両角達平の記事一覧

「海外は学費無料」を知ることの本当の意義

ヨーロッパでは大学の学費が日本と比べて安いです。学費が安いヨーロッパの大学13カ国をまとめました。さらに英語で質の高い教育を受けることができる北欧の大学の中には、未だに学費が無料の国もあります。こんな記事を書いていると、「学費はただじゃん、ラッキー!で海外にいってしまう日本人を増やしてしまうのでは?」という声が上がりそうです。だから発信を控えたほうがいいのでは、と批判されそうです。しかし、ぼくはそ...

2018年08月14日 14:16

海外留学が長ければ長くなるほど、英語力はどう変化するか?

留学にはいけるときにいこう留学にいける人は、短期の旅じゃなくてがっつり現地に住み込んできてほしいと思います。なぜならぼく自身が海外留学をしてヨーロッパに4年ほどいたこともあるからですが、その後ぼくは不...

2018年07月18日 08:16

本当に「大学無償化」なのか?

政府が打ち出した「大学無償化」の中身が、ちょっと怪しい。方針自体はいいのだけれど。それこそ教育費は、人の一生の三大出費のひとつといわれるくらいに、可処分所得に影響を与えるものであるから。しかし、果たし...

2018年06月27日 11:39

沈みゆく日本の大学業界を これからの若手が生き抜いていくには?

この3月上旬、オスロはノルウェーへひとっ飛びしてきました。何気にノルウェー入りは初でちょっとだけワクワクしました。今回、オスロへ旅立ったのは国際学会で発表のためです。Nordic Educationa...

2018年03月21日 17:00

海外では海外では〜「海外出羽守」の批判者も発信者も気をつけたいこと。

海外出羽守とは?海外出羽守(かいがいでわのかみ)とは、「〜の国では」と何かにつけて海外の事例を引き合いに出して語る人のことです。ぼく自身、ヨーロッパに住んで学問的にも、時にはただの雑感としても多くの海...

2018年03月20日 15:18

被選挙権年齢を下げたその先へー改めて考える若者参加が必要な5つの理由

被選挙権年齢の引き下げを「若者の政治離れの食い止め」「党勢の拡大」に留めないために先日、自民党内で被選挙権年齢を「20歳以上」に引き下げる案が浮上したことが話題となっている。このタイミングでの被選挙権...

2018年02月22日 19:58

なぜスウェーデンでは差別意識が高いのか?

静岡県立大学の国際行動論Bという授業の一コマをいただいて講義をさせていただきました。ズバリテーマは、「Mr モロズミのヨーロッパ侵略のススメ」ちょっとトゲのあるタイトルですが、元ネタを知っている人なら...

2017年12月16日 13:57

海外視察を税金の無駄遣いの象徴にしないために

NPOカタリバさんとの素晴らしいスウェーデン視察を終えた後に、ふとツイートを眺めていたらこんなものが流れて少し悲しくなりました。海外視察で豪遊する議員#金曜プレミアム②隠し撮り密着取材した後、議員たち...

2017年11月28日 20:43

18歳で投票できるようになって日本の政治家は若返ったのか?

総選挙が終わり、あいかわらずの低い投票率を嘆く声があちこちで聞こえます。今回の投票率は、戦後2番目の低投票率で53.68%と報じられています。ちなみに10代の投票率はこの通り。1歳でこんなに違う!衆院...

2017年10月29日 14:02

公約比較をしても「若者のミカタ政党」がみつからなかった理由

水曜日にとあるイベントで登壇しました。日本若者協議会という、若者の声を集約し政策に反映させる協議会による「ワカモノの見方」である政党はどこかを議論する会でした。第48回衆議院選挙サミット『ワカモノのミ...

2017年10月20日 14:21

なぜ人は路上ギターに投げ銭するのか?|ノーベル経済学受賞者はこう考えた。

去る10月、ノーベル経済学賞の受賞者が発表されました。今年は、シカゴ大学の行動経済学者のリチャード・セイラー教授。By: Chatham House – CC BY 2.0リチャード・セイ...

2017年10月17日 08:17

ブログにビットコインで投げ銭してもらう方法|こうすれば有料記事・寄付集め機能もブログに実装できる

Valuの盛り上がりに乗じて注目されているのがビットコインです。先日、ついにこの仮想通貨であるビットコインの価格が1ビットコインあたり、47万円を超えたことでますます話題を集めています。さらに大物Yo...

2017年08月16日 16:27

「男はみんな5歳児である」→いや、男性・女性の両方が「5歳児」でいられる社会がいいじゃない。

ぼくの尊敬するベルリン在住のイラストレーター、高田ゲンキさんのツイートからある記事をみつけました。こういう思考は非常に嫌い。確かに幼稚な男は多いが、最初から5歳児扱では対等じゃないし、対話もないから健...

2017年07月13日 09:58

都議選で議論されている若者政策は、本当に若者政策か?

再び注目される若者票6月23日都議選が告示がされ、いよいよ選挙戦が本格化し、7月2日投票日を迎えにあたって、若者向けの政策に関する議論も活発になってきました。様々な争点がある中で、若者向けの政策にどの...

2017年06月29日 08:33

若者の住宅問題を解消するソウルのあるNPOの方法 – ソウルの若者支援の現場を訪ねて

韓国スタディーツアー最初の訪問先は、若者の住宅問題を改善する活動に取り組む団体だった。その名もミンタルペンイ・ユニオンというNPOと住宅協同組合だ。両者は1つのグループのもと同じ法人格を持っている。ソ...

