WEDGE Infinityの記事一覧

キュレーションメディアの課題を噴出したWelq事件 - 河本秀介

 株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は、先日、自社が提供していた医療キュレーションサービス「Welq」について、不適切な記事が多数掲載されていたとして謝罪しました。 Welqは、昨年頃にスタートした医療情報の提供を目的とするウェブサイトですが、最近になって掲載された記事の中に医学的根拠が不確かな情報や、著作権上の問題がある記事が多数含まれているという批判が殺到し、サイトの休止に追い込まれていま...

2016年12月13日 19:31

オバマの有害な国防予算強制削減措置を撤廃せよ - 岡崎研究所

 トランプ陣営の政策アドバイザーを務めたジェームズ・ウールジー元CIA長官が、11月10日付のサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙に、現状維持に挑戦しない限り、中国の体制と台頭を受け入れることになる...

2016年12月13日 19:14

ガンに挑むAIとは? - 土方細秩子

 IBM社が開発したAI、ワトソンはアメリカのクイズ番組に出場し優勝したことでも有名だが、現在はコグニティブ・コンピュータとしての改良が続いている。人間の頭脳に近い認識能力を備えつつあるワトソンが現在...

2016年12月13日 19:08

東南アジアの自動車流通革命 - 宮崎学

 早いもので、2016年が終わりに近づいている。今年も数多くのスタートアップに会ってきたが、ASEAN諸国の中で、最もダイナミズムを感じる領域、それが自動車の流通市場である。中でも、流通市場の根幹を支...

2016年12月09日 22:30

日本はロシアを甘く見ることなかれ - 岡崎研究所

 フィナンシャル・タイムズ紙が「日本はロシアに注意深く対応しなければならない。短期的リスクが長期的な戦略論理を相殺する」との社説を11月8日付で掲載、日本がG7の団結を乱しているのは深刻な誤りではない...

2016年12月09日 05:00

なぜカンボジアレストランは襲われたのか? ―パリ同時多発テロを振り返る(2)― - 風樹茂

 昨年の同時多発テロの事件現場を何度も訪れた。なぜカンボジアレストラン(le petit cambodge)が標的になったのか不思議だったからだ。同時多発テロから2カ月の現場 羽田発パリ行きのエールフ...

2016年12月08日 06:00

大谷のMVPが満票ではなかった理由 - 赤坂英一

 11月28日に表彰式が行われたパ・リーグ最優秀選手(MVP)の投票結果が、ネット上でプロ野球ファンの物議を醸している。日本ハムの〝二刀流〟大谷翔平が選出された結果自体は当然としても、残念ながら満票に...

2016年12月07日 19:27

AI時代の弁護士の姿 - 川手恭輔

 少し前(2013年9月)のことになるが、オックスフォード大学の教授らによる論文『The Future of Employment (雇用の未来)』で、702に分類された米国の職業の約47%が、今後1...

2016年12月07日 19:13

中国になびく東南アジア - 岡崎研究所

 11月4日付ワシントン・ポスト紙の社説は、フィリピン大統領やマレーシア首相による対中接近について、人権蹂躙などに対する米国の批判があるが、米国は民主主義の原則は維持すべきであると述べています。要旨は...

2016年12月07日 18:56

移民を追い出しても米国経済は大丈夫なのか? トランプ政策を検証する(1) - 塚崎公義

 ドナルド・トランプ氏(トランプ次期米国大統領。以下同様)は、移民に対して強硬な発言を繰り返しています。選挙が終わってから、若干のトーンダウンは見せていますが、移民に厳しい政権運営が行われる事は確実で...

2016年12月06日 19:43

『お客様は神様』を改め、電通『鬼十則』は即時削除を - 中西 享

 電通女性社員過労自殺事件の裁判を担当し、遺族側代理人を務める川人(かわひと)博弁護士が日本記者クラブで「過労死をなくし、健康的な職場を」と題して講演、電通で入社1年目の女性社員が死亡したケースについ...

2016年12月06日 19:36

陰謀論好きで暴君、トランプが選んだ将軍の評判 - 佐々木伸

 トランプ次期米大統領の外交・安全保障の”指南役”であるマイケル・フリン補佐官(国家安全保障問題担当、将軍)の人物像に対する懸念が強まっている。「陰謀論を好み、部下には異論を許さない」(米紙)性向があ...

2016年12月06日 19:29

やっと習近平の正体に気づいた欧州 - 岡崎研究所

 中央委員会全体会議を経て自らを「核心」と位置づけ権力集中を加速させる習近平主席を目の当たりにして、フィナンシャル・タイムズ紙は、欧州諸国は自由・開放の社会信条を真っ向から否定する国と、どう付き合うの...

2016年12月06日 19:23

和平にはシリアを分割するしかない - 岡崎研究所

 米外交問題評議会上級フェローのレイ・タキーが、10月31日付フィナンシャル・タイムズ紙掲載の論説において、かつてのような統一シリアは望むべくもなく、せいぜい可能なのは、何らかの連邦制度の下で、いくつ...

2016年12月04日 10:07

外食のお勧め「和風定食」の落とし穴 - 佐藤達夫

 生活習慣病を予防する食生活の基本は、1:栄養素バランスがよくなるように食材を選択すること、2:量的に過不足がないように適量を食べること、の2つだ。「栄養素バランスがよくなる食材選択」というのは、正直...

2016年12月04日 09:56

サンフランシスコの明と暗、ホームレスが増加する理由  - 土方細秩子

 今年も米ハウジング・都市開発省による年間のホームレスレポートが議会に提出された。それによると2016年のどこかの時点でホームレスだった人口は54万9928人。うちシェルターに入っていない、いわゆる路...

