記事

ビットコインアドレスは重複するのか?

ビットコインアドレスは重複するのか?

ビットコインのアドレスにについては、最初は非常に不思議だった。このアドレスというのも、だれか中央機関が発行すわけでもなく、単に、勝手に自分で作る。

たとえばあなたのパソコンでアドレス生成ソフトを走らせれば、アドレスは1000でも2000でも作ることが出来る。そして、その勝手につくったアドレス宛てにビットコインを送金できて、実際にそこにビットコインは送られる。

これは感覚的にはとても不思議だ。

例えば、いまつくったアドレス。 16bjdtVb32azd5Tdybxoz7366wDjFspPdn といったものだが、これは、まさにいまつくった。これにビットコインを送金することができる。

現在は作ったばかりなので、からで残高はゼロだが、いくらかおくればクレジットされる。勝手につくったアドレスに送って機能するというのは面白い。

そしてこのアドレスのプライベートキーは私しか知らないわけなので、このアドレスにおくられたビットコインは、原理的には他のだれかが勝手に使うことはできない。

なぜ、各自が勝手にアドレスを生成しても、大丈夫なのか?

ある人が作ったアドレスと、まったく同じものを誰かが作成した場合どうなるのか?

これはアドレスの衝突(コリジョン)ということになる。もしあるアドレスとまったく同じアドレスを、別の誰かが作成することに成功して、同じプライベートキーが発見された、そのアドレスのコインを自由につかうことができる。

その可能性はあるのか?

ビットコインの場合、アドレスの空間は2の256乗である。これは信じられないほど大きい。どのくらい大きいかというと、観測可能な宇宙の素粒子の総量が10の80乗程度といわれる。これは、ビットコインのアドレス空間と、ほぼ同じくらいの量になる*1

要するに、宇宙に存在する素粒子の量くらいの数のアドレスがあるということで、そのなかから同じものを発見するのは不可能にちかい。

ただ、コンピュータは、完全にランダムな数列を作ることはむずかしい。多くのコンピュータにおける乱数は擬似的な乱数だ。仮にウォレットプログラムの乱数に問題があり、十分にランダムでない状況で、大量のアドレスを生成しつづけた場合、衝突は起こりえるのか?

という話を昨日してたのであるが、専門家が試算をしてみてくれたが、それでも大丈夫そうである。もし、その擬似乱数の振る舞いが完全に特定できたとしても、それでも、地球上にある砂の数くらいのアドレスを当たらないといけないようだ。

*12^256≒10^77

ビットコインとテクノロジの普及と発展のために、執筆、言論活動をしています。ぜひ活動に共感いただけるかたの寄付をお待ちしています。頂いた寄付は、言論活動に使わせていただきます ⇒ 1MoouUaoDHDEETPErEXck3V8T3KeZJ1k47

ビットコイン関係の著書のご紹介

「ビットコインはどのようにして動いているのか? 数式なしでわかる仮想通貨の仕組みと技術」

ビットコインの技術的な面に焦点をあてて、わかりやすく一般向けに解説した本邦初の解説書です。そういう本がないので、私が書いてしまいました。経済的な側面ではない部分を知りたいひとは、ぜひクリックください。


「ビットコインFAQシリーズ」

ビットコインの痒いところに手がとどく、多くの人が知りたいことにズバリ答える、最も分かりやすいと評判の解説書。交換所・Mtgox、送金、価値、採掘の4巻シリーズです。



「ビットコインとはなにか? いちばんわかりやすいビットコインの解説本」

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    質問力なし 報道のTBSは死んだ

    和田政宗

  2. 2

    デリヘルに素人専門が増えた理由

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民は本気の小池氏を甘く見るな

    安倍宏行

  4. 4

    小池氏会見まるでイキった大学生

    キャリコネニュース

  5. 5

    橋下氏 解散批判する野党に苦言

    橋下徹

  6. 6

    斉藤由貴に私刑行う週刊誌に疑問

    篠田博之

  7. 7

    小池氏登場で自民圧勝は不確実に

    近藤駿介

  8. 8

    北の日本攻撃ありうる歴史的背景

    ヒロ

  9. 9

    生活苦で北の脅威に無関心な韓国

    ロイター

  10. 10

    橋下氏 新党で延命する議員は害

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。