WEDGE Infinityの記事一覧

足利が人気のロケ地になった3つの理由 - WEDGE Infinity 編集部

人口約15万人の栃木県足利市が近年、映画やドラマのロケ地として人気を博している。映画『ちはやふる』や『64』、来年公開予定の『今夜、ロマンス劇場で』など、注目作品の撮影チームがひっきりなしにロケを行っている。その理由は「地の利」「町並み」「おもてなし」、この3つの言葉に集約できる。 映画やアニメの舞台になれば「聖地巡礼」などと呼ばれ、多くの観光客が訪れる。地方自治体の多くが、「フィルムコミッション...

2017年10月16日 17:57

中国人が日本でスキーをやってみたいワケ 株式会社マックアース 執行役員・CEO室長 王芳氏 - 中島恵 (ジャーナリスト)

連載第4回目はスキーリゾート、ゴルフ場、キャンプ場、自然学校、ホテルなどの再生を行うリゾート施設運営会社のマックアース。昨今、スキーやゴルフなどのスポーツを海外でやってみたいという中国人が増えているが...

2017年10月16日 16:51

中国人の間で関心高まる「日本ならではの食」 - 中島恵 (ジャーナリスト)

ラムラ餐飲上海は日本の総合フードサービス会社、ラムラの中国子会社。ラムラが経営する飲食店のうち、「土風炉」(とふろ)と「鳥元」の2ブランド、2店舗を上海で展開している。日中を行き来する呉雯嵐・総経理に...

2017年10月13日 18:50

外国人地方参政権に反対していた朝鮮総連と北朝鮮 - 崔 碩栄 (ジャーナリスト)

突然の解散に伴い行われることになった衆議院選挙の話で秋が盛り上がっている。第一野党民進党の解党、小池都知事が率いる希望の党の躍進、東京―大阪を代表する地域政党の連携など政界の地殻変動にマスコミは連日大...

2017年10月12日 22:04

「金正恩氏の妹を政治局候補委員に抜擢」に見る北朝鮮の「余裕」 - 礒﨑敦仁 (慶應義塾大学准教授) 澤田克己 (毎日新聞記者、前ソウル支局長)

金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が、政治局候補委員(日本メディアは「政治局員候補」と訳している)に抜擢された。10月7日に開かれた朝鮮労働党中央委員会第7期第2回全...

2017年10月12日 20:36

日本の地方を旅するようになった中国人観光客 Ctrip International Travel Japan 代表取締役社長 蘇俊達氏 - 中島恵

連載2回目は中国では圧倒的支持を得ている旅行会社。出張や旅行など、国内外に出ていく機会が増えた中国人にとって身近な存在だ。Ctrip International Travel Japan(シートリップ...

2017年10月11日 19:35

米・イランの対決新段階に、トランプ核合意の順守否認へ - 佐々木伸

イラン核合意をめぐり、トランプ米大統領は12日にもイランが「合意の精神を順守していない」と発表する見通しである。新たな制裁や合意からの離脱については議会にゲタを預ける格好になるもようだが、イランが強く...

2017年10月11日 19:01

「衆院選公示日に北朝鮮がミサイル発射」は根拠なし 記念日と発射・核実験に因果関係認められず - 礒﨑敦仁 (慶應義塾大学准教授) 澤田克己 (毎日新聞記者、前ソウル支局長)

安倍晋三首相は衆議院解散にあたって、北朝鮮の脅威という「国難」に言及した。ただ北朝鮮の核・ミサイル開発に反対しない政党があるとは思えず、日韓両国に多大な被害をもたらす軍事的解決を避けねばならないという...

2017年10月02日 20:36

中国の富裕層が日本観光に求めるもの 行楽ジャパン 代表取締役 袁静氏 - 中島恵

今年も中国の国慶節(建国記念日をはさむ大型連休)がやってきた。中国人の「爆買い」がブームとなったのは2015年。その後、中国人観光客の関心や消費は「モノ」から「コト」(経験)へと移行しているが、現在は...

2017年10月02日 20:30

イラン版「傭兵会社」の暗躍、IS後に激化する“もう一つの戦争” - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

シリアにおける過激派組織「イスラム国」(IS)の壊滅作戦が大詰めを迎え、内戦も急速に勢いを失う中、“もう一つの戦争”が激化の徴候を見せ始めている。中東最強の軍事大国イスラエルと、シリアに恒久的な軍事拠...

