BLOGOS編集部PR企画の記事一覧

「任せられる仕事が減ってきている」専門家に聞く 障害者雇用水増し問題の背景

障害者の雇用数水増し問題。先月、裁判所や衆参の議員事務局でも水増しが発覚し、司法、立法、行政の3権すべてで半数前後の水増しがあることが発覚した。先導すべき国の機関で「数合わせ」が横行する背景には何があったのか――。約30年間障害者の就労支援に携わり2003年から高知県で福祉事業所を運営し、2014年から日本財団公共事業部に所属するシニアオフィサー・竹村利道氏に聞いた。水増しの原因?障害者向けの仕事...

2018年10月12日 15:13

ロンブー田村淳が語る、常識という「枠」にとらわれない働き方

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。今年2月、大学受験に挑んだことが話題を呼び、現在は仕事の傍ら、慶應義塾大学の通信教育過程に通う大学生だ。また昨年はアメリカ・カリフォルニアで起業するなど、異色のキャ...

2018年09月21日 11:30

「自分を愛して好きな道を歩んでいけばいい」りゅうちぇるが語る 自分の"普通"を貫く生き方

「ジェンダーレス男子」の代名詞・りゅうちぇる。モデルのぺこと結婚後、今年2月には待望の第一子、リンク君が誕生し、一家の大黒柱としても輝きを放っている。学生時代、自身の"個性"を偽ってつらい時期を過ごし...

2018年09月03日 13:10

しゃちほこポーズで熊本を応援!抽選で賞品があたるキャンペーンを実施中

2016年4月14日に発生した熊本地震。日本財団はその直後から現在まで、様々な形で熊本を支援してきた。なかでも、熊本県民の誇りでもある熊本城復旧のために30億円規模の支援を決定。その後、しゃちほこの復...

2018年05月29日 12:47

茶縁がつなぐ支援の輪 港町の精神科医が中国茶カフェを始めたワケ

中国茶の世界には「茶縁」という言葉がある。文字通り、お茶が取り持つ人々の縁のことだ。そんな茶縁に導かれるように、精神障害者の就労支援をおこなう中国茶カフェ「無天茶坊(むてんちゃぼう)」が今年1月、岡山...

2018年05月26日 09:55

自分の未来の”可能性”が数字でわかる話題のフィンテックサービス「AIスコア」

拡大が続くフィンテック市場近年、金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた「フィンテック(Fintech)」という言葉を耳...

2018年02月22日 09:56

認知度低い里親制度 情報提供で意向世帯増加の可能性も

2016年に改正された児童福祉法により、子どもは家庭で養育することが原則となった。また、この改正を受けて、2017年8月に厚生労働省が発表した「新しい社会的養育ビジョン」では、里親委託率について、数値...

2018年02月02日 10:51

EVの登場で “ユーザーエクスペリエンスの革命”が起きている―夏野剛氏インタビュー

「今起きているのは、ユーザーエクスペリエンスの革命なんです。スマートフォンの登場で携帯電話業界が一変したような」――。そう力説するのは、NTTドコモ在籍時に「iモード」など数々のサービスを立ち上げ、現...

2018年01月29日 10:00

要らなくなった金歯・銀歯で苦境におかれた子どもたちに支援を~気軽に出来る社会貢献「TOOTH FAIRYプロジェクト」~

幼い頃に、「上の乳歯が抜けたら床下へ、下の乳歯は屋根の上に投げれば丈夫な永久歯が生えてくる」という言い伝えを聞いたことがある人もいることだろう。一方、西洋では抜けた乳歯を枕元に置いて寝ると、夜中に歯の...

2017年12月11日 11:46

地域のお年寄りを見守る移動販売車 モデル転換で低コスト運用も

過疎地域に車両を乗り入れ、移動の難しい高齢者に食品や生活必需品を販売する移動販売車。必要性は理解されつつも、規制に合わせた車両の整備や、仕入れコストの高さから採算が取りにくいことがネックとなり、中々導...

