WEDGE Infinityの記事一覧

集英社ジャンプ+α編集部、性的イラストを女子トイレ入口に掲示 - 網尾歩 (ライター)

見たくない人の権利はある。企業の中で行われれば、それは明確な性的嫌がらせだ。下着を下ろした「女子トイレ」のマークに批判 ある朝会社に行くと、自分が利用する場所に、明確にあなたに見せる目的で、性的な描写のイラストが置いてある。どう感じるだろうか。あなたが男性でも女性でも、やった相手が異性でも同性でも、相手がたとえ「これは芸術だ」「喜ぶかと思った」と主張していたとしても、あなたが不快と感じれば、これは...

2017年04月23日 12:09

企業倒産の背景にある様々なストーリー - 中村宏之 (ジャーナリスト)

衝撃的なタイトルの本である。企業倒産の事例を紹介しながら、その背景にある様々な事情を綿密な取材をもとに解説した。一口で企業倒産といっても、その姿は千差万別である。それぞれ固有の理由や経緯があり、関係者...

2017年04月22日 12:39

トランプのパトロンの正体 - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

今回のテーマは「トランプ・バノンのパトロン『マーサー一族』」です。ドナルド・トランプ米大統領とスティーブン・バノン大統領首席戦略官兼上級顧問の背後には大富豪の資金提供者が存在します。ヘッジファンドで財...

2017年04月22日 12:26

中国の南シナ海戦略と核戦略 - 岡崎研究所

台北タイムズの3月19日付け社説が、中国の南シナ海の軍事化は核戦略とも結びついた大戦略の一環であるとして、強く警告しています。要旨、次の通り。 最近のレポートによれば、中国はパラセル(西沙)諸島の北島...

2017年04月21日 05:00

“現代のスルタン”狙うエルドアン、EU加盟よりも権力掌握を優先 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

大統領権限強化の改憲を問うトルコの国民投票は賛成が僅差で上回り、エルドアン大統領が辛うじて勝った。実権型大統領の道ができたことで同氏は名実ともに権力を掌握し、今後十数年にわたって独裁的な強権政治が続く...

2017年04月20日 12:11

東芝メモリが欲しかった中国企業「XMC」の驚くべき実力 - 湯之上隆 (微細加工研究所所長)

中国のXMCが3次元NAND量産を発表 「中国への技術流出を何としても阻止しなくてはならない」。 東芝メモリの売却に関して、政治家、官僚、ジャーナリストらが口を揃えてこのようなことを言う。しかし、これ...

2017年04月20日 11:18

米国政府はWHを中国には買わせない - 山本隆三 (常葉大学経営学部教授)

日本のメディアでは、東芝の決算と半導体部門売却に関する報道が主だが、欧米メディアでは、中国企業によるウエスティングハウス(WH)買収を米国政府が懸念しているとの報道が目立つ。WHが中国企業に売却されな...

2017年04月20日 11:16

大谷と二刀流の未来はどうなるのか? - 赤坂英一

「二刀流」の大谷翔平がボロボロである。事は連覇に黄信号のともった日本ハムだけの問題ではなく、大谷の参戦を待ち受けるアメリカのメジャーリーグ、さらには大谷を目標に頑張っているアマチュアの選手たちにまで影...

2017年04月19日 21:48

フィリピン捜査当局の復讐か?韓国人9人が人身売買で逮捕 - 水谷竹秀 (ノンフィクションライター)

フィリピン中部の有名な観光地、セブ島で3月上旬、若いフィリピン人女性に売春を強要していたとして、韓国人男性9人が人身売買取締法違反の容疑で国家捜査局(NBI)に逮捕された。この男性9人の逮捕時の様子を...

2017年04月18日 20:34

第二次シェール革命の行方 - 岡崎研究所

英キングス・カレッジ・ロンドン政策研究所のNick Butler客員教授が、3月13日付フィナンシャル・タイムズ紙掲載の論説で、技術進歩で米国のシェール産業の生産コストは劇的に減少し、そのうえさらに多...

