記事

アマゾンギフト券の換金需要

昨日の記事、「アマゾンのあらゆる商品が20%~30%引きで購入できるサイトが登場」の追記である。

これは、そもそも盗難カードをつかってアマゾンギフト券を手に入れた奴がやってるんじゃないか。盗難カードの現金化のマネロンだという指摘があった。

ロジャーのツイッターを読むと彼にもそういう指摘がきていて、それに対しては、こう答えている。

HITという、人間でなければできない単純作業を行って報酬を得るサイトがあるとのこと。ひたすらアフィリエイトリンクを貼り付けたり、コピペしたり、そういう感じの単純な仕事のクラウドソーシングサイトみたいなもののようだ。そこでは支払がアマゾンポイントでされるらしい。このひとたちが、現金化の手段としてつかっているとのこと。これが買い手の多くだという。

アマゾンギフト券は、現金化の需要は多いようだ。日本でも「アマゾンギフト券」「現金化」「換金」とかでググるといろいろ出てくる。

アマゾンギフト券の換金率はあまりよくないようだ。というのも、アマゾンギフト券には有効期限があり、それも短いので、買い取った業者にとって再販売リスクになってしまう。換金率90%としている業者もあるが、有効期限が長く、未登録の場合で、それ以外は買取拒否か、もしくは5-6割というのが実際のようだ。一部でも使ってしまっていたら換金不可能。

そもそもギフト券を売りたい人は、有効期限が迫っているからという理由で換金したいのだから、ますます有効期限が短いギフト券がでてくるわけで、仮に1,2日後に期限切れのギフト券などは1割で売れればいいほうだろう。

こういう事情をかんがえると、どんなギフト券であっても、20%の手数料で即時に現金化できる(つまり80%の換金率)というのは、極めてよいディールのように思える。30%の手数料でも、べらぼうとおもったが、70%の換金率と考えたら決して悪くない。

ギフト券の買取商売もできよう。たとえば、期限切れ間際のギフト券を1割とか2割の値段で買い叩いて、このサイトを使い8割の換金率でビットコインにしたら、ボロ儲けができる。たぶんそういう業者が主流の買い手なのかもしれない。

なお、買い物するのと同じく、ギフト券を換金するのも、日本のユーザーでも出来るはずなので試してみてほしい。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    牛乳石鹸 不可解なCMに困惑の声

    キャリコネニュース

  2. 2

    ウーマン村本 戦争反対を再表明

    キャリコネニュース

  3. 3

    前原氏「小池新党との連携あり」

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    VALU多売事件 注目=信用ではない

    広瀬隆雄

  5. 5

    廃止に1兆円 議員年金復活は論外

    やながせ裕文 東京都議会議員

  6. 6

    腰砕け金正恩氏 ミサイルを保留

    高英起

  7. 7

    内田樹氏「政党史上で今が最低」

    内田樹

  8. 8

    保守系米紙も「白人主義は毒」

    飯田香織

  9. 9

    よしのり氏『ダンケルク』を評価

    小林よしのり

  10. 10

    飲食店が非常識な子連れ客に失望

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。