2017年11月16日 14:24

ジモトの魅力再発見 「高校生旅行社」が考える鳥取旅行プラン

大学生が運営し、高校生が旅行プランを考える——そんな取り組みが鳥取県で始まっている。 プロジェクト名は「高校生旅行社」。高校生が主体となって、ツアーを企画。参加者は地元の高校生たちと、それをサポートす...

2017年11月14日 13:00

NPOが「チーム」を組んで子どもの貧困問題の解決に取り組む―コレクティブフォーチルドレンの挑戦

日本財団は、社会の問題に対して、新たな発想と明確なビジョンを持ち、様々な関係者と連携しながら、解決に向けて失敗を恐れずに活動するリーダーのことを「ソーシャルイノベーター」と呼んでいるという。そして、そ...

2017年11月14日 09:27

「頑張ってください」は言わないで 片時も休めない医療的ケア児保護者の支え

栃木県宇都宮市にある重度障がい児者とその家族を支える認定NPO法人「うりずん」。実際の利用者はどのように活用しているのだろうか。長年うりずんを利用している、大野敦史さん(43)にお話を伺った。【撮影・...

2017年11月08日 09:07

「カニはいるけどカネはない」 ダジャレ知事に聞く 鳥取県の”勝手に広まる”PR戦略

「スタバはないけどスナバはある」「カニはいるけどカネはない」「蟹取県」など、ダジャレを利用したPRで話題となる鳥取県。知事自らがダジャレPRを行うきっかけとなったエピソードや、日本財団と進めている地域...

2017年11月07日 10:20

映画館で「人工呼吸器がうるさい」と言われない社会に

栃木県宇都宮市にある重度障がい児者とその家族を支える認定NPO法人「うりずん」。理事長の髙橋昭彦氏は、地域に貢献する医師を表彰する日本医師会赤ひげ大賞も受賞している医師だ。 障がい児者やその家族はどん...

2017年11月01日 09:35

「3時間続けて眠れない」重度の障がいを持った子どもを介護する家族に休息の場を 障害者一時預かり施設うりずんが目指す”普通に暮らせる社会”

「レスパイトケア」という言葉をご存知だろうか。respite(小休止)care=ケアをレスパイトする、介護の小休止という意味だ。恥ずかしながら私は今回の取材をするまで、耳にしたことも目にしたこともない...

2017年10月25日 08:11

森の中で学ぶ 中学生キノコ博士が新たな教育の場で見つけたもの

キノコに並々ならぬ関心を持ち、採取・研究を続けている少年がいる。横浜に住む山下光くんは学校になじめず、小学5年生で不登校になった。以降、学校には通わず、元々興味を持っていたキノコの生態の研究を行ってき...

2017年09月12日 12:00

震災で失われた熊本城天守閣のしゃちほこが復元!復興のシンボルとして一般展示も

2016年の熊本地震で被災した熊本城の再建が進められている。8月30日には、大天守、小天守に設置されるしゃちほこが完成し、お披露目会が行われた。熊本城の再建には、日本財団が30億円の支援を行っており、...

2017年09月01日 11:13

A4一枚の申請書が夢を叶えるチケットに 日本財団「夢の奨学金」が目指す未来

さまざまな事情で家族と暮らせなくなってしまった社会的養護出身者たち。彼らの多くは高校卒業とともに施設を退所し、社会に放り出されてしまう。しかし、中にはより専門的な職業や、高度な教育を希望する若者もいる...

2017年08月01日 12:00

「英語4技能化に向けた、効率的な学習法を」隂山英男氏×岡健作氏対談

2020年に予定されている大学入試改革において、英語の「4技能化」は大きなポイントの一つだと言われている。これまでの「読む」「書く」中心の入試に「話す」「聞く」が加わることで、大学入試や既存の学習法が...

