大野左紀子の記事一覧

近代文学が終わった後の『文豪とアルケミスト』

文豪とアルケミストと小林多喜二と日本共産党 - Togetterまとめ『文豪とアルケミスト』というオンラインゲームで、近代文学の小説家(が現代に転生したもの)がキャラとして多数登場している中に小林多喜二も含まれており、それについて新聞『赤旗』が好意的に取り上げたところ、そのゲームのファンの一部が「政治利用だ」と憤慨しているという話。それに対し、「小林多喜二はそもそも共産党で‥‥」などのツッコミが多...

2017年03月20日 00:00

戸川純の新曲に見え隠れする「天皇」のイメージ

音楽 わたしが鳴こうホトトギス アーティスト: 戸川純 with Vampillia 出版社/メーカー: Virgin Babylon R...

2017年02月11日 00:00

「教えて下さってありがとうございました!」と「悪いということを知らなかったんだから」

大学の授業内で時々ミニレポートを書かせ、その提出をもって出席票に替えている。その日、家に帰って80人あまりの学生のミニレポートを読んでいたら、ほぼ同じ内容のミニレポートが続けて四枚出てきた。内容もそっ...

2016年12月21日 00:00

雨宮まみさんについてのとても個人的な覚え書き

急逝されたのをネット上で知ってから鉛の塊を呑み込んだような気分になっているこの数日、関連の記事のブックマークやtwitterに断片的に書いていたことを、少しまとまった文章にしておきたいと思う。1976...

2016年11月19日 00:00

「嫌悪感の表明」と「相互理解」の間

最近話題になっていた、セクシュアルマイノリティへの施策をめぐる千葉市長の一連のTweet(わかりやすくするため番号を振った)1先ほど定例記者会見で、性別が同一である者とパートナーシップを形成している職...

2016年11月13日 00:00

「理想」と「欲望」は切り分けできないし、「萌え絵」は「日本美術」ですよね(どっちかというと)

「萌え絵」が批判されるのは歴史がないからじゃない - 最終防衛ライン3結論が最初の方に書かれている。「萌え絵」も「理想」のひとつであろう。「萌え絵」が批判されるのは、誇張表現だからだし、誰かにとっては...

2016年10月26日 00:00

「エロいかどうか」より「御しやすそうに見えるかどうか」では

‥‥‥と思うのだけど。エロばかりに焦点が当たっているのに違和感がある。左は炎上しなくて右がエロいと炎上する意味がわからない。 pic.twitter.com/pY2P1q6eL1— Sug...

2016年10月21日 00:00

高畑淳子、そして母が息子に足を掬われること

女優・高畑淳子の息子で俳優の高畑裕太の起こした強姦致傷事件に関して、「親の責任はどこまで問われるのか」という話が連日メディアに出ている。私には子どもがいないので、年頃の子どものいる友人たちに聞いてみる...

2016年08月27日 00:00

小池百合子

「ウンコ味のカレーかカレー味をウンコを選べと言われてるみたいで、都民は大変だなー」などと人ごとで見ていた東京都知事選のニュースが、ようやく一段落した模様。インタビューに答える新都知事の映像に、ずっと前...

2016年08月02日 00:00

[日常][TV]ウンチに罪はない

多くの愛犬家がそうしているように、私も散歩の途中で犬のウンチを片付ける。片付け方は人によって様々だろう。サッと犬のお尻の下にシートを敷いて、そのまま包んでウンチ用のビニール袋に入れる人。スコップか何か...

2016年07月08日 00:00

「愛の言葉」とコミュニケーション強制ギブス

「社会に通用する奴」は多様化しなかった - シロクマの屑籠ポスト工業化社会の労働者の人間疎外とは、生産ライン上で同じ肉体労働を繰り返すタイプではなく、コミュニケーションを強いるタイプになるのだろう。い...

2016年04月11日 00:00

「嫁が欲しい」「頼れるのは娘」という母親たちの言葉

去年の夏前だったかいつものように、義父の家に行って庭の草取りをしていたら、近所の年輩の主婦の人がやって来て、垣根越しに「まあよくやってらっしゃること」と声をかけてから、「いいわねぇ、うちも嫁が欲しいわ...

2016年01月06日 00:00

原節子についてのあれこれ

原節子が95歳で亡くなったというニュースが報じられた一昨日、ちょうど読んでいたのが、小津安二郎の『僕はトウフ屋だからトウフしか作らない』の中の原節子について描かれたところだったので、偶然とは言え驚いた...

2015年11月27日 00:00

「漢字にルビをどこまで振るか」問題

ここのところずっと来月出る自著の校正をしていたのだが、一番悩んだのは、漢字のルビをどうするかという問題だ。元のテキストはウェブ連載だったこともあって、ルビはない。もともとそれほど難解な漢字は使わないし...

2015年11月10日 00:00

元祖・黒髪白シャツ男

漫画家の東村アキコがネットに発表している『ヒモザイル』が話題になっている。アシスタントへのセクハラ、パワハラとの批判も出ているが、ここで書きたいのはそういうことの是非ではなく、第二回で登場する「これが...

