記事

北朝鮮と国境を接する中国延辺朝鮮族自治州にて

 この連休は北朝鮮と国境を接する中国の延辺朝鮮族自治州に来ています。

 1960年代に帰国事業で日本から北朝鮮に渡り、40年あまり過ごした後に脱北した方が中朝国境地域を案内してくれることになりました。この方は『日本から「北」』に帰った人の物語』の著者でもあり、ご自身も長白市で脱北後、この地域に戻るのは初めてとのこと。当時お世話になった方に会って残されたご家族の帰国の可能性を少しでも知りたいと考えていました。私もご一緒させて頂き、延辺朝鮮族自治区の延吉や長白を中心に脱北者を巡る現在の状況を調査するとともに、ご本人の北朝鮮での日々についてお話を聞かせていただくことにしました。

 1959年からの帰国事業で北朝鮮に渡った方は9万3千人以上。その中には1800人の日本人妻と6800人に及ぶ日本国籍を持った家族たちも含まれます。この方々を何とか帰国させること、また、北朝鮮から国境を越えて中国に入る人々が置かれた最新の状況を調べ、人道的な措置と地域の不安定要因の最小化の両立につながる政策を提案することが私の長年のテーマと考えてきましたが、今回はそのための貴重な機会になりました。

 29日に日本を出発して当日の深夜に延吉市に到着。翌日からリサーチを開始しました。31日から2泊3日で延吉から約500キロ離れた国境の町・長白に行きました。

 長白の町は北朝鮮に一番近く、わずか数メートル幅の川の向こうに北朝鮮の人々の生活が手に取るように見えます。夜は真っ暗になってしまう町並みや人々の様子を見れば貧しく苦しい生活は一目瞭然です。脱北者を巡る状況は常に変化しているようですが、命懸けの行動であることは変わりません。

 こちらに来てお話した方々は、金正聖体制になって国境警備が非常に厳しくなり、見つかればその場で射殺。上手く川を渡っても中国側の捜索も厳しくなり、公安に見つかれば強制送還されると聞いていました。しかし、国境貿易に関わっている人たちに話を聞いたところ、最近は少し状況が変わってきたとのことです。

 金正聖体制になり、金正日時代の軍事一辺倒から『国民を食べさせる』ことが重要と少しずつ政策転換しているようです。軍の備蓄米を配給したり、土地を試験的に個人に分配したり、中国の改革解放の初期のような状況になりつつあるとも聞きました。そうなると、新しい局面に移行できるかどうかは国際社会との関係構築が重要になってきます。人道的措置として拉致問題の解決、日本国籍者の帰国、さらに脱北者への配慮などがより前向きに検討される可能性が出てきたと言えるかもしれません。日本政府の対応の在り方について国会で問題提起したいと思います。

 詳しくは帰国後に報告します。

北朝鮮恵山市を背景に


川で洗濯をする北朝鮮の女性たち


恵山市中心の様子

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮司殺害 犯行時の異様な言葉

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大統領夫人を嫌がるトランプ氏妻

    PRESIDENT Online

  3. 3

    年齢で正社員募集する日本は異常

    城繁幸

  4. 4

    超高額イージス導入で国防は弱化

    清谷信一

  5. 5

    中東 トランプ氏の賭けは勝利か

    野口雅昭

  6. 6

    NHK訴訟 見直せなかった公共放送

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    ツリー炎上 嘘を重ねるネット民

    赤木智弘

  8. 8

    M-1ルール変更も残る一番手問題

    いいんちょ

  9. 9

    漫画で分かるイスラム女性の心情

    紙屋高雪

  10. 10

    食べログは禁煙店の加熱式可外せ

    NATROM

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。