記事

PTAで「もしドラ」を実践──全てをボランティア制にし父親も参加しやすい活動へ

1/3
山本浩資さん 大塚玲子さん

(左)毎日新聞記者で嶺町小学校PTO団長(PTA会長)の山本浩資さん、(右)『PTAをけっこうラクにたのしくする本』著者の大塚玲子さん

「なんとか避けて通りたい」。母親たちの間では、長いこと〝不運な事故〟のように扱われてきたPTA活動ですが、最近その魅力に気付いて動き出したのが、地域活動や子どものことに関心をもつお父さんたちです。毎日新聞で社会部の記者をしながら、お子さんが通う小学校のPTA会長を務める山本浩資さんも、そのひとり。さまざまな取り組みにより「みんなが参加しやすいPTA」を実現してきた山本さんに、『PTAをけっこうラクにたのしくする本』(太郎次郎社エディタス)の著者・大塚玲子が、お話をうかがいます。

やりたい人がやるボランティア式へ

大塚さん 山本さんのPTAでの取り組みは、テレビや新聞で紹介されたりして注目を集めていますが、どんなことをされたんでしょう?

山本さん うちのPTAではずっと「子どもが学校にいる6年間のあいだに、必ず一度は係をやる」みたいな不文律があったんですが、これをやめて、やりたい人がボランティア式でやるようにしました。委員会をなくしたので、毎春恒例だった「沈黙の保護者会」 もなくなりましたし、役員が出席する会議数も、ずいぶん少なくなりましたね。

大塚さん いま、さらっと「委員会をなくした」とおっしゃいましたけど、そんなこと、できるんですね!?


山本さん ええ、以前は6つ委員会があったんですけれど、そのうち3つは廃止にして、続けたほうがいいと判断した3つの活動については、「部活」として残すことにしました。「部活」なら入部や退部はもちろん、兼部もできるし、気に入ったら何年でも続けられるじゃないですか。そのほうが、やりたい人がやりやすくなると思ったんです。

大塚さん それはいいですね! お父さんもけっこう参加されてますか?


山本さん ええ、役員もいまは半分(11人中5人)が男性ですし、「部活」もお父さんの参加が多いです。「安全防災部」の部長は消防士さんが、「夢マネー部」(リサイクル活動などで活動資金をつくる)の部長は外資系のMBAホルダーのお父さんがやってるんですよ。

大塚さん わ、ホンモノ! みなさん、得意分野を活かして活躍されてるんですね。ほかにも、山本さんが取り組まれたことはありますか?

山本浩資さん 大塚玲子さん 山本さん 楽しく活動できるように、ネーミングもくふうしました。たとえば、うちはPTAじゃなくて「PTO」と呼ぶんですけど、最後の「O」は〝応援団〟の「オー」。PT「A」の「え~(いやそう)」をやめて、PT「O」で「おー!(元気な応援風)」にしたんです(笑)。そして、ぼくは「会長」ではなく「団長」。PTAだよりは「ファンファン」っていうんですが、これは「楽しむ」のファンと、「応援する」のファンをかけあわせた名前です(FUN+FAN)。

大塚さんいいな~、たのしそうです!


山本さん 要は、「みんながハッピーなPTA」にしていきたいんですよね。


大塚さん 拙著『PTAをけっこうラクにたのしくする本』も、まさにそれをめざして書きました。山本さんとは、この本の取材で以前一度お会いしているんですが、そのときうかがいきれなかったお話がまだたくさんあるので、今日はまたいろいろお聞かせいただければと!

山本さん どんどん聞いてください!


どうやったら惹き付けられる?

大塚さん ではまず、 毎日新聞の記者さんということで、かなりお忙しそうですが、どうやってPTA会長の仕事と両立されてるんですか?

山本さん 以前は休日など家でずっと寝てたんですが、そこを起きるようにした、というのがまずひとつ(笑)。

あとは、新聞記者って取材の合間に移動の時間なんかもけっこうあるんですよ。そのあいだに、役員のみんなからのメールをチェックしたりできるので、意外と、なんとかなるんですね。

しかもいまは、メールの代わりに「サイボウズLive」というグループウェアでやりとりするようになったので、すごくやりやすくなりました。

大塚さん お~、いつから使われてるんですか?


山本さん 今年の3月、この「サイボウズ式」で、狂言師の和泉元彌さんがPTAの話をされてましたよね。「サイボウズLiveを使ってる」って書かれてたので、あれを読んですぐ、うちも導入してみたんです。

今年度(先月)から本格的に使い始めたんですけど、すごくいいですよ。作業の効率が、5倍くらいあがりました。

大塚さん 5倍ですか!? わたしが話を盛ってると思われないか心配ですが、ほんとにおっしゃいましたからね。それは、すばらしいです。

山本さんはPTAメンバーとのやりとりにグループウェアをとりいれている

山本さんは、メンバーとの情報共有にグループウェアを活用しはじめた

山本さん おかげで、学校に集まる回数もずいぶん減りましたね。今年度に入ってから、そういえば一度もボラセン会議をやってないです。といってもまだ5月だから、2か月しか経っていませんけれど(笑)。

大塚さん それでも、すごいですよ。4・5月って、どこのPTAも会議が多いでしょう。ところで、「ボラセン」ってなんですか?

山本さん あ、うちでは「役員会」のことを「ボランティア・センター(ボラセン)」って呼んでるんです。「役員会」って、敷居が高い感じがするじゃないですか。それで「いい呼び方はないかな」って考えたところ、ボランティアをしたい人と、ボランティアが必要なところをマッチングさせる部署なんだから、「ボラセン」でいいじゃないかと。

大塚さんたしかに! 名前を変えるだけで、ずいぶんイメージが変わりますね。ボラセンなら、やってみたくなります。

山本さん 「ベルマーク活動」は、「ベルママ」って呼んでます(笑)。一度「この活動はなくそう」って話も出たんですけれど、「やめたくない」って人もいたので、だったら、そういう人を中心に楽しくやればいいじゃないってことで、これも名前を変えました。

最近はもう、ぼくだけじゃなくみんながこういう発想です。いままでのPTAのおカタイやり方じゃなくて、「どうやったらみんなを惹きつけられるか」ってことを、みんなが意識してやってますね。

あわせて読みたい

「PTA」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ナチス賛美する高須氏は医師失格

    清 義明

  2. 2

    コンビニで現金払いする人は迷惑

    内藤忍

  3. 3

    新旧首相が会食 超豪華4ショット

    笹川陽平

  4. 4

    上原不倫NG 松本人志フジに苦言

    渡邉裕二

  5. 5

    大ヒットネトウヨ本の粗末な中身

    PRESIDENT Online

  6. 6

    雷雨で強行 花火大会運営に絶句

    かさこ

  7. 7

    鈴木議員 マスコミの対応に苦言

    鈴木 たかこ

  8. 8

    慰安婦と軍艦島 韓国若者の本音

    NEWSポストセブン

  9. 9

    ヒカル氏のVALU売り逃げは詐欺か

    文春オンライン

  10. 10

    ひろゆき氏語る「奴隷のやめ方」

    サイボウズ式

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。