2017年04月18日 17:15

景気の予想屋は、どうやって景気を予想するのか? - 塚崎公義 (久留米大学商学部教授)

景気が良いか悪いかで、多くの人が影響を受けます。そこで、景気に関するニュースは溢れていますし、日常会話でも景気に言及することもあるでしょう。しかし、景気について真剣に考えた事のある人は意外と少ないよう...

2017年04月18日 11:52

死んでからではない、変わる生命保険 生保各社、長寿リスクに対応 - 中西 享 (経済ジャーナリスト)

生命保険各社は、高齢化・長寿化に見合った新しい保険を一昨年から相次いで売り出している。生命保険と言えばこれまでは、死亡時に保険金をもらうのが主目的だったが、最近は生前に給付金をもらいたいという希望が増...

2017年04月18日 07:00

“ロシアゲート”とディープなトランプ人脈の関係 - 斎藤 彰 (ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長)

去る3月下旬、熱狂的トランプ・シンパで米下院情報委員会委員長を務めるデビン・ヌネス議員(共和、カリフォルニア)がとった奇怪な行動が、その後もいまだに大きな話題になっている。彼は21日夜に突然、単独でホ...

2017年04月18日 07:00

東芝メモリの独占交渉権を要求、米ウエスタンデジタルは「最悪」の売却先 緊急提言「東芝メモリの売却先はこう決めろ」 - 坂本幸雄 (サイノキングテクノロジーCEO、元エルピーダメモリ社長)

4月1日に東芝本体から分社化された東芝メモリの株式売却先についての議論が盛り上がっている。米ウエスタンデジタルが、東芝の分社化・売却を契約違反と主張し、株式取得に向けて独占交渉権を要求するなど、混沌と...

2017年04月15日 09:15

米中首脳会談の結果を読み間違える日本 - 富坂 聰(ジャーナリスト)

4月6日と7日、米フロリダ州にあるドナルド・トランプ大統領私邸、「マール・ア・ラーゴ」において同大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談が行われた。 太平洋を挟んだ2つの大国のトップ会談とあって、日本の...

2017年04月15日 08:54

“斬首”より“別荘へようこそ” 金正恩に核開発を断念させる方法 - 樫山幸夫 (産経新聞前論説委員長)

さきの米中首脳会談は、米軍のシリア攻撃によって、すっかり影が薄くなってしまった。 会談自体は、やはり北朝鮮の核開発問題が主要な議題になったようだ。首脳会談真っ最中の攻撃断行は、核・ミサイル開発に血道を...

2017年04月15日 00:00

北朝鮮問題が最大の焦点、米中首脳会談では何が起きていたのか - 小谷哲男 (日本国際問題研究所 主任研究員)

4月6日から7日にかけて、フロリダ州のパームビーチにあるリゾート地「マール・ア・ラゴ」で、ドナルド・トランプ大統領と習近平国家主席による初の米中首脳会談が行われた。会談では、幅広い分野を扱う「米中包括...

2017年04月14日 14:20

東芝メモリの売却先、知られざる最良の選択肢 TSMC、グーグル、アマゾンが望ましいこれだけの理由 - 湯之上 隆 (微細加工研究所所長)

判断基準は東芝メモリの技術者にとって良いかどうか 東芝は2016年末に米原子力事業が巨額損失を出すことが発覚し、2017年3月期の決算で製造業史上最大の1兆100億円の赤字となり、6200億円の債務超...

2017年04月14日 12:59

韓国が桜の「起源」に固執する理由 - 崔 碩栄 (ジャーナリスト)

韓国の桜の季節は日本の東北地方と同じ時期、東京よりは1、2週間ほど遅れてやってくる。桜の時期になると毎年繰り返して話題に上げるのが、日本ー韓国間の「原産地」論争だ。そうはいっても日本側での反応は薄い、...

2017年04月14日 12:33

戦略なきシリア攻撃、背景にホワイトハウスの権力闘争 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

トランプ政権のシリア攻撃は長期的な戦略に基づいたものではなく、場当たり的な作戦だったことが一段と明らかになりつつある。その背景には、孤立主義を主張するバノン首席戦略官派と、国際的な関与を強めるトランプ...

