記事

「両立できそうな仕事はないし、大変そう」尻込みする専業主婦たち。彼女たちを労働市場に「連れ戻す」ために必要なものって何だろう。

1/2
経済成長のために「女性活用」ムードが盛り上がる昨今。結婚や出産などで“家庭に入った”女性たちに、再び働いてもらおうとの機運も高まっています。そんな女性たちへ向けたイベントが名古屋で開かれると聞き、7月19日(土)、「ママの就活応援フェスタ」(於・名古屋栄三越)に参加してきました。名古屋の子育て事情が知りたい!という好奇心もあり、どんなママたちが集まるのかもちょっと楽しみです。

共働きのエキスパートが語る、「小1の壁」の本質とは?

午前11時。イベントの1stステージは、保育ジャーナリストの普光院(ふこういん)亜紀さんによる講演。題して「再就職と子育ての両立入門」です。普光院さんは、出版社で働きながら2人の子供を育てた経験から、『共働き子育て入門 (集英社新書) 』などの著作を多数出版、「保育園を考える親の会」の代表も務めておられる「共働きのエキスパート」です。お話の中で最も興味深かったのは、共働き夫婦が直面する「小1の壁」について。

保育ジャーナリスト、普光院亜紀さんの講演の様子
「小1の壁」とは一般的に、「保育時間の壁」だと考えられています。保育園に預けている間は、20時や21時までの延長保育があったのに、子供が小学生になって「学童保育」を利用するようになると、預かってもらえる時間は一気に18時頃までになってしまう。よって多くのワーキングマザーは、「誰に子供を見てもらえばいいの!?」と両立の困難に直面するのです。が、この「小1の壁」、普光院さんいわく「保育時間の問題ではない」というのです。え、どういうこと?

自由に遊んでいられた幼児期とは打って変わって、小学生になると、宿題や明日の準備などの課題が増えます。子供には自分で自分を律する力が求められるようになりますし、その分、ストレスも増える。これが本当の「小1の壁」なのです。なるほど、「保育時間の問題ではない」というより、「保育時間の問題に加えて、子供が自立するための負担がのしかかる」のが「小1の壁」なのですね……。共働きだと、この壁をいかに乗り越えるか、かなり大変そうです。

職場では、「お子さんはもう小学生だから、楽でしょう?」と言う人もいるでしょうし(実際は保育園の頃より大変なのに!)、子供が小学生になってからも「時短制度」を使える会社はまだ多くありません。子供は周囲が思うほど、すぐには自立してくれませんし、やっぱり「手をかけて」育ててあげるのがよいのではないか。小1の子供が学校から帰ってきたときに、鍵っ子はかわいそうかもしれない。サポートがない中での共働きって大変だよなぁ……と、暗い気持ちに。ただ、普光院さんいわく、それでも共働きには「ポジティブな面が沢山ある」といいます。

母親が働いていれば、家事がおろそかになる、子供との時間が減るなどのデメリットもあるわけですが、こうしたデメリットは、家事を通して夫婦の相互理解を深めたり、子供から適度に目を離すことで自分は外の人間関係を広められるといった「メリットの裏返し」でもあるからです。何より、子供にベッタリにならない、過干渉にならずにいられる。さらに最大のメリットは「経済的なゆとりができること」。その上、外の世界に出ることで自己成長できるのであれば、共働きも悪くないかもしれません。そんなことをあれこれ考えているうち、イベントは2ndステージ、「再就職ママの好感度アップ外見術」へ。

スタイリストが指南する、「お仕事ママ服」の真髄とは

次は、アラフォー向けファッション誌『STORY』などで活躍するスタイリスト、若狭恵美さんによる「お仕事ママ」のファッション指南です。若狭さんは愛知県の出身。2歳の女の子を育てるワーキングマザーでもあります。個人的にはファッション術よりも、彼女がいかに両立ライフをこなしているか、というお話に心惹かれました。

