記事

NTTドコモ「カケホーダイ」「パケあえる」 家族は安く、個人は高い。

NTTドコモが新料金プランを発表した。6月1日からの適用になる。結論から述べると4人家族などの場合は安くなることが多いが、ひとり暮らしや2人以下の場合は今までとあまり変わらないか、通話が少なければ高くなる場合もある。

docomo
4人家族で2人が25歳以下の場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 4
spモード 300円 × 4
シェアパック10 9,500円 × 1
シェアオプション 500円 × 3
U25応援割 -500円 × 2
合計 22,000円
1台あたり 5,500円
ここに通話料が含まれるので、今までより安いと言っていい。

2人家族で2人ともデータ通信をよく使う場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 2
spモード 300円 × 2
データMパック × 2
合計 16,000円
1台あたり 8,000円
この場合は、たっぷり通話するという人を除けば、安いという印象はない。データの上限が5GBになったことから、通話が少なくデーター通信が多い人にとっては値上げになる場合もある。

つまり、ドコモの新プランは家族向けだ。ドコモはビジネスマンからの人気が高い。つまり、父親をきっかけに家族を巻き取る戦略とも言える。ミドルユーザまでを優遇しすることでイオンスマホ等への逃げを防ぐ効用もある。

以前からデータ通信はボリュームディスカウントの考え方が適すると言い続けて来た。今回のシェアパックは部分的にそれが採用されてた形になっている。ただ、最初にプランを決めるのではなく、使用量に応じて自動でボリュームディスカウントが適用される仕組みの方がシンプルだ。水道のように使った分だけ払うのがいい。そして水道と同じくらい気にしなくて構わない料金になることを国民は望んでいる。今回の新プランはそこに至るまでの一歩、と評価できる。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏はブログより議会発言を

    PRESIDENT Online

  2. 2

    米の非同盟扱いは韓国の自業自得

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    大型空母の中国vs軽空母の日本

    木村正人

  4. 4

    欧州で人気の抹茶 日本産は駆逐?

    田中淳夫

  5. 5

    裁量労働制に反対する野党に疑問

    和田政宗

  6. 6

    JALの時代錯誤なアイデアに驚き

    笹川陽平

  7. 7

    日本を裏切る理解不能な朝日社説

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    毎日新聞が誤報の朝日かばう暴挙

    和田政宗

  9. 9

    松本人志ネカフェ難民発言で物議

    キャリコネニュース

  10. 10

    ジャンプ船木 お家芸潰しに持論

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。