記事

信号待ちを楽しく変えるスマートなアイディア?赤信号のLED人間が踊りだす、smartのバイラル動画広告

(この記事は9/2ビジネスジャーナルに寄稿された原稿と同様の内容です)

金曜日のネットマーケティングレポートをお送りします。
アクトゼロの黒沼(@torukuronuma)です。

今日は二人乗りの小型自動車ブランド「smart」が公開したバイラル動画広告をご紹介します。smartは #WhatAreYouFOR というスローガンで街を楽しくするアイデアをTwitter上で募集しています。もっとこうなれば街が楽しくなるのに!という自由なアイデアをユーザーから集めるために作られたバイラル動画広告です。信号待ちが退屈なあまり、赤信号でもわたってしまう人は跡を絶ちません。どうすれば安全性を実現することが出来るでしょうか?早速どうぞ。

The Dancing Traffic Light

1
「待つことが好きな人なんていません」

2
信号を待たず道を渡ろうとするカップル

3
「そのことが歩行者にとって交差点を最も危険な場所にしてしまっているのです」

4
「だけどもし待つことを楽しい時間に変えることができたら?」

5
踊りだす赤信号のLED人形

6
「踊る信号」

7
街の一角には、LED人形が大きく映しだされた信号型のボックスが現れました。

8
続々と中に入っていく人たち。

9
中には何やらステージのようなものが、

10
目の前のモニターには「ダンスの準備はいい?」の文字が。

11
「こうして撮影されたダンスは信号機のLEDにリアルタイムで反映されます」

12
こんなかんじで。

13
赤信号の異変に気づき注目する信号待ちの人々。

14
合わせて踊りだす女の子。

15
「どうなったかって?信号でちゃんと待つ人が81%以上の人たちが信号をちゃんと待つようになりました」

16
「しかもしっかり楽しんで待つことが出来たのです」

17

smartのコンセプトに合った正しいブランディング動画

そもそもsmartは、低燃費で環境にやさしく、必要十分なサイズの二人乗り小型自動車、というコンセプトで始まったプロジェクトでした。2008年からは黒字化し、小型車ブランドとしてブランド認知を進めています。それまで一般車としては常識と考えられていた四人シートを捨てることで、二人乗りならではの高い居住性と安全性を実現した、正にスマートな「発想の転換」がコンセプトにあったブランドです。今回の#WhatAreYouFORキャンペーンでもその成り立ちと同じように、スマートな街についてユーザーにアイデアを募集しています。ブランドコンセプトを正しく表現した動画広告だと言えます。

smartは過去にも、次のsmartは巨大にするというフェイクのコンセプト紹介動画を公開し、大きな話題を読んでいます。その根底に流れるのは軽快なユーモアです。消費者へのブランディングを目的として動画コンテンツの活用がますます進んでいます。

あわせて読みたい

「バイラルマーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏"小池都政は大成功だ"

    橋下徹

  2. 2

    日産「ノート」が売上1位の理由

    片山 修

  3. 3

    報じられない「熊本地震」の現状

    田野幸伸

  4. 4

    示唆を与える湯浅誠氏のスピーチ

    亀松太郎

  5. 5

    ピコ太郎が今年のYouTube2位獲得

    島田範正

  6. 6

    "安定を求めて公務員"は正しいか

    シェアーズカフェ・オンライン

  7. 7

    "1分で心掴む"小泉進次郎の流儀

    PRESIDENT Online

  8. 8

    "日本死ね"を言葉狩りする曽野氏

    小林よしのり

  9. 9

    mixi黒歴史晒しで休眠アカ一掃?

    アクトゼロ ブロガーズ

  10. 10

    "真珠湾攻撃"伝える当時の米社説

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。