記事

たった30年後、人類は万物の長ではなくなっている!

もうあまり流行りませんが「ネットサーフィン」というフレーズがあります。ネットの海をリンクで辿ると、思いがけないものに出会うというニュアンスも含まれそうです。それを実感したのが、ちょっとショッキングな標題(原文はBy 2045 ‘The Top Species Will No Longer Be Humans,’ And That Could Be A Problem)を掲げるBusiness Insiderの記事でした。

きっかけは、つい先日、NHKが報じた「米メディア 記事もコンピューターが作成」というニュース。検索すると、この記事のソースはニューヨーク・タイムズのこの記事あたり。NHKにはありませんでしたが、この技術を提供するのはAutomated InsightsだとNYTの記事にあります。

そこで思い出したのが、ちょうど2年前にこのブログに書いた生身の記者がいなくなる日 という記事のこと。ここでは、フォーブスはじめ多くの企業がシカゴのベンチャーNarrative Science 社の人工知能搭載のソフトを使っていることを紹介しました。Narrtive Scienceが劣勢になったのか?ちょっと気がかりになって、とりあえずそっちへ行ってみました。

Narrtive Science社のPress & Newsのページを見ると、相変わらずいろんなメディアで、同社の看板ソフト「Quill」のことが取り上げられているようで、健在でした。で、そこにあったのが、冒頭の「By2045 ーーー」という見出し。2045年と言えばたった30年後のことではありませんか!さっそく、その記事に飛んでみました。

この恐ろしい御託宣をしたのは「物理学者にして起業家、そしてThe Artificial Intelligence Revolutionという本の著者」というLouis Del Monte氏。以下は雑訳によるその記事の要旨です。

・今日、AI(人工知能)マシンがどれだけの知能を持ち、相互関係能力を持つかについての規制がない。このまま続けば、指数関数的なトレンドを見ることになる。そしてまもなく特異点に達する。そこで人々が見るのは、人間はもはや万物の長ではなく、それはマシンだということだ。(you’re going to see that the top species will no longer be humans, but machines.)

・マシンの知能が個々の人間に勝るだけでなく、人類すべての知能に勝る時期についての平均的な予測は2040年だが、遅くとも2045年だろう。それは”ターミネーター”のようなものじゃない。特異点を過ぎた初期の段階で考えられる一つのシナリオは、マシンが人間をサイボーグに変えることを目指すことではなかろうか。

・こういうことは、今、現に起きていることだ。障害のある手足をパーツで補完しているような。21世紀の終わりには、人類の殆どは部分人間、部分マシンのサイボーグになっているだろう。その魅力は不死ということだ。マシンは医療技術でブレイクスルーを起こし、ほとんどの人類はより余暇時間を持て、「過去にこれ以上良いことはなかった」と考えることだろう。

・いずれ、マシンが自我を意識し、自分を守る可能性があることは確かだ。そこで私の懸念は、マシンが人類のことを「予測できない、危険な<種>だ」とみなすことだ。人類が害虫を見るのと同じように見るかも知れない。情緒不安定で、戦争を起こし、世界を2回も破壊できるような兵器を持ち、コンピューター・ウィルスを作る<種>だ。ルームメイトにはふさわしくないヤツだと。

・人工知能はますます高まり、我々はそれをすぐに取り入れる。心臓のペースメーカーはまさにルーティンな動作だが、それはセンサーと人工知能を使ってあなたの心臓を支配しているのだ。

・2009年、スイス・ローザンヌにあるLaboratory of Intelligent Systems in the Ecole Polytechniqueで行われた実験:エネルギーのような有益なリソースを見つけることや危険を取り除くことで協力し合うようにデザインされたロボットが、驚くことに、自分を守るためにウソをつくことを学習したことがわかった。これが暗示するのは、彼らも自己保存を学ぶということだ。

雑訳は以上ですが、たかだか30年以内に、こんな世の中が始まるなんてゾッとします。先日も、ソフトバンクが「世界初 人によりそうロボット Pepper」を発表したけど、売りはなんでも「感情認識」とか言ってました。その先に、自我や自己保存意識を持つロボットが登場し、徐々にDel Monte氏の指摘する世界が開けてくるのでしょう。NHKニュースからここまでサーフィン。こんなことが可能なのも、マシンのお陰なのだけれど。

あわせて読みたい

「人工知能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    "保守化"を認められない老人たち

    城繁幸

  2. 2

    蓮舫代表「私の国籍は日本のみ」

    PRESIDENT Online

  3. 3

    室井佑月 新聞は支持政党表明を

    キャリコネニュース

  4. 4

    日本企業復権へ「40代定年制」を

    WEDGE Infinity

  5. 5

    不祥事続き崩壊に向かう安倍内閣

    大西宏

  6. 6

    注文を"忘れる"店 大反響の裏側

    フォーブス ジャパン

  7. 7

    SMAP独立組が狙う"ネットと中国"

    渡邉裕二

  8. 8

    狙われる50代60代小金持ちオヤジ

    山本直人

  9. 9

    結婚後に1番重要なのは衛生観念?

    キャリコネニュース

  10. 10

    北朝鮮が米との交渉で痛恨のミス

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。