記事

スターに学ぶプレゼンテーション術 - 「スティーブ・ジョブス驚異のプレゼン」

1/2
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

解説を書いた外村仁さんより本をいただきました。ありがとうございます。

正直いって、私は、例えばスポーツに関しても「シャラポワのフォアハンドを盗む!」みたいな、日本の雑誌にありがちな「スターに学ぶ」というやり方が昔からあまり好きではない。(もちろん、モデルになっているスターがよほど好きである場合を除く。^^;)そんな大天才のスターのやり方が、体力も才能もない凡人の私に合う訳がない、と思うからだ。単に性格がひねくれている、とも言う。

この本も、「スターに学ぶ」という私にとっては苦手なカテゴリーではある。ジョブスは経営者・ビジョナリーとして尊敬しているが、この周辺に住む皆様ほどのアップル信者ではないし、ジョブスに関しても「好き」というほどではない。これも単に、直接ジョブスのプレゼンを見たことがないから、なのかもしれない。子持ち母親の私にとっては、前日からキャンプを張って列にならぶなど、はるかに手の届かない贅沢であり、だからジョブスのプレゼンもiPhoneなどの発売日の興奮も、実際には体験したことがない。

なので、この本を読むにあたっては、正直かなり勇気が必要であった。実際に、読んでいてあまりにジョブスを礼賛する同じ文句が繰り返される部分は、我慢して読みとばす必要があった。(ジョブス・ファンの方々には、ここがたまらない部分だろうと思うので、そういう方にはオススメ。)

しかし、読み通してみて、基礎部分になるプレゼンテーションのコツ、極意といったものは、とてもマトモであることもわかった。私はコンサルタントとはいえ、マッキンゼーなどの大手で、プレゼンテーション術についてきちんと訓練を受けたわけではない。ずっと昔にビジネススクールで習ったこと、仕事の中で先輩や仲間から学んだこと、それにあとはカンファレンスやミーティングなどで鼻から出るほどの大量のプレゼンを何十年も見続けてきた中で、取捨選択して身につけてきたものでしかない。そういう中で、最近はいつの間にか、あまり考えずに流してしまうようになったが、この本には、はるか昔に習った原則が、ジョブスというモデルを使ってきちんとカバーされていて、それを思い出して、改めて自分のプレゼンを見直している。

プレゼンテーションにもいろいろあり、どの場面でもこの本に書いてあることが当てはまるわけではない。ここで例に挙がっているジョブスのプレゼンは基本的に「商品紹介」に限られるのだが、このようにストレートに自分の意見をわかってもらうだけでなく、相手に考えさせるようにしたいとか、問題点を指摘するだけにとどめたいとか、いろいろな場面があるし、対象人数が少なければまた違うし、求められているプレゼン資料の性格も相手の要望によって異なる。私でいえば、舞台の上で演技しながらプレゼンという場面はほとんど皆無だし、準備に膨大な時間をかけるような贅沢も許されない。なので、もちろん読むほうは、必要なエッセンスを取り出し、自分なりに応用する必要はある。

トピックス

ランキング

  1. 1

    三浦瑠麗氏発言 日英で認識に差

    小林恭子

  2. 2

    羽生結弦 五輪2連覇に複雑な韓国

    文春オンライン

  3. 3

    日韓合意に釘刺された文氏の誤算

    文春オンライン

  4. 4

    東京五輪 真夏回避は日本の責務

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    中学入試に思考力試す超難問出題

    NEWSポストセブン

  6. 6

    「妊娠は管理できる」という幻想

    中野円佳

  7. 7

    60歳以上の待遇劣化が抱える矛盾

    川北英隆

  8. 8

    北が工作員を手配する動機はない

    高英起

  9. 9

    就職難の韓国人女性が五輪に苦言

    NEWSポストセブン

  10. 10

    維新・足立議員が懲罰動議に反論

    足立康史

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。