記事

NTTドコモ「カケホーダイ」「パケあえる」 家族は安く、個人は高い。

NTTドコモが新料金プランを発表した。6月1日からの適用になる。結論から述べると4人家族などの場合は安くなることが多いが、ひとり暮らしや2人以下の場合は今までとあまり変わらないか、通話が少なければ高くなる場合もある。

docomo
4人家族で2人が25歳以下の場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 4
spモード 300円 × 4
シェアパック10 9,500円 × 1
シェアオプション 500円 × 3
U25応援割 -500円 × 2
合計 22,000円
1台あたり 5,500円
ここに通話料が含まれるので、今までより安いと言っていい。

2人家族で2人ともデータ通信をよく使う場合
カケホーダイプラン 2,700円 × 2
spモード 300円 × 2
データMパック × 2
合計 16,000円
1台あたり 8,000円
この場合は、たっぷり通話するという人を除けば、安いという印象はない。データの上限が5GBになったことから、通話が少なくデーター通信が多い人にとっては値上げになる場合もある。

つまり、ドコモの新プランは家族向けだ。ドコモはビジネスマンからの人気が高い。つまり、父親をきっかけに家族を巻き取る戦略とも言える。ミドルユーザまでを優遇しすることでイオンスマホ等への逃げを防ぐ効用もある。

以前からデータ通信はボリュームディスカウントの考え方が適すると言い続けて来た。今回のシェアパックは部分的にそれが採用されてた形になっている。ただ、最初にプランを決めるのではなく、使用量に応じて自動でボリュームディスカウントが適用される仕組みの方がシンプルだ。水道のように使った分だけ払うのがいい。そして水道と同じくらい気にしなくて構わない料金になることを国民は望んでいる。今回の新プランはそこに至るまでの一歩、と評価できる。

あわせて読みたい

「ドコモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    加計と今治市の補助金巡る泥仕合

    田中龍作

  2. 2

    日大広報は正論 TV取材は非効率

    安倍宏行

  3. 3

    加計の面会否定は安倍擁護ありき

    猪野 亨

  4. 4

    安倍政権が保つ支持率3割の裏側

    紙屋高雪

  5. 5

    日大の加害者を賞賛する声に疑問

    赤木智弘

  6. 6

    安倍政権支持はマスコミにも責任

    小林よしのり

  7. 7

    日大 80億円守るため否定発言?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ユニクロ元社員が内情を実名暴露

    文春オンライン

  9. 9

    内田前監督が居座る日大の異様さ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    内田樹氏「安倍政権は戦後最悪」

    『月刊日本』編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。