跡部 徹の記事一覧

長生きすることへのリスク対策は、生涯学ぶように働き続けられること。

高倉健さんの訃報を聞いて思ったのが、“現役のまま亡くなる”というのが、最も幸せなことだという価値観の時代がやってきている、ということです。日本の社会保障費のことを考えても、人生戦略を考えても、一番大きなリスクは長生きすることです。もはや終身雇用の時代じゃあるまいし、定年退職したら公的年金と貯蓄でやりくるするんだというテンプレートは成立しなくなっています。このことが浸透してくると、多くの人の働き方も...

2014年11月18日 12:44

経済合理性のある選択肢に流されないように、企業でさえも"自分の軸"を掲げている

■経済合理性で動く社会社会のルールが「経済的価値を高めること」で動いているので、経済合理性のあることはどんどん進んでいきます。例えば、投資した分のリターンが見えやすいものや、今使っているものより安くな...

2014年10月30日 16:07

人生を愉しむ秘訣は、結局「絡む力・絡まれる力」なんじゃないの?

コミュニケーション力が重要なスキルとしてとり上がられるようになって、ずいぶん経ちます。コミュニケーション能力の面白いところは、勉強ができるようなアカデミックスマート側の人間よりも、ストリートスマートと...

2014年10月21日 14:39

コンパクトシティ化のキモは、効率じゃなく混沌化。

前回のエントリーで、「日本はモノカルチャーで構成された空間が圧倒的に多い」という投稿をしたところ、いろいろな反応をいただきました。もうちょっと考えてみると、 ビジネスマンはビジネスマン、子供は子供、高...

2014年09月26日 18:13

自己責任派と、自由と責任を放棄しておきながら文句だけ言っている人達。

台風が来るたびに、自分のスケジュールを自分でコントロールする「自由と責任」について考えてしまいます。以前、台風が来ることが確実にわかっているのに出社して帰宅困難に陥る不思議さについてエントリーを書いた...

2014年07月10日 17:39

「○○の多様化」は、逃げ文句では?

一度自分の気持ちにひっかかった表現があると、打ち合わせ中でも会話中でも、「また、それか!」と気になって話に集中できなくなる。最近のマイブームは「多様化」だ。会話の中でも、「多様化してますからね〜。」と...

2014年06月25日 19:03

年間を通してコンスタントに働くのは当たり前?

“年間を通してコンスタントに働かないといけない、という考えをやめました。ここは自然の力が大きくて冬は出歩けないから、さからわずに休むことにしています。”via.「思い通りにいかない」が暮らしをつくる。...

2014年06月03日 19:18

何の変哲もない「紙袋」が、かっこ良く思えるようになった背景。

文脈が変わったため、今まで見向きもされないものが、急にかっこよく感じられることがある。ふと、感じたのが、上の写真のような「紙袋」。ビニール袋ではなく、ブラウンのお金のかかっていなさそうな紙袋。もしかし...

2014年05月23日 10:49

年収は「住むところ」で決まる時代の、個人への処方箋。

前回のエントリー 年収は「住むところ」で決まる。競争力のある労働市場がなければ都市は発展しない はいろいろな意見が見れて興味深かったです。都市が主語の話ではあるが、反応の多くは個人が主語のものが多く寄...

2014年05月13日 14:09

都市競争の時代に、東京は日本の首都であるべきなのか?

資本主義とテクノロジーの進化によって力を持ち始めたのは、国を凌駕する影響力を持ったグローバル企業と、国に頼る必要のなくなった個人。この2つの種族が有利な立場になり、一方で相対的に力を失ったのが国家でし...

2014年04月22日 14:02

大きなシステムに文句を言う暇があったら、小さな範囲でも課題解決に取り組む

前回のエントリー「40代以下の世代は、自分たちは「マイノリティだ」と早く認識したほうがいい理由。」には、いろいろな意見が集まって、書いた自分が一番勉強になりました。・一番、損するのは30代以下では?・...

2014年04月18日 19:09

40代以下の世代は、自分たちは「マイノリティだ」と早く認識したほうがいい理由

ここ数日考えていたのは、自分たちはもはやターゲットではないということ。日本の人口動態的にも、現在の日本のマスターゲットは、高齢者です。メディア事業を考えるときに、縦軸を単価(LTV)。横軸をターゲット...

2014年04月14日 11:41

「何事も全力で」から「楽することをサボらない」へ

新人社員に送る、社畜にならないための4つの習慣。(デマこいてんじゃねぇ!)というエントリーがいかしている。いろいろと書いてあるが、このエントリーは以下の一言に尽きる。“アウトプットが同じなら、ラクして...

2014年04月03日 20:39

“もうスーツなんか着ている余裕はない”という世界

ここのところ、まったく違う観点で服装について書かれたエントリーが目に留まりました。学生のための「ドレスコード」入門〜「面接は私服でOK」の本当の意味:大石哲之のノマド研究所NYで流行ってるらしい「No...

2014年03月31日 20:39

今、異文化がぶつかりイノベーションが起こる場所はどこなんだろう?

今、異文化がぶつかっている場所はどこなのだろうか?どうしてこんなことを考えているのかというと、歴史を鑑みてもイノベーションが起こるのは、異文化がぶつかる場所だからだ。 例えば、上記の本で書か...

