記事

臨時国会の総理所信表明に関連して

 まず、本ホームページが一新され、入力に慣れないので手間取って記事書き込みが遅れて申し訳ありません。
 本日、本会議での代表質問が終了したので部屋に戻り、これから、新しいホームページにおいて初めて書き込みをさせていただきます。
 これからもよろしくお願いいたします。

 二十九日の安倍総理の所信表明演説を聴いて。
 まず第一に、非常にソフトであり、ひたすら生活のこと、経済のことに話題を集中していた。従って、前半は、物産展を見て回った感想のようになった。
 後半は、外交と国防に関して表面だけに触れて流したなあ、という印象であった。

 安倍内閣の一年数ヶ月の最大の特色は、外交と国防つまり集団的自衛権行使容認にあったのに、この特色を消した所信表明になっていた。
 よって、そつない、優等生の答案のような印象をうけた。
 そして、ふと思った。
 昭和三十五年に岸信介総理が、大規模な反対デモのなかで安保条約の改定を成し遂げた。その時、経済ではなく国防と外交路線に、国民の関心は大いに高まったのである。
 しかし、その後に誕生した池田勇人総理は、国民の国防への関心の高まりによる緊張状態を忘却させるために、低姿勢に徹して、心地よい経済、つまり「所得倍増計画」を打ち出した。
 スケールは違うが、所信表明を聞いていて、安倍さんは、この池田勇人の「低姿勢」を真似たな、という感じがした。
 岸信介は、安保改定を成し遂げて退陣し、池田勇人があとを引き継ぐ。岸と池田は別人だ。
しかし、安倍晋三は同一人物なのだから、突然、妙な低姿勢に移って物産展の説明をするのではなく、お爺さんと同じ姿勢を貫けばいいのにと思う。

 災害対策について。
 まさに今、御嶽山の大噴火で多数の登山者の救出活動が行われている。
 先月の豪雨では、広島市をはじめとして大規模な土石流による惨害が起こり、本年初等の大雪害では多くの町が雪で孤立して住民の避難が困難となった。
 我が国は、今、天変地異のなかにある。

 そこで、安倍総理は、所信表明の冒頭で、災害対策基本法の改正をやると言ったのだが、何をやるのかと言えば、雪で動かなくなった車両が救助活動の邪魔になったので、それを解消するために「改正」するのだという。
 
 これだけか。総理大臣たるのも、災害救助の現実をもっと観ろと言いたい。

 広島の土石流被害も、現在の御嶽山噴火被害においても、災害救助組織は、警察、消防そして自衛隊の順に位置づけられている。
 この三つの組織が災害救出にあたる。
 では、この三組織の指揮命令系統は如何に機能しているのか。
 この命令系統が機能するか否かで救助の可否がかかっている。即ち、人命がかかっている。
 従って、政治は、現在の災害の渦中にあって、この指揮命令系統のあり方に注目して、災害対策を練り直さねばならないのではないか。

 例えば、全員が防毒マスクを着けて行動する訓練をしていない組織や、防毒マスクが隊員に行き渡っていない組織が指揮を執っていて、「このガスでは救助活動は無理だから本日は中止する」と決定したとする。
 しかし、自衛隊は全国に毒ガスの中で活動する訓練を積んでいる隊員を五万と抱えている。
 従って、この指揮命令系統では、救助できた人を救助せずにむざむざ放置してしまうことになるではないか。
 
 NHKなどのマスコミにおいての、救出作業の報道は、何時も「警察、消防、自衛隊」の順に呼ばれている。
 災害救助は、まず現地の警察と消防が主体となり、その応援に自衛隊があとから入るということだろう。
 それで、警察か消防が指揮を執り、自衛隊に「これをして欲しい、あれをして欲しい」となる。
 通常の災害現場はこれでいい。
 しかし、広島や御嶽山の現場を観ていただきたい。
 あの土石流の現場や御嶽山の現場で、働ける車両や航空機を持っているのは自衛隊しかない。
 警察や消防が持っているパトカーや消防車はあの現場には行けない。
 また警察・消防のヘリコプターは、噴石が飛び交っているところを飛べるほど丈夫ではないし、ヘリから隊員をや機材を降下させたりする構造になっていない。
 しかも自衛隊は、命令一つで全国から直ちに何万人も動員できる。

 従って、総理大臣は、雪で動けなくなった車両を撤去できるようにする、というようなちまちましたことを所信表明冒頭で言うよりも、災害対策=国民の命を救う、この根本方針を鮮明にすべきである。
 つまり、広島の土石流や御嶽山噴火のような「大規模災害」即ち「緊急事態」においては、その地域を担当する陸上自衛隊の連隊が主体となり、連隊長が警察と消防を指揮し統轄して、住民の救出にあたるという明確な指揮命令系統の切り替えをしなければならない。

 昨夜と本日にかけて御嶽山には多くの「心肺停止の人」が頂上付近に横たわっているのに、「捜索・救出は中断する」という状態がたびたびあった。
 私が疑問に思ったのは、如何なる能力を持った組織が、この「救出中止」の判断をしているのだろうか、ということであった。
 自衛隊は、防毒マスクを着けて大型ヘリから降下し戦闘する訓練を積んでいる。
 そのヘリも少々弾丸が当たっても壊れない構造だ。
 従って、自衛隊なら、少々のことで人命救助を中止しないだろうと思う。
 御嶽山の現場を知らないので、これ以上言えないが、まことにじれったいし、救助を中止されて横たわっている人が気の毒でならない。

あわせて読みたい

「御嶽山噴火」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ミヤネ屋インチキ医療特集に称賛

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    定年後は蕎麦打ち職人になるな

    内藤忍

  3. 3

    海老蔵と麻耶 歌舞伎界の非常識

    NEWSポストセブン

  4. 4

    高須氏「衆院解散は正しい戦略」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    豊田議員あと一歩で逃げ切り逃す

    文化通信特報版

  6. 6

    よしのり氏 山尾氏の謝罪に苦言

    小林よしのり

  7. 7

    今度こそ北朝鮮の崩壊は秒読みか

    自由人

  8. 8

    共産の要求激化で選挙協力崩壊か

    猪野 亨

  9. 9

    豊田・山尾問題は孤独が原因か

    幻冬舎plus

  10. 10

    金正恩氏が米国への本音を吐露か

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。