記事

マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』

1/3
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学

 「正義」(正しい行為)とはなにを意味するのか──本書は、この開かれた困難な問いに対して、「道徳的ジレンマ」という状況を経由させながら、読者自身が自分でその答えを導くことを促す。正しい行為、つまり「正義」とは、道徳的真理にもとづくものであるが、そのような真理は内省によって発見することのできるものであろうか。サンデルは、冒頭からこの点について、道徳的考察は「社会全体で取り組むべき試み」であると断言し、内省によって(独我的に)道徳的真理が発見され得る可能性を否定している。

 本書では、「正義」へと向かう三つのアプローチがあげられる。一つめにあげられるのは功利主義であり、社会全体の幸福を最大化させることが正義の意味するものだとされる。特に論じられるのはジェレミー・ベンサムの功利主義である。功利主義に関しては、近年では、社会的効用の決定不可能性と諸個人間の効用の基数的な比較不可能性に関連する議論が広くみられる傾向があるが、本書では、これに加え、功利主義が人間の尊厳と個人の権利を疎外することを、功利主義を正義の原理とすることに対する第二の反論として取り上げられる。この後者の反論は、後で述べる第二のアプローチに大いに関係するものとなる。功利主義原理に関しては、ベンサムに加え、ジョン・スチュアート・ミルの『自由論』におけるアプローチが取り上げられる。このアプローチでは、効用をあらゆる「倫理問題の拠り所」とする点では功利主義的であるが、同時にそれは「進歩する存在としての人間の恒久的利益に基づく、最も広い意味での効用」でなければならないとする。そしてミルは、人間の究極の目的について、「人間としての能力を完全かつ自由に発展させること」であるという答えを用意する。しかしこの「答え」を用意したことによって、ミルは功利主義に対する第二の反論を乗り越えると同時に、功利主義的道徳の限界をも超えてしまったことをサンデルは指摘している。

 「正義」へと向かう第二のアプローチは、正義を自由と結びつけるものである。ここでは、市場における自由な商品交換が公正な分配につながり、市場に対するあらゆる介入は選択の自由を侵害するものであって公正を阻害することになるとみるリバタリアニズム(自由至上主義)や、イマヌエル・カントとジョン・ロールズのアプローチがそれぞれ1章を割いて取り上げられている。この後者の2つの章は、サンデルの批判の主たる対象が第二のアプローチであるリベラリズムにあることもあって、本書全体の白眉の位置づけにあり、読者評価の高いところでもある。

 例えばカントによれば、自分や他人の生命をそれ自体最終的な目的として扱うことは理性によって課せられた義務であり、そのように行為することが「自律」的な行為である。一方、あることをするのは別の目的のためであるというように、無限後退的に行為の目的を遡ることのできるような行為はすべて「他律」的な行為である。そして道徳的な行動とは、その結果によって決定されるものではなく、その動機が「自律」的なものかどうかによって決定される。このような意味でのリベラリズムにとって、社会全体の効用を高めるためであっても人間の尊厳を疎外するような行為は「正義」にもとるものとなり、また自らの効用を高めるため偽善的に行う慈善も、「自律」的行為ではないために「正義」にもとるものとなる。*1このようにみると、カントのリベラリズムは、功利主義的なアプローチとは「正義」の意味合いを大きく異にするものであることがわかる。カントによれば、功利主義は、人間に「特定の価値観を押しつける」ものである。このようなアプローチにしたがうと、「社会正義」という観念を構築することには大きな困難がともなうことになるだろう。カントにとっての「社会契約」とは、ロックなど社会契約論者の捉え方とは異なり、そのような契約が(事実として存在するものとしてではなく)仮想的なものとして捉えられている。
「これは名前に反して、確かな実際的実在性を有している。なぜなら、それはすべての立法者に対して、国民の総意をもって行われるような方法で立法する義務を負わせ」、それぞれの国民には「それに同意した」とみなす義務を負わせるからだ。この集合的同意という仮想上の行為こそ、「あらゆる公法の正当性の試金石」だとカントは結論している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリらしくない演出に失望

    メディアゴン

  2. 2

    年金受給 何歳から貰ったら得か

    竹中正治

  3. 3

    黙って性行為するのは日本人だけ

    AbemaTIMES

  4. 4

    予測可能だったビットコイン急落

    近藤駿介

  5. 5

    よしのり氏「無知は恥であり罪」

    小林よしのり

  6. 6

    河野外相が外交の現状に危機感

    河野太郎

  7. 7

    小室哲哉 看護師と繰り返し密会

    文春オンライン

  8. 8

    宮台真司氏 ウーマン村本を擁護

    AbemaTIMES

  9. 9

    迷走する「旧民主党」再分裂も?

    AbemaTIMES

  10. 10

    ワンピース歌舞伎 古参客が苦言

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。