「スタイリストは、常に最新の流行を知っている必要がある。育児で休んでいると、流行についていくのはかなり大変でした」と語る若狭さん。
左がスタイリストの若狭さん。マネキンは左が「面接用」、右が「お仕事用」の着こなし。どちらも洗える素材で、産後の体型変化をうまくカバーしてくれるシルエット、かつストレッチ入りで動きやすい服装です。大ぶりのアクセサリーで華やかさを出すのもポイント
左がスタイリストの若狭さん。マネキンは左が「面接用」、右が「お仕事用」の着こなし。どちらも洗える素材で、産後の体型変化をうまくカバーしてくれるシルエット、かつストレッチ入りで動きやすい服装です。大ぶりのアクセサリーで華やかさを出すのもポイント 写真一覧

若狭さんいわく、「フリーランスのスタイリストなので、断っていると仕事は減ってしまう。両立は難しいですが、今は仕事をセーブしながら、夫に助けられつつ働いています。最近、子供が2歳になって、ようやく仕事のペースが掴めてきたところです」。

同じフリーで働く者として、「断っていると仕事が減る」という点にはかなり共感しました。子育て中は仕事がしたくないのなら、断ればいい。でも、確実に仕事はなくなります。会社ではない場所で、ある意味「個性」(という言い方は嫌いですが、あえて使います)を発揮して働きたいと「フリー」を選んだ人間は、自由を得る代わりに、「子供を産んでも育休はおろか、仕事が続く保障もない」という現実を受け入れる必要があるのでした。先が思いやられる……。

スタイリストの若狭さんは、「食事は朝、煮込み料理をまとめて作っておく」などの工夫のほか、時にはベビーシッターをお願いすることもあるそうです。さらに、「スタイリストという仕事柄、どうしてもアクセサリーを身につけたり、ハイヒールを履いたりすることは多くなります。保育園へお迎えに行くときは、イヤリングを外したり、ヒールからスニーカーに履き替えたりしますね。遅くなった時は特に……」(若狭さん)。

カジュアルな格好の母親たちが多いお迎え時、何かと「浮かないように」気を使っておられるのでしょう。華やかな世界で働く彼女も、保育士さんや他のママの「人目」を気にしているのでした。

若狭さんは、スタイリストという仕事柄、かなりおしゃれです。当日のファッションは、モノクロのプリントTシャツに、シルエットがきれいな黒のクロップドパンツ。足元はポインテッドトゥのパンプスで、手首には太いバングル(ゴールド)。イヤリングもゴールドで統一されていて、まさに青山あたりを歩いていそうな……そんな彼女も、両立で苦労しているのだなぁ、と感慨にふけっているうちに、ステージは終了。

終わった後、参加者の主婦の方にお話を伺ったところ、「ファッションのお話はためになったけど、あんなおしゃれな人、名古屋にはいないよねぇ。ちょっとあの格好じゃ、名古屋は歩けないわ……」と仰っておりました。「そもそもおしゃれにあんまり興味がなくて」というママも。え!名古屋も十分、都会でおしゃれなイメージがあるのに!と感じたのですが、そこはやや保守的な土地柄もあるのでしょうか。

あわせて読みたい

「ブロガーが見たソーシャルイノベーションのいま」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    保育士を見下す堀江氏のさもしさ

    赤木智弘

  2. 2

    2chの賠償金 ひろゆき氏が告白

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    ネトウヨが保守論壇をダメにした

    文春オンライン

  4. 4

    白票・棄権票が持つ大きな意味

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  5. 5

    大混乱を未然に防いだ小池都政

    上山信一

  6. 6

    投票率は? 前回が戦後最低52.66%

    THE PAGE

  7. 7

    売春島と呼ばれた渡鹿野島はいま

    文春オンライン

  8. 8

    辻元氏 米は他国民を救出しない

    辻元清美

  9. 9

    サギ師が使う人の心を操る話し方

    fujipon

  10. 10

    ネトウヨによる保守のビジネス化

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。