2017年04月05日 06:49

スウェーデンの大学進学率はいったいどのくらいなのか?

最近よくスウェーデンの大学進学率について聞かれることが多かったので、今一度復習をします。この記事の見出し1 大学進学率とは?2 高校卒業後にすぐに大学へ進学しないスウェーデンの若者3 日本よりもスウェ...

2017年03月11日 14:43

働きすぎな教員をみて育っているのは誰か?

日本シチズンシップ教育フォーラム(J-CEF)のニュースレターで僕の連載が始まりました。日本シティズンシップ教育フォーラムとは、地域や社会の変革と創造に参画していく社会デザインの担い手を育む「シティズ...

2017年03月07日 06:30

スウェーデンの若者はどれくらい政治参加しているのか?若者白書2016を開いてみた。

スウェーデンの若者白書の2016年版「Ung Idag 2016」が出ていたので、ざっと読んで現在のスウェーデンの若者の生活状況を把握してみました。ということで拙訳をシェアします。また、スウェーデンの...

2017年02月19日 09:54

本当は残酷なアメリカの資本主義の話

高校生でも大学生でも、留学といえば「やっぱアメリカでしょう!」的なノリがありますよね。そういう人にはぜひ、マイケル・ムーアのもう一つのドキュメンタリーの「キャピタリズム マネーは踊る」をみていただきた...

2017年02月05日 13:51

LINEを既読無視する若者と分断社会の民主主義

先日、ある青少年交流施設にお招きいただき、講演をしました。この施設で話すことは、ぼくにとってとてもチャレンジだったので、当日まで責任の重圧をひしひしと感じていました。相変わらず急進的な発言ばかりでした...

2017年02月01日 18:31

映画『スノーデン』公開前に復習しておきたいこと5つ

今月27日、いよいよ映画『スノーデン』が公開されます。映画『スノーデン』公式サイト 2017.1.27[FRI] ROADSHOWオリバー・ストーン監督、ジョセフ・ゴードン・レヴィット主演。映画『スノ...

2017年01月25日 13:01

イケアに今すぐ就職したくなる5つの数字 |なぜ従業員の99%を正社員にしたのか?

今週は、勉強会に研究会に講演会ざんまいなモロズミです。先日、衝撃的な勉強会に参加してきました。スウェーデン社会研究所の研究講座第193回の「働き方 4.0」JISS研究講座 第193回 2017年1月...

2017年01月23日 15:11

スマホで撮った写真をアップロードするだけで販売できるEyeEmがヒップすぎた

知らなかった。。。ドイツブロガーの高田ゲンキさんと、WASABIさんが、ずいぶん前に投稿していて気になっていたフォトグラファー・コミュニティの「EyeEm (アイアム)」。世界中のフォトグラファーがア...

2016年12月14日 20:13

スウェーデン人研究者が語る、若者参加と大人の規範意識

絶賛、風邪ひいていますタツマルです。先日登壇したイベントの報告を兼ねて、参加できなかった方に向けて、内容をシェアします。1 スウェーデン人の研究者によるスウェーデンの事例報告2 ヨーテボリ若者協議会と...

2016年12月12日 19:39

誰でもできる!差別されている人を目撃したときの救出方法

とてもいい動画をみつけました。Buzfeed WorldがFacebookで投稿していた「イスラム恐怖症の人を目撃したらすべきこと」という動画です。英語なので、解説します。イスラム恐怖症のことを英語で...

2016年11月29日 09:33

スウェーデンでは学校で政治的活動ができるって本当? はいこの通り本当です。

2016年夏の参院選の際に、東京新聞からの取材を受けていた記事をシェアするのを忘れていました。スウェーデンの政党青年部が、学校内でどのような「活動」をしているのかがよくわかるいい記事です。ストックホル...

2016年11月16日 07:50

もうこれ以上、 若者を「大人が変えてあげられる」と思うのをやめませんか。 若者を「人生の」消費者にするのやめませんか。

どうも。今月は人前で話す機会が6回ほどあり、さすがに移動に疲れてきました。先週までは、静岡に今月で3回いきました。そして大学の後輩が企画した以下のイベントに参加し、スウェーデンのまちづくりと若者参加に...

2016年10月24日 13:11

「ブラックNPO」は、日本を良くしないだろ。

日本の非営利セクターについて、先日こんなことをつぶやきました。社会的な活動に税収が充てられるヨーロッパ、ファンド、寄付が豊富なアメリカ。日本はそのどっちでもないからジリ貧になる。多くのNPOがブラック...

2016年08月07日 16:07

若者はどうすれば政治に影響をあたえることができるのか?スウェーデンの「若者会」の代表に聞いてみた

これまで、様々なスウェーデンの若者関連の団体に訪問してきましたが、その中でも、とくに再訪したい団体がありました。スウェーデン全国若者会(SUR)です。Sveriges Ungdomsrådがスウェーデ...

2016年08月02日 09:21

なぜ「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」が日本人のぼくにも響いたのか?

ストックホルムからのフライトの中でひさしぶりに出逢いました、良作。マイケル・ムーアの世界侵略のススメです。ムーア、すばらしすぎるwストーリー対テロ戦争を題材にした『華氏911』、『キャピタリズム~マネ...

2016年07月20日 23:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。