記事

ローソンでAmazonの買い物ができて高齢者にとっては本当に便利?なのか?

1/2

Google検索の最大のライバルはBingでもYahoo!でもなく、Amazonらしいです。

Google検索のライバルはAmazon──エリック・シュミット会長

「一般にはAmazonは検索サービスと見なされていないが、人々が何かを購入する場合に最も利用するのがAmazonであり、Amazonはわれわれと同じようにユーザーの質問に答える」

ほんと、Google様は分かっているよ。スマホ時代の今、大半のユーザーが商品を探すとき、まずAmazonのアプリから探してしまうわけさ。日本だとリテラシーの低い主婦という層がいるので楽天のアプリも使われるが、世界ではAmazonでしょ。

楽天みたいに堂々のステマや商品届いてないのにポイント欲しさにヨイショのレビュー(まだ届いてないけど楽しみですってレビューは消費者にとってマイナスでしかない!!)満載ということもないし、商品も楽天と比べて明らかに安い。すでにPCからのアクセスではAmazonが楽天を上回っているはずだが、楽天の1人あたりのPVはAmazonやYahoo!ショッピングの2倍近く。いかに検索がクソかよく分かるわけで、それでもAmazonじゃなくて楽天使うのはリテラシーが低い方達が中心となるわけです。
まあ、リテラシーの低い人たちからすると、楽天のほうが使いやすく見えるわけですね。Amazonはクールで敷居が高いように感じるらしいです。

んで。だ!! ローソンがAmazonとの提携を強めるらしいよ。

ローソンのリリース

数千万の豊富な品揃えがローソン店頭で注文できる!
ローソン店舗のインフラを活用するオープンプラットフォーム始動
Amazon商品のLoppi注文・取寄せサービス開始

Amazonにもローソンの端末の使い方の説明があった。しかしこのページを自力で見られる人なら自分でAmazonから注文すると思うんで、存在の意味がよく分からない。

ローソン端末の操作方法

ローソンのリリースによりますと・・・

11月5日(水)午前9:00より、静岡県内のローソン(199店舗/10月末現在)で、店頭に設置されているマルチメディア端末Loppi(ロッピー)を通じた、Amazon商品(一部を除く)の取寄せサービスを開始いたします。オペレーターがLoppiの操作方法をサポートするので、なれていない方でも簡単に注文することができます。お客様が注文した商品は、最短で2日後に、注文した店舗でお受け取りいただけます(受取時間9:00~21:00)。これにより、パソコンや携帯などで買い物をしないお客様も、Amazon商品のお取り寄せが手軽に購入できるようになります。なお、2015年には全国のローソン店舗へサービスを拡大する予定です。

パソコンやスマホの操作に慣れていない方、つまり高齢者を対象としているのが分かる。高齢者を取り込むためにローソンとAmazonが手を組んだんだね。実際、大半の高齢者がスマホから買い物できるとは思えない。字が小さくて見えないよ・・

12
ローソンのリリースの画像です。意味がよくわからない・・・・さらには文字が潰れて良く読めないのであるが・・。
。高齢者にはちんぷんかんぷんだ。その点、メインの読者が高齢者の新聞は説明が明快。

ローソン店内でアマゾン買い物できる コンビニと提携 by朝日新聞

あわせて読みたい

「ローソン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    17時に新橋で飲む人はどんな人?

    常見陽平

  2. 2

    カジノ反対派 ブーメラン続発

    木曽崇

  3. 3

    トランプ氏 蔡氏との会談の意味

    門田隆将

  4. 4

    つるの剛士を批判 リテラの矛盾

    和田政宗

  5. 5

    公営賭博だけは許す共産の謎論法

    木曽崇

  6. 6

    "首相はロシアの腹芸に騙された"

    江田憲司

  7. 7

    専業主婦手伝わない夫に非難殺到

    キャリコネニュース

  8. 8

    質の低い医療情報を好むユーザー

    赤木智弘

  9. 9

    "大企業で働いても貧困"が急増

    しんぶん赤旗

  10. 10

    インドネシアでクーデター未遂?

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。