2014年03月26日 20:45

(千葉県佐原から学ぶ)時代の変化を読み取れるか?読み取れたとしても変化できるのか?

先日、取材で千葉県香取市佐原を訪れました。佐原は江戸時代には“江戸優り”と言われるほどの商業と観光の中心地。当時の物流の中心は水運。その水路の重要な地点として、積み下ろしが行われ、人が集まり、市場が開...

2014年03月20日 11:06

スタバでさえ、ブランドの陳腐化と戦っている。いわんや個人においてをや。

こんなことを思ったのが、家の近所である池尻の裏道にinspired by Starbucksが出店準備をしているのを見つけたから。その前には同じく近所の代沢にも店舗ができていました。(どうやら玉川三丁...

2014年02月26日 20:29

マイクロパブリッシングの可能性と課題(「Publication 出版の未来」イベントに参加して)

昨日、みどり荘で行われたInspired Session "Publication"に参加してきました。いろいろと自分の中でも考えておきたいテーマだったので、ここに感じたことを残しておきます。(参加で...

2014年01月31日 08:42

“現在”のスティーブ・ジョブズにインタビューして書かれた本!!

今朝の会議で教えてもらったのですが、“現在”のスティーブ・ジョブズをインタビューして書いた本が発売されたとのこと。え、“現在”?なんと、大川隆法さんが霊界にいるスティーブ・ジョブズにインタビューしてつ...

2013年11月13日 12:05

「走りながら考える」について、書きながら考えてみた。

「走りながら考える」。この言葉からいろいろ解釈できるけれど、僕の解釈はこうだ。走ってみないと見えてこない情報こそ、自分の進む道を考えるのに値する情報だ。だからこそ、机上で考え続けるのではなく、まず動き...

2013年10月24日 14:38

自分を過剰に見せるマーケティングなんて、やめたらいい。

個人にも、企業にも言えることだが、自分や自社の商品を本来の姿よりもよく見せるマーケティングを続けるとおかしくなっていく。実力よりも高い目標を置いてストレッチすることは、もちろん悪いわけじゃない。向上心...

2013年09月17日 19:11

浮かれるな。7年後どうなるかは自分たち次第。

まだなにも決まってはいない。レールになんて乗るな。ここからはなんだってありだ。着せられた制服も、貼られたレッテルもだれかの勝手な期待も、邪魔だったら捨てればいい。なにかになりたい?だったら、きみがなれ...

2013年09月08日 14:34

ネットも人生も、つまらなくさせるかは「自分次第」

ネットがつまらないのはつまらない自分のせい今朝読んだBlogのフレーズが刺さりました。「ネットがつまらない」=「自分がつまらない」は言い過ぎとしても、「ネットがつまらない」=「自分のネットユースがつま...

2013年07月25日 23:20

「日常からの脱出」を提供する仕掛け−The passenger bar@Madrid

あまりの暑さに、、、いつもとはちょっと嗜好を変えて、「日常からの脱出」を提供している仕掛けを紹介します。via http://www.thecoolist.com/the-passenger...

2013年07月12日 11:45

人生を“何か”に捧げた老人が今一番ヒップ!

『ビル・カニンガム&ニューヨーク』。まさか、この地味なドキュメンタリー映画が、こんなに話題になるなんて!!ニューヨーク・タイムズ紙の人気ファッション・コラム「ON THE STREET」と社交コラム「...

2013年05月23日 18:21

「何にコミットメントするのか」を問われる自己選択時代の憂鬱

今朝配信されたダイヤモンドオンラインの記事に、「村上春樹作品の“離脱する主人公”に見る時代遅れ感新しい共同体のヒントは『ONE PIECE』にあり?」というものがありました。正直、タイトルに詰め込み過...

2013年05月08日 17:26

デザインの力で、「福祉車両」をメッセージ媒介にできるのか?

皆さんは、福祉車両について、どんなイメージを持っているでしょうか?多くの人は、「福祉車両」と言われても、ピンと来ないでしょう。なぜなら、外観からは普通の車両と大きな違いがないからです。福祉車両には、大...

2013年04月30日 11:38

会社の肩書き以外の自己紹介名刺を持つのが普通の時代。

湯川鶴章さんが書いた「天職を収入源にしない生き方。でも名刺の肩書きには書く」というBlog記事を読みました。20世紀は、収入源にアイデンティティを置いて、収入源を名刺に書いた。でも21世紀は、収入源じ...

2013年04月26日 12:35

弱い部分をさらけだせるコミュニティの有り難さ

自由大学脱藩学三期講義後の歓談タイムの様子先日、自分の主催しているコミュニティの集まり(飲み会)の空気感がすごく興味深かったので、ここに記録しておきます。(※写真とは別で、講義の卒業生が集まる飲み会で...

2013年04月22日 22:54

都市開発に学ぶ「真のユーザーが、発言権を持てる仕組み」の重要さ

4/18日に大手町で行われた「GREEN URBAN INNOVATION ポートランドに学ぶ グリーンシティのつくり方と使い方」と題したカンファレンスに参加してきました。参加の理由は、昨年ポートラン...

2013年04月20日 12:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。