2017年10月02日 20:11

コカ・コーラがCMに起用した謎のアスリート - 土方細秩子 (ジャーナリスト)

多くのスポーツ選手にとって「命綱」とも言えるのが企業によるスポンサーシップ。もちろん年間に何十億と稼ぐプロ選手もいるが、それでもスポンサーがいなければ生活が成り立たないという選手も多い。 しかし企業に...

2017年10月02日 20:00

ネットフリックスは何がすごい?過熱する「オンライン動画配信サービス」競争 日本の放送業界が抱えるジレンマ - 塚越健司(拓殖大学非常勤講師)

前回は「世界共通のインターネット」という理念が崩れかけていることを論じた(http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10455)。ネットに限定されず、国家間や国内の市民同士...

2017年10月02日 14:43

遺伝子組み換え作物の「本当の問題」をあぶりだす 『世界からバナナがなくなるまえに』 - 東嶋和子(科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師)

遺伝子組み換え作物が米国で栽培され始めた頃、取材におもむいた現地でしばしば聞いた組み換え反対論があった。 資本を集中投下し、遺伝的に均質な作物を大規模に栽培する「工業型農業」や「モノカルチャー」は、生...

2017年10月02日 14:25

メルケル首相の連立交渉「元サヤ」が現実的な理由 極右台頭の衝撃、ドイツ総選挙後の行方を読む - 花田吉隆 (元・在東ティモール特命全権大使)

9月24日、ドイツで総選挙が行われ、予想通り、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)が勝利した。メルケル首相がさらに4年間政権を担当するのは確実である。 しかし、今回の選挙結果は...

2017年09月29日 11:14

「がん免疫療法」の闇、高額なのに効果不明瞭の実態 - 浅野有紀(Wedge編集部)

「免疫療法を標準治療と併用することで、治療効果を上げられると実感している。免疫療法にもたくさん種類がある。躊躇(ちゅうちょ)せず使える治療法は全て行わないとだめだ」 都内の某有名クリニックが開催する免...

2017年09月29日 11:02

過激派の根絶やし作戦推進へ、トランプ政権が暗殺の規制緩和 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

トランプ米政権はイスラム過激派の根絶やし作戦に大きくカジを切った。米国はこれまで、武装無人機と特殊部隊による「標的殺害」の対象を上級幹部に絞ってきたが、その規制を撤廃し、下っ端の戦闘員にまで拡大する見...

2017年09月26日 20:57

イノベーションなきシャープの〝復活〟 - 坂本幸雄 (サイノキングテクノロジーCEO、元エルピーダメモリ社長)

昨年、台湾の鴻海(ほんはい)精密工業に買収されたシャープは業績が劇的に改善し、2018年3月期の業績予想では4年ぶりの黒字化を見込み、復活が期待されている。だが、本当の復活までの道のりはまだ長い。 シ...

2017年09月26日 20:32

審査に1秒!中国「超高速融資」の恐るべき実力 - 高口康太 (ライター・翻訳家)

屋台の肉まん売りや農村にまで金融サービスを提供する。アントフィナンシャル社旗下のネット銀行「網商銀行」(マイバンク)のフィンテック(新たな金融テクノロジー)は革命的だ。 記事「中国でキャッシュレス化が...

2017年09月26日 20:09

日本各地で暗躍する中国版白タク「皇包車」の実態 - 高口康太(ライター・翻訳家)

右肩上がりに伸びる訪日中国人数。さぞ日本人がその恩恵を受けていると思いきや、中国人だけが儲かる中国人のためのシェアリングエコノミーが拡大している。政府は、その実態や規模を全く把握できていない――。 7...

2017年09月26日 16:47

退職シニアが中小企業と「お見合い」 都内の6信用組合が人材マッチング - 中西 享 (経済ジャーナリスト)

定年退職したシニア(新現役)が自分の経験と知識、アイデアを活かし中小企業支援をおこなう企業を見つけようと、東京都内の6つの信用組合と取引のある中小企業約50社と面談する交流会が21日、東京・京橋の全国...

