記事

戦争って意外と簡単にはじまるかも

1/4
9月7日に海上保安庁の巡視船に中国漁船が衝突した。衝突は故意で悪質だということから海上保安庁は船長を公務員執行妨害で逮捕した。それから中国政府の猛抗議がはじまる。尖閣諸島は中国領土であり、そこで日本の国内法が適用され逮捕されるなど言語道断だというのだ。その後、中国政府の圧力はどんどんエスカレートし、中国政府高官の日本への渡航中止、日本への旅行の自粛要請、レアアースの日本への輸出制限などの制裁が矢継ぎ早に実施された。結局、逮捕された船長は日本国政府の超法規的な処置により開放され、中国政府のチャーター機で返された。この船長は中国では英雄のごとくあつかわれたという。この間、テレビや新聞、そしてインターネットを通しておびただしい数の情報が流され、様々な識者が意見を述べた。しかし筆者が特におどろき、そしてまたある種の戦慄を覚えたのは、筆者のツイッターのタイムラインを通して垣間見えた、人々の異様な興奮だった。普段は功利主義で冷静な人々が口々にナショナリズムを訴え、中国政府の横暴を罵倒し、日本国政府の弱腰の姿勢に義憤を爆発させていた。最近、筆者がツイッターからこれに似た雰囲気を感じたのはサッカーのワールドカップの時だ。誰もが日本代表の予想外の活躍に興奮し、相手チームを打ち負かすべく応援していた。タイムラインがいつもの何倍のスピードで流れていた。敵を打ち倒すべく日本代表に声援を送っていた。そして今回の尖閣諸島の事件で、筆者のタイムラインの中で日本人がみな同じように中国政府を罵り、日本国政府を激しく叱責していたのだ。すごい熱気だった。まるで自国のチームがワールドカップの決勝戦を戦っているみたいに。あの時、中国政府の行動がさらにエスカレートして国境線の曖昧な部分で銃撃戦にでもなって多くの死傷者が出るようなことがあったらどうなっていただろう。間違いなく多くの日本人が、そして中国人が「報復」することを支持したと思う。それも熱狂的に。

男の子はみんな戦争が大好き

筆者は子供の頃、段ボール箱や空き缶、新聞紙等を使っていろいろなものを作る遊びが好きだった。今思い出すとそこで友達と作っていたものはどれも戦争に関係するものばかりだった。段ボール箱で敵の攻撃から身を守るための小さな要塞を作り、新聞紙を丸めて棍棒を作り、竹ひごを使って弓矢を作った。それで近所の子供と戦争ごっこをした。当時人気のあったアニメも全て戦争がテーマだった。ドラゴンボール、北斗の拳、機動戦士ガンダム。どれも力と力がぶつかり合い、凄惨な殺し合いが行われるものばかりだ。

小学校の高学年になると筆者たちは拳銃に大きな興味を持つようになった。最初は駄菓子屋に売っていた銀玉鉄砲で遊んでいたのだけれど、仲間のひとりが成人しか買えない強力なエアガンを小学生に売ってくれるおもちゃ屋をみつけた。そして筆者たちはお小遣いを貯めてみなエアガンを買った。窓ガラスが簡単に割れるほどの強力なものだったし、分厚い少年ジャンプの半分ぐらいまで簡単に貫通した。そして筆者たちは公園にあつまり、銃撃戦をした。BB弾が当たると激痛が走り、かなりのケガをしたが、それでも何度も「銃撃戦ごっこ」は行われた。痛みよりもこの危険な遊びによる興奮の方がはるかに勝ったのだ。この馬鹿げた遊びが終わったのは不審に思った公園の近くの住人が警察に通報し、仲間のひとりが補導された時だった。しばらくしてそのおもちゃ屋のオーナーが逮捕されたというニュースが新聞に載った。今思えば誰ひとりとして大きなケガをせずにすんで本当に幸運だったと思う。

トピックス

ランキング

  1. 1

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  2. 2

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    真逆に報じられた仏大統領発言

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

  7. 7

    金正恩氏 史上最高の措置を検討

    ロイター

  8. 8

    老後の同窓会は成功者しか来ない

    NEWSポストセブン

  9. 9

    石破氏「解散の意義わからない」

    石破茂

  10. 10

    北外相 太平洋での水爆実験示唆

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。