記事

配偶者控除の廃止を急げ

 主婦がパートタイムで働くときに、どうしても気になる「103万の壁」。その根拠となっている「配偶者控除」が廃止されるかもしれないと、話題になっている。(*1)

 前提として僕自身は配偶者控除の廃止に賛成である。ついでに年金保険料が0円となる「3号被保険者制度」の廃止にも賛成である。
 これらの制度は、結局のところ「旦那が稼いで、奥さんが補助をする」という家族形態にとっては極めて有効であったが、一方で共働きや単身者に、そのしわ寄せを押し付けるものであった。
 かつてであれば、配偶者控除は一般的な庶民の税金を下げる役割を果たしていたが、現在では、そうした昭和的な家族を構築できるような裕福な家庭の税金のみを安くするという逆ざやに成り果てていた。
 それを改善するためには、配偶者控除などの時代にそぐわない税制は廃止するしか無い。

 一方で、国や政府が主張する「配偶者控除の廃止によって、女性の社会進出が進む」という論は、全く成立していないと考える。
 そもそも仕事の量は、期待される売上と、それに必要とされる人員を勘案して経営者が決定する。労働者側がいくらたくさん働きたいと言っても、経営者側とすれば必要とされる人員以上は必要がない。
 そこに「社会進出」の名のもとに、主婦を働かざるを得ない状況に追い込めば、発生するのは椅子取りゲームの激化だ。仕事の量は変わらないのに、労働希望者が増えるのだから当然である。
 中には「俺達も苦しんでいるのに、専業主婦は働きもせず楽しやがって」と妬んで、配偶者控除などの廃止に賛成している人もいるかもしれない。
 しかし、これは生活保護受給者の就業支援などでも同じなのだが、そうした人たちが働くとして、就く労働は正社員ではなく、時給1000円前後の非正規労働である。
 労働者が増えることにより買い手市場になって、そのしわ寄せを食うのは今現在、時給1000円前後で働き、生活保護を受けられないギリギリの生活水準を維持している、まさに「苦しんでいる俺達」なのだから、主婦は楽をしているという理由で廃止に賛同するのは、非正規労働者を安く便利に買い叩きたい経営者たちの思う壺である。

 ならば、どう考えればいいのか。
 それはあまりに単純な話なのだが、税金や社会保障費の徴収をちゃんと収入や資産相応の負担とすればいいだけの話である。つまり収入が多い人からは多く、少ない人からは少なく取ればいいだけの話である。
 変な控除があることによって、多く稼いだほうが損することがあったり、家族形態によって納税額に大きな差が出るというのは、結局は単なる「制度設計の失敗」に過ぎない。
 税制の本格的な構造修正を行わず、場当たり的な控除でお茶を濁してきた結果が、現状である。かつての高度経済成長期に作られたトンネルなどのインフラが、軒並み崩落の危機を迎えているように、高度経済成長期に作られた場当たり的な諸控除も、今やその意義を失い、崩壊してしまっているのだ。
 その修正に「女性の社会進出」などというデタラメな説明は必要がない。一刻も早い修正が必要である。

 あ、念のため最後に。
 修正を行うためには、ちゃんとしたロードマップが必要である。
 経済成長を目指すだなんだといいながら、真っ先に生活保護の水準を下げるという、土台を壊してその上に箱モノをぶち上げるような愚策を平気で行う現政権に、そのロードマップを策定する能力は無い。
 税制改革のためには、まずは現政権に退場してもらうのが必須条件である。まずはそこからのスタートだ。

*1:「配偶者控除廃止」議論の薄っぺらさ 「女性躍進」で得るもの、失うもの(産経新聞)

あわせて読みたい

「配偶者控除」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    不倫疑惑の山尾氏 ついに離婚へ

    文春オンライン

  2. 2

    ZOZO前澤氏の英語スピーチは満点

    広瀬隆雄

  3. 3

    よしのり氏 医師の文句受け失望

    小林よしのり

  4. 4

    安倍外交批判するロシア紙に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    三田佳子次男 元乃木坂も現場に

    文春オンライン

  6. 6

    杉田氏擁護で炎上 評論家が反論

    キャリコネニュース

  7. 7

    非核化へ誠意が見えない南北会談

    団藤保晴

  8. 8

    100億円超? ZOZO前澤氏の月旅行

    THE PAGE

  9. 9

    信頼ない? 進次郎氏の欠点は独身

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    パチンコ広げた在日韓国人の苦難

    宇佐美典也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。