2017年09月22日 20:00

冷戦期と逆転した北朝鮮の脅威への日韓温度差 実は増えていない韓国の核保有論 - 澤田克己 (毎日新聞記者、前ソウル支局長)

日本上空を飛び越す北朝鮮の弾道ミサイル発射は日本にとって大きな脅威だが、その感覚を他国と完全に共有するのは難しい。韓国メディアで見聞きする論評のうちのある一言は、そのことを実感させる。韓国のネットでは...

2017年09月22日 15:33

意外に手堅いドゥテルテの経済政策 - 岡崎研究所

エコノミスト誌8月19日号の解説記事が、フィリピンのドゥテルテ大統領は、経済については熱烈な改革派でも過激なポピュリストでもなく、それなりに有能だ、と同大統領の経済運営を評価しています。要旨は次の通り...

2017年09月22日 13:30

トランプが「白人至上主義者」に恩赦を出した理由 - 海野素央 (明治大学教授、心理学博士)

今回のテーマは「トランプ大統領に立ち向かうコノリー下院議員」です。米国南部バージニア州での白人至上主義者と反対派との衝突事件に関するドナルド・トランプ米大統領の「喧嘩両成敗」の発言は、米国民に衝撃を与...

2017年09月21日 19:50

NHKスペシャル「スクープドキュメンタリー 沖縄と核」隠蔽された核事故と、核戦争の危機をあぶりだす 北朝鮮の地政学的な危機のなかで浮かび上がる過去 - 田部康喜 (東日本国際大学客員教授)

「罪もごまかしもたくらみも詐欺も、すべて見えないところでひっそり生きているものだ」(ジョセフ・ピューリッツァー) 世界の報道や文学などに栄誉が与えられる「ピューリッツァー賞」に名を残す、新聞経営者にし...

2017年09月21日 17:17

警察も手を焼く「地面師」 映画のような詐欺の実態 土地漂流時代の事件簿 土地漂流時代の事件簿 - 藤川大樹 (東京新聞記者)

知らない間に自分の土地が転売されてしまう─。他人の土地の所有者に成り済まし、勝手に売却する「地面師」の摘発が近年、相次いでいる。主に狙われているのは、東京都内の一等地で、所有者が別の場所に住んでいたり...

2017年09月19日 21:11

プーチンがNATOに楔、トルコ、ロシアとミサイル購入契約 - 佐々木伸 (星槎大学客員教授)

中東の大国トルコはこのほど、ロシアから最新鋭の地対空ミサイル・システムS400を購入する契約を締結した。トルコは西側の軍事同盟「北大西洋条約機構」(NATO)の一員だが、ロシア寄りに大きくカジを切った...

2017年09月19日 16:30

米国は北朝鮮を攻撃するのか?核保有国として認めるのか? - 辰巳由紀(スティムソン・センター主任研究員)

9月3日、北朝鮮は6度目の核実験を行った。今回で6度目となる核実験は、水素爆弾を使用した実験であった可能性が高いと言われている。今年1月から数えても計12回になるミサイル実験を経て行われたこの核実験は...

2017年09月14日 19:34

中国ビジネスの今後を左右する「90後」とは何者か - 山口亮子(ジャーナリスト)

1990年代生まれを指す「90後(ジウリンホウ)」という言葉をご存じだろうか。日本と同じく、就職戦線の最前列にいるのはこの世代。すでに社会である程度の地位を築きつつある80年代生まれの「80後(バーリ...

2017年09月14日 19:19

制裁への耐性強い北朝鮮、経済制裁で核・ミサイル開発は止められない - 礒﨑敦仁(慶應義塾大学准教授),澤田克己(毎日新聞記者、前ソウル支局長)

国連安全保障理事会が9月11日(現地時間)、北朝鮮による6回目の核実験(9月3日)に対する制裁決議2375を採択した。米国が作成した原案には北朝鮮に対する石油の全面禁輸などが入っていたが、北朝鮮国内で...

2017年09月14日 18:03

中国でキャッシュレス化が爆発的に進んだワケ - 高口康太(ライター・翻訳家)

最近、中国のキャッシュレス社会化が話題となっている。・中国人の眼に映る今の日本は「20世紀」のままだった…|現代ビジネス(2017年6月13日)・中国「超キャッシュレス社会」の衝撃、日本はもはや追う側...

2017年09月14日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。