2015年09月27日 00:00

「盗作さん」と言われた話

デザイン, 社会 佐野氏の人柄とかこれまでの仕事などにあまり関心はないが、今回この件で「クリエイト」ということにたくさんの人が強い期待を抱いていてオリジナリティ神話が生き続けているのを目の当たりにした...

2015年09月03日 00:00

「日本」で「おもてなし」で目立つ万人向きの制服は‥‥

ダサ過ぎ? 東京五輪「おもてなし制服」、ネットで酷評私も一見して「これは‥‥なんだかな」と思ってしまい、こんなブコメをつけた。ohnosakiko この帽子にベストはどっちか言うとスイスのイメージ。そ...

2015年07月14日 00:00

きものを「貴族の文化」にしたのは何か

英国人の日本文化論が「正しすぎる」「ぐぅの音も出ない」と話題に - with news(ウィズニュース)タイトルがちょっと煽り過ぎというか大袈裟に感じるが、小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長...

2015年05月08日 00:00

「〜かなと思います」という言い方

少し前に、「~させていただきます」という言い方の不自然さについて記事が上がっていた。丁寧”のつもりが、”慇懃無礼な印象”に?!『させていただく症候群』 - NAVERまとめ視点・論点「させていただきま...

2015年04月11日 00:00

『風立ちぬ』と『小さいおうち』を観た母が語る戦中と戦後

今年78歳になる母が一人で暮らしている実家に、先日泊まってきた。いつも名古屋に用事で来たついでに寄ってバタバタと帰るので、たまにはゆっくりしていこうということで。先月下旬にテレビ放映された、『風立ちぬ...

2015年03月12日 00:00

アートは騙しの手口の百貨店‥‥『だまし絵2』展

昨年の振り込め詐欺の認知件数は、前年に比べて約二割も増加したという。人は騙されまいと思っていてもうっかり騙され、被害者になってしまう。特にお年寄りを狙ったオレオレ詐欺は「困っているなら助けてやらねば」...

2015年03月05日 00:00

自分の文章が入試問題に使われること

センター試験の国語に「クソリプ」「パクツイ」問題 著者「俺が正解できるのか」 - ねとらぼ上のタイトルだけ読んで一瞬「センター試験の問題に、クソリプとかパクツイという単語を散りばめたテキストが採用され...

2015年01月18日 00:00

岡田斗司夫と「おじさん×若い女」のあるある感

頭の悪そうなタイトルしか思い浮かばない自分の頭の悪さが恨めしい。今回も自分のブコメの長い補足として。岡田斗司夫、流出キス写真は本物 過去の驚愕「80股!」も告白 :J-CASTニュースohnosaki...

2015年01月13日 00:00

ピンクのダサ/イケが男性にわからないのは当たり前

数日前、「ダサピンク現象」関連の某記事に以下のようなブコメをつけた。 ohnosakiko (「女性はピンクが好き」という統計結果とダサピンク批判は両立するのだが、そこが理解されないのは多分一般的な男...

2015年01月08日 00:00

「芸術鑑賞法」と「既知の器」

「好き」「嫌い」を越えた芸術鑑賞法があるとしたら - (チェコ好き)の日記自分のブコメ。[アート]「自分の人生に真摯に向き合って」「生涯をかけて」「あなただけのために作られた作品」を見つけ出せって。修...

2014年12月20日 00:00

中年女性の嵌っているもの

40~50代の女性の嵌りやすい趣味と心理について少しまとめて書く必要があって、小手調べに大学の講義でアンケートを取ってみた。「皆さんのお母さんが今嵌っていること、夢中になっていることは何か、教えて下さ...

2014年12月05日 00:00

男への恨みと母性愛と「世界は私たちのもの」‥‥『マレフィセント』感想

ジブリの『思い出のマーニー』が今日から公開で、これから次々レビューが出て盛り上がろうとしているこのタイミングだが、あんまり盛り上がってない『マレフィセント』の感想を。三ヶ月前、「アナ雪」の感想記事の追...

2014年07月19日 00:00

AERAの特集にコメントしました(日本版ハウスワイフ2.0について)

本日発売の『AERA』6月16日号の特集「その学歴に、満足していますか?」の中の「高学歴ハイキャリアを捨てた日本版ハウスワイフ2.0」に、コメントを寄せています。当ブログのこの記事を見ての依頼で、あら...

2014年06月09日 08:37

「どちらが真の弱者か」をめぐる闘争

このあたりに始まる小田嶋隆氏の「失言」問題が、まだ尾を引いているようだ。ご当人が自己弁護のつもりでブログに過去のテキストを発表したが、それが自身が否定している「バックラッシュ」や「ミソジニー」をそのま...

2014年05月16日 09:00

『アナと雪の女王』にかかったジェンダー観の砂糖衣

「過去、女性は素晴らしい能力があっても、それが”幸せな結婚”に結び付くものでなければ女として生きるのに余計なものであるとして、発揮する機会を奪われてきた。女性の生き方として賞揚されてきたのは、生まれて...

2014年04月13日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。