記事

「一日に2人の大臣の辞職は極めて異例。総理の任命責任が問われる」海江田代表

海江田万里代表

 海江田万里代表は20日、定例記者会見を党本部で開き、(1)小渕、松島両大臣の辞任問題(2)野党間の協力関係の推進――などについて発言した。

 両大臣が辞任した件について海江田代表は、「1日に2人の大臣が辞任するということは極めて異例なこと。安倍総理の任命責任もあらためて問われることになる」と指摘。「松島大臣の辞任会見を見ていたが、うちわを配ったことの違法性についての言及がなかった」として、国会で説明責任を果たすべきだと述べた。階猛議員が提出した松島議員の告発が同日受理されたことにも言及し、「政治的責任に加え、法的な責任もある。検察には厳正な捜査を期待する」と述べた。

 同日開かれた野党幹事長・書記局長会談でも安倍総理の任命責任と、他の大臣の説明責任も国会内でしっかりと追及していくことが確認されたと報告し、「今後も野党間の協力関係を進め、大臣の資質の追及や安倍政権の経済政策の検証等について国会内でしっかりと議論していく」と説明した。

 内閣改造後に「政治とカネ」の問題で疑念を持たれる閣僚が続けて出ていることについて感想を聞かれた海江田代表は、「一強多弱と言われる状況もあって、適格性について事前の検査をきちんとやらなかった。おごりやゆるみがあったのではないか。今日辞任した2人の大臣以外にも西川農水大臣、塩崎厚労大臣の資質に疑問がある。引き続き国会で追及していく」と述べた。

 拉致問題について、家族会から懸念が出る中での平壌への政府代表団派遣についてどう考えるかとの問いには、「どういう情報が得られるのかが見えてきたところで行くべきだと思う。なんでそんなに前のめりになるのかと思う」と感想を述べた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「第2次安倍改造内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの生ビール販売中止は正解

    ヒロ

  2. 2

    「人殺し大臣」発言に懲罰はなし

    和田政宗

  3. 3

    川上量生氏「批判は私が受ける」

    川上量生

  4. 4

    「日本の技術はスゴイ」は勘違い

    Dr-Seton

  5. 5

    川上量生氏の独白 都が裏取引か

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    野田氏への疑惑が総裁選に影響か

    天木直人

  7. 7

    「ドラクエ式」が被災地で大活躍

    中妻穣太

  8. 8

    山本太郎氏の品位欠く罵声に呆れ

    早川忠孝

  9. 9

    小室圭氏留学 皇室パワー利用か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    「野党は反対するだけ」はデマ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。