記事

北朝鮮の世継セレモニーで韓国人がいっぱい死傷

 北朝鮮で世代交代がつつがなく進んでいるらしく、祝福の火砲が韓国人の住む島にたくさん着弾、文字通りアジアの火薬庫のような感じで面白い具合に国際世論が右往左往しており興味深いわけです。

 支持率が下がって中間選挙もアレだったオバマ政権も、これ幸いとお話に強い介入の意向を示し、まああらゆるオプションを取るつもりはないのだろうけれどもこれはこれで面白事態に。

「非道な行為」オバマ大統領が激怒…北朝鮮砲撃
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101124-OYT1T00245.htm

 ついでだから懸案になっていた朝鮮学校の支援もサスペンデッドにしておこうという日本ならではの羹膾芸が炸裂しており、こちらも要チェックですね。

仙谷長官、朝鮮学校の無償化「停止の方向」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101124-OYT1T00452.htm

 その間に、某トミ子女史が何か言っています。

北朝鮮関連団体の動向把握、公安委員長が指示
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101124-OYT1T00593.htm

 いま北朝鮮は国内調整に手一杯で、出先機関にそれほど重要な指示や情報を流しているとは考えづらいところではあるんですが、あの岡崎トミ子女史がねえ。本人が直接総連に出向くとお土産ついでにいろいろ教えてくれそうな気がしますけれども。

 本来であれば、こういう有事のときに左翼・反日繋がりで情報が取れると大変有用なはずなのですが、逆に組織からうっかり情報を上げてしまうとトミ子女史を通じて漏れてしまう可能性も否定できないわけで、先般のテロ関連情報流失事件と併せてつばぜり合いについてはしっかりチェックしておきたいところではあります。

 それにしても、最近関係が微妙だったとはいえセレモニーの具として砲弾を撃ち込まれる韓国ってかっこいいです。尖閣諸島の比ではありません。李大統領、本気で怒ってるし。中国やらASEANやらの動きもそぞろ気になるところですが、もともと安全保障の観点から言うならば朝鮮有事のシナリオはどこも想定しているわけで、そのうちのひとつが発動ということに過ぎないのかなあと。その割に、日本は結構上から下まですったもんだして、何か陸幕の人が越権してたり首相に二時間も情報(それも攻撃の第一報)が上がらなかったり官邸・補佐官と外務で統制が違ったりと訳が分からないです。

 日本固有の安全保障として、誰が責任を取って物事を進めているか分からないので、誰に影響力を行使すれば問題に作用できるのか外側から理解できないという「肉のカーテン」みたいなのができているのかもしれませんけどねえ。常識的に考えれば今回は本格的な軍事活動ではなく、襲名記念砲撃であって、継戦を考えての作戦ではないよなあという雰囲気なのですが、韓国が大統領以下マジ切れして面白対応することだって考えられるわけで、下手に韓国にうまく立ち回られると米韓協調が深まって日本としては楽しくありません。

 むしろ、北朝鮮が限定的な作戦しか実行する能力がない割に、やたら騒いで目立つために、かえって中国の問題やアジアのマルチラテラルな外交が混乱して事実上中国アジア外交の駒になりかねないし、日本にとってはいいことひとつもないですね。

 お口直しにこちらもどうぞ。

http://moech.net/imgboard777/redirecthtm/1290509785754.htm

トピックス

ランキング

  1. 1

    貴ノ岩叩きで手の平返すマスコミ

    キャリコネニュース

  2. 2

    三田佳子次男 元乃木坂に暴行か

    女性自身

  3. 3

    よしのり氏「杉村太蔵見直した」

    小林よしのり

  4. 4

    板尾不倫騒動 ラブホ=SEXは古い

    メディアゴン

  5. 5

    ユニクロの闇は日本企業の行く末

    fujipon

  6. 6

    日産 会見出ないゴーン氏の思惑

    片山 修

  7. 7

    大阪市長の正論を非難する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏の辞任劇は「死んだふり」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    朝日新聞は憲法改正の認識が甘い

    小林よしのり

  10. 10

    「アベ辞めろ」入らぬ流行語大賞

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。