記事

アマゾンのあらゆる商品が20%~30%引きで購入できるサイトが登場

無題

ビットコインでアマゾンの商品が20%引きで購入できるサイトができた。

ビットコインのミートアップにいったとき、ビットコイン・ジーザスのロジャー・ヴァーが、開口一番、

「アマゾンで20%オフで物がかえるぜ! 信じられるか! まだやってないのか、いますぐ試してみろよ!」

と熱く語っていた。ブログに書くと約束したので、紹介しよう。

Purse.ioは、ビットコインをつかってアマゾンの商品を割引で購入できるというサイトである。

仕組みは、シンプルで、買いたいものをアマゾンの「ほしいものリスト」に登録しておく。たとえば、私のほしいものリストには、いくつかの商品を登録している。ほしいものリストというのは、これをみた他人が、これを本人のために買ってあげてプレゼントできるという機能である。

Purse.ioではこれを利用している。リストをPurse.ioに登録しておくと、世界の誰かが、リストの商品を買って、プレゼントしてくれる。

このままでは、プレゼント主にとって何の得にもならないが、実際は私がその人にビットコインを支払うことになっている。間接的にではあるが、ビットコインをつかってアマゾンで買い物ができるというわけだ。

なんでリストをつかうとかめんどくさいことをしているのか?どうして、それで20%オフになるのか、という疑問がわくが、そこがビジネスモデルの肝だ。

実は、ビットコインで支払う場合、ディスカウントを要求できる。1000円のものを買ってもらうのに対して、800円分のビットコインを支払うだけでよい。20%安く購入できるのだ。

無題

この画面がその設定画面だ。ためしに、トータル8000円程度の物をほしいものリストにのせた。co.jpのほしいものリストでもちゃんと機能している。

ビットコイン建てで、175mBTC。これに20%のディスカウントを要求して、実際に私がはらうのは、143mBTCだ。(この143mBTCはデポジットとして、このサイトの財布に事前に入金しておく)

さて、このディスカウントはどこからもたらされるのか?

どうやら世の中にはアマゾンのギフト券をいろいろ持っていて、それを現金化したいという需要があるようなのだ。そういうひとがギフト券で他人のほしいものを買ってあげて、ビットコインを得ると。

そのほかにも、世界中には取引所などがなかったり認証が面倒で、なかなかビットコインが買えない人もいる。そういうひとでも、アマゾンでカード決済さえできれば、間接的にビットコインが手に入る。実際に、ビットコインATMなどの手数料が10%~20%くらいとかんがえると、無茶な対価ではないかもしれない。

このディスカウント率は、ユーザー側で設定できる。20%はかなり高い対価だが、それでも購入者があらわれているとのことだ。なお、10%以下に設定した場合、24時間にかならず買われるということをPurse.ioで保証しているようだ。これはそもそもPuerse.ioが乗っけている最低マージンが10%だからだろう。

とにかく、いろいろなことを思いつくものである。今後はこれをつかって20%引きのショッピングを楽しもうと思う。

欲しいものリストには、アマゾンギフト券も登録できる。取引所でビットコインを買い、即座にここでギフト券に変えてしまえば、自動的に20%程度お金が増える。とんでもないアービトラージだ。すごすぎる。

 <実際に成功した事例>

があるのか?ということだが、ビットコインコミュニティのユーザーが、30%引きでの購入に成功したようだ。1万円程度の買い物だったそうで、これは凄い。

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新潮45休刊と雑誌界の厳しい現実

    篠田博之

  2. 2

    「新潮45」休刊が招く言論の衰退

    門田隆将

  3. 3

    よしのり氏 東京新聞記事に呆然

    小林よしのり

  4. 4

    貴乃花が退職届 日本は転換点に

    舛添要一

  5. 5

    ZOZOvsユニクロ 全面戦争が勃発

    MONEY VOICE

  6. 6

    新潮45休刊の敵前逃亡は言論放棄

    常見陽平

  7. 7

    貴乃花引退に追い込んだ相撲協会

    早川忠孝

  8. 8

    日村の淫行疑惑 FRIDAYに非難も

    AbemaTIMES

  9. 9

    天皇陛下を韓国が安倍批判に利用

    NEWSポストセブン

  10. 10

    貴乃花だけが頼りだった稀勢の里

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。