記事

「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その4(供託金)

1/2

はじめに

(1)「みんなの党・渡辺代表が、DHC会長に2010年参議院通常選挙前に3億円と、2012年衆議院総選挙前に5億円を用立ててもらっていたのに、それらを一切報告していなかった問題について、すでに、このブログで取り上げました。
DHC会長が「みんなの党・渡辺代表に選挙資金8億円」を用立てたが一切収支報告なし!
渡辺「みんなの党」代表は「8億円裏金」問題で説明責任を果たしていない

(2)具体的な疑問点として、まず、渡辺代表が新党「みんなの党」を立ち上げた時の資金作りの点について疑問点を説明しておきました。
「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その1(党立ち上げ資金)

次に、渡辺代表が受け取った計8億円が「みんなの党」への貸付に回れているのかどうかについての疑問点を指摘しました。
「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その2(貸付・借入金)

さらに、渡辺代表は、計8億円の一部ではあるものの、使途の説明を変遷させ、党のための政治活動・選挙活動に使ったことを認め始めたことを指摘しました。
「みんなの党」渡辺代表「裏金」問題の疑問点その3(政治資金・選挙資金)

1.2012年衆議院総選挙の供託金

(1)では、その使途について、2012年の総選挙における公認候補の供託金に使われたのではないかとの指摘がなされているので、これについての疑問点を指摘してみましょう。

ただし、渡辺代表が2012年に「みんなの党」に貸し付けた2億5000万円が、DHC会長が用立てた5億円の一部であるという前提で、検討します。

つまり、DHCの会長が5億円を渡辺代表に用立てたのが2012年11月21日と判明していますが、渡辺代表が2億5000万円を「みんなの党」に貸し付けたのは政治資金収支報告書には明記されていないものの同日以降であるという仮定のもとで、当該2億5000万円が同党の公認候補の供託金に使われたと言えるのかどうかを検討することにします。

言い換えれば、渡辺代表が2億5000万円を「みんなの党」に貸し付けたのが2012年11月21日よりも前であれば、DHC会長の5億円の一部が「みんなの党」に貸し付けられたわけではなくなるから、その検討は不必要になります。

(2)まず、渡辺代表のメールと2012年衆議院総選挙の供託金に関するマスコミ報道を紹介します。
朝日新聞2014年4月3日09時47分

「供託金支払い終えた」 渡辺代表名で報告メール


 みんなの党の渡辺喜美代表の多額借り入れ問題で、2012年衆院選の前に5億円を貸した化粧品大手ディーエイチシー(DHC)の吉田嘉明会長が、その10日後、「供託金の支払いを終えた」とする渡辺代表名の報告メールを受信していたことがわかった。文面は追加融資を求める可能性にも触れていた。渡辺氏は借入金を選挙費用に充てた可能性を否定しているが、また矛盾点が発覚した。
 吉田氏が朝日新聞に示したメールによると、「ありがとうございました」と題する報告メールの受信は12年12月1日。依頼を受けて、5億円を渡辺氏の口座に入金した10日後だった。
 本文には「御礼が遅れてすみませんでした。昨日までに供託金の支払い終わりました。維新との相互承認も昨日発表」「今後、戦略的に投下してまいりますが、不足する可能性がありそうです。その時は何とぞよろしくお願い申し上げます」とあった。
 16日の選挙後、「お世話になりました」と題したメールが19日に届いた。「おかげさまで選(え)りすぐりの18人が当選しました」「なお、やりくりの方はなんとかなりそうです。本当にお世話になりました。ありがとうございました」と記されていた。吉田氏は「5億円以上は必要なくなった、という意味だろう」と話す。メールのアドレスはいずれも、渡辺氏が従来使っていたものと同じという。
 吉田氏によると、この年の衆院選前に面会した際、渡辺氏は選挙を話題とする中、「供託金だけでもかなりかかるんです」と話したという。供託金は選挙妨害目的の立候補を防ぐために設けられ、一定票に達しないと没収される。衆院選では小選挙区が300万円、比例代表は600万円。12年衆院選でみんなの党は69人を擁立し、うち渡辺氏を含む18人が当選した。
 仮に借入金を選挙費用に充てながら、選挙運動費用収支報告書に記載しなかった場合は、公職選挙法違反に問われる可能性もある。渡辺氏がみんなの党の候補者に供託金として配ったとすれば、各候補者が報告書に記載する義務が生じる。
 渡辺氏は朝日新聞の取材に「当時使っていた携帯電話がなく、確認のしようがない。そのようなメールを送った記憶もない」と回答。党のホームページには「たとえそれ(メール)がホンモノであったとしても法律違反は生じません」と記している。
 渡辺氏は今年3月27日の会見で、「吉田会長に何らかの形でご支援はお願いしたと思うが、時期が選挙の直前だからといって選挙資金としてお借りしたわけではない」と釈明。選挙資金でないと強調している。
この報道によると、「昨日までに供託金の支払い終わりました。」というメールが送信されたのが2012年12月1日であり、供託金の支払い完了は同年11月30日ということになります。
また、「みんなの党」が擁立した公認候補者は69人(ただし、この内実については後で説明)。

