記事

みんなの党の8億円問題 供託金制度を見直すべき

 みんなの党の渡辺喜美代表による8億円の借入が露見、その使途などが説明できず、辞任となりました。

 先の選挙で供託金に5億円を使ったというメールが公にされていますから、あきらかに選挙のための借入だったということになります。

 ところで渡辺前代表の疑惑とは別に供託金5億円自体がどうなのかという供託金制度には非常に大きな問題があります。

 現在の供託金の額は

 衆議院  選挙区 300万円
        比例区 600万円(名簿1人当たり)
 参議院  選挙区 300万円
        比例区 600万円(名簿1人当たり)

 一定の得票数を確保できないと没収されてしまいます。

 制度趣旨は無責任な立候補を防止、よく言われるのが選挙期間中は公選法によって可能な選挙活動が限られているため、とにかく自分の当選が目的ではなく、特定の候補などを誹謗・中傷するために立候補する、これを阻止することにあると言われることがあります。

参照
供託金制度 」(おおやにき)

 しかし、どう考えても現職、大政党に有利なのがこの供託金制度です。市民が候補を立てたければカンパで十分に集まる額だというのが上記ブログの主張ですが、供託金のためだけにそれだけを机上の屁理屈をこね回す問題ではありません。

 むしろ政権側が新たな政府に反対する政党や市民からの立候補自体を押さえ込むためのものでしかありません。

 反原発を訴える市民たちが候補を擁立しようとしたときに立ちはだかったのがこの供託金制度です。仮に1つの選挙区のための300万円を用意できたとしても、それだけは足りません。1つの選挙区で候補を擁立できれば足りるものではないからです。

 また、原則、全選挙区に候補者を擁立する日本共産党は供託金の半分が没収されていると言われています。

 この点は私見ですが、日本共産党は政党交付金を受領していません。この点は非常によく理解できるし、立派とは思いますが、供託金目的に趣旨を限定して受領すれば良いのではないでしょうか。政党交付金を他の活動費と分けて供託金に用いるというのはいかがでしょうか。

 もともと供託金制度が異様なのです。まさに立候補の自由を奪うものであり、過ぎたる制約として私は憲法違反と考えますが、それに当てるのは私は全く問題なと考えます。憲法違反の制度に憲法違反の制度で応えるというところです。

自民:政党交付金で供託金大半の20億円賄う 昨年衆院選」(毎日新聞2013年12月2日)
 上記記事によれば自民党は供託金に使ったようです。先の選挙の結果からは大半が戻ってきたと思いますが、この政党交付金制度といい、供託金制度といい、両者があいまって政権政党ないしは現職に有利ということがあからさまです。

 他方で、新規に出店する新党にもこの供託金制度は重たいようです。

 維新の会などは候補者募集の際には自己資金を用意できる人というのが条件でした。

 みんなの党についてはその点はよくわかりませんが、候補者を公募していたようですし、これだけ選挙にカネがかかるということであればある程度、自己負担できる人ということにはなるかもしれません。渡辺前代表のメールをみると、この供託金は実質的に渡辺前代表が用意したのかもしれません。

 ただ先の選挙ではみんなの党は多くが戻ってきているはずですから、渡辺前代表による使途の説明が熊手以外にないようだとすると疑惑が晴れることはなく、個人商店として成り立っていたみんなの党は瓦解していくことでしょう。

 個人商店というのは渡辺前代表による看板というよりは、渡辺前代表の集金力にあったのではないでしょうか。渡辺前代表の辞任により、集金が困難になり、結果として党が崩壊していくだろうということです。

 もともとみんなの党は新自由主義改革の立場から公務員削減だということをメインにしていたようですが、自民党の単なる補完勢力に成り下がっていました。
みんなの党 地方と党方針の矛盾の露呈 渡辺喜美代表の人柄の問題ではない

 資金源が絶たれることによってみんなの党は一気に崩壊、維新の会か自民党に吸収されていくことになるか自滅するかですが、「責任野党」なんて言われて喜んでいた姿は、もうお終いとなりました。

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    太川の会見で文春砲の価値は暴落

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    イライラした人に居場所なき現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  3. 3

    薬使った性暴力 政府答弁に唖然

    中谷 一馬(Kazuma Nakatani)

  4. 4

    プロゲーマー制度を賭博界が嘲笑

    木曽崇

  5. 5

    がん判定でAIが医師に「圧勝」

    市川衛

  6. 6

    松本人志 太川陽介の会見を賞賛

    女性自身

  7. 7

    車か生活保護か 地方の母子悲鳴

    赤石千衣子 CHIEKO AKAISHI

  8. 8

    進次郎氏はマスコミ次第で消える

    足立康史

  9. 9

    舛添氏 社会の不寛容さに懸念

    舛添要一

  10. 10

    望月記者 菅長官に「腹が立つ」

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。