2017年07月10日 18:30

オリンピックを通じて日本の芸術・文化を世界へ発信 ~アーツカウンシル東京が取り組む文化プログラムとは~

最近の五輪報道で目立つのは、会場、予算、エンブレム等ネガティブな話題が多い。しかし、視点を変えると、2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックは、スポーツだけでなく、都市としての東京の魅力や...

2017年06月23日 10:33

眠っていたオープンデータが「街の魅力」に変わるまで(後編) 〜官民共創の「Growth Luck Project」で見えてきた地域の価値〜

地域の持つデータをオープン化して、街の魅力や雰囲気といった“目に見えにくいもの”を数値化し、確かな街の姿を伝えていく−−。2016年から行われたプロジェクト「Growth Luck Project」は...

2017年06月06日 10:30

街の魅力を掘り起こす「オープンデータ」の可能性(前編) 〜官民共創の「Growth Luck Project」で見えてきた地域の価値〜

新たな住まいを探すとき、物件と同程度に大切なのが「街選び」だ。自分の住む地域がどのような雰囲気で、どんな魅力があるのか。こうした情報は、理想のライフスタイルを実現するために欠かせない要素といえる。とは...

2017年05月30日 10:35

障がい者の働き方をドラスティックに変える!「はたらくNIPPON!計画」の挑戦

福祉施設で働く障がい者が得る月額工賃は、全国平均で1万数千円といわれており、自立して生活することが困難となっている。日本財団は、こうした状況を改善するべく、新たな障がい者就労支援プロジェクト「はたらく...

2017年05月02日 10:37

従業員の自律性が高まることで「イノベーション」につながる 〜リクルートの「働き方変革プロジェクト」が追求する“選択肢”とは〜

2月からプレミアムフライデーが始まるなど、官民双方で「働き方を変えよう」という機運が高まっている。しかし、こういった施策はなかなか具体的に進展しないといったことも起こりがちだ。そんな中、リクルートホー...

2017年03月31日 10:31

「困ったら誰かに頼るのは“自分を救う大切な力”」-若者の自殺を防ぐために必要な取り組み

日本は先進7カ国の中で最も自殺が多い国だという。ここ数年は減少傾向にあるものの、年間2万人以上が自ら命を絶っている。なかでも若い世代の自殺者数が高止まりしていることは社会問題化している。若者の自殺を防...

2017年03月31日 09:51

満足度の高いカーライフを叶える“車選びのポイント”とは? ~「カーセンサー」ブランドマネージャーに聞く~

中古車を選ぶ最大のメリットはやっぱり“価格”いざ車を買おうと思っても、その選び方は意外と難しい。最初から「この車種がほしい!」と決まっているならまだしも、そうでないなら価格や車種ごとの特徴などを比較し...

2017年03月24日 10:50

「“成長するオフィス”を提案するのが我々の仕事」~ワイズ・ラボ代表取締役社長・坂入 充氏インタビュー~

ワイズ・ラボ株式会社は、独自のコンサルティング手法で、幅広い建築やインテリアのデザインを提供している。その中でも、《企業文化や働き方》に最適なオフィスを提案する同社のサービス「ワーク×スタイルラボ」は...

2017年03月22日 16:00

観光が復興への活力に ~「九州ふっこう割」が果たした役割とは~

2016年4月に発生した震度7の熊本地震。九州新幹線、九州自動車道の寸断といった生活インフラの被害は、当然ながら観光業にも甚大な影響を与えた。そんな中、遠のいた客足を引き戻すため、宿泊費などが最大7割...

2017年03月02日 10:52

ゼクシィが挑んだプロジェクト「気仙沼ウエディング」が示す地方創生の新たな形

震災から6年経過した、現在も復興活動の途上にある宮城県気仙沼市。昨年末、歴史と伝統を持つ、この生粋の漁師町でユニークな結婚式が行われた。「Wedding made in 気仙沼」と名付けられた結婚式は...

2017年02月14日 09:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。