(3)では、2012年分の「みんなの党」の政治資金収支報告書では、どのように記載・報告されているのでしょうか?
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/SF20131129-13.html
供託金     600万円  2012年11月28日 東京法務局
供託金 1億3500万円  2012年11月30日 東京法務局
供託金    5700万円  2012年11月30日 東京法務局
供託金    1800万円 2012年12月 3日 東京法務局
以上を合計すると、2億1600万円です。

いずれも、DHC会長が5億円を渡辺代表に工面(銀行口座振込)した2012年11月21日よりも後であり、渡辺代表が「みんなの党」に貸し付けた2億5000万円以内の金額です。

(4)ところが、渡辺代表がDHC会長に送ったメールが真実であれば、供託金は同年11月30日までに支払い完了なのですが、しかし、政治資金収支報告書では、それよりも後の12月3日に供託金が1800万円支出されたと記載・報告されています。

なぜなのでしょうか?

(5)また、2012年分の「みんなの党」の政党交付金使途報告書を見ると、以下のように報告されています。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/reports/KF20130927-10.html#
供託金     600万円  2012年11月28日 東京法務局
供託金    5700万円  2012年11月30日 東京法務局
つまり、政治資金収支報告書で記載されていた前述の4つの供託金の報告のうち、2つは政党交付金から支出されていたのです。

となると、
政党交付金以外の政治資金から支払われた供託金は、以下になります。
供託金 1億3500万円  2012年11月30日 東京法務局
供託金    1800万円 2012年12月 3日 東京法務局
合計すると、1億5300万円です。

渡辺代表が貸し付けた2億5000万円からすると、1億円近く少ない金額です。
言い換えると、「みんなの党」の政治資金収支報告書と政党交付金使途報告書によると、供託金は、2億5000マ年から支払われているのではなく、その一部からしか支払われてはいない、ということになるのです。
2億5000万円は、報告されている供託金以外、何に使われたのでしょうか?

あわせて読みたい

「みんなの党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    立憲結成で摘出された民進の病巣

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  2. 2

    叩かれたけど本当はスゴい4議員

    駒崎弘樹

  3. 3

    よしのり氏「変節」報道に反論

    小林よしのり

  4. 4

    宮根氏 ミヤネ屋降板してフジへ

    文春オンライン

  5. 5

    投票日に台風か 焦る立憲民主党

    キャリコネニュース

  6. 6

    職場でスマホ充電に反対派が多数

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「前原代表批判は筋違い」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    立憲の比例票めぐる偽情報が拡散

    井戸まさえ

  9. 9

    公明中心の連立で山口総理誕生か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    よしのり氏 希望の党は壊滅する

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。