記事

総選挙か・・・政権を担える野党がない場合、どうするー?

 日本で総選挙が始まるという。日本の報道関係の知人・友人たちが「総選挙なのでxxができなくなった、また次回」というメールをバタバタと送ってきた。

 現政権について支持する人、反対する人、選挙にははなから行かないと決めている人ーもろもろ、いろいろな反応があるだろう。

 英国にいて、ふと思うのは、もし現政権・政府与党を支持しなかったら、「代わりに票を投じ、次の政権を担えるような政治勢力・政党は果たしてあるのだろうか」という疑問だ。

 で、もし実質ないのだとしたら、ほとんど茶番のようなことになるのだろう。

 そして、微妙にあるいは大幅に与党議員の議席が減ったら、現政権への「お仕置き」みたいなことにもなるのだろう。

 お仕置きのために、あるいは「これでいいのだ」と国民の信任を改めて得るためにたくさんの税金を使うのは、1つの道であるかもしれない。

 しかし、それにしても、何故(というと反語的になるが)「代わりに票を投じ、次の政権を担えるような政治勢力・政党」がないのだろうか?いや、「ある」といえるのだろうか?

 もし、「ない」なら、何故なかったのだろう(平和すぎたー?)(最後の最後が、日米安保で締めくくるという体制を維持する必要があったからなのだろうか)。

 で、結局、これからどうやって作っていったらよいのだろう?

 いくらなんでも、先進国でほぼ一党のみ、というのはおかしいだろう。本当に、今まですべてがうまく行き過ぎていたのだろうか?

 政治的に選択肢のある世の中をどうやって、これから作っていったらよいのだろう?

 選択肢のない・少ない世界は、息苦しさにもつながるのではないか。

 そんなことが本気で心配なこの頃である。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イモトのWiFiまだ使う情弱に助言

    永江一石

  2. 2

    消費増税を批判しない野党に疑問

    やまもといちろう

  3. 3

    織田裕二が坂上忍に絶縁通告か

    女性自身

  4. 4

    立憲民主党は消費増税の対案出せ

    鈴木宗男

  5. 5

    日本の伝統を理解してない杉田氏

    岩田健太郎

  6. 6

    TBS宇垣アナがキレた同期の一言

    文春オンライン

  7. 7

    色あせる中国 金融の舞台で矢面

    ロイター

  8. 8

    よしのり氏 左翼の人権論に苦言

    小林よしのり

  9. 9

    外国人大歓迎 裏目にでた観光地

    MAG2 NEWS

  10. 10

    政治的発言許されぬ日本の芸能界

    篠田博之

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。