記事

学問の自由が脅かされる 従軍慰安婦の講義を「学生の声」を利用し、誹謗する産経新聞

 産経新聞が恐ろしいキャンペーンを張っています。
講義で「日本の蛮行」訴える韓国映画上映 広島大准教授の一方的「性奴隷」主張に学生から批判」(産経2014年5月21日)
 この広島大学の准教授は、講義の中で従軍慰安婦問題を扱い、「韓国映画「終わらない戦争」。元「慰安婦」の証言をもとに構成された60分のドキュメンタリー映画」を題材に使ったものです。
 この産経新聞の記事は、この准教授についてわざわざ「韓国籍」として報道し、いかにも偏向しているというような扱いです。
 そして、大学生の声として、「男子学生は国立大学の授業として、慰安婦募集の強制性があたかも「真実」として伝えられたことに疑問を呈し、「何の説明もなしに、あの映画を流すのは乱暴だ」と指摘する。」として紹介しています。

 大学の講義ですから、その大学の研究者たちがその学問としての成果を学生に講義を行うことは当然のこと。
 しかも相手は大学生。最高裁旭川学テ判決(昭和51年5月21日)によれば大学生について以下のように述べているのが参考になります。
憲法の保障する学問の自由は、単に学問研究の自由ばかりでなく、その結果を教授する自由をも含むと解されるし、更にまた、専ら自由な学問的探求と勉学を旨とする大学教育 (略) 大学教育の場合には、学生が一応教授内容を批判する能力を備えていると考えられる

 大学は学問研究の場であり、学生もその構成員として批判的見地を持つことは当然ですが、講義そのものを否定するのは学問の自由の否定でしかありません。
 産経新聞は、気に入らない講義、教員に対し、直接、産経新聞が批判するという形ではなく、「学生の声」を利用しているに過ぎないのです。

 もともと大学の講義そのものが一方通行のものが多いのですが、試験の採点そのものもその延長線上にあることも少なくなく、試験の解答がその教員の見解にあったものでなければ単位がもらえないなどということであればそれは問題になるでしょう。
 しかし、そのことと講義そのものを否定するのは意味が全く違うのです。
 産経新聞の記事は悪意に満ちあふれています。

参考
「『産経新聞』報道を契機とする言論への圧力を許さず,学問の自由を守ろう」 (広島大学での慰安婦史実の授業へのl攻撃に日本科学者会議が抗議)」(村野瀬玲奈の秘書課広報室)

あわせて読みたい

「産経新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人気グラドル 枕営業告白の真意

    文化通信特報版

  2. 2

    NHK受信料700億円増も用途に疑問

    わんこ☆そば

  3. 3

    民進議員 無所属・岡田氏を批判

    櫻井充

  4. 4

    橋下氏 統一会派破談に「当然」

    橋下徹

  5. 5

    官僚は徹夜も 消耗戦状態の国会

    松井孝治

  6. 6

    電ファミ 誤報も開き直りで炎上

    tenten99

  7. 7

    安倍首相 欠席のふりして平昌へ?

    天木直人

  8. 8

    詩織さん事件 検事名まで黒塗り

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    松井府知事の名誉毀損訴えに反論

    米山 隆一

  10. 10

    韓国籍離脱者が急増 兵役逃れで

    NewSphere

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。