記事

NHK受信料支払いを拒否する在日米軍を許すな

これから解散・総選挙の12月14日までは、政局がらみの報道一色になる。

 しかし、その騒ぎに目を奪われて重要な記事を見落としてはいけない。

 きょう11月15日の東京新聞が報じた在日米軍によるNHK受信料支払い拒否もその一つだ。

 日米地位協定を盾にして年間推計10億円ほどの受信料の支払い拒否を1978年以来続けているという。

 在日米軍による支払拒否は今に始まった事ではない。

 沖縄返還時には、返還する基地の原状回復経費を日本側が密約をして肩代わりした。

 最近では、在日米軍が引き起こした騒音被害の訴訟で、日本の司法が在日米軍に支払いを命じた賠償金を、米国が拒否して日本が肩代わりしている事が明らかになった。

 だからNHKの受信料支払い拒否など可愛いものだ。

 そう考える国民は馬鹿だ。

、NHKの受信料拒否は国民にとって見逃せない事なのだ。

 安倍政権に乗っ取られて、安倍政権に都合のいい報道ばかりを繰り返すようになった今のNHKに受信料など払えるか、という国民は増えている。

 それなのに、NHKは反省することなく、容赦なく受信料を取りたてる。

 不払いの場合は訴訟に訴えると脅かす。

 NHKは日米同盟を重視して、在日米軍に都合のいいことばかりを流す。

 二重の意味で反国民的だ。

 NHK受信料拒否を続ける在日米軍と、それに対して何の手も打てないNHKと安倍政権。

 それを許すメディアと国民。

 まともな国民であれば、解散・総選挙どころの話ではないと怒らなければいけない(了)

あわせて読みたい

「NHK受信料」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室哲哉を叩く東国原氏に苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    よしのり氏「文春を糾弾すべき」

    小林よしのり

  3. 3

    文春の小室報道は醜い「リンチ」

    片岡 英彦

  4. 4

    反基地は特定勢力? 政府の見解は

    和田政宗

  5. 5

    小室引退 実に後味の悪い文春砲

    渡邉裕二

  6. 6

    グラドルが語る放送事故の瞬間

    NEWSポストセブン

  7. 7

    小室引退に坂上忍が辛口コメント

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ラーメン二郎に影響? もやし危機

    中田宏

  9. 9

    千畝読めない? 疑惑の首相を擁護

    文春オンライン

  10. 10

    寝落ち必至 睡眠ビジネスが拡大

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。