2017年04月13日 17:46

トランプ時代における印豪のインド太平洋戦略 - 岡崎研究所

豪シドニー大学のジェイムス・カラン教授が、米外交問題評議会の3月9日付けブログで、トランプのアジア政策が不透明な中で、豪、印、日の協力を一層深化させる必要がある、と述べています。要旨、以下の通り。 豪...

2017年04月13日 17:28

真似する子供も大変? 広島の菊池、フィギア羽生 - 赤坂英一

最近、中学や高校の野球を取材していて、プロの影響による意外な弊害を耳にするようになった。例えば、昨年までセ・リーグ二塁手部門で4年連続ゴールデングラブ賞を受賞している守備の名手、広島・菊池涼介の真似を...

2017年04月12日 19:59

拡散は「誰が言ったか」、炎上は「何を言ったか」である - 網尾歩 (ライター)

筒井康隆氏にツイッターを勧めたのは誰なのだろう。こうなることはわかっていたはずだ。他愛もないツイートが大量RTされる理由 今に始まったことではないかもしれないが、ネット上ではしばしば、「何を言ったかで...

2017年04月11日 20:37

アマゾンGOの衝撃 テクノロジー主導経済の未来 - 川手恭輔(コンセプトデザイン・サイエンティスト)

世界の貧困問題に取り組むNGOのオックスファムは1月16日、格差問題に関するレポート『99%のための経済(An Economy for the 99%)』を発表した。それは「富める者と貧しい者の間の格...

2017年04月11日 18:52

トランプ・ホワイトハウスにたちこめるロシアゲートの濃霧 - 斎藤 彰(ジャーナリスト、元読売新聞アメリカ総局長)

ロシアの2016年米大統領選介入に果たしてどこまで加担したか―トランプ陣営のロシア・コネクションを究明する米連邦捜査局(FBI)や連邦議会の調査が本格化しようとしている。ホワイトハウスを覆う“ロシアゲ...

2017年04月11日 18:35

トランプの天敵、フリーダム・コーカスの正体 - 海野素央

今回のテーマは「トランプの天敵―フリーダム・コーカス(自由議員連盟)」です。ドナルド・トランプ米大統領はバラク・オバマ前大統領の医療保険制度改革(通称オバマケア)の代替法案に対する支持を、野党民主党議...

2017年04月11日 18:11

公共投資は本当に無駄なのか? - 塚崎公義(久留米大学商学部教授)

公共投資というと、「無駄な道路を作るために税金を使い、しかも景気も回復しない」と考えている人が少なくないようですが、筆者はそうは思っていません。今回は、公共投資の意義について考えてみましょう。利用価値...

2017年04月11日 17:56

交渉の達人に疑問符、トランプのシリア攻撃は焦りの裏返し - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

今回のテーマは「トランプのシリア攻撃と米中首脳会談」です。ドナルド・トランプ大統領は習近平国家主席との米中首脳会談のさなか、シリア西部の空軍基地を巡航ミサイルで攻撃しました。その主たる思惑はアサド政権...

2017年04月11日 09:00

変幻自在の変わり続けるシリア内戦 - 岡崎研究所

英フィナンシャル・タイムズ紙のコラムニスト、ディビッド・ガードナーが、3月8日付け同紙に、シリア紛争の勝利からは程遠いとの論説を寄せ、アサド、ロシアおよびイランが、シリアにおいて直面している困難を指摘...

2017年04月11日 05:00

もし日本語が英語に取って替わられたら?アイルランドで起きた言語交替 『英語という選択』 嶋田珠巳教授インタビュー - 本多カツヒロ (ライター)

数百年後、毎日話す言葉が日本語ではなく英語になっていたら……。これだけ英語の早期教育が叫ばれ、小学校での英語の教科化が決定した日本ではあながちあり得ない話でもないのかもしれない。 事実、アイルランドは...

2017年04月09日 14:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。