記事

福島原発事故がドイツ政府に与えた衝撃

 3月12日の朝まで、私たちが注視していたのは東日本での地震と津波が何をもたらしたかということでした。ドイツの新聞だけでなく、ラジオやテレビすべてが通常のプログラムを変更し、日本で起こった大惨事の報道を続けました。私の知人、友人、近所の商店の売り子さんからパン屋さんまで、家を失った生存者の方々への深い同情の念、亡くなった多くの方々への哀悼の気持ちでいっぱいだったのです。まさか犠牲者が1万人を超えるとは。ドイツ人の多くは、日本の人々がこの未曾有の大惨事をいかに克服するかを見守っていました。  ところが3月13日の午後からは福島原子力発電所の事故がクローズアップされていきます。これはドイツの私たちにも直接関わる問題です。ドイツ社会民主党と緑の党の連立による前政権は、40年を超えて運転を続ける原発を段階的に停止する(2022年までに国内原発の運転をすべて停止するとした脱原発法を制定)ことを、経済界との粘り強い交渉の末に決定しました。しかしながら昨年の秋、キリスト教民主同盟・キリスト教社会同盟と自由民主党からなる現連立政権は原子力産業界に譲歩して脱原発政策を見直し、原子力ロビイストに対して原発の稼働年数を平均で12年間延長することを約束したのです。それに対するデモが各地でなされましたが、政府の決定が翻ることはありませんでした。  しかし状況は変わりました。現在、政府の原子力政策の見直しに対する世論の批判は強く、とりわけ原発推進派である自民党に対する支持率は急落しています。来週、来月にかけて行われる主要な州議会選挙の結果は政府の立場に影響を及ぼすことでしょう。 日本の悲劇によって、有権者の票が(反原子力の)緑の党ほか、野党に向かうであろうことを承知しているメルケル首相は、彼女なりの方法でその流れを止めようと、3月14日にヴェスターヴェレ副首相兼外相とともに記者会見を行いました。その模様を「ベルリナー・ツァイトゥンク」のティモット・スヴェント・イヴァニ記者が報じているので、一部を紹介します。


 「いかに難しい状況でもメルケルは適切な言葉で世論に訴えてきた。しかし今回は違った。彼女はかつて技術を信頼し、それがゆえに原子力に固執する学者であったが、いまや日本で大惨事が起こっている。彼女は『非常に高度な安全基準を定めていた日本のような国でさえ、地震や津波による放射能の流出は防げませんでした。そのことを世界が、ヨーロッパが、そしてドイツのような非常に高度な安全基準を定めた国が無視することはできないでしょう』と述べた後、まだ考えがまとまっていない様子で『このような日に、ドイツの原子炉は安全だなどとは、言えないと思います』と続けた。メルケルの表情はこわばっていたが、即座に彼女は気を取り直して、『もちろんドイツの設備は安全だ、日本で起きたことから何を学ぶかが当然ながら問われなければならない』と述べたが、『それでもあなたは原発の稼働年数延長に固執するのですか』という記者からの質問に対し、『ヤー(イエス)』とは答えず、ただ『われわれはいま、すべての問題について議論ができるわけではないことを理解してほしい』と語ったのである。

 その日の夜のテレビで、メルケル内閣のレッティンゲン環境相が原子力の出口モデルに言及し、最後にこう語った。『われわれは原子力を捨て、再生可能エネルギーあるいは他のエネルギー源へシフトできるかどうかが問われている』と」

 野党であるドイツ社民党のガブリエル党首は、日本での地震はドイツでの飛行機墜落事故に当たり、もし旅客機が原子力発電所に落ちたらどうするのかと警告しています。緑の党のトリッティン党首は、メルケル首相がドイツの原子力発電所は安全だという一方で、国内に17基ある設備の点検を命じていることの矛盾を批判し、ドイツが原発の閉鎖を遅らせることも、脱原子力を逆戻りすることもなく、システマティックに進めることを主張し、世界規模での原子力発電所建設の一時停止を求めています

 メルケル首相は3月14日の夜、昨年秋に決定した原発の稼働年数を延長する決定を3カ月間、棚上げにすると述べました。この間、原子力産業界と新しい戦略について協議するというのです。これは一見、理性的な判断ではありますが、その結果を私たちは注意深く見ないといけません。いかに政府が産業界の利益に囚われてきたかを知っているからです。

 しかし、今回は違いました。ドイツ政府は翌日、国内の老朽化した7基の原発の運転停止を決定しました。日本での大惨事がようやく現政権の考え方を転換させ、6月15日までに脱原子力のための実現可能なコンセプトを策定することになりました。国民は非常に用心深くなり、もはや原発推進派のトリックにはだまされなくなったのです。

 福島原子力発電所では炉心溶融がすでに始まっていました。すべてはこれまでの原発事故チェルノブイリ、スリーマイル、そしてドイツのブロークドルフとヴァッカーズドルフの原発での突発事故までと同じ経過を辿っています。本当の危機は語られません。

 日本における大惨事は地球全体、とりわけ先進国に対する警告であり、私たちに社会的、経済的な転換を強いることになると思います。

トピックス

ランキング

  1. 1

    前川前次官発言で注目すべき点

    文春オンライン

  2. 2

    安倍政権は"私利私欲"の腐敗政権

    小林よしのり

  3. 3

    前川氏「お小遣い」は援助交際?

    和田政宗

  4. 4

    加計疑惑で田原氏「野党に期待」

    田原総一朗

  5. 5

    食い逃げ 処罰できないケースも?

    三浦義隆

  6. 6

    高齢者とセックスは切り離せない

    WEDGE Infinity

  7. 7

    法的手続き辞さない前川氏の覚悟

    早川忠孝

  8. 8

    どこで間違えた?民進党は怠惰

    早川忠孝

  9. 9

    前川氏への個人攻撃に読売が加担

    田中龍作

  10. 10

    韓国国内でも「日本に仏像返せ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDまたはYahoo!IDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。