2016年12月03日 11:47

せいぜい江沢民に並んだ程度の習近平 - 岡崎研究所

 10月27日付のウォールストリート・ジャーナル紙は、中国共産党六中全会で、習近平が権力をさらに強化したという王とペイジ両特派員の解説記事を掲げています。その要旨は以下の通りです。「核心」という肩書き...

2016年12月02日 15:51

教祖は同じ言葉を繰り返し嘘でも本当になる トランプに故チャべスの亡霊を見る - 風樹茂

 不満渦巻く社会に突如現れる天才パフォーマー。選挙の合い言葉は、過去を取り戻す! 人類が何度も見てきた光景のひとつだ。それは歴史の仇花なのか? トランプ主義とアメリカの行く末を占ってみた。 トランプが...

2016年12月02日 15:30

人事をめぐるいざこざを楽しむトランプ ロムニー氏起用めぐり対立激化 、トランプ氏側近が“裏切り”と反発 - 佐々木伸

 トランプ次期米大統領(70)は新たに財務、商務長官などの重要閣僚の人事を発表したが、最重要の国務長官にミット・ロムニー元共和党大統領候補(69)を起用するかをめぐって側近グループの対立が激化。トラン...

2016年12月02日 15:23

基地返還と新設、沖縄県知事を悩ますジレンマ - 織田重明

「北部訓練場なども苦渋の決断の最たるものだ。約4000ヘクタールが返ってくることに異議を唱えるのは、なかなか難しい」 11月28日、沖縄県の翁長雄志知事が就任2年のタイミングにあわせて行った記者会見で...

2016年12月02日 15:13

最新鋭ステルス戦闘機に見る中国のジレンマとコンプレックス - 小原凡司

 2016年11月1日、中国の広東省珠海市で開催された航空ショー「国際航空宇宙博覧会」で、ひときわ外国メディアの目を引く航空機が公開された。近々、中国人民解放軍空軍に配備が予定されているJ-20戦闘機...

2016年11月30日 10:00

トランプが溺愛する義理の息子の正体 反縁故法を乗り越え、政権入りは可能か? - 海野素央

 今回のテーマは「トランプに影響力を行使する人物」です。現在トランプ政権の閣僚人事に焦点が当たっていますが、その一方で選対本部及び政権移行チームの人事まで介入してきた人物にも注目が集まっています。共和...

2016年11月30日 09:00

「壊滅状態」のクールジャパン戦略につけるクスリ - 山本一郎

 遡れば2010年、折しも日本は「冬のソナタ」の大ヒットとともに〝韓流ブーム〟に沸き上がるころ。その隣国韓国の政策面での文化事業の成功を模して、日本も負けじと文化輸出を掲げた「クールジャパン」構想を国...

2016年11月30日 06:00

韓国で沸騰する核先制攻撃論 - 岡崎研究所

韓国在住ジャーナリストのドナルド・カークが、10月25日付ウォール・ストリート・ジャーナル紙掲載の論説において、北朝鮮の挑発等を受けて韓国では核保有や先制攻撃、原子力潜水艦建造など一層強力な防衛オプシ...

2016年11月29日 20:57

イーロン・マスクが作る完全太陽光の島 -土方細秩子

テスラ・モータースCEOイーロン・マスク氏は11月18日にかねてから主張していたソーラーパネル会社、ソーラー・シティの合併吸収が株主総会で認められた、と発表した。これにより総額20億ドルでのテスラによ...

2016年11月29日 20:43

ドゥテルテ訪中効果?中国人観光客増で”爆買い”期待 -水谷竹秀

 フィリピンを訪れる中国人観光客が急増している。比中関係は2012年4月以降、南シナ海における領有権争いの問題で長らく冷え込んでいたが、ドゥテルテ大統領による10月半ばの訪中で関係が回復した。また、中...

2016年11月29日 20:35

シリア代理戦争、米屈辱の敗北 重大な転換点、アレッポ陥落なら反体制派の終焉 - 佐々木伸

シリア内戦の激戦地、北部アレッポで28日、アサド政権軍や民兵軍団が反体制派支配の市東部に進撃し、支配地域の北半分を制圧した。反体制派の敗色は濃厚で、政権側に完全に陥落するようだと内戦の重大な転換点とな...

2016年11月29日 09:00

成果なき「官製クールジャパン会社」の信じ難い実態 「経営は順調」とされる公開はおろか撮影すらない映画企画開発会社 - ヒロ・マスダ

 近年、クールジャパン政策が叫ばれている。日本のコンテンツの海外展開分野においても、これまで数百億円の税金や財政投融資など公的資金が注がれている。コンテンツ政策におけるクールジャパンの目的は、単に日本...

2016年11月28日 06:00

「トランプ軍団が最優先」を宣言 - 海野素央

 今回のテーマは「トランプ次期米大統領のビデオメッセージとその意図」です。共和党ドナルド・トランプ次期米大統領は、投開票日から2週間が経過した11月21日、動画サイト「ユーチューブ」を通じてメッセージ...

2016年11月27日 09:33

ドゥテルテが台湾にもたらす好機 - 岡崎研究所

 ドゥテルテの反米親中的言動について、台湾では、台湾にとってはチャンスであるとの論議があります。李榭熙ペース大学教授は、10月24日付台北タイムズ掲載の論説で、台湾の「南方政策」は経済的なものから戦略...

2016年11月26日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。