。そんな中、リクルートホー...

2017年03月31日 10:31

「困ったら誰かに頼るのは“自分を救う大切な力”」-若者の自殺を防ぐために必要な取り組み

日本は先進7カ国の中で最も自殺が多い国だという。ここ数年は減少傾向にあるものの、年間2万人以上が自ら命を絶っている。なかでも若い世代の自殺者数が高止まりしていることは社会問題化している。若者の自殺を防...

2017年03月31日 09:51

満足度の高いカーライフを叶える“車選びのポイント”とは? ~「カーセンサー」ブランドマネージャーに聞く~

中古車を選ぶ最大のメリットはやっぱり“価格”いざ車を買おうと思っても、その選び方は意外と難しい。最初から「この車種がほしい!」と決まっているならまだしも、そうでないなら価格や車種ごとの特徴などを比較し...

2017年03月24日 10:50

「“成長するオフィス”を提案するのが我々の仕事」~ワイズ・ラボ代表取締役社長・坂入 充氏インタビュー~

ワイズ・ラボ株式会社は、独自のコンサルティング手法で、幅広い建築やインテリアのデザインを提供している。その中でも、《企業文化や働き方》に最適なオフィスを提案する同社のサービス「ワーク×スタイルラボ」は...

2017年03月22日 16:00

観光が復興への活力に ~「九州ふっこう割」が果たした役割とは~

2016年4月に発生した震度7の熊本地震。九州新幹線、九州自動車道の寸断といった生活インフラの被害は、当然ながら観光業にも甚大な影響を与えた。そんな中、遠のいた客足を引き戻すため、宿泊費などが最大7割...

2017年03月02日 10:52

ゼクシィが挑んだプロジェクト「気仙沼ウエディング」が示す地方創生の新たな形

震災から6年経過した、現在も復興活動の途上にある宮城県気仙沼市。昨年末、歴史と伝統を持つ、この生粋の漁師町でユニークな結婚式が行われた。「Wedding made in 気仙沼」と名付けられた結婚式は...

2017年02月14日 09:47

ソーシャルレンディングで新たな社会貢献の仕組みを構築したい~みんなのクレジット代表取締役・白石伸生氏インタビュー~

資金が必要な中小企業と投資家をインターネット上でつなぐ「ソーシャルレンディング」が、新たな投資手法として注目を集めているという。「ソーシャルレンディング」とは、一体どのようなサービスなのだろうか。20...

2016年12月27日 11:18

「“決断”が必要な政府関係者こそ見るべき映画」-田原総一朗氏、猪瀬直樹氏が語る日本の“意思決定”

12月8日に行われた映画『アイ・イン・ザ・スカイ-世界一安全な戦場-』(12月23日公開)のトークイベントに、ジャーナリストの田原総一朗氏と作家の猪瀬直樹氏が登壇した。本作では、ドローンが活躍する現代...

2016年12月16日 10:24

田中角栄、小泉純一郎、宮澤喜一…政治家たちは酒と共に何を語ってきたのか – 田原総一朗×春香・クリスティーン対談

高千穂酒造の本格麦焼酎、「黒麹高千穂 白ラベル」「黒麹高千穂 黒ラベル」「高千穂 零」…。なかでも「高千穂 零」は、美味しさと飲みやすさを高い次元で実現した一品だという。歴代の宰相の中には、酒を愛し、...

2016年12月01日 10:30

「焼酎は柔軟性があり、懐の深い酒」 - 居酒屋探訪家・太田和彦×酒ジャーナリスト・葉石かおり対談

高千穂酒造の本格麦焼酎、「黒麹高千穂 白ラベル」「黒麹高千穂 黒ラベル」「高千穂 零」…。なかでも「白ラベル」は、素材の味わいを引き出す3つの製法を重ねたことによる、濃厚な味わいが特長だという。本格焼...

2016年11月24日 10:37

【12/8(木)開催】ドローンが活躍する現代の戦争とは―映画『アイ・インザ・スカイ』試写会&トークイベントを実施

罪なき少女を犠牲にしてでもテロリストを攻撃すべきか。ドローンが活躍する現代の戦争における正義とモラルとは——イギリス、ロンドン。軍の諜報機関の将校キャサリン・パウエル大佐(ヘレン・ミレン)は、国防相の...

2016年11月21日 13:15

英国のEU離脱にも冷静に対応。FX投資をサポートする「シストレ24」とは…

6月中旬、英国が国民投票によりEUからの離脱を選択した。このニュースが報道されると、世界の株式、為替市場は混乱に陥った。実際に英ポンドは、米ドルに対して一時10%以上急落。円に対しても大きく下げるなど...

2016年07月27日 15:28

死を招く危険性を秘めたストレス=キラーストレスのメカニズムを先端科学で解明する

「ストレスは身体に悪い―」。「ストレス対策は重要だ―」。こうした意見に異を唱える人はいないだろう。しかし、ストレスが我々の身体に悪影響を与える具体的な仕組みや、効果的な対処法について、論理的に説明でき...

2016年06月15日 16:00

自動車の電化は“自動運転”というイノベーションへの重要なステップ

前回は、ヨーロッパにおける自動車の電動化の潮流を取り上げたが、アジアでもこうした動きが活発になってきているという。その動向と、自動車の電動化の延長線上にある“自動運転”という未来について鶴原氏に聞いた...

2016年02月26日 10:09

電動化の必要性と世界の自動車市場におけるプラグインハイブリッド車(PHV)の“今”

日本初の自動車エンジニア向け専門誌「日経Automotive Technology」(現在は「日経Automotive」に誌名変更)創刊に携り、同誌の編集長を約10年間勤め上げた鶴原吉郎氏。現在は自動...

2016年02月19日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。