記事

志の違い

 先のエントリーで、「企業団体献金」について書きました。

 何故、止められなかったかというと、簡単な事でして「貰っている人がいた」ということと「もっと、貰いたいと思った人がいた」ということです。たしかに廃止してしまえば痛手になる方もいたでしょうが(私はなりませんでした)、政局論的に言えば、自由民主党の方が痛手だったでしょう。「肉を切らせて骨を断つ」といった発想にすらなりませんでした。

 ちょっと話が飛びますが、私は今よく「何故、民主党を目指したのですか?」と聞かれます。本当によく聞かれます。私の答えは「自由民主党の良くない慣行を止めさせたい、と思ったからです。その青雲の志自体は(政党所属云々にかかわらず)変わっていません。」とまず答えるようにしています。

 そこからはかなり正直でして、「私は自由民主党の良くない所を止めさせたいと思っていました。しかし、当選後、必ずしもそういう思いを共有していない方がいる事にも気づきました。『自由民主党のやっている良くない所を止めさせたい』ではなくて、『自由民主党のやっていることを止めさせて、自分達がやりたい。』という方が一定数いたことに結構驚いたものです。当選直後、『業界団体とのお付き合いの仕方講座』みたいなオリエンテーションを受けた際に、とても違和感を持ちました。そういう手法と違うことを志向して政権交代を訴えたのではなかったのかと思ったものです。それが国民に嫌われたという所もあると思います。ただ、私が抱いた青雲の志は変わっていません。」、こんな感じの話をしています。

 この「自由民主党のやっている良くない所を止めさせたい。」と「自由民主党のやっていいる事を止めさせて、自分達がやりたい。」との違い、企業団体献金のみならず、色々な所に出てきました。あるマスコミの方と話した際、「民主党は広い国民支持を顧みず、目の前の業界団体に飛びついてしまった。」と言われたことがあります。そういう事なのかなと改めて思います。

 もっと言うと、慣れていなかったので、「自由民主党のやっていること」をやろうとした際に、かなり露骨にやってしまって、業界団体の方々にも嫌われてしまったという面もありました。見ていて、あまりの露骨な圧力振りにビックリした場面を何度か出会いました。

 その結果が今回の「経団連による企業団体献金の再開」です。今更、「あの時、やはり廃止しておけばよかった。」と思うのは、(自戒を込めて)とても拙劣な事だと思います。

 少し青臭いことを書きました。落選中ですから、これくらいの事は書いてもいいでしょう。偽らざる思いです。

【関連記事】<br /> 企業献金

あわせて読みたい

「政治献金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    秋篠宮さま 小室親子はもう他人

    女性自身

  2. 2

    朝日「安倍支持ネット民は貧乏」

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    沢田研二の公演中止は罪深き甘え

    常見陽平

  4. 4

    よしのり氏「沢田研二は哀れ」

    小林よしのり

  5. 5

    謎の会社、ギガファイル便を直撃

    BLOGOS編集部

  6. 6

    若者が野党を批判する理由に衝撃

    猪野 亨

  7. 7

    18歳の47% 将来も新聞読まない

    宮崎正

  8. 8

    田原氏が佐々淳行氏との激論回顧

    田原総一朗

  9. 9

    老人は賃貸困難 50代で部屋探せ

    MONEY VOICE

  10. 10

    歌姫の発言でトランプ氏ピンチに

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。